トドメの接吻(3話)のあらすじ・ネタバレ・感想~宰子の過去~ | VODの殿堂

ドラマ

トドメの接吻(3話)のあらすじ・ネタバレ・感想~宰子の過去~

   
 

タイトル:トドメの接吻(3話)
放送局:日本テレビ
キャスト:山﨑賢人、門脇麦、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗、志尊淳菅田将暉など
閲覧したVOD:hulu(2018年1月24日時点では閲覧可)

宰子にキスをされると死に、7日前に遡り、生き返る。
旺太郎は、宰子に殺されていたと思っていたが、実は助けてくれていた。
なぜなら宰子は、旺太郎が可愛がっていた後輩:和馬が旺太郎を殺そうとしていたのを知っていたからだ。
2話のラストで、異常な愛故に狂気と化した和馬に刺された旺太郎の運命は!?
3話のあらすじです。

『トドメの接吻』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年2月26日(水)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

〈海難事故〉

12年前、宰子は祖母と豪華客船に乗っていた。
そこで、海難事故に遭い、倒れていたところをある兄弟に助けられた。
そのうちの1人は、目の前で海水に流され、その後宰子を抱えてくれていた子と宰子も流されてしまった。
流されながら、宰子は
『戻りたい、戻りたい、事故が起こる前に戻りたい…。』
と心の中で叫んでいた。
宰子が目を覚ましたのは、事故から7日たった後だった。
祖母に
「〝光太〟と書いた靴を握っていたのに、覚えはあるかい?」
と聞かれたが、その子達がどうなったのか知るのが怖くて、答える事が出来なかった。

だから、バチが当たったんだと思う…。

〈初めてのキス〉

初めて出来た彼氏とキスをした宰子。
しかし、その彼とキスをした瞬間、相手は死に、自分も死んでしまった。
しかし、目覚めると7日前に遡っていた。
宰子とキスし、死んで蘇った男の子は、宰子を不気味がり、その噂は学校中に知れ渡り、宰子は皆んなから、避けられるようになってしまった。
それから、宰子自身も人目を避けるようにし、誰とも関わらないと決めた。

〈旺太郎との出会い〉

誰とも関わらないと決めていたが、初めて旺太郎にキスをした日、宰子は和馬が旺太郎が飲むドリンクに毒物を入れているのを見てしまった。
それで、旺太郎を助けようと思い、トイレで待ち伏せ、キスで殺し、蘇らせたのだ。

〈襲う和馬〉

旺太郎は、和馬に刺されたが、一命を取り留め、病院にいた。
そこにナイフを持った和馬が現れ、旺太郎に刺しかかってきた。
そこに店長が見舞いにやって来て、旺太郎は病室から飛び出し、急いで警備員を呼ぶが、その間に和馬に、逃げられてしまった。
旺太郎が事情を説明していると、和馬から電話がかかってきた。
旺太郎が、和馬に
「死にたきゃ、1人で勝手に死んでくれ!」
と言うと、和馬は
「じゃぁ、エイトさんの1番欲しがっているものを一緒に連れて、逝きます。」
と言い、電話を切った。
美尊の身が危ないと思った旺太郎は、店長にバイクで美尊の大学に送ってもらう。
美尊を見つけた旺太郎。
しかし、すでに美尊の背後から和馬が近づいていた。
和馬が美尊に襲いかかり、美尊は、頬に大きな傷を覆ってしまった。
病院に駆けつけた美尊の母と尊氏。
母は、旺太郎に
「うちの大切な娘になんて事を!」
と怒鳴る。
尊氏は、美尊のもとへ行き
「守ってあげられなくて、ごめん。僕が側についていれば…。これからは、ずっと側にいる。美尊が生きていてくれて、本当によかった。どんなに辛いことがあっても一緒に生きていこう。」
と言い、抱きしめた。

〈手段を選ばない旺太郎〉

旺太郎は、宰子の力を利用し、挽回しようと考えた。
旺太郎は宰子を探し出し
「知り合いが怪我をして大変なんだ。もう1度、キスしてくれ。」
と頼む。
しかし、宰子は
「もうしない。あなた、死にたいの?キスすると手が痺れて、息が出来なくて苦しかったでしょ?恐ろしくて、できないでしょ?帰って。」
と言い放ち、旺太郎のもとを去る。
旺太郎は宰子を追いかけ
「成り上がるためだったら、なんでもしてやるよ。」
と言い、無理矢理キスをし、死んだ。

〈作戦失敗〉

宰子とキスをし、7日前に遡った旺太郎は、病院で和馬に襲われる時だった。
冷静に対応し、前回より早く美尊のもとへ、駆けつける事が出来た。
美尊を守る旺太郎のもとに和馬が現れた。
かっこよく美尊を守る作戦だったのだが、偶然にも尊氏が居合わせ、旺太郎よりも先に和馬を取り押さえた。
この件で、美尊はより尊氏に感謝し、旺太郎の作戦は失敗に終わった。

〈挽回する旺太郎〉

どうしても美尊を落としたい旺太郎は、また宰子にキスをしてもらうように頼むが、拒まれる。
宰子を全力で落とそうと頑張る旺太郎だが、上手くいかない。
そんな時、路地裏を歩いていると、春海に呼び止められた。
春海は
「お互い足りないものをキスで埋めてるんだな。俺が死んだら、キスで生き返らせてくれよな。」
と意味ありげに言う。
旺太郎は
「そんなこと、あるわけないだろ。」
とトボけ、春海の元を去った。
宰子になかなかキスの承諾を得られない旺太郎は、プールで溺れたフリをする。
騙された宰子は、助けようとするが、またしても旺太郎に無理矢理キスをされた。
タイムリープした旺太郎。
和馬に襲われる美尊を体を張り守った結果、美尊の心を揺るがす事ができた。
また美尊の母にも、感謝された。

〈郡次の思惑〉

美尊の父の危篤の知らせがはいる。
家族と郡次で病院へ向かおうとした時、尊氏は郡次に呼び止められた。
郡次は、尊氏の実の母の兄弟で、尊氏からすると叔父にあたる。
郡次は12年前に、海難事故の防犯カメラの映像を破棄するようにと、社長から預かっていた。
そのテープを尊氏に見せ
「これが何かわかるか?海難事故の証拠だよ。尊氏、美尊さんと結婚して、並樹グループを継げ。そして、俺を副社長にしてくれ!」
と脅した。
病院に向かう車の中で、郡次は尊氏に合図を送る。
尊氏は、悩みながらも、美尊に
「美尊、結婚しよう。」
と告げた。

〈キスの契約〉

旺太郎は、宰子を部屋へ呼び、ホストの格好ではなく、ありのままの自分の姿を見せた。
「俺たちは何度失敗しても、やり直せることができる。もちろんタダでとは言わない。キスしてくれるたびに、宰子の願いを1つ叶えてやる。これは、契約だ。」
と言うと、宰子は
「最低の契約。」
と言い、帰って行った。
旺太郎は追いかけ
「2人で幸せを手に入れないか。俺を救ったことを意味のあるものにしてやる。だから、キスの契約をしろ。」
と言う。

感想

こんなに序盤で色々明らかになっていいのかっていうくらい、毎回驚きの情報が明らかになります。
今回は宰子の過去が明らかになりました。
2話では、名前の読みしか出てきませんでしたが、トドメのキスのSNS公式サイトで〝佐藤宰子〟と漢字が発表されていました。
サイコってどんな漢字なんだろうと思っていましたが、こう見ると普通にいそうな名前ですよね。
しかしまさか、海難事故で助けた子が宰子だったなんて…!
その頃から、キスすると殺してしまう体質になったのでしょうか。
旺太郎は、この体質をいいように使おうとしていますが、怖いですよね。
今までは、ちゃんと生き返っていますが、毎回そうとは限らないし。
そして、2話ではきちんと明らかになっていなかった事、歩道橋から突き落としたのも、背後からナイフで刺したのも、ドリンクに毒物を混入させたのも、全て和馬の仕業でした。
それを宰子が全て目撃していたので、キスで殺し、蘇らせていたのですね。
今回は、旺太郎から強引にキスするシーンが2回もあったのですが、とっても良かったですね。
世の女性が興奮するはずです。
ストーリーとしては、宰子のこのキスで殺す能力はなくなる展開になる気がします。
または、何度もキスを重ねて、海難事故の日まで遡るとか?
この展開なら、斬新過ぎますね。笑
でも光太は生きていると推測しているのですが、現時点で怪しいのは、菅田将暉くんですかね。
次回はついに春海と宰子の関係が明らかになる…!?

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP