【VOD】dTVの無料お試しから月額料金、登録・解約手順 | VODの殿堂

VOD

dTVの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

   
 

dTVは12万作品が月額500円(税抜)で見放題という動画配信サービスです。

元々はdビデオというドコモユーザー限定のサービスでしたが、dTVとなってからはドコモユーザー以外でも登録・視聴が可能になりました。

それぞれ、メリットとデメリットを見ていきましょう。

スポンサーリンク

月額500円(税抜)で12万動画が見放題は本当にお得か

dTVのウリはなんと言っても月額500円(税抜)で12万作品が見放題という点でしょう。

では、この料金と作品数が他のサービスと比べてどうなのかを比較してみましょう。

サービス名 月額(税抜) 動画数
dTV 500円 12万作品
U-NEXT 1,990円 12万作品
hulu 933円 5万作品
TSUTAYA TV 2,417円 32,000作品
Amazonプライムビデオ 400円 72,000作品

こうやって並べてみると料金はAmazonプライムビデオに多少劣るものの、作品数と月額を比較するとdTVが圧倒的に優位ということがわかります。

ただ、これだけでいいサービスだ!と判断するのは少々早いので、もう少し見てみましょう。

スポンサーリンク

12万作品のラインナップは?

12万作品というと動画配信サービスでお馴染みのhuluの2倍の動画数になりますが、実際にどういった作品が配信されているのでしょうか。

dTVのラインナップを見てみると、「洋画」「邦画」「アニメ」「海外ドラマ」「国内ドラマ」といったよく目にするジャンル以外に「フィットネス」や「ショートショート」といった変わり種まであります。

また、カラオケ映像もあり、これも1作品とみなされているため、実際に見るコンテンツとして考えるとかなり数が限られます。

多くの人が見るであろうジャンルの作品数は以下のようになっています。

ジャンル 作品数
洋画 1,841
邦画 750
アニメ 372
国内ドラマ 269
海外ドラマ 406
韓流・華流 210
合計 3,848

※上記は2018年6月時点での作品数です。

「12万作品が月額500円(税抜)で見放題なのはdTVだけ」という謳い文句を掲げていますが、メインコンテンツを見てみると、上記のように意外と少ない…

しかし、動画数が少なくても最新の作品の配信が早ければ文句はありませんよね。

そこで、他のVODと配信の早さを比較してみましょう。比較はU-NEXTとhuluで行ってみます。

スポンサーリンク

洋画

まず、洋画から。この記事を作成している時点の最新作は以下のようになっています。

サービス名 作品(最新5作品)
dTV ダイ・ハード/ラスト・デイ(2013年)、インモータルズ-神々の戦い-(2011年)、アイス・ソルジャー(2013年)、アウトバーン(2016年)、あの頃、ティファニーで(2010年)
U-NEXT プリズン:インポッシブル(2017年)、リチャード・ザ・ストーク(2017年)、マッド・ドライバー(2016年)、ジュリエッタ(2016年)、クラッシュ・ゾーン(2017年)
hulu 人生はビギナーズ(2010年)、ヴェルサイユの宮廷庭師(2014年)、ブルーに生まれついて(2016年)、シーモアさんと、大人のための人生入門(2016年)、ジェーン(2016年)

こちらはすべて見放題作品。他と比べると圧倒的にdTVの配信が遅いことがわかります。

レンタル(別途追加料金)ではどうでしょうか。

サービス名 作品(最新5作品)
dTV ホーンテッド・メモリーズ 戦慄ノ館(2016年)、クローズド・ガーデン(2017年)、ダウンサイズ(2018年)、悪女/AKUJO(2018年)、アラサー女子の恋愛事情(2014年)
U-NEXT ラスト・ウォーリアー(2016年)、ソーシャル・ロマンス(2018年)、死霊のえじき(2018年)、セルフィー・フロム・ヘル(2018年)、スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット(2018年)
hulu すべての作品が見放題

レンタルの方まで見てみると結構新しい作品を取り扱っています。

レンタルの場合、月額500円(税抜)に加えて1作品400円(税抜)が掛かってきます。

huluはすべての作品が見放題ですが、正直最新作には弱いので、U-NEXTと比べてみましょう。

最新作のラインナップはほぼ同じなので、料金で比較してみるのがいいでしょう。

冒頭でも書いたように、dTVは月額500円(税抜)ですが、U-NEXTは月額1,990円(税抜)となっているため、明らかにdTVのほうが安いです。

ただし、追加料金が必要である最新作を見る場合、U-NEXTの場合は毎月1,200円分のポイントがもらえるので、繰り越しなしで考えた場合、ほとんどが1作品400円(税抜)なので、毎月2本までは月額料金内で見ることができるということになります。

一方で、dTVは完全に別料金ですが、同じ2本と考えると1本400円(税抜)なので、800円(税抜)、計1,300円(税抜)で収まります。

U-NEXTでは200円(税抜)の作品もあったりしますが、基本的には同じ本数見るのであればdTVの方が月額は安いと言えます。

ただし、それぞれ画質に違いがあります。

dTVの場合はSD(480p)、HD(720p)、一方U-NEXTはフルHD(1080p)となっているため、キレイな映像で見たい場合は、少し高くなってしまいますが、U-NEXTの方がいいと言えます(dTVには一部4K(2160p)もありますが、ほぼありません)。

スマホとかであれば気にならないでしょうが、テレビやパソコンの大きいモニターで見る場合などはその差は顕著に表れるので、スマホの方はdTV、それ以外の方はU-NEXTと考えた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

国内ドラマ

国内ドラマは見逃し配信で利用したい方も多いです。

そうなると、当然配信されている作品はもちろんのこと、配信の早さも気になるところです。

まず、現在放送中のドラマはdTV、U-NEXT、huluで基本的に同じものが配信されています。

ただし、配信日がそれぞれ異なっており、作品にもよりますが、dTVとU-NEXTは大体放送から一週間程度。それに対してhuluは放送後に公開とどこよりも早いです。

ただ、例えば一話目から見たいとかではなく、最新の放送分を見逃した!といっただけであれば、各放送局のVODで一週間は無料で見れるので、とくに最新話の見逃し以外見ないといった場合はどこかのVODに登録するといったことはしなくて問題ありません。

テレビ局 サービス名
フジテレビ FODプレミアム
日本テレビ(日テレ) 日テレオンデマンド
テレビ朝日 テレ朝動画
TBSテレビ TBSオンデマンド
テレビ東京 テレビ東京オンデマンド
スポンサーリンク

海外ドラマ

海外ドラマに関しては、VODごとにラインナップが大きく異なるので、海外ドラマをメインで見るという方はまずは各VODの海外ドラマのラインナップを確認して登録することをオススメします。

近年人気を博している『ウォーキング・デッド』はシーズン1~7はどのVODでも見れますが、最新のシーズン8は現在はU-NEXTでしか見ることができません(月額料金とは別に一話ごとに料金が発生します)。

ラインナップが異なるので一概に並列して語ることはできませんが、dTVの場合「見放題」と「レンタル」を合わせて406作品(1シーズン1作品。以下、同)となっていますが、U-NEXTの場合、「見放題」と「レンタル」合わせて581作品となっています。

huluは作品数はわかりませんが、『インヒューマンズ』や『エージェント・オブ・シールド』といったマーベル作品が限定配信されているので、マーベル作品好きであれば、huluをオススメします。

また、dTVの場合、最新シリーズが有料なのは珍しくないのですが、最新シーズンだけ有料の作品があったかと思えば、シーズン1から最新シーズンまで有料のものもあると統一感がありません。

いずれにしても、配信されている作品を見てどのVODがいいかは判断したほうがいいです。

スポンサーリンク

dTVでは漫画も配信。だけど…

dTVではこれまで紹介してきたような映画やドラマ、ライブ映像以外に漫画コンテンツも配信していますが…

正直、これは微妙です。

コミックをコマ毎に分け、そのコマのセリフを追うように画面がスクロールするなど、動画形式になっていますが、それによって自分のペースで読むことができなくなっています。

また、画面(コマ)を揺らしたり、効果線に動きをつけたり程度のことしかしていないので、わざわざ動画として見るメリットがありません。

上記のような加工をしているせいか、新しい作品も少ないです。

例えば、2018年6月現在25刊刊行されている『進撃の巨人』ですが、こちらはたった14話しか配信されていません。

すでに完結している『寄生獣』でも35話までしか配信されていないといったように、漫画にはまったく力を入れていないとしか言えません。

もし、コミックを読みたいのであれば、漫画専門アプリの方が圧倒的に作品数も最新刊の配信ペースも早いので、そちらをオススメします。

スポンサーリンク

対応機種は?

VODはその人の生活環境によって見る端末が変わってくるものですが、dTVの場合、どういった機種で見ることが可能でしょうか。

  • スマートテレビ/レコーダー(ソニー ブラビア、パナソニック ビエラ、パナソニック ディーガ、など)
  • セットトップボックス/ストリーミングデバイス(Google Chromecast、Nexus Player、Amazon Fire TV、など)
  • パソコン
  • スマートフォン/タブレット(Android、iPhone / iPad)

こうやって見るとよく見かける一般的なものにちゃんと対応しているように見えますが、よくよく見てみると、あるものが見当たらないことに気づきます。

そう。ゲーム機です。

ゲーム機を利用してVODの動画を閲覧する人がどれだけいるかはわかりませんが、U-NEXTやhuluなどメジャーなVODはPlayStation(R)4やWii Uといったゲーム機で動画の視聴が可能になっています。

それによって困る人がどれぐらいいるかは正直わかりませんが、他のVODより対応機種が劣っていると言えます。

スポンサーリンク

同時接続は何台までできる?

VODは1アカウントにつき何台まで接続可能といった決まりがあります。

dTVの場合、同一アカウントに最大5端末まで登録が可能です。

ただし、あくまでも登録が可能なだけであって、同時視聴できるという意味ではありません。

他の端末で見ている時に、利用しようとするとエラーメッセージが表示されて接続することができません。

huluの場合、台数制限がなく、1つのアカウントで複数の機器を利用可能。ただし、同時に複数台接続することはできないので、家族で使っている場合は複数アカウント契約するか、使う時間帯をずらすといったことが必要です。

U-NEXTの場合は、dTVと同じで利用できる端末は最大5台までとなっています。

ちなみに、dTVの端末はパソコンの別ブラウザでもそれぞれ1端末としてカウントされてしまうので、不要な接続はしないようにしましょう。

スポンサーリンク

月額料金が発生するのはいつ?

こういったサービスで一番トラブルになるのは料金が発生するタイミングです。

月額500円(税抜)となっていますが、この500円はいつ発生するのでしょうか。

dTVの場合、契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1ヶ月分の料金となり、日割りでの計算は行っていません。

つまり、月初に契約しても月末に契約しても同じ料金になるということです。

無料期間はきっかり31日ですが、終了時点で月額が発生するので、例えば月末に無料期間が終わった場合、数日しかないのにその月の料金が発生してしまうということです。

そのため、契約するのであれば月が変わったばかりの1日にするのがベストと言えます。

スポンサーリンク

ドコモユーザー以外でも利用するには?

dTVの前身であるdビデオはドコモユーザー限定のサービスでしたが、現在は誰でも利用が可能です。もちろん、ドコモ回線がなくても大丈夫です。

ただし、やはりこの辺の名残というか、登録時にdアカウントが必要になります。

普通に会員登録と考えれば手間は同じなのですが、未だにドコモ縛りをしているといった印象がありますね。

ドコモユーザーの場合、ケータイ料金と一緒に支払いができますが、それ以外の方はクレジットカード払いになります。

ただし、未成年でクレジットカードが作れないといった場合はデビットカードでの支払いも可能です。

スポンサーリンク

dTVを楽しむには?

月額500円(税抜)だけど…

登録できる端末に制限がある、最高画質がHD(720p)、12万作品という割には見そうなものが少ない…

そんなdTVを利用するメリットはあるのでしょうか。

dTVをオススメしたいのはこんな人

dTVオリジナルドラマ・作品が見れる

dTVではここでしか配信していない作品を多数そろえています(中には地上波で放送されるものもあります)。

例えば、2009年から続いている『トゥルルさまぁ~ず』。こちらはdtvの前身であるBeeTVから配信されている長寿番組です。

また、地上波で放送しているのに、同時並行でネット配信をdTV限定で『ゴッドタン』が始めるといったこともあります。

他にも映画のスピンオフ作品も多数作られており、映画本編では描かれなかったストーリーを見ることができます。

好きな作品があるといった方は登録してみてもいいでしょう。

dTVはライブ映像が豊富

dTVの一番の強みはここでしょう。

AAAやE-girls、三代目J Soul Brothersなど、お馴染みのアーティストはもちろんのこと、Ed Sheeran、Bon Joviといった海外アーティストのライブ映像も満載です。

最近ではYoutubeでも見れるミュージックビデオまで配信しているのは必要なのか…?といった疑問もありますが、無料配信だとフルではない場合があるので、全部見たいという方にはいいかもしれません。

まとめ

他のVODと比較すればするほどメリットよりもデメリットが浮き彫りになってしまったdTV。

最後に書いたように音楽が好きでライブ映像を楽しみたいという方は利用してみてもいいかもしれませんが、映画やドラマ、漫画を楽しみたいという方は他のVODを利用することをオススメします。

とりあえず、31日間無料お試しができるので、もし気になる方は一度登録してみてもいいでしょう。

他のVODをチェックする

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP