「ずる賢いバツイチの恋」第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~ジョンウとヨジン急接近か?~【動画情報あり】 | VODの殿堂

ドラマ

「ずる賢いバツイチの恋」第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~ジョンウとヨジン急接近か?~【動画情報あり】

   
 

タイトル:「ずる賢いバツイチの恋」第7話(全23話)
放送局:韓国MBC放送、BS‐11他
放送期間:2014年2月27日から2014年4月24日(水木ドラマ)
キャスト:イ・ミンジョン、チュ・サンウク、ソ・ガンジュン、イ・ジョンギル、ファン・ボラ、キム・ギュリ、エルなど
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年5月7日現在配信中)

スンヒョンの陰の支援のおかげで、エラは難しいと思われた案件が成立しCEOとデートイベントに選ばれます。
イベントの食事の後、白亜の豪邸に連れて行かれ、次の妻と住むための家だと言われショックで泣いてしまうエラ。
会社を辞めるつもりでいたエラですが、スンヒョンと社員証を盗んだ犯人を捕まえ情報流出を防いだ会社の恩人だと急に株が上がります。
エラへの気持ちが自分でもわからなくなってきたジョンウは…悩んでいるようですが…

それでは「ずる賢いバツイチの恋」第7話のあらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

あらすじ第7話

ヨジンの過去

家を追い出されたエラ兄スチョルは、エラが留守の間にミニョンの家に来てリンゴを食べていた。

スチョルは、「君の優しさがエラにもほしいよ」と言っている。
ミニョンも「私も残念だわ」とリンゴを渡し見つめ合う…
「何してるの?誰に聞いたのよ?」とエラが帰ってくるなり怒鳴る「今度は何?金なんてない」とホウキを持って追いかける。
「帰るとこだったんだ」と慌てて帰るスチョル。
会社を辞めると言っていたはずなのに、また明日から通うと言うエラ、ミニョンが「あんなに侮辱されたのに?」と不思議がる。
エラは「勝負はこれからよ、私と同じくらい涙を流させる。それが出来るのは私しかいない」と何やらパソコンのキーを勢いよく叩く。
「え?でも退職願出したんじゃ…?」とミニョンに言われ、「は?忘れてた!」とエラは早朝出勤してチーム長より先に見つけることに…。
机の上の探してもなく、足元に落ちていないか見ていると「これかな?」と声がする…顔を上げるとスンヒョンが退職願を持っていた。

慌てて取り上げるエラ「なぜあなたが持ってるの?」と聞くと「辞めるの?」と質問を質問で返される。
「辞める理由はないわ」と言うと「床に落ちてた」とスンヒョン。
実は昨日、エラが退職願を出した後、報告書をチーム長の机に置きに来てエラの退職願を見つけ、持っていたスンヒョンだったのだ。
<クク会長の家>
オ室長が、スンヒョンの会社での活躍ぶりを報告して上機嫌のクク会長、ヨジンが出勤しようとすると、「チャン会長を訪ねたそうだな?」と聞く。
「汚い手を使うからよ、チャ社長を脅かすのはやめて。そうやって人の弱みにつけこんで…家族の心も手に入れられないくせに…父さんは多くを犠牲にしてきた…私も多くを失った…」とヨジン。

エラは数年前、新婚旅行へ向かう途中に父が差し向けたパパラッチに追われ、交通事故を起こしエラだけ生き残ったのだった。
「私は、愛する人を失った…でも今度は守り通すわ」と父を睨むヨジン。

そんな暗い過去があったんですね…いつも、お高く留まってると思っていたけど…

ユリアレルギー

ジョンウが出勤すると、すれ違う社員が何やらクスクス笑う、何だろう?と思うジョンウ。
社長室のパソコンを見て原因が判明…頭を抱えるジョンウ、スマホを見て笑うヨハン秘書。
それは、“チャ社長の4段階変身”と題されたジョンウの昔のダサかった写真を10枚くらい並べたものだった。

ヨハン秘書が「IDは“カン・ミニョン”でした」とメモを渡し報告、「ナ・エラめ…」と、メモ用紙を握り潰すジョンウ。
エラに電話をかける「やったな」と言うと「あなたはスターなんだからファンサービスも必要よ、笑いの要素も提供しなきゃ」と言ってのけるエラ。
その後、何度か電話をかけるが出ないエラ。
エラは、エレベーターに乗り合わせ、突然ジョンウの目の前にユリの花束を出し「お部屋に飾って下さい」と言うが鼻と口を押え端に寄るジョンウ。

「ユリのアレルギーが…」とだけ言うと「本当ですか?知らなくてすみません」と言いエレベーターを降りる時にニヤッと笑うエラ。

会議中、アレルギーの症状が止まらず苦しむジョンウ、最上階の自宅に戻りヨハン秘書に薬をつけてもらうが、「彼女に土下座したら?」と言われ「うるさい」と怒鳴るジョンウ。
「正論を言うと怒るのはやめて下さい」と薬を投げつけ行ってしまうヨハン。
ジョンウは、エラを見つけて非常階段に連れ出すが「静かに」と言って手で口を押えようとすると手を噛まれる。

「いいか、明日付けで解雇だ」と言い捨てて、行ってしまうジョンウ。
ヨジンにそのことを話すと、「貢献したのに見習い期間が終わったら追い出すんですか?」と言われるジョンウ。
ジョンウ「見習いをすぐに特別採用したら社員の士気が下がる」
ヨジン「手柄を立てたからなのになぜ士気が下がるんですか?」
ジョンウ「特別採用したら今回の事件が外部に知られる」
ヨジン「では、公にならない形を考えます」

車にエラを呼び出すジョンウ、「ここが一番人目につかない…今回のことは感謝してる、君が望む以上の謝礼をするから辞めてくれないか?」と言う。
「イヤよ、絶対に辞めない、給料もいいし気に入ってる」とエラだが(一言謝ってくれたらすぐ辞めてあげるのに)と心では思う。

これから復讐と思っているのに辞めれるわけないですよね。
それにしてもヨハン秘書って、秘書というわりに友達感覚だし、どういう関係なんでしょうか?

社長と理事

ジョンウは、ヨジン理事を訪ね、現場調査に行きましょうと誘う、目立つから秘書なしで、と。
地下鉄に乗る2人、満員ではぐれそうになり手を繋ぐ。

乗客が自社のアプリを使っているのを見て妙な気持ちだというジョンウ。
今改善すべきは、位置情報サービスだと言うジョンウ、開発の件は社員も含め公募にしたらどうかと案を出すヨジン。

その後バーで飲みながら話す2人、ジョンウが「仕事ばかりで結婚は?」と聞くと「一度結婚したんです、誰にも祝福されない2人だけの結婚式でした…愛する人との結婚だったから後悔はしていない、でもその人はもういません」とヨジン。
「いい人が現れますよ、過去を忘れるぐらい…」とジョンウが言うと「ええ、近くにいるといいんですが…」とジョンウを見るヨジン。

ジョンウは鈍いから、ヨジンの気持ちはわかってないでしょうね。

スンヒョンにバツイチだとバレる

会社で“トークでの失敗談募集”の公募が始まる。

チーム長が「トークの利用者に新サービスを提供する企画よ、メールの失敗談を集めてサービス開発に使うの」と説明する。
「見習いの2人はカム課長と外回りよ、町の飲食店を活性化させる企画だからいい店を探してきて」と言われる。

繁盛している店に来て、偉そうなことを言って営業トークを始めるカム課長だが、店主に繁盛しているのに必要ないとひと蹴りされる。
カム課長が帰り、エラとスンヒョン2人で回ることに。

スンヒョンがお腹が空いて倒れそうだと言うので、母スクジャの店に連れて来たエラ、スンヒョンは「美味しい、サイコー」と言うが…
エラが昼時なのに、客がいないことを言うと、近くに飲食店が進出してきて最近客足が途絶え気味だと言う母。
そこへ、以前エラの見合い話を持って来たお節介なおばさんがやって来て、子持ちの公務員を勧めるのだが、子持ちはダメだと言う母に、バツイチなんだからそれくらいは目を瞑れと言うおばさん。
スンヒョンは、聞こえたのに知らんぷりしている。
それがわかったエラは「誰にも聞かれなかったから黙ってただけ、履歴書にも書く欄なかったし…」と何も聞かれてないのに言い訳をする。
「もしかして僕が好き?そんなに言い訳しなくても…」とスンヒョンに言われ「まさか…同僚としてびっくりしたと思ったからよ」と言うエラ。
「そんなこと気にしなくていい、堂々としてれば…その方が似合ってる」と言ってくれるスンヒョン。
エラの父ガプスは、妻スクジャの店でもクーポン券を出そうと考え、ジョンウと会う。

会社に戻ったエラとスンヒョンは、課長に「いい店はあったか?」と聞かれ、スンヒョンが「新林(シルリム)洞のクッパ店です」と、エラの実家の店を言う。
課長は「よし、すぐに企画書を出せ」と指示する。
「私が仕組んだみたいじゃない」とエラが言うと「僕が推すから大丈夫」と強引に進める。
ヨジン理事に呼ばれた2人「2人の貢献には正社員採用で対応するべきだけど、保安上の問題で見習い期間が終わるまで待ってくれる?」と言う。
スンヒョンが「ひどいな、言ってたことと違う、謝礼金は?」とエラのために聞いてくれているようだ。
「私は構いません、実力を認められただけで満足です」とエラ。

ワンチーム長が、スンヒョンがヨジン理事の弟だと気が付く。…つづく

バツイチだと肩身の狭い思いをする時代なんですね…
このドラマ、そこまで古くないんですが…(笑)

まとめ

イ・ミンジョンさん、ご存知イ・ビョンホンさんの奥さんです。
とってもきれいな方ですが、演技もめっちゃうまいですね。
星から来たあなた」のチョン・ジヒョンさんもうまいと思ったけど甲乙つけがたい。
第8話をお楽しみに。

『ずる賢いバツイチの恋』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2020年3月1日(日)時点のものです。

第8話のあらすじ・ネタバレはこちら

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP