『シャーロック』第1話のあらすじ・ネタバレ!令和のシャーロックとワトソンが運命的に出逢う!【見逃し動画情報もあり】 | VODの殿堂

ドラマ

『シャーロック』第1話のあらすじ・ネタバレ!令和のシャーロックとワトソンが運命的に出逢う!【見逃し動画情報もあり】

   
 

原作:アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ
脚本:井上由美子
出演者:ディーン・フジオカ、岩田剛典、山田真歩、ゆうたろう、佐々木蔵之介、他
放送期間:毎週月曜夜9時
制作:フジテレビ

始まる前の期待度

誰もが知っている世界一有名なミステリー『シャーロック・ホームズ』を原作にした『シャーロック』ディーン・フジオカが月9で初主演です!

『モンテ・クリスト伯/華麗なる復讐』、『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』に続き、古典文学が原作の作品に相次いで主演!
名探偵シャーロック・ホームズにあたる誉獅子雄を演じ、バディを組む医師ジョン・ワトソンにあたる若宮潤一を演じる岩田剛典と令和の東京を舞台に難事件を解決していきます。

顔面最強!内面最狂!?のバディは、井上由美子のオリジナル脚本の中で原作のシャーロックとワトソンの世界観を崩さずに、かっこいいだけじゃない最高の推理を見せてくれるはず!

バイオリンの名手であるシャーロック・誉獅子雄が劇中バイオリンを演奏することで、謎解きの糸口がひらめくというシーンがあるのですが、クランクイン一週間前に決まった難しい曲を弾いているディーン様にも注目です!

『シャーロック』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月8日(火)時点のものです。
ここから先はネタバレになります。問題ない方は読み進めてください。

第1話あらすじ

物語は、被害者になるであろう人物が取り乱しながら逃げている緊迫した場面から始まります。
案の定、その人物は今回の舞台となる病院の屋上から転落して死亡。

被害者は、そこの病院に勤務する消化器内科医・赤羽栄光(中尾明慶)。
「助けて!」と叫ぶ声を聞いた第一発見者の看護師・水野麻里(松井玲奈)の証言により、何者かに突き落とされたとして、犯人探しが病院内で始まります。
 

ワトソン・若宮との出会い

警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)を筆頭に警察による事情聴取が始まる中、第一発見者である看護師・水野と警備員(木下ほうか)の証言に、ネチネチと難癖をつけるディーン演じる獅子雄が登場します。

重箱の隅をつつくような揚げ足の取り方をするディーン様の役どころは、めんどくさいタイプであるということが瞬時にわかりました(笑)

しかし、口先だけではなく、「赤羽先生の診察室で怒鳴り声が聞こえた」と水野が意味深な目線を若宮に向けたのを、獅子雄は見逃しません。

事情聴取の場から立ち去る若宮に何かを感じ後をつける獅子雄は、ここから執拗に彼を追いかけまわし始めるのです。

この容疑者を追いかけるような事件現場での出会いが、後に最強のタッグを組むシャーロックとワトソンを巡り合わせたということになりますが…。

シャーロック・誉獅子雄の人物像

警察の捜査に時折協力している、犯罪捜査専門のコンサルタント・誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、頭脳明晰でずば抜けた観察眼の持ち主。

自由奔放で我が道を生き、相手のことはお構いなしのマイペースで結構失礼な物言いもするのは、ディーン様だから許される感じですね。

被害者の赤羽宅の娘ちゃんとのやり取りで、折り紙の鶴を「こうもり」と言い張る場面も、大人げなくてかわいい(笑)

大学での探し物の際も、見も知らずの大学生に「調べろ!」という始末(汗)
対象者への無礼な態度も、次の瞬間甘い言葉をかけられたら帳消しになるというディーンマジックは、今後も見ることが増えそうです。

さらに、大都会東京のど真ん中で観光客でもない獅子雄が人力車に乗る変人っぽい行動、シャーロックっぽさの演出ですね。

ワトソン・若宮潤一の過去

事情聴取の場から逃げるようにして立ち去る若宮を、獅子雄が追いかけていきます。

そこで、若宮の心の声「後ろから足音が聞こえてくるとき、友人だと思って振り返る人と、敵だと思って身構える人では、世界の見え方が全く違うだろう」「僕はずっと後者だった…」

獅子雄が背後から追ってくる足音を聞いて、この切ない言葉…。
確実にこの人は闇を抱えている!と思いましたが、まさか今回の事件にその闇が絡んでくるとは…(汗)

なまめかしい未亡人

転落死した医師・赤羽の妻である汀子(松本まりか)は、愛すべき夫を失った深い悲しみを抱えているように見えますが、何だかとっても怪しい…と初っ端から思っていました。

高尚な夫の両親は、息子が死んだにもかかわらず冷ややかな態度。
案の定、大学を出ておらずコンパニオンをしていた汀子は歓迎されざるお嫁さんだったよう。

夫が亡くなったばかりだというのに、娘には手料理をきちんと作り右利きの指導…。
そう、こんな場面も見てます見てます、獅子雄の目が光ってます。

こんな状況で料理できないよ!絶対怪しい…何かあるなということはわかるんだけども…と思っていたら!

赤羽家へ弔問した若宮に対して、汀子は警察に見せつけるように拒絶した態度を見せたり、以前若宮が自分に言い寄ってきたとか、赤羽と一緒に写っていた若宮の部分の写真が破かれているなどと、さも若宮に非があるように警察に告げるのです。

こんなわざとらしい!岩ちゃんをはめようとしている!と私の怒りは頂点に(笑)
きっと視聴者の大半の女性が同じ気持ちだったことでしょう。

そう、なまめかしいこの未亡人がこの事件のカギを握っていたのです。
若宮が容疑者として取り調べを受けると知った汀子は、「にやり」と笑い厚化粧をし始めます。

う~ん、ドラマって、悪いことしている人の描写ってわかりやすいですよね(汗)

必見!バイオリンを弾くディーン様

うそでしょ!?本当に弾いているの!?ってくらい、なめらかでスマートにバイオリンを弾くディーン様。
先述の「期待度」の前情報がなかったら、アテレコって絶対思っていましたよ(汗)

バイオリンの曲に乗って捜査開始から今までのシーンが回想され、情報が整理され謎が紐解かれていく…といった感じでしょうか。

謎解きによくあるパターンですが、ディーン様が美しくバイオリンを奏でる姿は、今後の回でもミステリーにおける束の間の癒しとなりそうです^^

獅子雄の小間使い?レオ

獅子雄の指示を受けて、スケボー少年レオ(ゆうたろう)がしれっといい仕事してくれてます。

ゆうたろうくん…ものまねタレントのゆうたろうだと思って探しちゃってました(汗)

先述した赤羽家での娘ちゃんと獅子雄のやり取りで出てきた鶴の折り紙は、最後の晩餐としてファミレスに行ったときのものであるという情報も彼が仕入れてきました。

夫が事件で亡くなったことが断定されるや否や、厚化粧して会いに行ったのは生命保険会社の人間だった…など、事件解明の糸口となる情報を提供する優秀な情報屋なのです。

若宮が容疑者に!?

一連の流れから警察では若宮が容疑者の候補となっているころ、若宮と赤羽の関係を調べていた獅子雄は、同期である彼らと大学時代同じサークル仲間だった郡司が事件にかかわっていると考え、さらに若宮に近づいていきます。

警察に疑われている若宮をおとりに真犯人をおびき寄せるという獅子雄の策に若宮が乗り、賭けに出ることに。

もうここまで来たら、汀子が犯人!?と思うけれど、なぜ?どうして?何のために?とぐるぐる…真相が知りたい!と気が焦りワクワクがピークに!

船上で真相解明

何とか汀子と二人で話をすることにこぎつけた若宮が会う場所に指定されたのは、大学時代に乗っていた思い出の船クレオパトラ号。

船上で二人きりとか、もうすでに怖いですよね、怪しい汀子と密室で二人きりなんてミステリードラマ上、絶対何かが起きるはず!

そこで若宮は、自分や赤羽、郡司含む医学部学生の仲間たちが、大金を積んで医師国家試験の問題を携帯がつながらないこの海の上で出題者から手に入れて、医者になったことを話し始めます。

これが若宮が抱える後ろ指さされる闇だったのですね。
いつばれるか、体をこわばらせ身構えながら生きてきたのでしょう。

不正を働いていた学生の中で唯一医師試験に合格しなかった郡司が、医者として成功している赤羽を脅してゆすっていた事実、その相談に乗っていたこと、医師免許を返上すべきだったと。

はて?なぜ他の仲間ではなく赤羽だったのか?若宮だって医者になったじゃん?って思いますよね?
それは、赤羽がお金持ちの由緒正しい家柄だったからと思われます。
医者を辞めるわけにはいかない名家であり、たかれるだけのお金がある、だからかな~と思いました。

汀子は、医者である赤羽だからこそ結婚したと言い放ちます。
その地位を維持するために、恐喝する郡司が邪魔で許せず、赤羽をけしかけて郡司を殺してしまったと…。

自首すると言う赤羽に、「医者じゃない犯罪者になったあなたはいらない、死んでほしい」と自殺を促す汀子。
ひどい、ひどすぎる…汀子、鬼だ。あんたが殺させたんじゃん、いくらなんでもひどすぎる~と思うほど、松本まりかさんの演技は妖艶ながらも迫りくる迫真の演技でした!
本当に幸薄い役が似合う女優さんだなぁ(しみじみ)

赤羽は自作自演の自殺だった!

妻の言う通りに自殺することを選んだ赤羽は、愛する妻と娘と最後に会う場所に選んだのはファミレスでした。

その場で食事を取らなかった赤羽の胃の中からバターとパセリだけが検出されたという不可解な点…獅子雄が謎を解きます。
娘ちゃんは「食事を残したら小学校に行けない」という汀子からの教えによりどうしても食べられなかったパセリを、赤羽がバターをつけて食べてあげていたのです。

死ぬ前に家族に会っていたら自殺だと思われてしまうから、ファミレスで会っていたことは内緒にしていたのに、赤羽のパパとしての最後の愛情が自作自演の自殺を露呈させてしまうことになるなんて…。

赤羽は自殺だと保険金額が少なくなるため、まるで誰かに追われているかのように逃げまどうふりをし助けを求め、突き落とされたかのように背面から転落し、殺人であるかのように偽装したのです。

若宮の「赤羽を殺したのはあんただ!」という言葉に対し、汀子は「私は指一本触れていない」と…。
もうね、つける薬はないよ、恐ろしい。

「その通り。赤羽は奥さんの言うことを聞いたんじゃない、絶望したんだ」と獅子雄が若宮を制し、若宮はハッと力なくうなだれます。

何を守ればいいのか、今まで何を守ってきたのか、愛すべき妻に見捨てられ絶望し、愛すべき娘の今後だけを祈って命を絶ったということ…(涙)

不正を働いて医師になったことが、人生に重くのしかかり殺人まで犯すことになるなんて、医師になることが全てだった学生のころは、こんな最悪な状況に陥るなんて思ってもいなかったでしょうね…。

赤羽が死ぬ前に喪服が特急仕上げで持ち込まれていたことや、若宮の部分の写真を破り捨てていた写真の破り口が、娘を右利きにしようとしていた左利きの汀子によるものだったということなど、獅子雄がここぞとばかりに刑事・江藤にぺらぺらと話し、劇中に散りばめられた伏線が回収されていき、事件は解決となるのでした。

若宮、医者を辞める

事件が解決したことで自分の不正も裁かれることになり医者を潔く辞めた若宮の元に、獅子雄がやってきて「一緒に暮らそう」と言います。
上の階からの水漏れで住むところがなくなったことから、どうやら若宮宅に勝手に同居することに決めた様子(笑)

友人を失い職をも失った若宮と、このアパートを拠点として最強タッグが始動することになるのですね!
この二人のシュールなやり取りと今後の活躍が楽しみで、来週が待ちきれない作品になった人も多いに違いありません!

Twitterの声は?

Twitterでは、ディーン様と岩ちゃんのドラマを心待ちにしていた!という投稿が多く、とにかく二人が見れて幸せ~という女性が大半でした(笑)

肝心のドラマの内容ですが、オリジナルの脚本でありながらも原作へのリスペクトが感じられ、作品の端々にそれを感じさせる演出がされているところも、原作を読んだことがある人はおもしろいようですね!

キリッとしたお顔で、面白ワード言ってましたね!クスッとなるようなお茶目なディーン様にも注目です!

そうそう、この変装いる?っていう(笑)
レオも「そのひげ、意味あんの?」という言葉に「盛り上がるだろ?」と意味不明(笑)
原作のシャーロックは変装の達人だったらしいので、今後もディーン様のおもしろ変装を見ることができそうですね!

原作のアバネッティ家のバターとパセリの下りを、見事今回の事件にも入れ込んできた点にも、いち早く反応する視聴者が多かったです。
今後も原作の小ネタをどんなふうに挟んでくるのかも楽しみですね!

若宮が住んでいるアパートは、今後獅子雄も住むことになりますが、シャーロックホームズが暮らしていた下宿は、ベイカー街221Bというのは有名です。
ここにも、原作を織り込んでくる制作陣に今後も大いに期待しちゃいます!

まとめ

第1話は1時間30分と時間を拡大しての放送でしたが、あっという間に終わってしまいました。
ディーン演じる誉獅子雄と岩ちゃん演じる若宮潤一が出会うがために起きた今回の事件は、これから起きる難事件の序の口と言えるのでしょう。

物語中に散りばめられた伏線や謎解きのヒントを探しながら、視聴者である私もワクワクドキドキしながら観ることができました。

原作『シャーロック・ホームズ』にないアントールドストーリーズである井上由美子の脚本展開も興味深いですし、これから先、医者を辞めた若宮と曲者である獅子雄の令和最強タッグが、どのような事件をどんなふうに解決していくかとっても楽しみですね!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP