「トキメキ☆成均館スキャンダル」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~コロの苦悩~ | VODの殿堂

ドラマ

「トキメキ☆成均館スキャンダル」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~コロの苦悩~

   
 

タイトル:「トキメキ☆成均館スキャンダル」第8話
放送局:韓国KBSテレビ
放送期間:2010年8月30日~2010年11月2日
キャスト:パク・ユチョン、パク・ミニョン、ソン・ジュンギ、ユ・アイン、ソ・ヒョリムなど
閲覧したVOD:auビデオパス(2018年8月3日時点では配信終了)

前回、ク・ヨンハに教えてもらった秘密の場所で入浴しているところをコロ先輩にみられて女だとバレてしまったユンシクでした。
ソンジュンも、ヨンハもこちらにくる気配だし、二人にもバレちゃうんでしょうか?
チョン博士との約束を破ったら、死罪が待っている~(怖)
ハ・インスも、チョソンがユンシクに取った態度が気に入らない上に、テサレでも負けて相当恨みに思っているはずだし…
第8話は、どんな展開が待っているでしょうか?

それでは「トキメキ☆成均館スキャンダル」第8話のあらすじと感想のご紹介です。

スポンサーリンク

あらすじ第8話 秘密

えーっ?それって隠れてる?

いつもは真っ暗な享官庁(ヒャンガンチョン)<祭礼を行う祭官しか入れない所>に灯りが灯っているのを見て中を覗いてみる。
そこには、女のユンシクが入浴中だったのだ、驚くコロ、思わずしゃっくりが出る。
その場を去ろうとするとユンシクを探しにきたソンジュンが来る。
中に入ろうとするのを必死で止めるが、ク・ヨンハも来てしまう。
コロは、戸をガタガタさせてユンシクに隠れろと教える。
中に入ったが、無事ユンシクは棚の上に隠れて湯もなかった。
博士も来たが、三人が減点されただけで大ごとにならずに済む。

コロが必死でユンシクを守ろうとするところが、めちゃめちゃ可愛くて面白いです。
戸をガタガタしていて、かんぬきが外れてしまった時の「ハッ…」とするあの表情は、何とも言えないくらいうまい!です。
普通だったら男同志、喋ってしまいそうなものですが、純情なコロだから、ここは守らないとって思ったんでしょうね。
あんな、細い低い棚の上…ちょっと視線を上げたら見えるでしょうに(笑)

コロひたすら耐える

部屋に戻ったユンシク、真ん中に入って寝る。
眠れないコロ、しゃっくりが出始め思わず外に飛び出す。
ク・ヨンハが待ち構えていて、見たんだろ?ユンシクは女なんだろ?それでしゃっくりが出て飛び出してきたんだろ?と詰め寄る、コロは何とかとぼけて部屋に戻る。
着物からハンカチが落ち、以前助けた女がユンシク…と思い出しそのハンカチを噛んでしゃっくりに耐える。
朝、便所でユンシクと会ったヨンハ、昨夜はどうだった?と鎌をかけるが、あの場所には行ってないと言うユンシク。
じゃあ、あの灯りは本当にお化けが男を呼び寄せるため?疑いだすヨンハ。

ハンカチを噛んでしゃっくりに耐える姿、可哀そうを通り越してせつないです。面白いけど。
このドラマ、あっちこっちに思わず吹き出しそうになるところが散りばめられています。
ヨンハも簡単に嘘を信じて、え?そこ信じる?ってツッコミました。

一時帰宅

成均館に入学して、初めての長期休暇でそれぞれが家に帰る。
ソンジュンが薬包を病気の弟にと渡してくれる、ちょっと嬉しいユンシク。
そこへハ・インス達が来て薬包と食堂の残った食べ物が入った包をユンシクの前に放り投げる。
長期休暇に入ったら食べ物が腐るから、南人の貧しいお前にやるのが妥当だ、と言う。
怒るコロとソンジュンだが、ユンシクは涙目で我が家には助かります、ありがとうと拾う。
ハ・インスがあいつ(ユンシク)とは、住む世界が違う、似た者同士仲良くしようとコロに言うがあっさり断られる。
家へ帰る道、ユンシクが心配で後をついて行くコロ。
屋台で買った食べ物を、見ていた子ども達にわけてあげる優しいユンシク。
兵曹判書が、ユンシクの事を調べさせている事がわかる。

ハ・インスって、どこまで意地が悪いのか…
こんなのが将来官僚になったら最悪、庶民の生活はたまったもんじゃありません。
いつかギャフンと言わせてやりたい、失速してほしい…
家路の途中、屋台で母や弟へのお土産に美味しそうなものを買うユンシク、とっても可愛かったです。

ソンジュンの態度

ソンジュンの家では、父の左議政(チャイジョン)イ・ジョンムの誕生日会で酒宴を設ける。
たくさんの官僚が来ている中、インスの妹ヒュウンがやってくる。
ヒュウンは、占い師にもらった恋が成就するという札をソンジュンに付けようとして失敗、もう来ないでくれと言われる。
泣きながら、帰ろうとして給仕係とぶつかり放心状態のところを官僚達に見られる。
恥をかかせてはいけないと、ソンジュンが抱き上げて連れて行く。
そんなことされたら諦められません、とソンジュンの頬にキスをする。
ユンシクは、貸本屋の主人に代理受験の報酬の前金として受け取った50両は、ソンジュンから出たものだと知らされる。
代理受験を雇ったのがソンジュンだとは知らなかったユンシク、ソンジュンにあんたの顔なんか二度と見たくない、と突き放すのだった。

ヒュウン、ソンジュン様を追いかけて家まで来ちゃいましたね。
ハ・インスほどの意地悪ではないんだけど、周りの迷惑を考えない自分の意見を押し通すという感じがします。
今後、ユンシクのライバルになりそう。

まとめ

ユンシクのお風呂の一件、めちゃめちゃ面白かったですね~
これからもこんな楽しい面白い笑える場面が、たくさんあるといいなぁ。
ソンジュンの父、左議政も王の事は嫌いなようです。
老論の長として王とは対決していく気配…
ソンジュンに、蕩平組(タンピョン組)<老論、少論、南人が入り混じったこと>などもっての外、南人などと仲良くするななんて言ってましたから。
王様は党派を超えてみんな仲良くを目指していますから、現王の方は、いい人みたいです。
左議政と兵曹判書の、思惑が気になります。
第9話をお楽しみに。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP