勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(8話)のあらすじ・ネタバレ・感想〜旅の扉で鍵を見つけよ〜 | VODの殿堂

ドラマ

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(8話)のあらすじ・ネタバレ・感想〜旅の扉で鍵を見つけよ〜

   
 

タイトル:勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(8話)
放送局:テレビ東京
放送期間:2012年10月12日~12月21日
キャスト:山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ、宅麻伸、岡本あずさ、佐藤二郎など
閲覧したVOD:hulu(2017年12月10日時点では無制限で見放題)

7話で純粋さゆえにメレブ達を裏切り、偽パーティーの魔物達と一緒に旅にでると言ったヨシヒコ。
はたして仲間の信頼を取り戻すことができるのか。
また一向に鍵の手がかりを見つけることができない中、本当に魔王を封じ込めることができるのだろうか?
すぐに騙されるヨシヒコの暴走にも注目です。
思わぬ展開が待ち受けている第8話のあらすじをどうぞ。

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年12月29日(日)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

【メンタリズムの盗賊】

現れた盗賊(戸次重幸)はメンタリズムで相手の心を全て読みとき、攻撃を交わし、勝利することができるという。
盗賊は後ろを向いて、それぞれが何色のボールを手に持つのか当ててみせた。
またサービス精神が旺盛で、相手を楽しませてあげるために、たまに間違えてあげるようにしているらしい。
しかしそのサービスが仇となり、戦い中にもわざといざないの剣で斬られてしまい、眠ってしまった。

【転職した4人】

転職ができるダーマ神社でムラサキは魔法使い、ダンジョーは武闘家、メレブは遊び人、ヨシヒコは僧侶を選択した。
僧侶を極め、人々を優しさと慈しみで救い、そしていずれ賢者になると言う。
簡単な漢字すら読めないヨシヒコが賢者?と皆んな驚くが、勇者の強さと賢者の優しさで世界の平和を導きたいのだと。

【仏のお告げ】

ムーンポタの村に旅の扉というワープトンネルが存在する。
そのワープトンネルから邪悪な気が出ているため、そこに悪霊の鍵があるのではと仏によりお告げがあった。
その旅の扉は一瞬にして、全く違う場所へ行くことができるらしいのだ。

【ワープトンネル】

ヨシヒコ達は旅の扉を求め、ムーンポタの村へ訪れた。
急いで鍵を見つけなければならないため、手分けして探すことになる。
ムラサキが旅の扉の場所をエルフという人が知っているという情報を得た。
その事を皆んなに知らせに行くムラサキであったが、ヨシヒコはワープトンネルを見つけ、うっかり1人で入ってしまったのだ。

【フローナとの出会い】

ヨシヒコはパパラタという村で夫に暴力を振るわれ、まるで奴隷のように扱われているフローナ(中村ゆり)という女性と出会う。

【ムラサキとエルフ】

ムラサキはエルフ(野村啓介)に旅の扉の場所を聞き出そうとするが、エルフは
「俺の嫁になれば、教えてやる!」
と言う。
エルフはムラサキに一目惚れしたのだ。
メレブは平らな胸だと承知で言っているのか!?と驚いている。
旅の扉を教えてくれ、悪霊の鍵が見つかれば、1回デートすると言う条件で旅の扉の場所を教えてくれた。

【邪悪な気配がする扉】

「旅の扉は2箇所あり、1つはパパラタという普通の村につながる扉で、もう1つの方が邪悪な気がでている扉だ。」
とエルフが教えてくれた。
ヨシヒコはいないが、3人で邪悪な気がでている方の扉へ向かう。
3人がワープした場所はカジノにつながっていた。
そこでは、一万ゴールドで悪霊の鍵が手に入るようだ。
遊び人に転職したメレブが、本領を発揮し、悪霊の鍵を手に入れることができた。
鍵は手に入ったが、ムラサキはエルフのことはタイプじゃないからとデートもせずに、ヨシヒコの元へ向かう。

【フローナとの恋】

普通の扉に入っているヨシヒコは、鍵を探さなければならないと分かっていてもフローナの事を放っておくことができない。
フローナは、毎日夫の暴力に耐え続けている。
見兼ねたヨシヒコは夫から逃げるためにフローナを連れだした。
2人が出会ったのは運命、この愛は永遠に消えない愛だとミュージカル調で歌い、2人は愛を誓った。

【不倫に目覚める】

ムラサキが鍵を見つけたことをヨシヒコに告げると
「フローナを救わなければならないので、旅は皆さんだけで行ってください。」
と言う。
確かに夫からDVを受けている人を救うのも大事だが、魔物から世界を封印する方が圧倒的に大事だと説得するが
「もう魔物など封印する必要はない!」
と反論し、フローナの大切さ、愛、人妻の良さを語り出す。
驚愕する3人に
「勇者だからこそ、不倫なのだ。不倫は冒険。冒険だからこそ、勇者がするべきなのだ!」
と言い、フローナの元へ去っていった。
フローナは夫と一緒にいた。
夫はヨシヒコと戦い、自分に勝つことができたらフローナを連れて行ってもいいと言う。
いざミュージカル調で戦いが始まろうとした時、ムラサキが背後からヨシヒコの頭を殴り、気絶させた。
その間にフローナにムラサキが呪文をかけると、2人はラブラブな夫婦に戻った。

【仏ビーム】

ヨシヒコは気絶している間に仏に記憶をリセットしてもらった。
目覚めたヨシヒコは
「旅は遊びではない!ちゃんとしてください!」
と3人を叱り、次なる目的地を目指す。
その姿を酔拳を身に付けたヒサが見守るが、何者かに連れ去られてしまった。

感想

またしても勇者としての使命を忘れ、自分の欲望のために突き進んでいましたね。
ヨシヒコは本当に勇者としての責任感や使命を果たすことができる男なのかもわからなくなってきました。
純粋さゆえにすぐにのめり込んでしまう癖は、どうにかしないといけませんね。笑
魔王の城でヨシヒコの本性はスケべなお尻好きだったので、仕方ないですが…
でも旅をやめると言ったのはこれで何回目!?ってくらい魔王のことを忘れていますよね。
残り3話で終わりなのに、しっかりしてほしいです。
私的には魔王の城のほうが、魔王に立ち向かうために数々の装備を手に入れていくというストーリーが構成されていて面白かったですが、今回は全体としてのストーリーよりも1話1話が面白ければいいやって感じがします。
ムラサキは魔法使いになり、何か呪文を手に入れたようですが、まだなったばっかりなので上手く使いこなせていないようです。
これが自由自在に操れるようになれば、魔王にも立ち向かえる攻撃になるのではないでしょうか。
魔王に立ち向かう時が迫っている中、メレブは遊び人に転職しましたが、ふざけているようにみえて、後々重要な役になると予想しています。
今回もメレブの遊び人のおかげで、鍵を手に入れることができましたしね。
残り3話で終わるので、9話くらいで本当に悪霊の鍵を見つけるのではないでしょうか。
9話も見逃せません!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP