「星から来たあなた」第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~ミンジュンの涙~ | VODの殿堂

ドラマ

「星から来たあなた」第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~ミンジュンの涙~

   
 

タイトル:「星から来たあなた」第16話
放送局:韓国SBSテレビ、BSジャパン他
放送期間:2013年12月18日から2014年2月27日(全21話)
キャスト:チョン・ジヒョン、キム・スヒョン、パク・ヘジン、ユ・インナ、キム・チャンワン、アン・ジェヒョン、シン・ソンロクなど
閲覧したVOD:auビデオパス(2018年8月3日時点では配信終了)

フィギョンは、意識が戻っているのが 兄にバレると殺されると思い、以前意識は戻らないふりを続けます。
撮影現場に一人取り残されたソンイを待っていてくれたのは、ミンジュンでしたね。
ミンジュンは、ソンイに以前自分が言った言葉、あなたが嫌い 目の前から消えてと言われてしまい、空間移動で自分の前に来させるとキスをしました…
また倒れるのでしょうか?

それでは「星から来たあなた」第16話のあらすじと感想をご紹介します。

『星から来たあなた』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月5日(土)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第16話 つかの間の幸せ

宇宙人への注意事項

空間移動させられてキスをされたソンイは、皮肉で「何でもできるのね、すごいわ、私が好きなの?」と言うが返事をしないミンジュン。
後ろを向き「あなたの星ではキスを誰にでもするの?この星の男は好きな女にだけするの、こんなのダメ」と言いふり返ると倒れているミンジュン。

必死で車に乗せて家まで運ぶ、ベッドに寝かせ「手を繋ぐのは平気、でもキスはダメ?キスからは全部ダメなの?」と注意事項があれば教えてと言うソンイ。
ソンイの手を引っ張り、抱き寄せるミンジュン「これは平気」と苦しそうに言う。
「さっきのキスは、カンザシ女にしたの?誰にしたの?」と聞くソンイ。
「チョン・ソンイにした」「誰?」「チョン・ソンイ…」「なになに?誰?」「チョン・ソンイ」安心する。

翌朝 ソンイが部屋から出ると、弟のユンジェに出くわす、姉を睨むユンジェに「誤解されがちな状況だけど何もない、違うの」と弁解。
ジェギョンがフィギョンの病室に行くと、意識が戻っていてびっくりするが、事故当日の記憶がないと聞きとりあえず安心する。
ジェギョンの会話の 録画映像を見る ユ検事とパク刑事、「顔色一つ変えない」「腹が読めません」と話す。
「恋人関係か?」との質問に「違います、仕事で何度か会って食事をしただけです、ユラさんはどう思っていたか知りませんが」と言うジェギョン。
「前妻とはあっているか?」との質問には「別れた仲です、イギリスに行ったとか?」と。
「ユラさんが生前会ったようです」と言うと「本当ですか?」と身を乗り出す、これにパク刑事がほんとに知りたがってる目だと言う。

苦しそうなのに何度も言わせるソンイに何度も答えてあげるミンジュンは、今まで苦しめたお詫びのつもりなのかな~(笑)可愛い~
パク刑事…すっかりジェギョンに騙されてますね~

ミンジュン兄さん

そんな中、ユ検事は公判部への異動を命じられる、次長検事は「頑張っているようだから放っておいたが余計なマネをしたな、ユラ事件は自殺で終わらせろ」と言う。
ユンジェが、ミンジュンの部屋を訪れて、「男と男の話をしに来た、姉が好きなのか?」とユンジェ、逆に「名前は?」と聞かれ、「チョン・ユンジェ」と素直。
気を取り直して「姉が好きなのかよ?」と聞く、「チョコ牛乳飲む?」「あるの?」と子ども。

チョコ牛乳を飲みながら、大きな望遠鏡を見つけたユンジェ、木星や土星が見える屈折望遠鏡と、星雲や星団も見える反射望遠鏡に「すげー」と一緒に写真を撮る始末…
いつかは行ってみたいと思っている“アカタマ砂漠”の写真までもらって、ミンジュンの話に魅了されたようす。
すっかりミンジュンが気に入ったユンジェは「ミンジュン兄さん」と呼ぶように…

ソンイはフィギョンの病室に行く、フィギョンを抱きしめるソンイ「死んだらどうするつもりだったの?私のために死なないで」と言う。
「助けてもらったのに、何もしてあげれない、私はミンジュンさんが好き、どうしようもないの」とソンイ。
「わかるよ、俺も同じだから」とフィギョン。

フィギョンの夕食時、兄ジェギョンが来る、「ソンイがユラの事で何か話したって?」と記憶を調べに来るが、フィギョンは賢く惚ける。

ユンジェのミンジュンへの尊敬のまなざし、可愛いというか無邪気というか、いい、面白い。
宇宙人だと知ったらもっと尊敬するのかなぁ?私もあんな望遠鏡で夜空を見てみたいな。

盗聴器 発見

ベランダに出たソンイは、「ト・ミンジューン」と小声で呼んでみる、「なんだ?」と出てくるミンジュンに感動するソンイ。
「出てくるか試した」と言うと「ふざけるな」と部屋に入ってしまう、「本当は会いたかったの」と言っても出てこない…「なにげに心が狭いよね…」と振り返るとミンジュンが立っていた。

コーヒーを飲みながら話す二人、「お父さんも宇宙人なの?」と聞くと「実の父ではなく、父のような人だ」と言うミンジュン。
ミンジュンの手を取り「あなたには私がいる…ずっとそばにいるから…」と言ってハッとするソンイ、「あなた年は取らないの?」と。
「故郷の星とこの地とは、時間の概念が違う…老化の速度も…」とミンジュンが言いかけると「じゃあ、私だけおばあさんに?」と怒りだし部屋に入りパックをする。
テレビを見てアンチエイジングにいいと紹介されたものを試すソンイ。

湖の畔(ほとり)チャン弁護士と話すミンジュン、「先生は1ヶ月後に…」と言いかけてミンジュンが「しっ」とジェスチャーをする。
チャン弁護士の鞄に盗聴器を見つける、筆談で「鞄に盗聴器が、自然に話して下さい」とミンジュン。
ジェギョンに会って力を貸せば後ろ盾になると言われたことや、悪くない提案だと思っていることをわざと聞かせる二人。

盗聴器に気付いてよかった~
これで、ジェギョンに対する対策ができそうですよね。

ラブラブが一転 悲しみに

フィギョン退院の日、フィギョンは両親の車に乗らず、警戒心がないことをアピールするために兄ジェギョンにソンイ宅まで送ってほしいと言う。
マンション前で降り、見送ったあとタクシーを呼び事故現場へ行くフィギョン。
そこでクレーンや滑車はどこが扱うのか、スタッフは足りない時は他から借りたりバイトを雇ったりという情報を得る。
撮影現場に移動中のミンジュンとソンイ、今日のシーンはアクションとキスシーンだと言うソンイ。

キスシーンは代役を頼めと言うミンジュン、「ウソよ、アクションシーンだらけ、走って滑って ぶら下がって転んで…」とソンイが言うと、「それも代役を使え」とミンジュン。
ソンイのアクションシーンを何度も「NG」と連発し、なかなか「OK」を出さない監督。
何度もやらせて結局最初のでいこうと言う、腹が立ったミンジュンが能力で監督と助監督を穴に落とす。
「寒い」と言うソンイの肩を抱くミンジュン、「あたたかーい」とラブラブ。

待ち時間に花札をするソンイ、ミンジュンの能力で負け知らず、「こんなに楽しい待ち時間は初めて」とソンイ。
「ねぇ、100日記念日は何しようか?100日、1年、1000日、全部の記念日を祝いたい」とソンイ。

「記念日に何がしたい?」とミンジュンが聞くと、「100日にはペアリングとペアTシャツ、南山(ナムサン)タワーの回転レストランで夜景を見ながら食事したい、南京錠をぶら下げたり…1年たったらアイスをご馳走して…あとは旅行とか…1000日には何しようか?3年くらい経ってるかな…」
じっと聞いているミンジュンの目に涙が……それに気づいたソンイ、「どうしたの?」と。

「ソンイ、君のやりたいことを1ヶ月以内に全部やろう」とミンジュンは言う。
「どうして?なぜ1ヶ月なの?」「私は…去るんだ…1ヶ月後に自分の故郷に帰るんだ…」
……つづく

~エピローグ~
<100日後>
ハートが付いた南京錠にト・ミンジュン、チョン・ソンイと名前が入っている。
オシャレをしたソンイは、回転レストランで誰かを待っている…
入ってくる人をずっと気にしているが、なかなかお目当ての人ではないようす…
入り口を気にしていたソンイがハッとする……

あんなにラブラブだったのに…なんて悲しい現実…
ソンイもやっとお互いの気持ちを確認し合って幸せ真っ只中だったのに…(涙)

まとめ

でも、このエピローグですよ、どう思われます?
一度、故郷の星に帰って100日後に再会を約束した…みたいな予想ができますよね~
その時は、もう地球に永住する準備をして帰ってくる?的な展開でしょうか。
共に年を重ねていくみたいな…?
あーどうなるんでしょうか?
終わってほしくないけど結末も気になるし…
第17話をお楽しみに。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP