勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(10話)のあらすじ・ネタバレ・感想〜変幻の杖で城に潜入する〜 | VODの殿堂

ドラマ

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(10話)のあらすじ・ネタバレ・感想〜変幻の杖で城に潜入する〜

   
 

タイトル:勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(10話)
放送局:テレビ東京
放送期間:2012年10月12日~12月21日
キャスト:山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ、宅麻伸、岡本あずさ、佐藤二郎など
閲覧したVOD:hulu(2017年12月10日時点では無制限で見放題)

ずっと探していた悪霊の鍵が、魔物のボスであるデスタークの手に渡ってしまった。
それを取り返すために、最強の装備を手に入れ、魔王に立ち向かう。
また魔王の支配下である裏世界で、デスタークを見つけることができるのだろうか?
自由に呪文を操ることができないムラサキは、ヨシヒコの手助けをできるのか!?
メレブのしょうもない呪文もたまに役に立つので、そこにも注目です。
10話のあらすじです。

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年12月29日(日)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

【デスタークの部下】

裏世界に入ったヨシヒコ達は、デスターク城の前に立っていた。
デスタークの部下(ラバーガール大水洋介)に
「お前のかぁちゃんデベソ。お前のかぁちゃんハムスター。」
などと、回りくどく馬鹿にされるが、ヨシヒコは真摯に受け止め、正論で否定した。
敵は言っていることは意味不明だが、大きな炎で攻撃してきて、強い。
ヨシヒコ達は、一旦退散することにした。

【変幻の杖】

デスタークの城の中には、魔物がたくさんいて、入ることすらできない。
そのため変幻の杖という魔法の杖で、魔物に化けて城に進入し、デスタークに近づくよう仏からお告げがあった。
ヨシヒコ一行は変幻の杖を探すことになった。

【裏世界の街】

栄えている街にたどり着いた。
ここには人間ばかりで、魔物がいない平和な街だ。
ヨシヒコ達は不思議に思い、本当の姿を映すルーの鏡で見てみると、魔物が人間に化けていたのだ。
今まで倒してきた魔物を馬車(馬の後ろにトラックを引き下げている)に封じ込めているヨシヒコは、魔物達に話を聞くことにした。
しかし、トラックの扉を開けると、閉じ込められていた魔物達は、熱中症になり、全員倒れてしまっていた。

【海の家の兄妹との出会い】

このままではデスタークの情報が聞き出せないと途方に暮れていたヨシヒコの前に、兄妹喧嘩をする2人に出会った。
兄コウスケ(佐藤祐基)に杖のことを聞くと、父が知っていると言う。
父は出稼ぎに出ているそうで、父が帰ってくるまで、ヨシヒコはコウスケの海の家で厄介になることに。

【ライムとコウスケの関係】

妹ライム(木下美咲)は、海の家でFMラジオをしたいという理由で兄と喧嘩をしていた。
ライムのラジオをしたいと言う気持ちを汲み取ったヨシヒコは、ライムの背中を押す。
コウスケと2人で話すヨシヒコ。
コウスケとライムは本当の兄妹ではなく、ライムは捨て子で拾ったのだとコウスケは言うが、ライム自身はそのことを知らない。
ライムの気持ちを尊重し、ラジオをさせてあげたいが、海の家は近々取り壊される予定らしい。
これを聞いたヨシヒコは
「それでも海の家がある限り、ライムにラジオをさせてあげるべきだ!」
とコウスケの背中も押した。
3人で青春ドラマのような、さわやかな展開になっている。
服装も現代風になり、裏世界に馴染んでいた。

【ムラサキ、メレブの呪文】

その一方で、メレブ達は懸命に変幻の杖を探している。
裏世界の魔物たちは、メレブ達が人間だと知ってか知らずか、優しくしてくれる。
居酒屋でも魔物に優しくされ、安心していたが、魔物の店員が裏で
「そろそろあの人間たち、食っちまおう。」
と話しているのを盗み聞き、すぐにその場を後にする。

【妹を思う気持ち】

コウスケの父が帰ってきて、ヨシヒコは変幻の杖の事を聞く。
ヨシヒコが杖の在り処を知れば、もう皆んなと一緒にいれなくなってしまう。
コウスケはライムがヨシヒコに心を惹かれているのを感じており
「変幻の杖は諦めて、ライムの側にいてやってくれ。」
と兄として頼むが、ヨシヒコは
「コウスケはライムの事を好きなのでは?」
と言った。

【仏の力】

ヨシヒコが思いにふけ、海に向かって
「どうしたらいいんだよぉ!」
と叫んだ、
するとジェットスキーに乗った仏が現れ、ヨシヒコを殴る。
仏は
「変幻の杖を探しなさい!」
と説得するが、ヨシヒコはコウスケとライムのことを熱弁する。
何を言っても聞かないヨシヒコに仏ビームで記憶を消し、魔王を封印する使命を思い出させた。

【豹変するヨシヒコ】

コウスケの父の元へ変幻の杖のことを聞きに言った際に、ライムに一緒にマンゴーFMをしてほしいと頼まれるが
「そんなものはやらん!マンゴーFMとはなんだ。くだらん。」
と言い放つ。
そしてコウスケとライムが実の兄妹でないこともバラしてしまった。

【海の旅】

ヨシヒコはメレブ達と合流した。
海を渡り、変幻の杖を探しに行く際に、ワンピースらしき海賊に仲間になれと誘われるが断り、やっと変幻の杖を見つけることができた。
裏世界に入り込んだヒサは、魔王の手下に気絶させられ、連れさられてしまった。

感想

今回はストーリーがしっかりしていて、笑いの部分以外も観ていて、とても面白かったです。
今まで倒してきた魔物を馬車という名のトラックに閉じ込めていたヨシヒコですが、まさかの熱中症で倒れていると言う…
ひどすぎますね。
これには偽ヨシヒコ達も含まれていたのでしょうか。
変幻の杖の情報を知っているコウスケの父を待つためにに、海の家を手伝うヨシヒコは、いつものことながら馴染んでしまいます。
しかし恋愛に疎いヨシヒコなのに、コウスケのライムに対する気持ちを汲み取るとは、成長しましたね。
ビーチボーイズばりに青春を楽しんでいるところに、仏が現れて、説教。
そして記憶をなくされたヨシヒコは、ライムに
「マンゴーFMなどくだらん!そんなものは知らん!」
と豹変していて面白かったです。
そして本当の兄妹でないことを勝手にバラしましたが、そこの部分の記憶は無くしてなかったんですね。
2人は無事結ばれるといいのですが。
初めて海の旅に出たヨシヒコは、麦わらの一味に仲間になろうと誘われましたが、ルフィー達のクオリティが低すぎました。笑
ナミが残念すぎます。
そしてやはり、ヒサがデスタークの部下に連れ去られましたね。
次でラストなのですが、デスタークを見つけ、ヒサを助け、鍵を取り返し、デスタークを封印するを1話に詰め込むことができるのでしょうか。
終わるのは悲しいですが、楽しみです。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP