「ずる賢いバツイチの恋」第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~スンヒョンはボディーガード~ | VODの殿堂

ドラマ

「ずる賢いバツイチの恋」第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~スンヒョンはボディーガード~

   
 

タイトル:「ずる賢いバツイチの恋」第15話(全23話)
放送局:韓国MBC放送、BS‐11他
放送期間:2014年2月27日から2014年4月24日(水木ドラマ)
キャスト:イ・ミンジョン、チュ・サンウク、ソ・ガンジュン、イ・ジョンギル、ファン・ボラ、キム・ギュリ、エルなど
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年5月7日現在配信中)

韓流ドラマ好き必見!

U-NEXTでは他では見ることができない独占ドラマを多数無料で配信しています!

スンヒョンは、エラに告白をし、その気持ちを受け入れる事は出来ないと断ったエラなのですが、「次またがんばる」と動じない姿勢です。
スンヒョンがエラを好きだとわかり、動揺しスンヒョンのじゃまばかりするジョンウは、自分の気持ちに気がついたのでしょうか?
一方、エラは屋上でジョンウと話していたのですが、ジョンウの携帯の充電切れで苛立ったジョンウに部屋に連れて行かれ話の続きをしていると、義母と義姉が来てしまいます。
一波乱起こりそうですね。

それでは「ずる賢いバツイチの恋」第15話のあらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

あらすじ第15話

対立する家族

ジョンウがドアを開ける前にカギを開けて入って来た母スンジャと姉ジョンスク、キル・ヨハン秘書からキーを借りてきた、と言う。
ジョンウ「急に何の用?」
母「息子の家に来ちゃ悪い?けじめをつけろと言いに来たのよ」
姉「エラさんが会社で働いているでしょ?」
ジョンウ「3ヶ月だけだ」
姉「あの子は、絶対辞めないわよ、だから言ってるのよ」
母「いいから今すぐ辞めさせて」

勝手に弟の携帯を見る姉、エラの母から来たメールを見て、「まだ連絡を取り合ってるの?」と言われ「おかずをもらっただけだ」と言うジョンウ。
「ほら、成功したあなたに取り入ろうとしてる、きっとあの女と再婚させる魂胆だ、あの女は節操がないから」と言う母スンジャ。
隣の部屋で聞いているエラ…母と姉を帰らせてエラに「今の会話…聞こえた?」とジョンウ。
「話し声は聞こえたけど内容までは…」と、気を遣うエラ。

「部屋を借りた」とエラを連れて行くスンヒョン、母と僕のアトリエにすると言う。
改装を手伝ってくれたら、キーを渡すから一緒に使おうと言うスンヒョン。
実家から電話がかかり、すぐ帰って来いと言われるエラ。
エラの実家に、ジョンウの母と姉が来ていた。
ジョンウ母と姉は、元夫の会社に元嫁が入社するなんて非常識だ、腹黒い証拠、息子をまどわすな、と言う。

今は仕事も成功して楽になったが、以前は元嫁のせいで、失敗の連続で苦労続きだった、と話す。
エラの母は、今の成功はエラが仕事を掛け持ちして、昼も夜も働いて研究費を出したからですと言い返す。
ジョンウ母と姉は、ジョンウは天才と言われていた、成功するのは当たり前と言い、対するエラ母はエラは評判の美人でミスコリアになれるとまで言われた、検事や判事と結婚させればよかった、と…激しく言い合う家族。
とにかく息子に付きまとうな、と言い捨て帰って行くジョンウ母と姉。

やっぱり、口が立つのは女ですね、エラの父と兄は入るスキなし(笑)

元夫婦だと知ったスンヒョン

エラに電話する母スクジャ、「ヨリを戻そうなんて考えないで、あんなのが姑だったら早死にするよ」と言う。
エラは、ジョンウに電話して「会社に行ってるのは仕事が楽しいから、ヨリを戻すつもりなど毛頭ない、私は何を言われてもいいけど実家にまで行って言うのはやめさせて」と言うだけ言って電話を切る。

スンヒョンがエラとミニョンの家に来る、ミニョンのネットビジネスのロウソク作りを手伝うスンヒョン。
そこでエラのアルバムを見てしまい、ジョンウと元夫婦だったと知るスンヒョン。
スンヒョンは、新アトリエでエラと自分が写った写真を見ながら絵を描いていた。
ヨジンが来て、ちょっと手伝ってほしいことがある、と。
柔道をするジョンウとスンヒョン、お互い嫉妬からいつもより真剣で激しくぶつかり合う。
柔道で初めて勝ったスンヒョンの何でも望みを、聞いてやると言うジョンウ。
「兄貴に何をしてもらうか、よく考えるよ」とスンヒョン。

男の嫉妬が激しくぶつかり合う…どちらが勝つのか…?

スンヒョンの絵

ジョンウがエラの実家を訪れる。

エラの母が「離婚した途端全てうまくいったんですって?エラは、あなたと別れた後、昼も夜も必死に働いて借金を返したの、学歴のない子が4年も生活を支えてたんだから借金があるのは当然でしょ」と喚くように言う。
もらった慰謝料も、スチョルが使い込んで何も残っていないことも言う母。
エラは言いたい放題言うように見えて、つらいことは1人で抱え込む、と。
ジョンウは、ただ「すみません…」と言うしかなかった。
そこへエラが来る。
帰りかけるジョンウに、「傷ついたでしょ?今の仕事が終わったら仕事は辞めるわ」とエラ、何とか引き留めたいジョンウは「この前、携帯のストラップを拾ってある…会社においてあるから今から行こう」と言うが「久しぶりに泊まりにきたから、じゃあね」と母の所へ戻るエラ。
クッパ店を出て車に乗りかけると、スンヒョンが来る。
この状況をどう説明しようか考えているジョンウ。
スンヒョン「兄貴…もう悩まない、僕は…」
ジョンウ「やめろ…ダメだ」
スンヒョン「知ってたんだろ?」
ジョンウ「ああ、お前がエラを好きだって知ってた」
スンヒョン「じゃあ、はっきり言う、エラさんが好きだ。兄貴の前の奥さんでも…柔道に勝った時の約束は、これにするよ、エラさんに迫ってもほっといてくれ」
と、話していたらエラとスクジャが銭湯に行くと出てきて、隠れるスンヒョンとジョンウ。
エラ達が去って、「これは何だ?」とスンヒョンが持っているものに目がいくジョンウ。

「僕の気持ちを絵に描いたんだ、エラさんに渡そうと思って」とスンヒョンが言うと、「気持ち?」ジョンウは、その絵を奪って走って逃げて行く。
「何する?待て」「イヤだ」と小学生のような2人(爆笑)
包装紙を破って絵を見ると、普通にエラとスンヒョンを描いた絵で、「なんだ」とホッとするジョンウ。
「とにかく僕はどうするか決めた、次は兄貴だ。姉さんへの立場をはっきりさせてくれ、姉さんを傷つけないで」と優しいスンヒョン。

絵を奪って走って逃げるところは爆笑してしまいました。
あまりにもガキっぽいけど面白かった。

君が好きだから

夜、母と寝るエラ、母が「私が公務員がいいと言ったばっかりに…」と責任を感じているようす。
「母さんのせいじゃない、結婚も離婚も自分で決めたことよ。悲しまないで、母さん大好きよ」と甘えるエラ。
ジョンウは、離婚後、エラが1人で借金を返してきたことを考えてこれまでの事を思い出していた。

スチョルを社長室に呼んだジョンウ、「借金を返していたことやお義母さんを苦しめたことすみません、しかし、あの慰謝料は使うべきじゃなかった」と言う。
スチョル「すまん…あの時は死ぬほど苦しかったんだ…」
ジョンウ「社内の求人状況を調べます」
スチョル「ありがとう、チャ社長」
<モバイルチーム>
ワンチーム長は「エラさん、ホテルの企画は進んでる?」と聞くと、「はい、修正案を作りました。ご覧ください」と企画書を渡す。
ソンヒがカム課長に「なぜ見習いに大きな仕事を任せるんですか?」と聞くと、責任を負わせるためさ」と答える課長。
課長が「見習いの運命は哀れなもんだ」と言っているのを聞いていたスンヒョン。
休憩中「甘いものは気分転換になるから食べて」とエラにアイスをごちそうするスンヒョン。

「ブランド品販売や、ホテルのイベント、有機野菜に関しては手付かずで忙しい」と言うエラ、「早く終わらせても見習いは休暇をもらえないのに、焦らないで」とスンヒョンは言う。
エラ「きちんと終わらせないと…」
スンヒョン「何?まさかまた辞めるつもり?僕のせい?」
エラ「違う…いろいろあって…もう辞めることにしたの…」

スンヒョン「僕は?会社に残るのに、会社にはエラさんに会いにきてる」
エラ「なぜ私が好きなの?」
スンヒョン「理由なんてない、ただ好きだから」
エラ「そう言われると負担になる」
スンヒョン「こう考えてよ、僕は君が落ち込まないように守るボディーガードだ」
……つづく

やっぱり、エラにとってスンヒョンは同僚以外何者でもないって感じですね。

まとめ

優しいスンヒョンは、「姉さんを傷つけないで」と言ってましたが、ジョンウの気持ちは完全にエラにありますから、傷つかないというわけにはいかないでしょうね。
曖昧な態度が、誤解を呼ぶんだから、はっきりとビジネスパートナーという以外何の感情もないと言ってあげてほしいね。
第16話をお楽しみに。

韓流ドラマ好き必見!

U-NEXTでは他では見ることができない独占ドラマを多数無料で配信しています!

第16話のあらすじ・ネタバレはこちら

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP