日本版『24』を唐沢寿明主演で10月放送!どこまで原作に近づけるか?【動画配信情報あり】 | VODの殿堂

ドラマ

日本版『24』を唐沢寿明主演で10月放送!どこまで原作に近づけるか?【動画配信情報あり】

   
 

アメリカ連邦機関CTUの捜査官であるジャック・バウアーが、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国人気ドラマ『24』は、2001年から放送を開始し、1シーズン(全24話/1話60分)で1日の出来事をリアルタイムに描く革新的なスタイルのドラマです。

視聴者もリアルにその時間を体験することから、手に汗を握るような展開に世界中が熱狂しました。

『24』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年3月25日(火)時点のものです。

2020年3月25日現在、シーズン1~8、及びリブ・アナザー・デイ(シーズン9)、レガシー(シーズン10)を配信中。

そんな超大作を、テレビ朝日と20世紀FOX社がタッグを組んで初のリメイク版『24JAPAN』を制作することになったのです。

原作では「アメリカ史上初となるアフリカ系アメリカ人大統領」が誕生するまでの24時間を描いたオリジナル版を元にして、「日本初の女性総理」が誕生するまでの24時間を描いています。

主演には唐沢寿明が抜擢!

唐沢寿明は、オリジナル版の大ファンであり、『24』は何十回も見ていた作品で、当時はジャック・バウアーの同僚トニー・アルメイダが好きで、自分の携帯もCTUの内線電話の着信音にして、友達からの電話には『アルメイダ』と名乗って出ていた、と明かしています。

そのため

「俳優生命を懸けて取り組みます! 日本独自の色も出しながら、視聴者の方々が面白いと思える作品を本気で作りたい」「自分がジャックをやるとは。作品を汚さないようにしたい」

と気合十分で取り組んでいるようです。

現在唐沢さんに護身術を混ぜたかなりハードなトレーニングをしてもらうなど、撮影に向けての準備が進められています。

唐沢寿明の役柄は?

今回、唐沢寿明が演じるのは、CTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げんば)です。

そんな獅堂は、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止することと、同時発生している自分の誘拐された家族を取り戻すため必死で戦い奔走します。

最新のテクノロジーに世界情勢を織り交ぜ、本家同様、1話で1時間を体感するリアルタイムサスペンスドラマです。

オリジナル作品で主演を務めたキーファー・サザーランドは、2001年当時35歳で演じましたが、リメイク版の唐沢寿明は現在56歳のためギャップを感じそうですね。

3月下旬にクランクインの予定となっています。

本家の世界観を『24JAPAN』は超えられるか?筆者の予想

「24」と言えば、24時間の出来事を1話1時間で描いて、リアルタイムに進行しているような緊迫感や臨場感を表現し、一見無関係と思えるような別々の場所で起こっている出来事を1つの物語に収めてしまうストーリー展開で、ハードアクションやテロ組織による町の崩壊が描かれています。

海外ではありがちな話かもしれませんが、この展開が果たして日本という舞台ではどのように表現されるのか、期待したいと思います。

唐沢寿明は無名時代スーツアクターとして出演した経験があります。

原作は激しいアクションも見ものだったので、日本版でも期待できるのではないでしょうか?

注目の『24 JAPAN』は2020年10月からテレビ朝日系列で放送予定です。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP