勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(1話)のあらすじ・ネタバレ・感想〜新たな試練の旅〜 | VODの殿堂

ドラマ

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(1話)のあらすじ・ネタバレ・感想〜新たな試練の旅〜

   
 

タイトル:勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(1話)
放送局:テレビ東京
放送期間:2012年10月12日~12月21日
キャスト:山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ、宅麻伸、岡本あずさ、佐藤二郎など
閲覧したVOD:hulu(2017年12月6日時点では無制限で見放題)

2011年7月に放送された勇者ヨシヒコと魔王の城の続編で、ヨシヒコが魔王を倒してから100年後の話だ。
魔王が蘇り、再び世界が魔王の支配に落ちようとしていた。
村人たちは伝説の勇者の復活を待ち望んでいる。
ピュアで正直な勇者ヨシヒコ(山田孝之)、突っ込み強めのムラサキ(木南晴香)、本性はオカマの戦士ダンジョー(宅麻伸)、使えない呪文ばかり知っている魔法使いメレブ(ムロツヨシ)が蘇り、魔王を封印するための悪霊の鍵を探す旅にでる。
低予算のドラマと強調しているが、シュールな笑いに豪華な役者、少々下ネタあり。
何度見ても飽きない勇者ヨシヒコシリーズ。
今回も笑いっぱなしの勇者ヨシヒコと悪霊の鍵、第1話のあらすじです。

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年12月29日(日)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

【あれから100年】

伝説の勇者が魔王を倒してから100年。
何者かによって魔王の封印が解かれ、世界は再び悪の支配に落ちようとしていた。
かつて勇者と言われたヨシヒコがいない村人達は悪の手によって滅ぼされるのを待つしかなかった。

【ヨシヒコの子孫】

そこにローラシアからやってきた遣いが、カボイの村に勇者ヨシヒコの血を引き継ぐ人間がいると言う。
その名はオルトガ(鈴木福)という少年だ。
長老はオルトガに魔王を倒すために必要な悪霊の鍵を求め、旅に出るように言うが、オルトガは
「嫌だー!」
と全力で拒否する。
理由を尋ねると子供だからだと。
オルトガは
「最初の弱い敵にもやられるに決まっている。それでも無理に行かせるなら、児童虐待で訴える!」
と言う。
困った長老は仏に助けを求めた。

【蘇る勇者たち】

クレープを食べている仏(佐藤二郎)が現れ、簡単にヨシヒコ達を蘇らせてくれた。
メレブ(ムロツヨシ)だけは100年前と変わらず若い姿だが、ヨシヒコ、ムラサキ、ダンジョーは老人の姿だ。
仏は亡くなった時の年齢で蘇らせてしまったのだ。
メレブは100年前に皆んなと別れた瞬間、牛に轢かれて死んでしまっていたのだ。

【老人の勇者】

よぼよぼの老人の姿のため、弱いスライムにさえ負けてしまった。
このままでは魔王にたどり着くことができない。
再び仏が現れ、メレブが若かった頃に戻してもらうようお願いする。
死んだ時の状態で蘇らせてしまったのは、仏のうっかりミスだった。

【悪霊の鍵】

戦える頃の年齢に戻されたヨシヒコ(山田孝之)、ムラサキ(木南晴夏)、ダンジョー(宅麻伸)。
今回の旅の目的は、魔物たちを封じ込めることができる悪霊の鍵を取り戻すことだ。
魔王が蘇ったのは魔王を封じ込める封印を解いた者がいるからだ。
その封印を解いた者は悪魔族であり、そいつが悪霊の鍵を持っている。
旅の中で戦い、力と勇気を身につけ、巨大な敵に立ち向かうのだと仏は言う。
しかし1度は魔王を倒したことがあるヨシヒコは、戦わなくてもすでに力があるはず。
魔王を倒すのも簡単にできると思っていたのだが、セーブしていなかったため、仏はレベルを0にして蘇らせてしまったのだ。

【相変わらずのメレブ】

レベル0だったのにもかかわらず、メレブは1つだけ呪文を覚えていた。
敵の眉毛を太くするという戦いに全く意味のない呪文だ。

【故郷へ訪問】

いざないの剣を取りにカボイの村に訪れたヨシヒコ。
ヨシヒコの子孫、オルトガが声をかけてきた。
ヨシヒコが旅に誘う。
オルトガは自分も一緒に旅をしたいと思っているが、旅にでるためのスケジュールが取れないという。
大人の事情を察したヨシヒコ達はそれ以上誘わなかった。

【新たな試練の旅へ】

旅にでたヨシヒコ一行。
その姿を木陰からヒサが見ていた。
仏が現れ、セーブポイントがあったのでそこまで戻してくれたが、そこは100年前に魔王と戦ったあの場所だった。

感想

今回は魔王を封印するための悪霊の鍵を探す旅にいくのですが、この魔王は魔王の城で出てきたガリアスとはまた別の怪物なのでしょうか。
その点も徐々に明らかになっていくでしょう。
1話は旅の始まりのための説明が多く、笑いのポイントは少なめでしたね。
ヨシヒコの子孫オルトガを鈴木福くんが演じていたのですが、スケジュールがいっぱいでってシーンは面白かったですね。
ドラマなのですが、鈴木福くんとして子役で忙しいため、一緒に旅にでるストーリーになると出番が多くなりスケジュールに空きがないという、大人の事情を汲み取ったメレブ達が面白かったです。
こんなセリフや構成などどうやって思いつくのだろうかといつも感心しています。
そして1話はツッコミどころが満載でした。
仏にうっかりミスが多すぎなのです。
まず、いくら勇者でもよぼよぼの状態で蘇らせてどうするんですか。
しかも結構簡単に蘇らせれるし。
だからうっかりミスをしてしまうのですが。
メレブは役に立たないし、もう歩くのでさえ疲れているヨシヒコ達は、絶対に魔王倒せないですよね。
そして1番のうっかりミスは、セーブポイント。
魔王ガリアスと戦った屋上に移動させられて、装備もないし、勇気の剣もないし、絶対にセーブポイント間違っているだろぉ!笑
絶体絶命のヨシヒコ達は次回どうなってしまうのでしょうか。
4人とも倒されて、再び仏が蘇らせるとか?
むしろもう仏が退治してくれればいいのにね。
もともと細かったですが魔王の城の時よりも小顔になってて、髪も短くてすごくかわいいムラサキも必見です。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP