イニョン王妃の男 第16話(最終話)のあらすじ・ネタバレ・感想~2人だけの記憶~ | VODの殿堂

ドラマ

イニョン王妃の男 第16話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~2人だけの記憶~

   
 

タイトル イニョン王妃の男 第16話(最終話)
放送局:tvNテレビ
放送期間:2012年4月18日~2012年6月7日(全16話)
キャスト:チ・ヒョヌ(キム・ブンド役)、ユ・インナ(チェ・ヒジン役)、キム・ジヌ(ハン・ドミン役)
観覧VOD:auビデオパス(2018年8月3日時点では配信終了)

今回のお話でいよいよ最終回となります。
王妃を守る為に戦うブンドは命を狙われ、止めを刺されそうになった瞬間、ユンウォルからもらったお守りの力で、過去の世界から未来の世界へとタイムスリップしてヒジンと出会い恋へと発展していきます。
ブンドは王妃を守り、家族の無念を晴らすべくミン・アムと決着をつけました。
そして、過去の世界を捨てて未来の世界でヒジンと生きていく決意をするのですが、ユンウォルの死によってお守りの効果が無くなり、未来の世界へ行くことができなくなり苦しみます。
自分の帰りを待ち続けるヒジンの気持ちを考えるとブンドは胸が痛み、お守りを燃やす決意を。
ブンドは最後に自分の思いや願いを手紙に書き残し、過去の世界で一人孤独に生きていくことに・・。
ブンドがお守りを燃やしたことで、ヒジンはブンドの記憶が残っていませんでした。
そして、月日は流れ。
仕事が順調なヒジンは家を買い引っ越すことに。
そんなある日、ヒジンにナレーションの仕事依頼が入り・・・。

それでは最終話を見ていきます。

『イニョン王妃の男』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2020年2月17日(月)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

キム・ブンド?

月日は流れて一年後の現代。
ヒジンは美容院に来ていました。
そこへドラマでお世話になった監督から電話が鳴り、ナレーションの仕事依頼をされます。

監督の知り合いのプロデューサーがどうしてもヒジンを使いたいとのことらしく監督の頼みだからとナレーションの仕事を引き受けたヒジンは「歴史の裏街道」という隠れた歴史上の人物を特集している番組のプロデューサーに会いに行きます。
「なぜ私に?」とヒジンが聞くと今回のテーマは「仁顕王后の男」というものらしく、ドラマでイニョン王妃役をしていたヒジンにお願いをしたいようでした。
そして「仁顕王后の恋人の存在は?」と聞くプロデューサーの質問に「恋人?ドラマにはなかったわ!」と不思議そうなヒジン。

プロデューサーは「実は興味をそそる記録が見つかったんです!」とヒジンに嬉しそうに話す。
資料を受け取ったヒジンは帰りの車の中で読んでみることに。
そこにはブンドのことが書いてありましたがヒジンは「キム・ブンド?はじめて聞く名前だわ?」と首を傾げる。
家に帰ったヒジンが資料を読んでいるとスギョンが帰宅して「ナレーションってどういうこと?忙しいのになんで受けたのよ~?」とヒジンに言う。
ヒジンは「面白そうだから♪」と真剣に資料を読み続けている。
そして、ヒジンは「実録ではキム・ブンドは死んだと載ってるけど、その後も生きているとの記録が・・・少し前に領議政(ナム・グマン)の子孫が備忘録を公開したの!そこには生きているキム・ブンドに会ったと記されていたらしいの!死んだはずの日からの一年後に・・・」とスギョンに聞かせる。

~回想シーン~
1695年5月平安。
地方視察に訪れたナム・グマンは休憩をとることにする。
そして、手を洗うためにと手洗い場に向かう途中で男にぶつかる。
ナム・グマンにぶつかった男はブンドでした。


「大丈夫かね?」と聞くナム・グマンに対し頷くだけでその場を去ろうとする男。
そして「待て!」と引き止めるナム・グマンは「知っている者と似ている」と近づき顔を確かめようとした途端、男は逃げてしまう。
宿へ急いで戻ったブンドは荷物をまとめ逃げる準備をする。
ナム・グマンは護衛の者に逃げた男を捕まえるように言う。
そして居場所を突き止められたブンドは同行するようにと命じられるが、ブンドは逃げ出す。
護衛達がナム・グマンの元へ帰ってきて「男に逃げられてしまいましたが、残った荷物です」とブンドが宿へ忘れていった荷物を受け取りナム・グマンは確認してみることに。
すると、書物の間に挟まれた手紙を見つけ読み「この筆跡はキム・ブンドに間違いない!」と驚きを隠せない様子。

その後、宮殿に戻ったナム・グマンは町の様子を王に報告する。
そして「他に何か変わったことは?」と王は聞く。
ナム・グマンはキム・ブンドに似ている男と会ったが話が出来なかったので確認は出来ていないと言うのだが、王は驚くこともなく「元気そうだったか?私はブンドに借りがある・・」と微笑みながらブンドの様子を聞く。

意味の分からないナム・グマンに「このことは口外するな!ブンドは死んでいる」と念を押す王。
その夜、ナム・グマンは(王とキム・ブンドとの間に何かあったようではあるが、どうやらキム・ブンドは生きているが、何かの理由で死んでいることになっているようだ。しかし、生存していることを知られてはいけないようで、地方を転々としながら身を隠している・・そしてこのことは決して口外してはならない・・・)と書を残す。

捕らえられるブンド

追手から逃げてきたブンドがたどり着いた寺で、ある夫婦と出会う。
そして、ブンドを見た男は「どこかで見たような・・?」と考えるがすぐには思い出せなかった。
しかし、ブンドが去ったあとにようやく思い出し驚く!!
その頃、寺を後にしようとしていたブンドに声をかける男。
それは以前にお守りを書いた和尚を訪ねた時に会った住職だった。

そして住職は「いつまで逃げるおつもりですか?逃げてばかりで疲れませんか?」とブンドに聞く。
ブンドは「疲れました・・おかしな話ですが逃げるということが私の生きる目的に・・それすらなければ生きてはいけません・・」と微笑みながら話すブンドに疑問を感じる住職。
住職と話をしていると、そこへ官軍が現れ、慌てて逃げるブンドでしたが、とうとう捕らわれてしまいます。

場面が現代に変わり、ナレーションの収録をしているヒジン。
映像を見つめながら、ブンドが書いた手紙の紹介をしている。
第一部の収録が終わったところで、ドンミンがヒジンに会いにくる。
久しぶりに会ったドンミンは相変わらずの様子で、ヒジンに付き合おうと迫り、呆れるヒジンでしたが楽しそうな二人。
そして、次の収録が野外撮影のために現場に向かうヒジン。
現場はドラマの撮影でも使った宮殿でした。

同じ空間

ヒジンが宮殿での撮影の打ち合わせをしている。
場面は過去へ変わり、捕らわれたブンドは宮殿に連れてこられていた。
そして、宮殿を見渡すブンドに官軍は「何を見ている?」と聞いた。
ブンドは「久しぶりなもので・・」と微笑むが「宮殿にも入った事ないくせに何をおかしなことを言ってる?」と呆れる官軍。
その時、ブンドは何かを感じる!!
場面はまた現代に変わり、撮影がはじまりヒジンはブンドの紹介をしながら歩き出す。
そこには時空を超えて、同じ場所にいる二人の姿が・・・。

そして、ヒジンがブンドの横を通り過ぎたところで言葉に詰まるヒジンは突然涙を流す。
なぜ涙が出るのか自分でも訳の分からないヒジンだったが、何かを感じ涙が止まらなくなる。

撮影を中断して、駆け寄るプロデューサーは心配してヒジンに「どうかした?」と声を掛けるが、ヒジンにも理由が分からずで「目にほこりが・・・」と泣いてはいないとごまかすも、違和感を感じるヒジン。

場面は過去に変わり、義禁府(ウィグムブ)に捕らわれているブンド。
そこへ兵士がブンドの荷物を持ってきて「明朝に尋問だ」とブンドに伝える。
ブンドは以前に「二度と姿を見せません」と王に約束した自分の言葉を思い出し悩む・・・。

二人だけの記憶

場面は現代。
ヒジンが撮影を終えて帰る途中、スギョンから電話が鳴り「泣いたんだって!?どうして泣いたの?」と聞かれる。
そして「自分でも訳が分からない・・急に悲しくなったの・・」と答えるヒジンを心配するスギョン。
信号待ちをしていると突然降り出す雨。
「最近よく降るわね・・・」と憂鬱なヒジン。
場面は過去に変わり、ブンドは自分の荷物を開ける。
そこには、最後にタイムスリップした時に着ていた衣類と携帯電話があった。
そして、ネクタイを手に取りヒジンとの思い出を振り返り「ネクタイの用途か・・・」と微笑み辺りを見渡すとブンドはネクタイを天井に結び自殺をしようと考える。

場面は現代に変わり、雨が降り続いている中ヒジンは車を停めていた。
車の中でヒジンは胸が苦しくなりまた意味も分からず溢れてくる涙。


しかし、自分がどうして泣いているのかが分からず、苦しんでいるヒジンの頭の中に何かの記憶が蘇り・・「やり手・・?やり手って誰なの・・?」とブンドが持っている携帯に登録していたブンドの呼び名と携帯番号がうっすらではあるが出てきて、泣きながら電話をかける。
でも、誰も電話に出ずで携帯を車に置いて雨の中車の外へ出る・・・。

場面が変わり、ネクタイで自殺を図ろうとしているブンドはヒジンとの思い出を胸に涙を流しながらネクタイに首をかけ、とうとう自殺を・・・。
場面は現代に変わり、雨の中びしょ濡れになりながら悲しくてたまらない感情にもがき苦しんでいるヒジンに異変が・・・とうとうブンドの記憶が全て甦る。

甦った記憶と想い

場面は放送局。
エレベーターに乗ろうとしたプロデューサーはびしょ濡れのヒジンが現れ驚く。

「どうした?びしょ濡れじゃないか!?」と声をかけるプロデューサーにヒジンは「映像を・・・映像を見せて下さい・・」と言う。
ヒジンの様子に戸惑いながらも映写室へ案内するプロデューサーは「一人で見るならここがいいでしょう」とヒジンに操作方法を伝え「何かあれば呼んで下さい」と部屋を出る。
ヒジンは映像を再生させると、ブンドの残した手紙の部分へ早送りさせて手紙の内容を改めて確認し、涙を流す。

しばらくすると、ドアが開き光が差し込む。
「すいません、もう少しだけ・・・」と言うヒジン。
すると「なぜ電話に出ない?」と声がして振り返るヒジン・・。
そこに居たのはブンドでした。
驚くヒジンに「捜したんだぞ・・・電話しただろう?1時間前に・・」と携帯をヒジンに見せ微笑むブンド。

~回想シーン~
ネクタイで自殺を図ろうとしていたブンドは薄れゆく意識の中で携帯が鳴っていることに気付く。
意識を取り戻し、ネクタイを外そうともがき床に落ちる。
そして、携帯を手に取りヒジンからの電話に出た瞬間!!
なんとタイムスリップして現代へ!

呆然とするヒジンに「いつまでボーっとしている、人を呼んだなら責任を取らないと」と言うブンド。
我に返ったヒジンは「ドアを閉めて・・・」と言い、ドアを閉めるブンド。
そして「こっちに・・・来て・・」と呼ぶヒジンのそばへ向かうブンド。
ヒジンはブンドに触れると「本物だわ、生きてる・・」と安心する。


「どうしてたの?1年間も?」とヒジンが尋ねる。
「全国に女を作って遊んでた。1年なんてあっという間だ」と答えるブンド。
「嘘つきね、あそこに証拠が・・」と流れている映像が証拠だとヒジンは映像をブンドに見せる。

見つめ合う二人。
ヒジン・・・「どうしてここへ?お守りは?」
ブンド・・・「燃やした・・・」
ヒジン・・・「ここへはどうやって?」
ブンド・・・「そなたに呼ばれてきた・・」
ヒジン・・・「私に?」
ブンド・・・「そうだ」
ブンドはヒジンの顔に手をあて、涙を拭い目で合図。

そして「ネクタイの用途・・それが恋しくて・・他の用途で使うところだった・・」とブンド。
「ネクタイの用途が?」と不思議そうなヒジン。
「すごく恋しかった」と微笑むブンドにヒジンは「これのこと?」とネクタイを掴みブンドを引き寄せる。
そして二人は長い長いキスを交わすのだった。

感想・まとめ

めでたくハッピーエンドで終わったので最高の気分でした!!
一年の月日が流れている間にヒジンは仕事が順調で家を買えるようになってるとは仕事一筋って感じで頑張ったんですね。
ブンドの記憶が消えてしまったヒジンでしたが、新しい仕事の依頼でブンドのことを知り興味を持っていくのは、やはり何か感じるものがあったのでは?と思ったのは私だけ?(笑)
そして、なんといってもナム・グマンがブンドのことを書き残して子孫が保管してくれてたことに私的には感謝です~♪
これがなかったら、ヒジンはブンドのことを思い出すことも再会することも出来なかった訳ですからね!
それと、野外撮影で訪れた宮殿の場面で、ヒジンが涙を流したのはブンドが捕まって宮殿に連れてこられた時にヒジンが感じた感情だったようで、時代は違っているけど二人は同じ空間で同じ時間を過ごしていたんだってことでした!
だから、ブンドが命を絶とうとした時にヒジンの心が反応して、悲しくなり涙が溢れてきてたってことだったんですよね!
こんなことを考えた脚本家さんの発想が凄い!
時空を越えて結ばれるなんて実際には考えられない事だけど、お互いのことを思う気持ちが本当に強かったこともあり、そして最後にはお守りの力ではなくて時空を超えて鳴った携帯が二人を引き寄せてくれました!
最後のキスシーンの長いことに“もういいやろ!”って思ってしまったのですが、幸せな気持ちで見ることが出来ました(笑)
そして、出来ることならこの続きが見たいから作って欲しいです♪

イニョン王妃の男を見るならU-NEXTがオススメ!

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額2,189円(税込)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
イニョン王妃の男 第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~2人の王妃~
イニョン王妃の男 第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~衝撃の再会~
イニョン王妃の男 第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~お札の通力~
イニョン王妃の男 第4話のあらすじ・ネタバレ・感想~別れの挨拶~
イニョン王妃の男 第5話のあらすじ・ネタバレ・感想~実録の真偽~
イニョン王妃の男 第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~因と果~
イニョン王妃の男 第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~報復の刻(とき)~
イニョン王妃の男 第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~ときめきの贈り方~
イニョン王妃の男 第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~からまる記憶~
イニョン王妃の男 第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~よみがえる想い~
イニョン王妃の男 第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~新たな始まり~
イニョン王妃の男 第12話のあらすじ・ネタバレ・感想~生きるべき場所~
イニョン王妃の男 第13話のあらすじ・ネタバレ・感想~お札の災い~
イニョン王妃の男 第14話のあらすじ・ネタバレ・感想~運命の矢~
イニョン王妃の男 第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~命の代償(だいしょう)~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP