次のジャニーズデビュー候補【なにわ男子】とは?すでにドラマやCM出演って本当?【動画情報あり】 | VODの殿堂

ドラマ

次のジャニーズデビュー候補【なにわ男子】とは?すでにドラマやCM出演って本当?【動画情報あり】

   
 

3月4日放送のめざましテレビを見て、朝からキラッキラのイケメンがたくさん出ていて、びっくりした人も多いのではないでしょうか?
もちろんファンの人は待ちに待った瞬間かもしれませんね。

今日登場したイケメンたちは【なにわ男子】というジャニーズJr.のグループです。
関西ではすっかり有名なのですが、いったいどのようなグループなのでしょうか?

【なにわ男子】ってどんなグループ?

グループ名に”なにわ”と入っていることからもわかるように、関西ジャニーズJr.で活動中のグループです。
関ジャニ∞のメンバーである横山裕さんと大倉忠義さんがプロデュースを務めることでも話題となっています。

メンバーは道枝駿佑、西畑大吾、高橋恭平、大橋和也、大西流星、長尾謙杜、藤原丈一郎の7人です。

みんなカッコいいのに、その口から繰り出されるのはコテコテの関西弁。
でもそのギャップがいいんですよね~。

さらにさすが横山さんがプロデュースするだけあって、しゃべりも回しもうまい!
今日のめざましテレビも、軽部さんの絡みとか、安心して見ていられましたもんね。

Kinki Kids、関ジャニ∞、ジャニーズWESTに続く関西のアイドルは、なにわ男子ではないでしょうか?
実は関西ではなにわ男子と一緒に【Aぇ!group】【Lil かんさい】というジャニーズJr.も活動中です。

すでに活躍中のメンバーも!

なにわ男子の中で一番目にしたことがあるのは、道枝駿佑さんではないでしょうか?

なんとあのソフトバンクのコマーシャルで、テニスのスマッシュをカッコよく決めているのが道枝さんなのです!

端正な顔立ちということもあって、すでに多くのドラマに出演しています。

前シリーズの『絶対零度』では、サイコパスなバスケ美少年を演じて話題になりました。
先輩であり、プロデューサーでもある横山裕さんとの共演も、ファンは大注目していたようですね。

そのほかにも『俺のスカート、どこいった?』などに出演しています。

そして4月16日より放送開始の『BG~身辺警護人~』に道枝さんが出演することが決まりました!

木村拓哉さんは道枝さんのあこがれの存在であり、共演が決定したときには「5秒くらい時が止まった」そうです(笑)
憧れの人とどきどきしながら共演している道枝さんも楽しみですね。

また西畑大吾さんもドラマに多数出演しています。
『ごちそうさん』で杏さんの次男役で出演後、『あさがきた』『僕らは奇跡でできている』『教場』などの話題作にも出演中です。

『俺のスカート、どこいった?』を見るならこちら⇒Hulu
『僕らは奇跡でできている』を見るならこちら⇒U-NEXTAmazonプライムビデオ

あの【ハイチュー】のCMに大抜擢!

今まで長年関ジャニ∞が務めてきたハイチューのCMですが、このたびなにわ男子が引き継ぐことになりました!
今日そのビジュアルが公開されたのです。

今回のCMはカッコよさ全開ですが、先輩関ジャニ∞がおもしろCMをしてくれていたように、おちゃらけた表情を見せてくれてることに期待したいです!

グループでの初ドラマも決定!

今までドラマへの出演は個々で活動していましたが、4月より『年下彼氏』でAぇ! group、Lil かんさいと共に、ドラマ出演が決まりました!
20の物語で各エピソードの主人公を演じることとなっており、推しのメンバーがどんな彼氏を演じるか楽しみですね!

ドラマ初出演のメンバーもいれば、主演となるとほとんどの人が初体験とのこと。
どのような演技をしてくれるか期待したいと思います!

次期デビューは関西から?【なにわ男子】に大注目!

SixTONESとSnowManはジャニーさんが逝去直前にデビューを決めたグループであり、先日デビューを果たしました。
プロデュースをしていたのは、滝沢副社長ではありましたが、次にデビューするのが正真正銘の滝沢社長が選んだグループということになります。

もちろん関東にもデビューするのにふさわしいJr.たちが控えています。
しかしジャニーズWESTのデビューから7年、そろそろ関西からデビューのグループがいてもいいと思うのです。

関西ではイベントを開くと人が集まりすぎて、中止になる事態まで引き起こしているなにわ男子。
あとは全国で通用するかどうか、というところでしょう。

しかし今日のめざましテレビの出演、そしてハイチュウのCM、全国への足掛かりはできていると言えるでしょう。
デビューの日を楽しみに待ちたいと思います!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP