ツイン・ピークス The Return/第10章のあらすじ・ネタバレ・感想 ~『善い』クーパーの新たな暗殺計画始動~ | VODの殿堂

ドラマ

ツイン・ピークス The Return/第10章のあらすじ・ネタバレ・感想 ~『善い』クーパーの新たな暗殺計画始動~

   
 

タイトル:「ツイン・ピークス The Return」第10章
放送局:SHOWTIME
放送期間:2017年5月21日~9月3日
キャスト:カイル・マクラクラン、マイケル・ホース、キミー・ロバートソン、リチャード・ベイマー、デヴィッド・パトリック・ケリー、ジャン・ダーシー、エイモン・ファレン、デヴィッド・リンチ、ミゲル・フェラー、キャサリン・E・コールソン、ナオミ・ワッツ、ジェームズ・ベルーシ、ロバート・ネッパーほか
閲覧したVOD:WOWOWオンデマンド(2017年12月24日まで配信)

『悪い』クーパーが精力的に動き始め、一方では周囲の人々がクーパーとブリッグス少佐とのつながりをひも解いていった前章。
衝撃だったのは、ダイアンが『悪い』クーパーからの謎のメッセージをスマホで受信していたことです!
彼女は『悪い』クーパー側の人間のか、それとも二重スパイなのか…?
その正体がかなり気になってしまいます。

ブリッグス少佐が25年前から用意していたメモに書かれた日にちと時刻はなんと2日後。
そこに行けば何が起こるのか?

いよいよ後半戦に突入です!

『ツイン・ピークスThe Return』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2019年10月10日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

リチャード・ホーンはさらなる暴挙に…!

山のふもとの小屋にやってきたのは、リチャード・ホーン。
どこから手に入れたのか、ボディのパーツごとに色が違うつぎはぎのようなボロ車に乗ってきた。
小屋のそばにあるトレーラーハウスにいるのはひき逃げを目撃したミリアムで、リチャードがひき逃げしたということを警察に連絡したとリチャードに告げる。
「こっちに来ないで!」というミリアムに「他の人には話したのか?」と尋ねると、「話していないが、逮捕されないからトルーマン保安官に知っていることを書いた。私に何かあったらあなたの仕業だとバレるわよ」と話す。


その手紙を今日出したと聞きだしたリチャードは、ミリアムのトレーラーハウスのドアを蹴破ると、悲鳴を上げるミリアムに襲い掛かる…。
トレーラーの中からもみ合ったのちに人が倒れるような音が聞こえ、外に出てきたリチャードはチャド(ツイン・ピークス保安官事務所勤務の警官)に電話をかけると、ミリアムが保安官に送ったという手紙を奪い返すように指示。
簡単にはできないと言うチャドに、なんとかやってみると言わせ、自分は逃げると伝えて車を走らせる。
トレーラーパークのキッチンにはリチャードが灯したろうそくが…、その傍らでは頭から血を流したミリアムが床に倒れている。
そして、開いたオーブンからはゆっくりとガスが漏れているのだった…。

トレーラーパークでギターの弾き語りをするカール。
すると、向かいのトレーラーハウスから罵り声とともに、窓からコーヒーカップがガラスを割って飛び出してきた。
そのトレーラーハウスの住人は、スティーヴンとベッキーの夫婦で、スティーヴンは今にも殴り掛かる勢いでベッキーに給料のことでつべこべ言うなと言っているようだ。


さらにスティーヴンは「罪のない顔をしていても、何をしたのか知っているんだぞ、このクソ女め…」ととどめを刺すかのようにベッキーに吐き捨てる…。

『善い』クーパー、検査は異常なし!

カジノの経営者のミッチャム兄弟の1人ロドニー。
リビングで仕事をしている傍らで、キャンディがハエと格闘している。
ハエを叩き落そうとリモコンを手に取ったキャンディの目の前で、ロドニーの頬に停まったハエを、キャンディは思いっきりリモコンで叩く!
当然ながら、ロドニーは流血…。

病院に連れてこられた『善い』クーパーは、検査を受けることに。
3日間失踪していたことや、賭けで飲酒が増え、飲酒で賭けが増え、悪循環なのだと説明する妻。
服を脱いだクーパーの体を一目見て、以前は体重オーバーだったのに、医師も妻も目を見張るほど引き締まっていることが分かる。


心音も肺の音も、血圧もまったく問題がないクーパー。
言動が変なことを除けば、健康状態はたいへん良好のようで先生から「すばらしい」とお墨付きをもらう。
妻も夫の体を眺めると「すばらしい…」とつぶやく。

ロドニーと一緒にいるキャンディは、まだ自分がしたことを悔やんで泣いている。
そんなときロドニーがテレビを見ていると、ローカルニュースで、殺し屋のアイクが逮捕されていることが報じられていた。
アイクを殺す必要がなくなり、大金を払わずに済んだと喜ぶミッチャム兄弟。
その後、ニュースでは殺されかけたというダギー(クーパー)と妻のインタビューが…。


彼の姿がテレビに映し出されたたことで、ミッチャム兄弟にミスター・ジャックポットの本当の名前が知られることになった。

自宅でチョコレートケーキを食べるクーパーをうっとりと見つめるダギーの妻。


病院での検査の時に見た彼の引き締まった体を見てからときめいているようで、クーパーと彼女はベッドへ。


クーパーは相変わらずされるがままの状態だが、2人とも大満足だったようだ…。

ジャコビー先生は、相変わらず政府の陰謀について訴えていて、目をキラキラさせたネイディーンが放送を熱心に聴きながら「なんて美しいの…」とつぶやく。

森の中で相変わらずさまよっているジェリー。
スマホには電波が届いておらず失望しながらも、「騙されないぞ! 俺は以前ここへ来たんだ!」とむなしく叫ぶ。

リチャードの根回しは成功に終わるのか…?

ツイン・ピークス保安官事務所。
受付カウンターにチャドがやってきて、ルーシーと今日はいい天気だなというような他愛もない話をする。
郵便配達のトラックがやってくるとチャドは外に出て自分から手紙を取りに行き、すぐさま届いた手紙の中からミリアムの手紙を見つけて抜き取ると、それをシャツの懐へ隠した。
ルーシーは受付から、窓の外の郵便物を受け取るチャドを見ていたが…果たして手紙が抜き取られたことに気づいているのだろうか…?
そして、車でどこかへ向かっているリチャードのもとに、チャドから一言「完了」というメッセージが届くのだった。

先日の壁への激突からか、顔の左半分が紫色に腫れあがったジョニーは、ヘルメットをかぶせられ、ダイニングチェアとテーブルにゆるく縛り付けられた状態で、光を放ちながら自分に繰り返し話しかける人形をじっと見つめている…。
そこに、「ミセス・ホーン、お孫さんがきました」とスピーカーで連絡が。
車から降りて自分の方に近づいてくるリチャードに「近づくのをやめないと保安官を呼ぶわよ」と言うシルビアだが、彼は制止を振り切って家の中に入り「町を出てもらいたいんなら金をくれ」と頼む。
リチャードの姿を見て、怯えるジョニーは、逃げようとしてイスから転がり落ちるが、ヒモで繋がれているため動けない…。
それを見たリチャードは金を出すことを拒否する祖母の首をつかみ、「金を出さないと、ジョニーのカマを掘るぞ」と脅す。
観念したシルビアはバッグの中から金を取れというが、リチャードは金庫の金を要求し、扉を開けるための番号を聞き出すと、金だけではなく、バッグの中のお金やジュエリーボックスの宝石、銀食器などまで根こそぎ奪っていくのだった。

『善い』クーパーの暗殺計画はプランBに突入か

ラスベガス。
ダギー暗殺の指示を出した男は、ロジャーからアイクが捕まったという報告を受ける。
そこを訪れていたのは、ダギーの同僚のトニーだ。
商売敵のミッチャム兄弟を訪れ、彼らがもらう保険金を妨害した件については、ダグラス・ジョーンズ(ダギー)の個人的な恨みの仕返しだったと伝えるようにとトニーに指示。
そして、兄弟がジョーンズを始末するかどうかを見守り、作戦がうまくいかない場合はトニー自身がダギーを殺すようにと命令するのだった…。

サウスダコタ。
アルバートは検視官の女性と楽しそうに夕食をとっている。

それを陰からタミーと見守って嬉しそうなゴードン。

カジノのミッチャム兄弟のところに、トニーがやってくる。
トニーはミッチャム兄弟に、彼らが経営するホテルの火災が放火と認定された査定を行ったのはダグラス・ジョーンズであることを話すと、兄弟は「またその名前か…」と驚いた様子で顔を見合わせる。


トニーはさらに、ダギーが個人的な恨みから保険金が出るのをあらゆる手で妨害し、今後も保険金が支払われないよう手を尽くすだろうと伝えると、早々にその場からつまみ出された。

ダグラス・ジョーンズに明日電話し、直接会うことにするロドニー。
彼のせいで3044万7000ドルがふいになったとつぶやき、「1度目は自分たちのせいだとしても、2度目は向こうのせいだ。命はない」と兄弟は静かに話すのだった…。

『悪い』クーパーの動きがいろいろと見えてくる…?

ゴードンがホテルの部屋で不思議な絵を描いていると、ドアをノックする音が聞こえ、扉を開ける。
そこに見えたのは、すすり泣くローラの幻影…。
やがて幻が消えてしまうと、そこに立っていたのはアルバートだった。
ダイアンの携帯に、クーパーの脱獄後にあたる今朝「食卓の周りは会話がにぎやかだ」というメールがメキシコから届いたということをゴードンに報告するアルバート。
ダイアンは暗号化したメールを返信しており、その内容は「ヘイスティングスは彼らをそこへ連れていく」というものだった…。
「怪しいと思ってたがこれではっきりした。彼女を見張る」と宣言するゴードン。

そこへタミーもやってきて、ニューヨークの殺人事件の捜査で、この画像が見つかったと1枚の写真を見せる。
そこに写し出されていたのは、あのニューヨークの部屋にいる『悪い』クーパーだ。
「これは大変だぞ。本当に大変なことだ」とゴードンはつぶやく。

ベンに暴力を振るわれて、お金を全部奪われたと電話で報告するシルビア・ホーン。
金庫にあった数千ドルをすべて持っていかれたため、それを弁償するようにと言われ、ベンは頭を抱えると、隣室にいるらしいビバリーを食事に誘うのだった。

ホークのもとに、丸太おばさんが電話をかけてくる。


「電気がうなっている。山や川でその音が聞こえる。電気が海や星空で踊っているのが見える。月の周りで輝いている。でも、近頃は輝きが消え始めている。闇の中に残るのはなに?トルーマン兄弟はどちらも本物の男(トゥルー・マン)よ。彼らはあなたの兄弟。そのほかにも『善き者』があなたと一緒にいる。円環がじきに完成する。よく見て。そしてよく聞くのよ。時間と空間の夢を。川が流れるようにすべてが外に出てくる。それであり、それでないものが。ローラが“それ”よ」

まとめ・感想

今回は正統派のテレビドラマを見ているかのように、オーソドックスな展開で安心して観ることができました(笑)。

しっかし、今回のエピソードの話題をかっさらっていったのは、あまりにも邪悪すぎるリチャード(たぶんオードリーの息子なのだと思いますが、まだそこは明らかになっていません)。
ひき逃げの現場を見た女性を口封じに殺害しようとし、彼女が投函した手紙を警察内部の人間に抜き取らせると、さらには自分の祖母を脅迫して有り金全部どころか宝石や銀食器まで奪うという鬼畜っぷり!
『悪い』クーパーの邪悪さとプロフェッショナルっぷりは別格ですが、このリチャードは前代未聞のとんでもない野郎です。

さて、言動はちょっとおかしいものの、健康状態は医師の太鼓判をもらった『善い』クーパー。
引き締まったカラダで奥様もムフフに…。
でも、また彼の暗殺計画動き出したようです。
小人の殺し屋アイク・ザ・スパイクが逮捕されてしまい、1回目の暗殺が失敗に終わるやいなや、今度はダギーの同僚で悪徳保険エージェントのトニーに仲介させ、ミッチャム兄弟を使って間接的にダギーの命を狙うというプランBに出ました。
ほんとに、一息つく間もなく、命を狙われ続ける『善い』クーパーなのです…。

一方のゴードンたちは、ダイアンがやっぱり怪しいということを確信し、『悪い』クーパーともつながっていることに感づいたようですね。
さらに、ニューヨークの殺人現場となった部屋にもクーパーが現れていたことも判明し…、ゴードンたちがどう動くのか、いよいよ注目です!

今回、とっても微笑ましかったのは、あの気難しくてイヤミな小言しか言わないアルバートが、バックホーン警察の検視官と意気投合したようで、一緒に食事をしているシーン。
ゴードンがその様子を陰からこっそり見ながら最高の笑顔を見せるところです。
旧シーズンから、私はこの意地悪アルバートのファン。
一緒にキツめの冗談を言い合えるような女性がいたらピッタリなぁ…と陰ながら応援していたので、ほんわかした雰囲気のバックホーンの検視官とならお似合いだわぁ…と、おせっかいなおばちゃんみたいに私もゴードンと一緒に画面の前でニヤニヤしてしまったのでした。

そういえば、今回は『悪い』クーパーの姿を見かけませんでしたねぇ。
次回は果たしてどうなることやら…
そして、一向に普通に戻らない『善い』クーパーも、もう少し勘を取り戻してきてもいいんじゃないかしらねぇ…?

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP