「ピノキオ」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~本当のジェミョン~ | VODの殿堂

ドラマ

「ピノキオ」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~本当のジェミョン~

   
 

自分が間違った報告をしたばっかりに亡くなった女性の娘に悲しい思いをさせただけでなく、YGNの信用も失う結果となり自信をなくし姿を消します。
イナは、過労とストレスから体調を崩しますが、ボムジョに助けてもらいながら気丈にも取材を続けます。
ダルポは、養父のおかげで、復帰する気力を取り戻し“マワリ”に行くとイナが倒れかけていて病院に連れて行き、イナのうっぷんを全て聞きピノキオは記者にならない方がいいと言ったことを詫びるダルポでした。
またダルポは、ムン・ドクスの通話履歴から兄に会うことになるのですが違和感を感じ、本名を言えずチェ・ダルポですと言ってしまうのです…

それでは「ピノキオ」第8話のあらすじと感想をご紹介します。

『ピノキオ』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2019年10月10日(木)時点のものです。
※視聴するには各動画配信サービスにて会員登録が必要です

あらすじ第8話 運のいい日

チャンスにバレた?

バンパーの修理代を払った相手に会うことになりジェノスクエアで待っていると同じような黒い服で背の高い人が、だんだん近づいてくる…兄さん?と思うダルポ。
自分から名のったその人の名前は、キ・ジェミョン、間違いなく兄だったが、ムン・ドクスと共犯者かもしれないという理由で会おうと思ったことで本名を言えず「チェ・ダルポといいます」と言ってしまうダルポだった。
携帯の位置情報から、ムン・ドクスがジェノスクエアにいるとわかり捜査に来ていたチャンスの姿を見たダルポは、カフェに誘う。

またチャンスもダルポの姿を見たような気がして、電話をかけて今どこだ?と聞いてみるとダルポは会社にいると嘘を言う。
ジェミョンは、バンパーの代金を帰すつもりで来たと封筒を出す、逆に少なかったんじゃ?と封筒を出すダルポ、それじゃあお互いこれはなかったことしようと。
ダルポに年を聞き27だと言うと、俺は30だから飲み物を奢る言うと兄、帰りがけに「兄さんと呼んでも?」と聞くダルポ、「いいけど、そんな機会あるかな?」「偶然どこかで会うかもしれない」とダルポが言う。

2人で肩を組んで車の窓ガラスに映すジェミョン「ハンさんが似てたって言うんだけど似てるかなぁ?」「似てますよ」と答えるダルポ。
それじゃ、と別れた後タクシーで尾行するダルポ、家を突き止める。

イナは、トイレで母ソン・チャオクに会い「手柄を褒めたりミスを指摘したり他の人と同じように接してほしい」と言うと「あなたはピノキオの上にコネ入社なのに厚かましい」と言われる。
ファンキャップは、ダルポの兄の連絡先をユン・ユレに言づけをする。

それを意外とあっさり受けとるようすを見て、納得がいかないキャップは「恩を着せるつもりはないが人脈をフルに使って調べた、連絡しろ」と言うが「そのうちに」と言うダルポ。
「見つけたいんだろ?」とキャップが言うと「13年も経ってるから自分が思っているような兄じゃなかったら…と思うと怖くなったんです」とダルポ。

チャンス、意外と刑事の素質あるかも…勘がいいですね。

初めてのキス

イナはうどん屋の前を通りかかり母親の愚痴をブツブツ言っていると、店の中にいたダルポと目が合う。
走り去ろうとしたらダルポからメールが来て「何も聞かないからここで食べろ」と。
うどんを食べた帰り道、母親の悪口を言うイナ、期待しすぎたぶん失望も大きいと言うと「わかるよ、会う前の方がよかっただろ?会ってみると想像と違ってて傷ついてる自分がいるんだよな」と言うダルポに「すごい、私の気持ち見抜いてる…私たち昔のように伯父と姪としてまた気兼ねなく暮らせるかな?」とイナが言う。
「俺は無理だ、お前は?」「私は大丈夫、できるわ」と言いしゃっくりが出るイナ。

走って行くイナを捕まえてキスしようとするダルポ、とっさに手で口を隠すイナだが構わず手にキスをする…しばし見つめ合い手をどけるイナ…そして横断歩道の真ん中でキス…(ヒューヒュー)

イナに凍結路のリポートの仕事が入る、大喜びで準備に入るイナ。
ダルポはチャンスに「昨日ジェノスクエアに?」と聞かれ「いや、似た人じゃないか?なぜジェノスクエアに?」と逆質問するダルポ。「ムン・ドクスの携帯の電波が感知された」とチャンス。
チャンスに昼飯でもと言われるが、動揺を見抜かれそうで取材に行くんだと切り抜けるダルポ。
チャンスはあの日、ダルポの後をつけ、カフェに入るところを見ていたのだった。「なぜウソを?」と不審に思うチャンス。

階段の通路でイナとすれ違うダルポ「凍結路のリポートの仕事が入ったの」と嬉しい報告をするイナを抱きしめるダルポ、「よかったな、俺にも“大丈夫だ”と言ってくれ」と言う。
「どうしたの?何かあった?…きっと大丈夫よ、心配しないで」とイナ。

コンピルとダルピョンはイナに頼まれたリポート用の服を持って記者室を訪れる。

ここで全員が雑魚寝をしていると聞いて「ダルポもここで寝てるのか?」とダルピョンが聞くと、同僚の1人がダルポが好きなのは…と言いかけとっさにボムジョが「それはユン・ユレ、彼女です」とユレを指さす、誤解をするユレ。

ついに美男美女カップル誕生~ヒューヒュー羨ましすぎるぞ!このこの!

イナ初リポート

凍結路のリポートに出かけるイナとボムジョ、YGNのダルポとユレも同じ凍結路の取材に出る。

イナは、人が滑るところを助けずに撮り続けることに罪悪感を感じるようになり、特に子供やお年寄りは助けてしまうのだ。
結果、イナのリポートは中止ということになる。
ピノキオにリポートは無理だと、上から叩かれたソン・チャオクは、近々イナは解雇すると言ってしまう。

ダルポは、凍結路を探していて兄のトラックを見つけ、中を覗いたりさっき凍結路はどこにあるか聞いたおばあさんに「記者さん」と呼ばれたりしている所を兄に見られてしまうのだ。
「なんだ、あいつ意図的に俺に近づいたのか」と疑惑の目でダルポを見る兄ジェミョン。

会社に戻ったイナとボムジョは、キムキャップに「バカ野郎、お前らそれでも記者か!」と怒鳴られる。
記者とは、「助けるのではなく見守るもの、凍結路のニュースを放送すれば区役所は砂箱を設置、人々は雪かきをし、ポケットから手を出して歩くようになる」とキムキャップ。
なるほど、と納得をしてもう一度リポートに出かけるイナとボムジョ、今度は成功する。

うんうん、日本でも人が雪道で滑っているところニュースになってますよね、あれを見て役場が動くことなんてあるんですか?(爆)

ジェミョンの真実

YGNを出たところで兄ジェミョンに会うダルポ、待っていたようである。
「記者だったんですね?」と言い近付いて来る。

ジェミョン「なぜ俺の家に?なぜ車の中を覗いてた?」
ダルポ「偶然兄さんの車を見かけて…」
「“兄さん”と言うな、二度と会いたくない、記者はおぞましい、虫唾が走る」と言って去る兄。

飲酒運転の検問をしていた警察に一旦捕まって携帯を取って来ると言い逃げた白い貨物トラック…警察が後を追う。

凍結路の映像を撮っていたイナたち、あと10分がんばろうと話している時、横断歩道を松葉づえをついた男の子が渡り始める。

そこへさっきの警察に追われた飲酒運転の白い貨物トラックが近づいてくる。
男の子の手前で貨物トラックは横転し止まったと思われたが、凍結した道を男の子の方へ滑り始める…
慌てた男の子はつまづいて転んでしまい、ぶつかると思ったそのとき、向かい側で信号待ちをしていたジェミョンの青いトラックが貨物トラックにわざとぶつかって止める…
ジェミョンには、男の子が幼い頃の弟ハミョンに見えたのだ。

頭から血を流しながら男の子に駆け寄るジェミョン「大丈夫か?ハミョン」と声をかけ気を失う…一部始終をカメラに収めるMSCのカメラマン…つづく

本当は心優しいお兄ちゃんジェミョンなんですよね、それがよけいにつらいです。

スポンサーリンク

まとめ

カメラに全部撮られたいたからマスコミの取材もくるだろうしジェミョンどうするんでしょう?
気を失ってたからすぐ逃げることもできないだろうし…
でもジェミョンは逃がしてあげたい…
第9話をお楽しみに。

韓流ドラマ『ピノキオ』第9話のあらすじ・ネタバレはこちら

韓流ドラマ『ピノキオ』第7話あらすじ・ネタバレはこちら

各動画配信サービスの詳細

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額1,990円(税抜)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

hulu(フールー)

一部見放題でそれ以外は有料というサービスが多い中で、全作品見放題なのはhuluだけ!月額933円(税抜)で安心して全作品を楽しめます。初回登録なら2週間無料!

詳細はこちら

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

dTV

月額500円(税抜)という安さが魅力。国内ドラマも多数配信。dTVオリジナル作品も配信中!

詳細はこちら

dTVを詳しく知りたい方はこちらdTVの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP