「プリズン・ブレイク」シーズン1第2話のあらすじ、ネタバレ、感想~アルブリッチも人の親! | VODの殿堂

ドラマ

「プリズン・ブレイク」シーズン1第2話のあらすじ、ネタバレ、感想~アルブリッチも人の親!

   
 

タイトル:「プリズン・ブレイク」シーズン1第2話[アレン]
放送局:FOX
放送期間:2005年8月29日~2006年5月15日
キャスト:ウェントワース・ミラー、ドミニク・パーセル、ロビン・タニー、サラ・ウェイン・キャリーズ、ピーター・ストーメア
閲覧したVOD:dTV(2018年9月30日までは視聴可)

前回では、死刑を宣告された兄が政府の陰謀に巻き込まれた事を知ったマイケルは、自ら兄と同じ刑務所に入り脱獄を企てる。
兄リンカーンの死刑執行までの期限は後1カ月しか無い。

刑務作業を仕切るアルブリッチの組織にフィバナッチの写真を送り、マイケルはアルブリッチの注意をひいた。兄リンカーンと刑務作業に加わる事になったマイケル。
作業場でリンカーンに全身のタトゥーは刑務所の図面だと話した場面で前回は終わりました。
これからの展開で脱獄の仲間になると頼りになるであろうアブルリッチをどうやって仲間にして行くのか?
それでは、紹介していきましょう!

『プリズン・ブレイク』シーズン1配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月9日(水)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

グラウンドでディービー・クーパーと

マイケルはグラウンドでディービー・クーパーとチェッカーをしながら話しをしています。
ディービー・クーパーは60才で、まだ刑期が60年残っている事や、そのウチ刑務所内で白人と黒人の間での衝突で暴動が起こる時が来る!
とマイケルは忠告を受けたのです。

牢屋で

マイケルは昼間のディービー・クーパーの話しからか、左手のタトゥーを鏡で見ながら『アレン・シュワイツァー』の名前を見つけて、メモを取っています。
その後に牢屋でスフレが隠し持っていたナイフを見つけた瞬間に刑務所の抜き打ち検査が始まりました!
刑務官はナイフを持ったマイケルを見つけたのですが、すぐさま所長が現れて、そのナイフがスクレの物だと見抜き、スクレは懲罰房送りにされてしまうのです。

しかし、刑務官はマイケルに「夜の刑務所を牛耳っているのは所長ではなく俺だ」とそして「暴動が起こる時までに、自分の立場をとるハッキリしとけ」と言い放ちます。

グラウンドのベンチのボルト

何気なくグラウンドを歩きながら、ベンチのボルトの経口を指で確認するマイケル。
ボルトが、自分の設計の通りなのか?
記憶を手繰り寄せて、メモした数字を思い出したのです。

ティーバックに会う

グラウンドの観客席の上段に座ろうとしたマイケルに、近くにいた囚人から「そのベンチはティーバックの物だ!」とマイケルは忠告を受けた。
そこにティーバックが近寄って来ました。
マイケルのルームメイトのスクレは黒人でマイケルに親切な対応で一緒に歩く事も多く、またマイケルが抗インシュリン剤を頼んだ調達屋も黒人!

新入りが黒人とも仲良くしている姿が、他の白人には鼻持ちならない存在に見えたのでしょう。
特にティーバックはレイプ犯で殺人も数多くしたサイコ犯!
考え方も偏った人物なのでしょう。
傍らにはティーバックと性関係がありそうな若い男性を従えて、マイケルに「暴動が起こる時に白人側に着くなら、俺がお前を守ってやる」、「だが、黒人側に着いたらお前を殺す」と脅して来ました。
話しを聞きながら、マイケルは誰にも気付かれないようにベンチのボルトを1本抜き取ったのです。
しかし、翌日もう1本抜き取ろうとした所をティーバックに見つかって取り上げられてしまいます。

マイケルが牢屋を留守にした隙に

刑務官はマイケルのメモ帳に何か書いた跡があると感じたのか?
鉛筆で透かして『シュワイツァー・アレン』の文字を浮き出し、何やら含み笑いを浮かべてそのメモを自分のポケットに入れ牢屋を後にした。

アルブリッチの身辺に…

グラウンドの片隅でアルブリッチはマイケルから取り引きを持ちかけられ、その内容は「ある囚人から奪われた物を取り返して欲しい、フィバナッチの居場所を刑務所から一緒に出たら教える」と言う事でした。

その後、面会室にて、アルブリッチは組織の手下と会うが、次の公聴会までにフィバナッチの居場所が分からないと組織の中から、逮捕者が大勢出る可能性のある事を告げられる。
そのさい、出来なければ、娘がこの世から居なくなるとも告げられ戸惑いを見せたのです。

マイケルは白人と黒人の狭間に立たされる

抗インシュリン剤のパグナックの入手を頼んだ調達屋やルームメイトのスクレは黒人、一方マイケルが周りから見たら深い話しをしているティーバックやアルブリッチは白人。
マイケルは調達屋のグループから、「暴動の隙に殺す」と脅されたのです。

ベロニカの行動

リンカーンの元恋人だった弁護人のベロニカは、判事からリンカーンの証拠の複製したビデオを受け取り内容を確認しました。
ビデオには副大統領の兄弟を駐車場で撃った画像が映っていて、ベロニカはリンカーンへの信頼を失いかけました。
そして、リンカーンに面会してその事を告げたのです。
しかし、懸命に無実を訴えるリンカーンに心が動揺してしまいます。

後日、彼女の法律事務所に電話が入ります。
相手は別件の陰謀で殺されたクラブ・シモンズの元恋人と名乗る女性でした。
彼女はベロニカに会いたいと言うのです。
ベロニカは人目の多い路上でないと話す事が出来ないと彼女に言われて、町の大通りで待ち合わせをしました。
そして彼女からリンカーンも陰謀によって死刑囚にされたと教えられるのです。
また彼女は、シークレットサービスに見張られているとベロニカに忠告してその場を立ち去りました。

シークレットサービスのケラーマン

ケラーマンは判事のジャイルズを訪れた。
リンカーン・バローズの殺害証拠のビデオをジャイルズが複製した事実を確認。
その複製したビデオをジャイルズが渡したベロニカの名前を聞き出し、ほくそ笑みを浮かべる。

ベロニカの行動を知ったケラーマンは、モンタナ州ブラックフットのとある別荘に電話をかける。
相手は、まだ後ろ姿と声しか出て来ないが、大物らしい女性でケラーマンにベロニカを止める様に指示を出したのです。

刑務所内で暴動が

点呼の時に、白人と黒人の間で喧嘩が始まり暴動が始まります。
マイケルがティーバックに取り上げられたボルトをティーバックの子分からもぎ取った瞬間、調達屋がそのボルトを掴んでティーバックの若い子分の左胸を刺して殺害したのです。
刺してすぐに返り血を浴びたマイケルにボルトを渡してその場から離れてしまいます。
マイケルが殺したとティーバックに勘違いされてしまい、誤解をされたまま暴動が鎮圧されました。

ボルトを床で削る

マイケルは、奪い返したボルトで牢獄の床で削りネジ山を平らに仕上げ、タトゥーの黒円に形を合わせて、ピッタリにあった事を確認して、ある図面を回想します。

ボルトの名前はアレンボルト、図面はトイレの見取り図。
マイケルはトイレから、削ったボルトを鍵にして、また特殊なボルトを抜き取るのです!

医務室で

保険医のタンクレディは、マイケルの糖尿病の検査をするが、抗インシュリン剤のパグナックのおかげで、糖尿病の陽性反応が出る。
結果を聞いて安心するマイケルを見て、タンクレディは何か違和感があると医務室の看護師に話す。

アルブリッチはマイケルを

アルブリッチはマイケルが組織にフィバナッチの写真を送った事を感づいていた。
マイケルを作業場に呼び出し、フィバナッチの居場所をどうやって知ったのか?
また、フィバナッチの居場所を教えろ!
と何人もで囲んで尋問をしたが、マイケルは「刑務所から出たら教える」と簡単には口を割らない。

そこで今回の話は終わります!

スポンサーリンク

〈感想〉

リンカーンの証拠を嗅ぎまわるベロニカにシークレットサービスのケラーマンが目を付けて来ました。
首を突っ込んでしまった彼女の身の危険を漂う雰囲気が感じられます。
徐々に政府による陰謀を感じる展開になって来ました。
まだ黒幕は分からないのですが、黒幕であろう女性とケラーマンとの会話の中での計画とは、どれ程大きな計画なのでしょうか?
アメリカ社会では、人種問題が根強いと言う事なのですね!
刑務所でも人種によって派閥があり、それで殺し合いに発展するとは日本では考えられません。
そのため暴動で犠牲者が出ても刑務官達がごく日常の様に対応している姿には驚きます。

マイケルがトイレで引き出したアレンボルトは、彼の計画に何の役割を果たすのか?
まだ分からないのですが、鍵となるようボルトを加工してまで抜き取ったボルトですから、よほど重要なアイテムなのでしょう。
マイケルのタトゥーに、鍵穴になるボルトの大きさまで彫られている事に一瞬愕然としました。
ただの黒い丸のタトゥーが鍵穴の形なのです!

また、マイケルが糖尿病を偽ってまで医務室に通う理由も知りたいです。

しかし、マイケルのような一般的な人がマフィアの幹部のアルブリッチ相手に取り引きを持ちかけても、マフィアには通用しないのでしょうか?
もしマイケルがフィバナッチの居場所を話してしまえば、アルブリッチは脱獄計画の仲間になる必要が無くなってしまいます!
マイケルは絶対に口を割る事は出来ない状況です。
マイケルは、この場を乗り切る事が出来るのでしょうか?
次回のプリズン・ブレイクを楽しみにしてください!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP