「NCIS:LA」シーズン8第24話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~サムの戦い~ | VODの殿堂

ドラマ

「NCIS:LA」シーズン8第24話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~サムの戦い~

   
 

タイトル:「NCIS:LA~極秘潜入捜査班」シーズン8第24話
放送局:CBS
放送期間:2016年9月25日~2017年5月14日
キャスト:クリス・オドネル、LLクールJ、ピーター・キャンバー、ダニエラ・ルーア、エリック・クリスチャン・オルセン、アダム・ジャマル・クレイグ、バーレット・フォア、レネー・フェリス・スミス、リンダ・ハントなど
閲覧したVOD:hulu(2018年7月12日時点では配信終了)


スーダン出身の宿敵タヒア・カレドによって妻ミシェルを殺害されてしまったサム。
子どもたちのもとに向かう前に、タヒアと対決することを選びます。
そんなサムに協力しようとするメンバーたち…それぞれの心模様が随所にみられる今回のストーリー、さっそくチェックしていきましょう!

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

オープニング

ミシェルの遺体のある現場で、カレンがサムと話します。
カレン「飛行機で子どもたちの元へ」
サム「もう話したから大丈夫だ」
カレン「サム、母親が死んだんだぞ」
サム「俺が行ったところで妻は帰らない。とにかくタヒアと実行犯を探し出す。止める気か?」
カレン「子どもの側へ…お前を必要としている。何か分かり次第連絡するから」

サムはカレンに降りろといいます。

サム「関わらないほうがいい」
カレン「俺たち相棒だろ?どんな時も」

涙を流すサム。
カレン「お互い転職の時だな」
サム「やめるなら今だぞ…引き返せなくなる」
カレン「もう手遅れだ」
車は急発進します。

追突される検視局の車

そこにはタヒアがいて、ミシェルの遺体を搬送中の検視局の車を乗っ取りました!
その一報が作戦室に入ります。
ネル「いつ泣けばいいの?」
ケンジー「仕事を終えてからよ…悪者を倒してから」

モスクを訪れ、イスラム教の導師に会いに行くサム

車で待っているカレンに、作戦室からミシェルの遺体が奪われたという情報が伝えられます。
そしてミシェルが監禁されていた冷蔵庫について、リース会社が判明したとも。
会社の所在地はマービスタ。
ケンジーとディークスが先に調べることになりました。

なかなか出てこないサムを探して、モスクにカレンが入ります。
導師から、これを預かったと渡された包みには、NCIS捜査官のバッヂ。
携帯はオフになっており、追跡することもできません。
サムはカレンを置いて、ひとりで行動することを選んだのですね。

自宅に戻ったサム

ガレージの武器棚から次々に銃を取りだしてバッグに入れるサム。
そこにはサバティーニもいます。

急いで自宅に駆け付けたカレンですが、ガレージにはもう誰もいません。
開けっ放しの武器棚を見てサムに電話するカレン。
「勝手な真似をするな、タヒアの思うツボだぞ。やつを捕まえたいなら手順を踏め。俺が言うのもなんだが一匹狼はよせ!」

ヘティに、サムが姿を消したことを報告します。
「サムの行き先がわからないのね?彼はこれからミシェルを殺めたやつを殺しにいくわ。タヒアを探し出せばそこにハンナもいる。先に見つけなきゃ」というヘティ。

リース会社を捜査するケンジーとディークス

リース会社は無人です。
そして最後の部屋にミシェルの写真が貼ってあります。
それは誘拐後に撮った写真で、タヒアはサムをとことん苦しめる気だということが分かります。

監視対象のリストをサムに見せるサバティーノ

リストの中から、あるクウェート人が目に留まりました。
オイルマネーで倒産寸前の事業を好転させ、中東や北アフリカの犯罪組織と組んでいる男です。
タヒアを援助しているのは彼かもしれません。
そうでなくても、少なくとも何かを知っているはずと推測。
さっそくリトルエチオピアの街へ向かいます。

スポンサーリンク

リース会社に到着したカレン

部屋の壁に貼られたミシェルの写真を見て激怒するカレン。
写真をはがせと言います。
そのとき窓の外で何かがキラリと光り、カレンが撃たれました!
防弾チョッキに当たり事なきを得ましたが、犯人は彼らがそこに来るのを狙っていたのですね。
彼らはいつも監視されているのです。

救急車に乗せられたカレン、内部にネルが同乗しています。
傷自体は大したことはありません。
救急車に乗ったのは、途中でどこかでおろしてもらうため。
犯人の監視の目をごまかすことに成功します。

作戦室で現状確認するエリックとヘティ

ミシェルの遺体を奪った黒い車は盗難車でした。
そしてミシェルの監禁場所で射殺した男2人は、1月にスーダンから来たことも判明。
警備員は前科があるから殺し屋として雇われたんだろう、と推測します。
白いカローラはナンバーがなく盗難車かレンタカーだとも。
ズロフに支払われた報酬の送金元は海外で、現在追跡中です。

「最悪の時が過ぎたと思っていたわ…でもこんなことに」とつぶやくヘティ。
「必ず朝が来る」とエリック。
「嵐が来るかも」とヘティは続けます。

クウェート人の経営するクラブを訪れるサムとサバティーノ

男にタヒアのことを尋ねますが、知らないといいます。
男は警戒心が強く、サムがバッヂや身分証の提示をしないことを指摘します。
サムが示した資料に「こんな記録はインチキだろ」と言い放つ男。
ですがサムの迫力に負け「エドワード・ケベテというエチオピア人に聞け」という言葉を残します。

発見された検視局の車

検視局の車の中は空っぽです。
遺体も爆発物もありませんが、携帯電話が1つ置いてあります。

鳴る電話に出るディークス、相手はタヒアです。
「ハンナは一緒じゃないのか?妻の遺体を預かった。2分でサム・ハンナを連れてこい。見つからなければ遺体をバラバラにして送り返してやる」

作戦室に集まるメンバー

サムの声を合成して、タヒアと通話させようとしています。
留守電からサンプルを急いで探すネル、タヒアからの電話にギリギリ間に合いました。
「今彼女の結婚指輪を手に持っている。これでよく結婚できたな、祖母の金歯より安物だ。30分後ハリウッド・ハイランドで待ってろ。ひとりで来い、さもないと遺体をバラバラにする…まず頭から」

スポンサーリンク

リトルエチオピアに到着したサムたち

ケベテを訪ねる前に、サバティーノを気絶させ路肩に手錠でつなぎます。
ここから先はひとりで行くつもりなのです。

意識を取り戻したサバティーノがカレンに電話し、ひとりで乗り込んでいったことを伝えます。
銃撃の準備を終えたサムの前にカレンとネルが現れました。
カレン「俺を連れて行け」
ネル「手伝わせて…サムお願いよ」

タヒアがミシェルの遺体を奪ったことを告げると、サムは「早く来い」とカレンに呼びかけます。

ハリウッド・ハイランドで配置につくメンバー

観光バスが来て、運転手がハンナに「乗ってください、後ろの席へどうぞ」と告げます。
一般人に交じってタヒアが座っています。
タヒア「これだけは警告しておく、正義の味方を気取らないほうがいい。俺の仲間が他の乗客を撃つぞ」

乗客を降ろすように言うサム、それはできないと答えるタヒア。
一般人がいるから身の安全が保障されているのです。
タヒアの妹のことを話題にし、彼をイライラさせてスキをつきます。
ケンジーが運転手を射殺し、乗客たちを外に出しました。
タヒアはゲラゲラ笑っています。
「以前に殺すべきだった…その情で妻が死んだ」
タヒアを残し外に出ると、車が爆発!
サムの手には結婚指輪だけが残りました。

爆発現場で捜査するネル・ケンジー・ディークス

「あんなに身近な人を失うなんて」とつぶやくネル。
ケンジーは意を決したように立ち上がり、そのへんにいる捜査官に「閃光弾を持ってる?」と聞き、受け取るとピンを抜きます。
そしてひざまずいてディークスの前へ。

閃光弾のピンをディークスの指をはめました!
ディークス「プロポーズするのは男の役目だ」
ケンジー「そんなの時代遅れだわ。今度は私の番よ」
ディークス「オレは3回もプロポーズしたぞ…昏睡中のやつはロマンチックだった」
ケンジー「人生は短い、毎日そう実感してる。お互い残された時間はわからないけど、残りの人生はあなたと共にしたい。返事は?」
ディークス「愛してる…答えはイエスだ、結婚しよう」
その様子を見てほほえむネル。

「本音を言うと、もう少しキラキラしてると思ってた」と、閃光弾のピンの指輪を見て言うディークス。
とても幸せそうです!

安置所で遺体と対面するサム

サム「妻がいない人生なんて」
カレン「わかるよ…オレがついてる。皆お前の味方だ、これからもずっと」

妻に指輪をはめてキスするサム。
カレン「オレにできることは?」
サム「しばらくヘティとチームを頼む…オレは子どもたちのところに行く」
ミシェルの復讐を果たし、ようやくサムは子どもたちのところへ向かうことができる気持ちになったのですね。

スポンサーリンク

感想

最愛の妻が殺害されるという、つらすぎる事態に直面したサム。
今回は宿敵タヒアとの対決がメインテーマです。
我を失って泣き叫ぶようなことは絶対にしないサム。
タヒアを倒すまでは、子どもたちにも会わないくらいストイックです。
時折我慢しきれずにぽろりとこぼす涙が、見ているこちらの胸を打ちます…。

そしてそんなサムをどうにかして支えようとするカレン。
カレンは前回、亡くなる前のミシェルに「サムをよろしくね」と頼まれています。
「まかせとけ!」と答えたカレンですが、とてもつらいはず。
サムがもっともつらいのは分かっていますが、今回はどうしてあげることもできないままそばで見守り、サポートに徹するメンバーたちの、悲しみや苦しみもひしひし伝わってくるお話でした。
愛の証である指輪を奪い返し、今度こそタヒアの息の根を止めたサム。
ようやくミシェルと対面し、指輪をはめてやり、子どもたちに会いに行く決心ができたのでした。
お父さんとして子どもたちのケアをするという、とても難しい仕事がまだサムにはあります。
しばらく子どもたちとゆっくり過ごしてほしいですね。

そしてシリアスなストーリー展開のなかで、ほっとできたのがケンジーとディークスのエピソードでした。
いつどうなるかわからないという現実を思い知ったケンジーは、爆発現場でディークスにプロポーズ!
なんと指輪は閃光弾のピン。
いかにもケンジーらしい、しゃれたプロポーズではありませんか。
応じるディークスも「もっとキラキラしてると思ってた」とおどけて返していたのが、ほんわかさせられましたね。
ずっと泣きそうな顔ばかりしていたネルが、うれしそうに笑っていたのが印象的でした。
次にサムを見るときは、少し心が落ち着いている姿であればいいなと心から願っています。

NCISの歴代シーズンを見るならU-NEXTがオススメ!

配信中のシリーズ
・NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シリーズ1~14
・NCIS:LOS ANGELES~極秘潜入捜査班 シーズン1~シーズン8
・NCIS:NEW ORLEANS シーズン1~シーズン3

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額1,990円(税抜)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
「NCIS:LA」シーズン8第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~嵐の前にメリークリスマス!~
「NCIS:LA」シーズン8第12話のあらすじ・ネタバレ・感想~レゴランドの恋~
「NCIS:LA」シーズン8第13話のあらすじ・ネタバレ・感想~動き出した内通者~
「NCIS:LA」シーズン8第14話のあらすじ・ネタバレ・感想~内通者の正体~
「NCIS:LA」シーズン8第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~見抜けなかった敵の正体~
「NCIS:LA」シーズン8第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~さよならグレンジャー~
「NCIS:LA」シーズン8第17話のあらすじ・ネタバレ・感想~アサキームをめぐる争奪戦~
「NCIS:LA」シーズン8第18話のあらすじ・ネタバレ・感想~エリックがネルに恋した瞬間~
「NCIS:LA」シーズン8第19話のあらすじ・ネタバレ・感想~どん底から這い上がるために乾杯~
「NCIS:LA」シーズン8第20話のあらすじ・ネタバレ・感想~ケンジーとディークス・恋のサルサ~
「NCIS:LA」シーズン8第21話のあらすじ・ネタバレ・感想~シニアたちの戦い~
「NCIS:LA」シーズン8第22話のあらすじ・ネタバレ・感想~少年のようなジジイたち~
「NCIS:LA」シーズン8第23話のあらすじ・ネタバレ・感想~最愛の妻の死~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP