イニョン王妃の男 第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~因と果~ | VODの殿堂

ドラマ

イニョン王妃の男 第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~因と果~

   
 

タイトル イニョン王妃の男 第6話
放送局:tvNテレビ
放送期間:2012年4月18日~2012年6月7日(全16話)
キャスト:チ・ヒョヌ(キム・ブンド役)、ユ・インナ(チェ・ヒジェ役)、キム・ジヌ(ハン・ドミン役)
観覧VOD:auビデオパス(2018年8月3日時点では配信終了)

前回の話で2人の距離がかなり近づき、ヒジンはブンドのことを気になる存在から少しずつ恋心を抱くようになっていきます。
今回の話では無事に2人は会うことが出来るのでしょうか?
そして、罪人として済州島に送られたブンドの本当の目的とは?

それでは第6話を見ていきましょう。

『イニョン王妃の男』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2020年2月17日(月)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

ブンドの居場所

過去の時代ではブンドが逃げたと大騒ぎになり、いなくなったブンドを官軍が必死で探しています。
そして、ブンドを狙っていたミン・アムの刺客達もブンドを助け出した仲間だと思われ官軍より先に見つけなければと焦ります。
自分は何処に行けばいいのか?とブンドは逃げていると刺客が現れ襲われ、止めを刺されそうになった瞬間未来へタイムスリップ!
しかし、ここが何処なのか分からずブンドはひたすら歩き続け・・・。
ようやくたどり着いた場所は大勢の観光客で賑わう済州島の観光名所の様子。
ブンドが辺りを見渡していると側で記念撮影をしていた観光客がバッグを忘れていったことに気付き拾います。
そして、バッグの中に観光ガイドブックと財布が入っているのを見つけたブンドはガイドブックを頼りに動き出します。

薬局に行き、薬を買い刺客にやられた傷の手当をするブンドは切られてしまった髷をバッサリと・・・。
一方、過去ではいくら捜しても見つからないブンドのことを宮殿へ報告することに。
ブンドは自分が逃げた連絡が宮殿まで届くのに半月はかかると考え、その前に済州島からの脱出する方法をとヒジンに連絡をとるのでした。

因と果

ブンドからの連絡でヒジンは済州島まで迎えに行こうと、ブンドが飛行機に乗るためには身分証が必要だからとブンドに似ている友達から身分証を借り済州島へ向かう。
そして、空港でヒジンの到着を待っていると、ヒジンの出演しているドラマの予告がテレビで流れているのを見たブンドはイニョン王妃役のヒジンの姿を見つめ、ヒジンが「私がイニョン王妃だ」と言っていた意味を理解する。
そこへヒジンが来て声をかけるがブンドはヒジンを見つめ続け「初めて・・・初めてそなたを美しいと思った」と伝える。

そしてブンドの言葉に照れるヒジン。
スギョンが近寄り、人目があるからと注意され飛行機の出発までの間時間があるので喫茶店へと向かいます。

ブンドのことが気に入らないスギョンは2人のいちゃつく姿にイライラしっぱなしです(笑)

ヒジンが飲み物を注文している間にスギョンはブンドを呼び、真実だけを述べるようにとブンドに質問をします。

スギョン「何処の大学?家は?ご両親は?生計はどのように?両親は何の仕事をしてたの?」
ブンド「成均館・北村・両親は亡くなった・遺産で生活を・国の仕事を・・」との答えにスギョンは驚きます。
成均館大学といえばエリート、北村は高級住宅街、そして両親の遺産のブンドの返答にスギョンは内心喜びます。


スギョンが席を外し、ヒジンが飲み物を運んでくる。
ブンドはヒジンに「なぜ来た?忙しいのでは?」と聞かれ、「今日は時間があったから・・・それに実録に死んだと書いていたから気になって」と少し拗ねる。
ブンドは笑いながら「縁があると思って・・・この世に偶然はなくてあるのは因果だけ。これまでは偶然だったとしても、今回は私が連絡してそなたが来たことは因果だと言える」と話すブンドに理解ができないヒジン。
さらにブンドは「お守りが因となり、そなたに出会い果が出た。この出会いは因となり次にどんな果が待っているのか気にならないか?」と聞かれるもヒジンは難しいと悩みカプチーノを飲むのだが泡が口に。
するとブンドはブンドは付いた泡をふき取り「泡を付けたことが因で拭いたことが果だ」とヒジンが分かるように優しく説明してあげます。

ブンドの行動すべてがヒジンの心をどんどん動かしていく場面が多くてここはおススメです♪

初めての飛行機

場面は変わり、ミン・アムの屋敷。
ミン・アムは「もっといい札が手に入った」と言い残したブンドの言葉が気になって仕方なかった。
そして、ユンウォルとブンドの使用人がブンドが捕まる前に姿を消したことを知らされ、間違いなく何か企んでいると怯えるのでした。

飛行機の中。
スギョンはブンドの学歴・家柄全てが気に入った様子でヒジンに話しかけ自分のことの様に浮かれています(笑)
飛行機が初めてなブンドはちょっと緊張気味。
そして、なんと一番前の席にドンミンとナジョンの姿が!?
ドンミンはファーストクラスでないことに不満を持ちイライラしていると、偶然ブンドが乗っているのを発見し「あの時の韓服を着たストーカーだ!」と思い出し、更にヒジンとスギョンもいることに気付き驚きます。

ドンミンとマネージャーはヒジンがストーカーに尾行されていると勘違いしてしまい、ブンドを捕まえようと考え乗務員に何かを言います。
すると、ブンドもドンミンに気付き、おかしな雰囲気を感じたのかヒジンの席に行き「着いたらすぐ消える・・隠れるところはあるか?」と聞きます。
ヒジンに近づくブンドを見たドンミンは居ても立っても居られなくなり警察に任せようと言うマネージャーを振り切りブンドを捕まえに!

恋人宣言

ブンドを捕まえ、ストーカーを捕まえてやったと自信満々に言うドンミンにヒジンとスギョンは驚きます。
そして、乗客達にドラマの出演者であるヒジン・ナジョンも飛行機に乗っていることを公表しブンドのことをヒジンのストーカーだと言い、自分がストーカーからヒジンを救ったと自慢し乗客達から拍手喝采されドンミンはヒーロー気分でした。
捕まったブンドを空港に到着次第、警察に引き渡すと乗務員が言い、連れていかれそうになったブンドをヒジンは引き止め「なぜ警察に?ストーカーじゃないわ!私の知り合いです」と言うと、ドンミンや乗客は「なんだ?どうゆうこと?」と意味が分からず。
ヒジンはブンドを助けるために知り合いで自分と一緒に飛行機に乗ったと必死でかばいます。
そして「私の恋人だから・・・」と言ってしまい・・・。
ヒジンの突然の恋人宣言に騒ぐ乗客でしたが、理解出来ないドンミンと落胆するスギョン。
ブンドに駆け寄り手を握るヒジンに驚くブンドに「恋人になったことが因なら、次の果はどうなるの?」と見つめながら問いかけるヒジンに、微笑むブンドでした。

感想・まとめ

みんなの前で恋人宣言してしまったヒジンでしたが、ブンドを見つめる姿が本当の恋人のようでした。
回を増すごとに2人のシーンを見ているだけでついニヤけてしまいます。
そして、ブンドのことを怪しいと疑い問い詰めるスギョンでしたが、学歴・家柄・財産と何もかも揃っているブンドの返答に結果自分のことの様に喜び認めた様子のスギョンのシーンも笑えました。
最後の飛行機の場面では、ヒジンをストーカーから救ったと勘違いしてヒーロー気取りのドンミンはヒジンから恋人だと聞かされ立場を失い、可哀そうにも思いましたが笑ってしまいました(笑)
次のお話では笑いものになってしまったドンミンはどうするのか?
今後のヒジンとブンドの恋の行方は?
ミン・アムの不安は的中するのか?
まだまだ、見どころ満載ですよ~。

イニョン王妃の男を見るならU-NEXTがオススメ!

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額1,990円(税抜)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
イニョン王妃の男 第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~2人の王妃~
イニョン王妃の男 第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~衝撃の再会~
イニョン王妃の男 第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~お札の通力~
イニョン王妃の男 第4話のあらすじ・ネタバレ・感想~別れの挨拶~
イニョン王妃の男 第5話のあらすじ・ネタバレ・感想~実録の真偽~
イニョン王妃の男 第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~報復の刻(とき)~
イニョン王妃の男 第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~ときめきの贈り方~
イニョン王妃の男 第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~からまる記憶~
イニョン王妃の男 第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~よみがえる想い~
イニョン王妃の男 第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~新たな始まり~
イニョン王妃の男 第12話のあらすじ・ネタバレ・感想~生きるべき場所~
イニョン王妃の男 第13話のあらすじ・ネタバレ・感想~お札の災い~
イニョン王妃の男 第14話のあらすじ・ネタバレ・感想~運命の矢~
イニョン王妃の男 第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~命の代償(だいしょう)~
イニョン王妃の男 第16話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~2人だけの記憶~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP