「星から来たあなた」第18話のあらすじ・ネタバレ・感想~ト・ミンジュンシー~ | VODの殿堂

ドラマ

「星から来たあなた」第18話のあらすじ・ネタバレ・感想~ト・ミンジュンシー~

   
 

タイトル:「星から来たあなた」第18話
放送局:韓国SBSテレビ、BSジャパン他
放送期間:2013年12月18日から2014年2月27日(全21話)
キャスト:チョン・ジヒョン、キム・スヒョン、パク・ヘジン、ユ・インナ、キム・チャンワン、アン・ジェヒョン、シン・ソンロクなど
閲覧したVOD:auビデオパス(2018年8月3日時点では配信終了)

1ヶ月後に地球を去ることをソンイに明かし、想い出作りに旅行に行ったミンジュンとソンイ。
ミンジュンは、ちょっとでも自分がいないと探し回るソンイを見て、地球に残る決心をします。
未来に起こることが時々見えるミンジュンは、自分の体が消えて行く現象を見ますが…それでもソンイに帰らないと…

「星から来たあなた」第18話のあらすじと感想をご紹介します。

『星から来たあなた』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月5日(土)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第18話 NO SURPRISE ,NO DATE!

凡人に?

フィギョン、ジェギョン、ユ検事、パク刑事、ヤン・ミンジュが集まり話し合う。
ジェギョンは、ミンジュに「久しぶり」と声をかける、「そうね、あなたに監禁されて7年だもの」とミンジュ。
「なんだって?」とジェギョン、ユ検事が「彼女は精神病院に7年間、監禁されていました」パク刑事が「あなたはその容疑者です」とジェギョンに言う。
「私が?一方の話だけ聞いて判断するとは…しかも精神を病んだ人の話を?」とジェギョン。
「私は正気よ、病んでいない」と言うミンジュ、「留学先で元気にしてると思っていた」とミンジュに言い、フィギョンの方に向いて「驚かせたな、俺は関係ない」とジェギョン。
外に出るジェギョン、追いかけるフィギョン、「これが最後の機会だ、これ以上幻滅させるな」と言うが黙っているジェギョン。

ベッドで寝るミンジュンとソンイ、「こんな時宇宙人がいると便利ね、電気を消して」とソンイが言い、能力で消そうとするが消えない…起き上がってスイッチを切るミンジュン。
「どうしたの?超能力は?」「調子が悪い」「とにかく来て」と自分の隣を叩くソンイ。
「女のくせに積極的だな、他の男にもそうなのか?」と横になるミンジュン。
「もう一回言って、その言い方ほんとかわいい、もう一回」と言うソンイに「こら!」とミンジュンが言うとマネをするソンイ。
翌朝、ミンジュンに「ロケの時みたいに私を浮かせて」と言うソンイ、やってみるが少し浮いただけ…どうもおかしいと思うミンジュン。
ソンイは「余計なこと頼んじゃった、自分で起きればいい、気にしないで」とさっさと起きる。

彗星が近づいているから?能力が減っていってるんでしょうか?
時々、自分の体が消えそうになるのを頭に描くミンジュンが心配…未来かな。

植物との関係

朝食を作るミンジュンに、まとわりつくソンイ、「座ってろ」と言われ、超能力を取り戻す方法を考えてると言う。
「漢方薬でも飲む?鹿茸(ろくじょう)とか高麗人参とか…」「さっきは寝起きだったし、昨日の疲れもあった」と言うミンジュン。
チャン弁護士に地球に残る決心をしたと報告するミンジュン、「死んでも残ると言われれば仕方ないですね、実際死なない人なんていませんから そう思うことにします」とチャン弁護士。
「体に異変はないですか?」と言われて「それが…」と言いかけたがやめるミンジュン。
チャン弁護士は、部屋の植物が枯れているのに気づく。

ミンジュンは書斎で時間を止められるかどうかやってみる…一応できてホッとする。
隣の部屋からソンイの呼ぶ声が聞こえる、会いたいから瞬間移動で来てほしいと。
ミンジュンに甘えて、駄々っ子みたいにひとりごとを言うソンイを変な目で覗くソンイ母とユンジェ。

メールで「わかった、すぐ行く」と返すミンジュン、ドアに念力を込めて開けるが移動していない…もう一度やると…なんと、スリッパが片方脱げて道路の上にいた…
フィギョンが家に帰ると、父の平手打ちが待っていた、「お前は何をしたか分かっているのか?」と激怒する父。
「父さん、兄貴は義姉さんを7年も監禁していたんです」「あれは義姉さんじゃないジェギョンに与えたオモチャだ」と言いのける。
「それを検察に引き渡すとは何事だ!」
「兄貴がどんなマネをしたのか弟として知りたかった」
「今後、私の息子はジェギョンだけだ、出ていけ」と父。

このオヤジもなんかジェギョン側の人間みたいにひどいことを言う…
人をオモチャって何様?って感じ。

神ミンジュン

検察でユ検事 パク刑事、と話すジェギョンとその弁護士、弁護士はヤン・ミンジュの精神科の診療記録を出して見せる。
パク刑事は、それは10年も前のもの最近のがこれです、「外傷性ストレス障害はあるが心神喪失状態ではなく正確な供述をするのに問題ない精神状態にある」と読み上げる。

弁護士が「彼が監禁していたという物的証拠はあるんですか?」証拠もないのに無理があると。
フィギョンは、長兄ハンギョンに卒業祝いに録音できるペンをもらったことを思い出していた、「フィギョン、卒業おめでとう」と兄の声を聞いて泣くフィギョン。
ミンジュンの部屋にユンジェが来る、「はっきり言ってミンジュン兄さんを気に入りました、母は何とかします」とユンジェ。
「なんの話?」と聞くミンジュン、「二人の結婚ですよ、姉を一生幸せにして下さい、そんなわけで、合格!差し上げます」とユンジェ。

会ってほしい人がいるとソンイ父が働いているところに行く二人。
ソンイ父に生意気な態度の客の車を能力でパンクさせるミンジュン、父と3人で食事することに。
ソンイ父に「エレベーターで会ったよね、一つ聞くが健康か?」との問いに「はい」と答えるミンジュン。
「ならよかった、健康なら家族を守れる」とお酒を勧められ飲むミンジュン…帰り道、酔っぱらったミンジュンは、ユンジェの前で超能力を使ってしまう…

ソンイが家にミンジュンがいるのに気づき引っ張っていこうとすると、ユンジェが「この人を手荒に扱ったらダメだ」と自分が連れて行く。

星が好きなユンジェのミンジュンを見る目がすっかり変わって、めちゃ面白いです。
アン・ジェヒョンくんも、このドラマで一躍人気者になったみたいですね。

ミンジュンの日記

目が覚めて昨日、ユンジェの前で能力を使ってしまったことを思い出したミンジュン。
ユンジェが来る…
「ユンジェ…あれは…」と言いかけると首を横に振り、「秘密は守ります、絶対に」と言うユンジェ。
「そうか…助かるよ」とミンジュンが言うと、「一つお願いが…」と言い人差し指をミンジュンの方に差し出すユンジェ。
「誤解しているようだがそっち系じゃ…」と言うミンジュンに甘えたように首を振るユンジェ。

仕方なく人差し指を出してやる…
ソンイは今夜、ミンジュンと南山タワーに行く約束をする。
フィギョンは、義姉ミンジュと話す、義姉はハンギョンのペン型ボイスレコーダーをみつけて質屋に預けたと言う。
質屋からペンを受け取り聞くフィギョン、ハンギョンにジェギョンからの差し入れの飲み物の中に薬が入っていてもうすぐ手足がマヒして動けなくなる、これで事故死に見せかけるとジェギョンの声。

南山タワーで南京錠をつけてカギをボックスに入れる、これで二人は絶対に離れられないと言うソンイ。
レストランで食事する、バラの花束が乗ったワゴンが来るが隣のカップルの物だった…がっかりする。
帰りの車の中も不機嫌なソンイ、ミンジュンに電話がかかり用ができたから二人の家で待ってろと言うミンジュン。

「ぜひ話したいことがある、すぐ帰るから待ってろ」と降りるソンイに言う。
「わかった、早く来てね」とちょっと機嫌が直ったソンイ。
待っているがなかなか帰ってこないミンジュン、書斎に行きミンジュンの日記を見てしまう。
“今回帰れなかったら、私はこの地から消えてしまう…じきに死ぬことになるだろう…”
この前の旅行の時に「帰らなくても大丈夫だ」と言ったミンジュンを思い出し涙が出る………つづく

~エピローグ~
南山タワーのレストランでプロポーズをしようと思ったミンジュンは、洋服を新調し指輪を買う。
レストランで指輪を出そうとしたが 、自分はいつまで そばにいられるかわからないから、この言葉を言ってもいいものか…迷う…でも “精一杯がんばる長くそばにいられるように…どれだけいられるかは分からないけど精一杯 君を…愛するよ…” と心の中で言う…

もう、またまた涙…涙です…
すぐに帰るからと言ったけど、なかなか帰ってこないのもちょっと心配…

まとめ

前半あんまり出番がなかったユンジェが、後半出番も多くて面白い。
最後のミンジュンにかかってきた電話も気になりますね~
チャン弁護士?
他に電話かけてくる人なんていたっけ?
第19話を…あ~~あと3話です。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP