「星から来たあなた」第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~変態宇宙人ミンジュン~ | VODの殿堂

ドラマ

「星から来たあなた」第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~変態宇宙人ミンジュン~

   
 

タイトル:「星から来たあなた」第15話
放送局:韓国SBSテレビ、BSジャパン他
放送期間:2013年12月18日から2014年2月27日(全21話)
キャスト:チョン・ジヒョン、キム・スヒョン、パク・ヘジン、ユ・インナ、キム・チャンワン、アン・ジェヒョン、シン・ソンロクなど
閲覧したVOD:auビデオパス(2018年8月3日時点では配信終了)

約束を破ったジェギョンをこらしめようと、屋上から落とそうとしたミンジュンですが、俺が死ねばソンイも死ぬと言われ ぎりぎりで思いとどまりました。
一方ソンイは、無事手術も成功して、父親と喜びの再会を果たすことができましたが、ミンジュンとの別れがまだふっ切れずに夢を見る毎日…
ジェギョンは、恐ろしい目にあいましたが、反省はしているのでしょうか、それとも…

それでは「星から来たあなた」第15話のあらすじと感想をご紹介します。

『星から来たあなた』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月5日(土)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第15話 やきもちパニック!

あと1ヶ月

ソンイが目覚めると、父がいてびっくりする、「父さん12年間何してたの?私が大人になるまで何してたの?」と泣くソンイ。
「ごめんな、すまなかった」とソンイの手を握る父、再会を喜ぶ。
「彼氏はいないのか?」と聞く父に、「父さんに似た人がいた、消えてしまいそうで不安にさせる人…でももう終わったの、片想いだった…」とソンイ。
こんなにいい娘なんだ、彼も想ってるはずと父。
ミンジュンは、自宅で“地球における最後の1ヶ月の記録”をつけ始める。
ミンジュンがユ検事の元へ来る、「この前出来なかった話をしにきました、ただ…前回とは違う話になるかと…」
あの日船の中にいたのは事実だ、同時刻に自宅マンションのエレベーターにいたのは空間移動したからだと話すミンジュン。
「正体を明かし正直に話しているのは、残りの話も信じてもらうためです、当日船の中で犯人の話を聞いた、犯人は、イ・ジェギョンです。証拠のUSBはコピーガードがついているが、これは原本を撮ったものです」とUSBを差し出す。

フィギョンの病室を訪れるソンイ、ジェギョンに、「刑事さんにジェギョンさんとユラさんが交際していたと言ってしまった」と正直に話すソンイ、「知ってる」とジェギョン。
「でも勘違いだ、彼女とはそんな関係じゃない」と言う、「私は見たままを話して余計なことをしたわね」、とソンイが言うと、「その話を刑事以外の誰かにしたか?」と聞くジェギョン。
「フィギョンにだけ…」とソンイ。

あ~ソンイ、また余計なことを言っちゃったかも…?
地球を去るまで、あと1ヶ月…?短いよ~

変態宇宙人ミンジュン

ソンイのマンションに着替えを取りにきたソンイ母は、ジェギョンと交わした契約を白紙に戻そうとするが、違約金が3倍とか なかなか応じようとしてくれない。
マンションの通路で話していたら、ミンジュンとチャン弁護士に会う、ミンジュンが「失礼ですが イ常務と言いました?」と聞く。

ソンイ母はケンカ腰に「言いましたけど何か?ソンイは、イ常務と契約したの」と言う。
ミンジュンが、「彼女も同意の上ですか?」
「ソンイはまだ…それより聞きたいことがあるの、視力が悪いの?国民の女神、男の憧れのチョン・ソンイをフルなんて何様?」と早口でしゃべる。
ミンジュンの父だと名乗ったチャン弁護士、「うちのミンジュンも、ハーバード大卒で容姿だって誰にも引けを取りません」、と言い返す。
「ハーバード大を出ても無責任じゃダメよ、マネージャーの仕事を途中で投げ出すなんて」とソンイ母が言うと、「マネージャーは娘さんに懇願されたからしてたんです」とチャン弁護士。
「とにかくソンイはフィギョンと婚約しますから」と言い捨てエレベーターに乗るソンイ母。

さっきのソンイ母の、「フィギョンと婚約」という言葉が頭から離れないミンジュンは、ソンイへいろいろメールを打っては消し打っては消しを繰り返していた。
“具合はどう?” “S&Cと契約など正気…” “まさか本当に婚約…” “ポゴシッタ(会いたい)” …
最後の“会いたい”をうっかり送ってしまうミンジュン、焦る…すぐに瞬間移動でソンイの病室へ。

時間を止めてソンイが取ろうとした携帯を奪うが、パスワードがわからず何度もしているとソンイの髪の毛に糸くずを発見、取ろうとするミンジュン。
そのとき時間が復活、ソンイと目が合う、「いや…その…平気か?」と、取り繕う。
ソンイは、ミンジュンの手を払いのけ、「ミンジュンさん、何のマネ?ですか?あ、私の携帯…」ミンジュンはソンイの携帯を放り投げる。
もう一度、携帯のメールをチェックさせてパスワード解除させてから時間を止めて“会いたい”を削除するミンジュン。
ミンジュンは「本当にS&Cと契約を?しないと言っていたんじゃ…」と言いかけると
「なぜ知ってるの?家でフィギョンに言ったのに…まさか、盗み聞きもできるとか?…
まさか…シャワーやトイレの音も?…変態ですか?」
ミンジュンは、あわてて否定する、「全部は聞いてない…気にかけたときだけだ そうでないと疲れる」、と言う。
「出てって、この 変態宇宙人!」とクッションを投げる、クッションを受けて「こんな侮辱は初めてだ、変態ではない!」とミンジュン。

この前、お別れしたとは思えないこの掛け合い、やっぱり仲いいんですね。
ソンイ母とチャン弁護士の言い合いも面白かった~

ミンジュンのヤキモチ

フィギョンの病室を訪れジェギョンと話すミンジュン、ソンイと契約を?と聞く。
ジェギョン「契約したが、お前に免じて殺しはしない、ソンイを守りに来たのか?」
ミンジュン「私があんたの全てを世間に明かせばどうなると思う?」
ジェギョン「どうせお前の存在は、受け入れられないさ 世の中必要な人間ばかりじゃない、他は虫けらだ、奴らが気に障れば除去しないとな、お前は必要な存在だ、お前がその気になれば俺が後ろ盾になる、そうすればお前の大事なソンイも安全だ どうだ?」
ミンジュン「考えてみよう、これ以上誰も傷つけないなら」

部屋に帰ったミンジュンは、ソンイ母の「ソンイはフィギョンと婚約」…という言葉が離れない…
部屋のどこへ行ってもソンイとフィギョンの幻を見る…

ソンイが撮影の迎えの車を待っていると、ミンジュンが迎えに来る。

「S&Cとの契約は破棄して迎えは帰らせた」と言うミンジュン、ソンイを車に乗せる。
怒っているソンイは、「理由を教えて私達には何も残らなかったはず」と言うと、「マネージャーが必要だろ、やってやる」とミンジュン。
「終わるまで待つ」と言い 撮影現場に着いて来ようとするミンジュンに、「来ないで 私が嫌いなら行動で示して」と、ソンイ、「待たないで帰って下さい」と。
ジェギョンが警察に参考人として呼び出される、フィギョンの病室にいた父が「内通している人間に調べさせろ、マスコミも抑えておけ」と電話している。

それをフィギョンは聞いていた、実はソンイが病室を訪れた時から意識は回復していたがジェギョンに何をされるかわからないため目覚めていないふりをしていたのだ。

さすがフィギョン賢いですね、ジェギョンなら平気で弟にも手を出すでしょう。

身勝手な行動

ソンイの撮影現場、何時間も待たされてスタッフに声をかけるソンイ。
「あの…チョン・ソンイですが、私の出番は?」

「前のシーンが長引いてまだまだ数時間かかりそうなので中で待っていて下さい」、と言われ、怒りそうになるが我慢するソンイ。
中と言われても自分の控室はなく、衣裳部屋の片隅のソファ、体操したり窓から景色を見たり本を読んだり…
いつの間にか寝てしまう…

外も暗くなって、ソンイの出演シーンは昼間なので明日にするからソンイさんに連絡をと言われたスタッフは、別の俳優に声をかけられ忘れてしまう。
ソンイが目を覚ますと、外は真っ暗 誰もいない…「すみませーん、誰かいませんかぁ?」と声をかけながら階段を下りて行くソンイ、つまずきそうになる。
手を取って助けてくれたのは、ミンジュンだった。

「帰れと言ったのに」「待つと言った」
「なぜ?なぜ待つの?」「君を守るためだ」
「守るって何?私にときめいたことなんて一度もないんでしょ?女たらし?人をもてあそんで楽しい?昔の女に似てるとかバカにしてる…分かってないからはっきり言います、私もあなたが嫌いです、付きまとわれると余計に…私の人生から消えて、お願い…それと自分の身勝手さを自覚して」と歩き出すソンイ。

真っ暗だった家々に灯りがともる…ソンイを空間移動で自分の前に来させるミンジュン…
「なんのマネ?」
「私が君にできる最も身勝手なマネだ」

ソンイにキスするミンジュン……つづく

~エピローグ~
ソンイの病室、やっぱりソンイが目覚める前に去ろうとする父親、エレベーターの中でミンジュンと会う。
ひょっとして、チョン・ソンイさんのお父さん?
どなたかな?
彼女が会いたがっていました、意識が戻った時そばにいてあげたら喜ぶかと…
ソンイと親しいんですか?
私が本気で好きな人です…ソンイさんは…

それであの時お父さんは、「彼も想ってるはず」と言ったんですね~
最後のソンイを瞬間移動で自分の前まで来させてキスするシーンは、本作の記憶に残る名シーンです。

まとめ

こないだ書き始めたと思ったらもう15話か~
早い~
終わりが近付くとやっぱり寂しい…
ユーチューブとかでNGシーンがあるんですけど、見ていたらスヒョン君、めちゃめちゃ笑い上戸で、すぐ笑っちゃうんです。
ジェギョン役のシン・ソンロクさんもちょっとカッコよかったり…(笑)
自分の気持ちを初めて素直に表現したミンジュン、恋の進展も期待できそうです。
第16話をお楽しみに。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP