ウォーキング・デッド シーズン2/第3話のあらすじ・ネタバレ・感想 ~シェーンとオーティスは無事帰ってくるのか?~ | VODの殿堂

ドラマ

ウォーキング・デッド シーズン2/第3話のあらすじ・ネタバレ・感想 ~シェーンとオーティスは無事帰ってくるのか?~

   
 

タイトル:「ウォーキング・デッド」シーズン2 第3話
放送局:AMC
放送期間:2011年10月16日~2012年3月18日
キャスト:アンドリュー・リンカーン、ジョン・バーンサル、サラ・ウェイン・キャリーズ、ローリー・ホールデン、ジェフリー・デマン、スティーヴン・ユァン、チャンドラー・リッグス、ノーマン・リーダス、メリッサ・マクブライドほか
閲覧したVOD:Amazonプライム・ビデオ(2017年12月26日時点では無制限で視聴可)

どんどん状態が悪くなっていくカールを救うには、一刻も早い手術が必要なのだが、人工呼吸器やチューブがない状態で手術をするのも非常に危険…。
そこ
で、カールの命をなんとか救おうと、必要な器具の調達にシェーンとオーティスが向かうのだが、彼らは日が沈んでも戻ってこない…。
カールの容態は彼らが戻ってくるまで持ちこたえられるのか?
それとも、2人はもう戻ってこないのか…!?

カール、がんばれ!
シェーンとオーティスもがんばれ!

『ウォーキング・デッド』シーズン2配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月4日(金)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

この世界で生きるということについて考えるリックとローリ

シェーンとオーティスは、高校の廊下をウォーカーたちに追われて、必死で走って逃げていた…。
体育館に逃げ込んだシェーンとオーティスだが、シェーンは体育館2階の窓から、オーティスはロッカールームの窓から、それぞれ運動場へ出て落ち合おうと約束する。
まずはシェーンが無事に体育館から外へ出ることに成功したが、2階ぐらいの高さから飛び降りて、足を痛めてしまう…。

その頃、ハイウェイに停めたキャンピングカーでは…。
キャロルが娘のことを思ってずっとむせび泣いているのを聞き、ダリルは眠ることができずにソフィアを探しに出ることにする。


それに同行するアンドレア。

キャロルの車に乗って、農場へやってきたのはグレンとTドッグだ。


カールの腹部はだんだんと紫色に変色し始めていて、ハーシェルがそろそろ決断すべきときだと言う。
呼吸器無しでの手術は危険だが、このまま放置するのも危ないという状況になってきている…。

ローリは「この世界は子どもの生きる世界じゃない…。こんな世界で息子を苦しめたい?」自分にも言い聞かせるようにリックに語る。


「今夜彼が死んだら、それを終わりにできる。そのほうが幸せじゃない?」と続けるローリに、「君は変わったな…」とリック。
だが、ローリはさらに、自ら死を選んだジャッキーやジェンナーが正しかったのでは…という考えも吐露。
「カールが死んだほうがいいなんて、俺は認めない」とリックは断言するが、「生きたほうがいいという理由を教えて」とローリに乞われても何も言えないままだった…。

高校から脱出したシェーンとオーティスは…?

1人で車へと向かうシェーンだが、四方八方からウォーカーが現れ、弾も残り少なくなり万事休す!
と思った瞬間、ようやく追いついたオーティスがシェーンに襲い掛かろうとするウォーカーの頭を撃ちぬいた。
シェーンもショットガンを一発撃ち、2人は合流して車へと向かう。
だが、2人の銃の弾は、もう尽きかけていた…。

カールが目を覚まし、彼のもとに駆け付けるローリたち。
「私がついてるからね」と言うローリに、カールがまず話したのは「鹿を見せたかった」ということだった…だが次の瞬間、カールは突然激しく体を痙攣させ始める…!


脳の血液が足りず、もう一度輸血が必要だと言うハーシェルに、リックが血を抜いてくれというが、これ以上血を抜いたらリックの身も危なくなると警告するも、リックはどうしてもと輸血をしてもらうのだった…。

ダリルとアンドレアは森の中で、首を吊った状態でもがいているウォーカーを見つける。
ウォーカーに噛まれて熱が出たため、首つり自殺をしたがウォーカーとなってよみがえってしまったらしい。
ダリルは矢の無駄だとそのウォーカーにとどめを刺そうとしない。
「生き続けたくなったか?」と聞かれたアンドレアは、ウォーカーを撃つことを条件に答えることにする。
だが、その答えは「分からない。生き続けるべきなのか、生きるしかないのか…」というあいまいなものだ…。

カールの手術、決断のそのとき…!?

農場ではTドッグが傷を縫ってもらい、グレンは玄関先で人生初の神への祈りを捧げていた。
そこにやってきたマギーとグレンは祈りについて少し話をするが、最後にマギーは「何が起きても現実を受け入れるしかない」と言い残し、家の中へ入る…。

リックはカールが撃たれたときの状況をローリに説明。
鹿とカールが見つめ合っていて、その直後に撃たれてしまったこと、そして、カールがさっき目を覚ましたときにローリに話したのは、その鹿のことだったこと…。
カールが伝えたかったのは、撃たれたことなどではなく、美しく生きるものの話だったことに触れ、「こんな世の中でも『生』は存在する。強い心をもとう。そう信じるべきだ」とリックはローリを説得するのだった。

シェーンとオーティスはまだウォーカーから逃げ続けている。
車に戻ろうというオーティスに、逃げ切れないからこのバッグを持っていけとシェーンがあきらめかけて言う。
だが、オーティスは「見捨てない」とシェーンを連れて一緒に逃げる。

一方、カールの容態は悪くなるばかり…。
輸血をしても出血は続き、腹部の腫れもこれ以上放っておくと死んでしまう。
今すぐに決断しないと…と言われ、ローリも手術をする決断をする。
すぐに手術の準備を始めるハーシェルたち…。
そこに、車が帰ってきた音がする!
シェーンが、器具を持って帰ってきたのだ。
だが…オーティスの姿はない…。
「援護するから先に行けと言われたからその通りにして、振り返ると…」と先を続けることができないシェーン。

シェーンはどうやって生還したのか…?

ダリルと戻ってきたアンドレアに、デールは「君のためにと思って選択したことだが、これは君の銃なのだから、私が下すべき選択ではなかった」と取り上げていた銃を返す。
「私を許してくれるか?」と尋ねるデールに、アンドレアは「努力してる」とだけ答える。

手術が終わり、カールの容態が安定していると言うハーシェルに感謝するリックとローリ。
その後、パトリシアは夫のオーティスの悲報を聞き、泣き崩れる。
昔からオーティスのことを知っているというマギーも悲しみ、グレンが話を聞くのだった。
そしてシェーンはカールの様子を見にやってくる。
ローリはシェーンに「いて」と一言だけ伝える。

バスルームでシャワーを浴びようとするシェーンは、鏡を見て自分の頭に傷ができているのを確認する。
そして、さっきオーティスとウォーカーを振り切ろうとしているときのことを思い出していた。
後ろを振り返りながら、銃を撃ってウォーカーを倒しながら歩いてきたが、2人とも残り1発だけになったとき、シェーンはなんとオーティスの脚を撃って、オーティスをウォーカーたちのエサにして自分だけが逃げてきたのだった…!


頭の傷はオーティスともみ合いになった際についたものだった。
髪の毛を丸刈りにし、鏡に映るシェーンは、別人に生まれ変わったように見えなくもない…。

まとめ・感想

シェーン、やっぱりお前はそういうやつだったのか…!!!
という衝撃を覚えて終わった今回のエピソード。
シーズン1から、「こいつヤバいな…」と思っていましたが、やっぱりダークサイドに振り切ってしまいましたね…。
しかも、「オレはもう今までのオレとは違うんだ…」と言わんばかりの髪の毛丸刈り。
失恋したときに女子が髪の毛ばっさり切るのと同じで、過去に決別をして前を向いて生きていくんだ、みたいな決意表明と言えるんじゃないでしょうか。
まあ、シェーンの場合はその「前」が、「生き延びるためなら、仲間を殺すことでも、なんでもやります」という恐ろしいものなんですけれどね…。
ああ、コワっ…。

でも実際は、もともと「そういうやつだった」というわけではなく、「そんなことをしてしまうやつになってしまった」というのが正しいのかもしれません。
リックとローリが、カールの手術をどうするのか、というところでも語っていましたが、ゾンビがうようよいて、目の前で人が食べられてしまうような世界では、正気を保つ方が難しいのかも…。

ただ、シェーンがそこまでして器具を持って帰ってきたおかげで、カールの手術は無事成功し、容態も安定したようです。
それについては手放しで喜びましょう!

さて…シェーンの大変革もあり、今シーズンは大波乱となりそうですね(色んな意味でワクワク)。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP