「愛してたって、秘密はある。」第三話のあらすじ・ネタバレ・感想~果凛の企みは一体何なの?~ | VODの殿堂

ドラマ

「愛してたって、秘密はある。」第三話のあらすじ・ネタバレ・感想~果凛の企みは一体何なの?~

   
 

タイトル【愛してたって、秘密はある。】第三話
放送局  日本テレビ
放送期間 2017年7月16日~2017年9月17日
キャスト 福士蒼汰川口春奈、鈴木保奈美、遠藤憲一、賀来賢人 他
閲覧したVOD:hulu

結婚することを決意した黎と爽。
するとなぜか、黎の過去を知る何者かからのメール、そして不審な封筒が次々と届きます…。
更にはそれは爽にまで及び、爽の元にも封筒が!
また、黎は爽に過去を打ち明けようとするもあと一歩ところで伝えることができずに、また嘘を重ねてしまうことに…。
そして、今になって父・皓介の車が突然引き上げられる事態に。
取り乱す晶子、不安の色を隠せない黎!
さて、第三話ではどんな展開が待っているのでしょうか!?

『愛してたって、秘密はある。』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年12月1日(日)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

オープニング


一ノ瀬に呼び出された黎と晶子。
引き上げられた車の写真を見せられ、詳しいことは調査中と告げられる。
「なんで今になって…?」との黎の問いに、“崖から車が落ちた”との通報があったと井上が話した。
更に、誰から通報があったのかと聞く黎に、“そこまでは分からない”と答えながら一ノ瀬は黎に対して違和感を感じていた。

その夜。
「たまたま、偶然(車が)見つかっただけよ!」と話す晶子に対し、黎はそれを否定する。
「庭が掘り起こされる前に何があったのか…それは一つしかない。俺が結婚を決めたからだ。」と言う黎。
また、「爽に父さんのことでまた嘘を重ねてしまった…」と落胆する黎に、晶子は
「嘘を最後まで突き通すの。そうすれば真実になるのよ」と言った。

爽に封筒を届けたのは…?

次の日、黎と爽はカフェで結婚式の準備について話をしていた。
黎がふと、この前の爽が持っていた戸籍謄本のことを爽に尋ねる。
「玄関のドアに挟まっていた」と話す爽。続けて、
「もしかしてお父さんが…?いやいや、お父さんだったら回りくどいことはしないで直接言ってくるはず…。」
と、爽は弘晃のことを少し疑っている様子。
黎が挨拶に行ったときに、父・皓介が病気で亡くなったと言ったことを嘘だと気づいているのかも…、と黎に話した。
そんな黎と爽の様子を、すぐ近くの席に座って聞き耳を立てていたのはなんと、果凛だったー。
果凛は二人の話を聞き、不敵な笑みを浮かべた。

果凛は一体どういうつもりで二人の会話を聞いていたのでしょうか…?
まさか果凛が爽に封筒を…!?

風見と同じ番号…?


結婚式での乾杯の挨拶を依頼するため、黎は風見の元を訪れていた。
皓介の車が海で見つかったことを風見に話し、鍵につけていた病院のキーホルダーについて尋ねる黎。
風見の話によると、50個限定でドクターに配られたもののようで、それぞれに番号が振り分けられていることがわかった。
「ちなみに風見先生の番号は…?」と聞くと、
「92番」
驚く黎。
一週間前、自転車の鍵に付けていたが、コンビニで買い物をしている間になくなっていた、と風見は続けた。
キーホルダーのことを執拗に聞いてくる黎に対して風見は、
「どうしてそんなこと聞くの?」と眉をしかめる。
「大事にしてたのなら、一緒に探そうかと思って…」と慌てて嘘をつく黎をさらに不思議そうな顔で見つめるが、風見は「キュンとした!」とおどけて見せた。

92番…黎宛てに届いた封筒の中に入っていたキーホルダーとまさに同じ番号でしたね。
風見の仕業なのか!?と私は一瞬思いましたが…果たしてどうなのでしょうか!?
この一件、風見も関係しているのでしょうか…?

依然として反対を貫く弘晃

爽の実家では、黎の話題となっていた。
弘晃は黎の嘘を見抜き、“嘘をつく人間に娘をやるわけにはいかない”の一点張り。
爽と弘晃の言い合いは続き、「もうお父さんの許しなんていらない!」と爽は怒って出て行ってしまう。

また、メール…


爽と黎の大学時代の講師で弁護士の香坂は、知り合いの法律事務所への就職を黎に以前から勧めていた。
『この前の就職の話、どうする?』と香坂よりLINEが入った。
香坂とのやり取りをしていると、突然また何者かによる新着メールが。

『土の中 海の底』

『かくれんぼは もう終わり』

そしてその時、突然家のチャイムが鳴る。

現れたのは警察官だ。
「こちらに強盗が入ったと通報が入ったのですが…」
「心当たりはありませんか?何か盗まれたとか…」
黎は一瞬、父の遺体が頭によぎった…。

通報は間違いだったとして、警察官は引き返した。

かなりヒヤヒヤした場面でした。
メールが来たと思ったら玄関のチャイム…
しかも警察官が来るわけですから、黎にとってはかなり追い詰められるシーンだったと思います。

直接謝ったけど…

地方検察庁のエレベーターで偶然弘晃と出くわした黎。
エレベーターの中で、父のことで嘘をついたことを謝るが…
弘晃は何も言わず去っていった。

黎が興味を持った事件


就職の相談で香坂事務所を訪れる黎。
そこである事件に関与した女性と出会う。

その女性の名前は堺美夜(谷村美月)。
堺は、当時同居していた友人・五十嵐菜月を殺害した容疑で逮捕されていた。
しかしその後の調査で、五十嵐は自殺を図り、これ以上苦しい思いをしてほしくないとして堺は五十嵐の首を絞めたと涙ながらに供述。
安楽死扱いとなり、実刑にはならなかったが、五十嵐の母親はその判決に納得していない様子ということだった。

誰の仕業…?

夜、黎は今までのメールや封筒のことを考えていた。
“誰かが知っている…まるでなかったことにはさせない、と言っているようだ…”と黎は考えを巡らせる。
すると家のチャイムが鳴り玄関のドアを開けるが、誰もいない…。

と、その時、リビングからある曲が聞こえ始めた。
そう、父・皓介を殺害した時に流れていたあのレコードだった。
リビングに行くと、窓が開いていてカーテンが風になびいている。
土の足跡のようなものが窓からリビングへと続いていた。

“あの時”の場面が、黎の頭の中に一瞬にして蘇ったようですね。
しかし誰が一体こんなことを…?

堺の事件、真相は…?

再び香坂の事務所で堺に会った黎。
思いつめた表情の堺を心配している。

道端で話をし、堺を励ます黎。
堺は元気が出たと言ってその場を去るが、別れたあとすぐに堺の悲鳴が。

黎が悲鳴の元へ駆けつけると、自殺した友人・五十嵐の母親にナイフを突きつけられている堺の姿があった。

母親は以前から、娘は自殺するような子ではない、堺が殺したのではないか、と堺のことを疑っていたのだ。
「みんなに嘘ついてるのよね?おばさんのこと騙してるんでしょ?」
と震える声で堺を脅す。

母親を止めようとする黎。しかし堺は…

「これでいいんです。おばさんの気が済むなら。
(五十嵐)菜月なんていなくなればいいって思ってた。死んでほしかったんです。」

五十嵐の母親はナイフを堺に向かって大きく振りかざすが、手の力が抜けたようにナイフを落とした。
母親は、殺人未遂の容疑で逮捕された。

黎は、「菜月さんに死んでほしいって思ってたなんて…嘘ですよね?」
と聞くが、境は、
「嘘ですよ…法廷で話したこと、全部」
「“ちゃんと見張ってないと死んじゃうよ?”と言って菜月に縛られていた。助けようと思ったら助けられた。でも、また目覚めたら私のことを縛るんじゃないかと思った。目覚めてほしくなかった…。」
と続けて黎に話した。

堺の言っていること、一体どちらが正しいのでしょうか…。
黎はきっと、やり直そうとしている堺を応援しているようでしたが…実は堺には殺意があったのかもしれませんね…。

晶子の様子がおかしい?


その夜、黎の自宅で爽と晶子が夕食作りをしていた。
爽は父、親に結婚を反対されていることを晶子に話した。
続けて、爽は自分の父親が検事だと話した途端、晶子の顔が強張り料理の手が止まったー。

晶子の手が止まった理由とは一体!?
爽の父親が検事と知って、晶子は何を思ったのでしょうか?

皓介の車の調査は続く

一ノ瀬と井上は皓介の車の調査を進め、車が海に落ちたのは11年前、皓介が失踪宣告された時期と同じであることを突き止めた。

堺の事件の結末はー

一方黎は、地方検察庁で昼食中、堺が自殺したというニュースをテレビで偶然見る。
黎は吐き気を催し口を押え、洗面所へと走った…。

晶子と弘晃


そして、晶子と弘晃の二人は喫茶店で待ち合わせをしていた。
「会って頂けないかと思いました…。」
「これから末永く、よろしくお願い致します。」と晶子は弘晃に話した。

突然食事会をOKした弘晃。
後日、両家族で食事会を開いた。
爽の兄は、父弘晃と顔を会わせたくないといい、不在。

なぜか晶子と弘晃は、お互い「はじめまして」と挨拶をした…。

ここでなぜか他人の振りをした二人。
なぜ、他人の振りをする必要があったのか…?
二人の関係が気になるところです。

なぜか弘晃には本音を?

食事会の合間、二人きりになった黎と弘晃。
黎がお礼を言うと、弘晃は「勘違いするな、許したわけじゃないぞ」と言う。
「お父さんのこと、好きだったか?」と聞く弘晃。
黎は、しばらく考えこんだあと、「嫌いでした…」と言った。
その様子を遠くから見ていた爽は、少し驚いた表情を見せる…。

爽には全く反対のことを言っていましたよね。
なぜ黎は、弘晃に本音を伝えられたのでしょうか…。

虎太郎と果凛

虎太郎が一枚の写真を果凛に手渡す。
爽が高校生だったころの写真。
「これがあの女の弱点か…どうなるか楽しみだね、虎太郎ちゃん」と果凛はまた笑った。

ますます怪しいこの二人。
果凛ってば、一体何を企んでいるの?!

再び晶子に襲い掛かる不安

病院で勤務中の晶子。
どこからか視線を感じる様子ー。
すると、作業中の晶子が階段から落ちた。

「意識不明だ。すぐに病院に来れる?」と風見から黎に電話が。

スポンサーリンク

“愛ある”第三話まとめ

今回の物語でも展開は急加速。
黎の過去を知る何者かによる行動は、メールだけではなく、黎の生活にもどんどん影響しているようです。
今回怪しいと思ったのは…やはり果凛ではないでしょうか?
果凛は絶対何か企んでいますよね?
爽と黎を邪魔しているような…。
しかし、どこまで果凛が絡んでいるのかもよくわからないし…。
また、晶子と弘晃が知人?であったことも驚きでしたね!
更に、晶子が意識不明の事態となってしまったラストシーン。
晶子は無事回復するのか、そして晶子がなぜ階段から落ちたのか!?
次回も要チェックですよ~!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
「愛してたって、秘密はある。」第一話のあらすじ・ネタバレ・感想~事件を知るもう一人の人物!?~
「愛してたって、秘密はある。」第二話のあらすじ・ネタバレ・感想~新たな証拠が!~
「愛してたって、秘密はある。」第四話のあらすじ・ネタバレ・感想~爽に封筒を届けたのは果凛だった~
「愛してたって、秘密はある。」第五話のあらすじ・ネタバレ・感想~風見が驚いたのはなぜ?~
「愛してたって、秘密はある。」第六話のあらすじ・ネタバレ・感想~風見が犯人…?~
「愛してたって、秘密はある。」第七話のあらすじ・ネタバレ・感想~爽を襲った風見の真実~
「愛してたって、秘密はある。」第八話のあらすじ・ネタバレ・感想~風見、逃走中のまま時効~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP