ウォーキング・デッド シーズン2/第5話のあらすじ・ネタバレ・感想 ~ソフィア捜索中のダリル、崖から滑落してしまう!~ | VODの殿堂

ドラマ

ウォーキング・デッド シーズン2/第5話のあらすじ・ネタバレ・感想 ~ソフィア捜索中のダリル、崖から滑落してしまう!~

   
 

タイトル:「ウォーキング・デッド」シーズン2 第5話
放送局:AMC
放送期間:2011年10月16日~2012年3月18日
キャスト:アンドリュー・リンカーン、ジョン・バーンサル、サラ・ウェイン・キャリーズ、ローリー・ホールデン、ジェフリー・デマン、スティーヴン・ユァン、チャンドラー・リッグス、ノーマン・リーダス、メリッサ・マクブライドほか
閲覧したVOD:Amazonプライム・ビデオ(2017年12月26日時点では無制限で視聴可)

一同が農場に到着し、カールも回復を待つだけという状況のなか、ウォーカーに襲われることなく安全な生活を享受しているリックたち。
とにかくソフィアの捜索に全力を尽くすことにするが…。

なんとローリは妊娠していることがわかるし、マギーとグレンの恋愛(?)関係も、今後どうなるのかとっても気になる状況に。
また、リックとシェーンはローリをめぐって事実上の三角関係になっており(リックは知らないけど)、ウォーカーたちとの攻防よりも、人間関係から目が離せなくなってきましたよ。
単純なゾンビ・パニックではなくなってきましたね!

『ウォーキング・デッド』シーズン2配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月4日(金)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

シェーンやローリがキャンプにたどり着く前…

難民センターへと続く道は大混雑で、車は全く動かなくなり立ち往生になってしまった。
シェーンとローリの近くに停まった車に乗っていたのがキャロルの家族。
年のころが近いカールとソフィアが一緒に遊ぶようになっているようで、お腹がすいたと言うカールにキャロルが軍用携行食をあげようとすると、夫のエドが冷たく拒否する…。

緊急放送も途切れてしまい、遠くからは乾いた銃声が聞こえる。
さらに森へと進んだシェーンとローリは、アトランタの街が空爆されているところを目の当たりにするのだった…。

ソフィアの捜索、本格的に再開

朝寝過ごしてしまうローリ。
洗濯物を干すキャロルはだいぶ落ち着いたようで料理がしたいと言い、ここにいさせてくれるハーシェルたちに料理をふるまうことを提案する。
リックたちはソフィアを手分けして捜索することにし、ハーシェル側からもビリーが参加することになった。

玄関先でギターをつまびくグレンのところにマギーがやってくる。
まだコンドームが11個残ってる…というグレンに「あと11分ヤれるってこと?」と返すマギー。
「もっと持つ」とグレンが言うが、マギーは「あなたのことが好きかどうかも分からないのに…」とつれない素振り。
でも負けじとグレンは「でも考えてるでしょ、オレのこと」とマギーに詰め寄ってみるのだが…、呆れたような笑顔を残してマギーはその場を去ってしまう結果に…。

リックはシェーンとペアで森の中を捜索する。
高校時代の思い出話をしながら進む2人だが、話に出てくるみんなはもういないし、昔の思い出話に浸ると現実を正面から受け入れられなくなるとシェーンが言い始める。
生き延びるには決断力が必要なのに、リックは生死の分からない少女を捜すことが本当に必要なのかとシェーンはリックの判断力に疑問を感じていることを正直に話し、1人のために多数を犠牲にすべきじゃないという本音を言う。


そして基地へも進めずカールは撃たれ、みんなを危険にさらしているとリックに不満を伝えるシェーンだが、リックはソフィアを探すことをあきらめないときっぱり宣言するのだった。

ダリルは馬に乗って川の方へと捜索にきた。


崖の上から下に見える川辺にソフィアのものだと思われる人形を見つけ、ソフィアを呼ぶが返事はない…。
さらに先へと進むが、そのとき馬がヘビに驚いて暴れ、ダリルを振り落として走り去ってしまう。
ダリルは下の川まで崖を滑落し、その拍子に自分のクロスボウの矢が背中からわき腹へと貫通してしまうのだった…。
落ちたところは滝つぼのようになっており、ガケはほぼ垂直に切り立っている。
そこをなんとか登ろうとするダリルだが、ケガもありなかなか思うように登れない…。

ローリのところにグレンがやってきて「妊娠してるんだろ…」と言うと、ローリは「誰にも言わないで」と頼む。


そこにリックとシェーンが戻ってきて、ローリがリックにも伝えてないらしいことに、グレンは驚いた様子だ。
リックはローリに、シェーンに捜索を打ち切るように言われたことを話し、自分の善意が判断力を鈍らせていて、希望にしがみついているだけなのか、甘い考えは邪魔だと考えるほうがいいのか…と言うと、リックは最善の判断を下してきただけで、甘い考えじゃないとローリはリックの判断を支持する。

ハーシェルに呼ばれたリックは、ダリルが無断でハーシェルの馬に乗って出たことを咎められる。
捜索に参加したジミーについても、ハーシェル自身は許可をしていないので、先に自分に話を通せと言う。
もっと会話が必要だなとリック。
ハーシェルは、「単純だ。君は君の仲間だけを統率するようにすればいい」と、リックを突き放す。

ダリル、生きて帰ることはできるのか!?

崖の上の方まで登ってきたダリルだが、また足を踏み外してしまい下の方まで転がり落ちてしまう…。
意識がもうろうとする中、目の前に現れたのは兄のメルルだ。


矢を抜いて傷口をふさげ、とメルルが言い、あとはいつものメルルで身内の自分を捜さずにソフィアを捜す弟を責めたり、自分が手を切り落とす羽目になった原因のリックを自分の代わりに殺すように言ったりする…。
意識を失いそうになるダリルの足をゆすって、「さあ立て!」というメリル。

そこでふと我に返ったダリルは、自分の足元をつかんでいるのがウォーカーだということに気づく!
1人をなんとか撃退したが、またすぐそこにもう1体が…。
わき腹に刺さった矢をなんとか引き抜いて、クロスボウになんとか矢をセットし、すんでのところでもう1体のウォーカーの頭を射抜いた。

ダリルは傷口を止血し、ウォーカーの耳を切り取ってネックレスを作ると、それを首にかけてまた崖を登り始める。
そこでまたメリルの幻影が見え、崖の上から声をかけてきてダリルをバカにする。


負けじと必死でダリルはよじ登り、なんとか崖を登りきることができた。

ハーシェルの家のなかで、キャロルたちが夕食を作っているところを見て、ハーシェルはどういうことだとマギーに尋ね、さらにグレンとも何かあったのかと聞く。


マギーに、居座られたら困るからリックたちとは一線を引くことが大事で、彼らはそのうちいなくなるのだから事態を複雑にせず、深入りするなとハーシェルは言い聞かせるのだった…。

グレンはデールに女性の行動が理解できないんだ、と相談する。
アンドレアやローリも変だし、マギーは冷たいと思ったら俺に迫ってきたり、でもまた冷たくされたり…と話すと、デールに家主の娘と関係を持つなんて何を考えているんだ…と呆れられるのだった。
グレンは「明日死ぬかも…」って考えたんだ、とふてくされてその場を去る…。

農場に1体のウォーカーがやってきた…と思ったら!?

見張りをしていたアンドレアが農場に入ってくるウォーカーを1体見つける。


リックはハーシェルの指示を仰げというが、シェーンやTドッグは武器を持って走っていき、アンドレアはキャンピングカーの上からライフルでウォーカーを撃つ。 でも…ウォーカーと思って撃ったのは、なんとダリルだったのだ!
ダリルがソフィアの人形を持って帰ってきていたことを見つけるTドッグ。
アンドレアの腕が悪かったため、頭をかすっただけで済み、ダリルはハーシェルに手当を受ける。
ダリルから人形を見つけた場所を聞いたリックはこれで捜索範囲が狭まったと言うが、シェーンはやはり捜索を止めるべきだと言う…。
ローリにも同意を求めるシェーンだが、ローリはリックの判断を尊重すると言う。

夕食をみんなで食べることになったが、誰もしゃべらずに黙々と食べていて食器の音しかしていない。
場を盛り上げようと、グレンが「誰かギターを弾ける人は?」と言うと「オーティスが上手だった…」という話になり、余計に場は冷え込んでしまった…。


その後で、同じテーブルに座るマギーはグレンに「今夜どこで会う?」と書いたメモをテーブルの下からこっそりと渡し、それを見たグレンも何かを書いて返す。

ベッドで横になっているところにキャロルが食事を運んだ。
ダリルの頭に優しくキスをすると、「あなたはソフィアに父親以上のことをしてくれたわ」と感謝するキャロル。
照れるダリルは「リックやシェーンだって…」と言うが「そうよ。だからあなたは彼らと同じ善人なのよ」とキャロルは返す。

農場の納屋には秘密があった…

食事が終わり、片付けをしているところでこっそりとダリルに返されたメモを見たマギーは「納屋の屋根裏は?」というメッセージを見て青ざめ、慌てて納屋へと走っていく。
その頃、グレンは先に納屋にこっそり忍び込んでいた。
納屋の屋根裏に入ったグレンは異臭に気づき、屋根裏から下を懐中電灯で照らすと、そこには多くのウォーカーが…!


驚いて出ようとしたとき、そこにはマギーが来ていて「見るべきじゃなかった…」と言うのだった…。

まとめ・感想

なななななんと! 農場の納屋のなかには、結構な数のウォーカーがいることが発覚!
ハーシェルはかなり敬虔なクリスチャンのようだし、以前に「疫病は自然治癒力で治る」と言っていたことが伏線で、きっとウォーカーを殺せず納屋にかくまっているんでしょうが、これはちょっとヤバい状況。
そもそも、場所を提供してもらっているリックたちに、自分たちの居場所を脅かされていると感じているハーシェルが、どんどん不信感を抱いて対立しつつあるところなので、なんだか一波乱ある予感…。

あと、リックとシェーンの関係性も、なんだかぎくしゃくしつつあります。
ソフィアの捜索についても続けるべきだというリックに対し、シェーンは生死の分からない少女に労力を費やすべきではない、と意見が真っ二つに分かれるように…。
カールの手術のために器具を持ち帰ったシェーンが、ローリに「いて」と言われて必要とされていることから、シェーンったら、なんだかだいぶ調子づいてるんじゃないか…!?
ローリにこっそり「守りたいのは君とカールだけなんだ…」とか言っちゃってるし、おいおいシェーンよ…自重しろ!

グレンとマギーのやりとりも、今回は胸キュンポイントたっぷりでした。
グレン、マギーにむかって「でも考えてるでしょ、オレのこと…」って、まさかの壁ドン攻撃(笑)をしますが、まったく相手にされていない様子…。
…かと思いきや、なんとマギーもまんざらじゃないことがわかります!
でも、今回の納屋事件で、この2人の関係も壊れちゃうのかも…?

それよりも何よりも、今回危なかったのはダリルでした!
…っていうか、ダリル、お前、めちゃめちゃええ人やん!
前回もキャロルに花を持ってきてあげたり、今回も率先してソフィアを捜してあげたり…。
なんか、手の付けられない輩キャラだったのが、どんどんイメージアップしちゃってますよ!
でも…怪我を負ったときに幻として出てきたのは、とんでもないワルの兄貴メルルでした…!
善人になりつつあるダリルを、元に戻そうとするような意地悪コメントばかりするメルル。
…でも、これって幻影なわけで、ダリルの中の善と悪が闘っているということなんでしょうか?
死にかけるほどヤバい状況に陥りましたが、ダリルはなんとか無事生還(アンドレアに殺されかけたけど…)。
ダリルファンとしては、ほっと胸をなでおろすのでした。

やっぱりソフィア、こんだけ探しているのに見つかりませんね…。
このまま行方不明のまま、ストーリーが進んでしまうのか?
次のエピソードで、どのように話が動くのか見ものです!
わー、とにかく人間関係、気になりすぎー!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP