「今日から俺は!!」【未公開シーン復活版】第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~開久との争いが始まる!~ | VODの殿堂

ドラマ

「今日から俺は!!」【未公開シーン復活版】第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~開久との争いが始まる!~

   
 

タイトル:「今日から俺は!!」【未公開シーン復活版】第9話
放送局:日本テレビ
キャスト:賀来賢人、伊藤健太郎、太賀、鈴木伸之、磯村勇斗 他
視聴したVOD:Hulu(2018年12月26日時点では視聴可)

三橋たちは3年生に進級しました。
新入生から「かっこいい!」と憧れの眼差しを受ける三橋が調子に乗る最中、ひょんなことから「三橋よりも理子の方が強い」と噂になります。
そして、「てっぺんを取る」と言い、ヘルメットをかぶり金属バットを振り回すちょっと変わった1年生が標的に選んだのは、一番強いと噂になっていた理子だったのです!
ヘルメット男のタイマンを受けた理子でしたが、バットだけではなくナイフまで持ち出され、理子はピンチに…。
そんな時、「俺の女に手出すんじゃねぇ」とかっこよく現れた三橋!
しびれましたね~!
ヘルメット男はあっけなく三橋にやられ、軟葉を去って行きました。
そんな陰で、開久の相良が「三橋・伊藤を早く潰したい」とうずうずしているようです。

あらすじ

伊藤が開久の生徒を袋叩きに?

開久の相良は、三橋・伊藤がいることで開久がなめられてしまっていることにいら立っていた。
開久の頭である片桐に対し、早く三橋・伊藤と喧嘩をするよう持ち掛けるが、片桐は一向に動こうとしない。
しびれを切らした相良は、開久の仲間に「伊藤を含めた軟葉の奴ら10人に突然袋叩きにされた」と嘘をつかせる。

「伊藤は何もしてない奴を襲ったりはしない」と片桐は言いながらも、その仲間の言葉を信じ、伊藤の元へ向かった。

狙われた伊藤

伊藤がデートのため京子を成蘭へ迎えに行く途中、片桐たちと出くわした。

片桐は仲間に、伊藤を袋叩きにするよう命じる。
かと思えば、メリケンサックをお互い1個ずつはめてタイマンしようと伊藤に持ちかける。
目を閉じるという片桐が提案した卑怯なルールに応じ、伊藤は目を閉じてタイマンに挑んだ。

案の定片桐は、目を開けたまま伊藤を攻撃する。
伊藤の攻撃をかわす片桐の気配を感じた伊藤だが、それでも伊藤は目を開けない。

かつて片桐は1年の時、開久の先輩で現在はヤクザとなっている丸田(渋谷謙人)から、同じような仕打ちを受けていた。
その時に受けた屈辱を思い出しながら、伊藤にも同じ目に遭わせてやろうと思っているようだ。

それでも伊藤は、《俺はこのルールで受けたんだ!ルールは約束だ!俺は絶対に約束を破らない!》と、血だらけになっても目を閉じたままでタイマンを続けようとする。

そんな姿を見た片桐は互いのメリケンサックを外し、伊藤に目を開けさせて真っ向勝負を挑んだ。
二人はボコボコになるまで争った後、「俺の負けだ。俺は最初から目を開けてた。」と片桐は打ち明ける。

ついに仲間割れ…!

そこへ現れた相良はこの結末に納得せず、さらに伊藤に手を出そうとする。
しかし片桐は伊藤をかばい、伊藤が仲間を袋叩きにしたということについても「何かの間違いだ。俺はこいつ(伊藤)を信じる。」と言い切った。

開久の仲間の言葉を信じなかったことで、片桐は「頭を降りる」と言い出す。
「次の頭はお前がやれ」、そして最後の命令として「伊藤に手を出すな」と片桐は相良に伝えた。
相良が「命令はもう聞けない」と答えると、片桐は命令を辞め、頼む形で伊藤を守ろうとした。

それでも相良や他の仲間たちは、伊藤だけでなく片桐にも手を出し、二人を血だらけにするのだった。

相良たち、そして片桐が去った後、デートに来ない伊藤を心配した京子が現れ、「病院に行きましょう」と肩を貸そうとする。
伊藤は京子に寄りかかるが、京子の背が低いため逆に歩きにくく、変な態勢になってしまう。
(↓ドラマではカットとなった未公開シーン)

軟葉に押し寄せてくる開久の連中

翌日三橋と理子は、ケガだらけで登校した伊藤から事情を聞いた。
そんな折、軟葉に大勢の開久の連中が詰めかけてきた!
関わりたくない三橋は剣道の防具を身にまとい、「剣道部の田中です!」と別人になりすます。
椋木も関わりたくないため、伊藤に「自分で蒔いた種なら、自分の力で行って来い。」などと言う始末。

【未公開シーン】
(↓「森の王者がいると分かったら帰ってくれるんじゃないかって」と、坂本に続いて山口もターザンの声真似を始める。)

【未公開シーン】
(↓「三橋は行かなくていいのか」と椋木に言われる三橋だが、「僕は剣道部の田中ですし、あなたに言われたくありません」とかわす。)

相良は「軟葉の皆さんが普通の高校生活を送りたかったら」と、伊藤に300万円を請求してきた。
「払えない場合は開久全員で軟葉に乗り込む」と相良は言う。

【未公開シーン】
(↓開久の連中を追い払おうと、バレーボールマシンでボールを次々と打ち込む教師たち)

狙われる三橋と伊藤

自分たちを探し回る開久の連中をなんとか回避し、三橋の自宅にたどり着いた三橋と伊藤。
しかし家の中に入ると、そこにも開久の生徒たちが三橋と伊藤を待ち構えていた。

開久の一人がナイフを出して三橋を脅そうとする険悪なムードの中、何も知らない一郎は「焼きおにぎり焼いたから食べてって!」と嬉しそうに誘ってくる。
しかし愛美が「夜ごはんのお米全部使いやがって!」「若い子は焼きおにぎりなんて食べないよ!」と一郎に激怒。
開久の連中や三橋伊藤を置き去りに、夫婦喧嘩が勃発する。

夫婦喧嘩に巻き込まれる形で、開久の連中は一郎に怒鳴られながら家を出た。

その足で倉庫に誘導された三橋と伊藤は、「相良さんの言う通り、300万早く用意しろ!」とナイフで脅される。
三橋が隙をついてそのナイフを奪い、開久の生徒の顔スレスレに投げつけた!

そして二人は、持っていた花火を開久の連中に向けて発射しながら逃走。
軟葉に戻ると、二人は他の生徒たちから英雄のように称えられる。

気を良くしていた三橋たちの元に、成蘭の京子や明美たちが駆けつけた。
京子たちの仲間が、三橋と伊藤に命令されたと話す人たちにお金を要求されたというのだ。

相良にハメられた…!

三橋と伊藤が商店街を歩いていると、八百屋の男性(新井浩文)に突然怒鳴られてしまう。
「学生が何人もカツアゲしてんじゃねーよ!!」

どうやら町の人はみな、「金髪とトゲトゲ頭にお金を盗られた」と証言しているらしい。
その犯人に間違えられた三橋と伊藤は警察に捕まってしまい、事情聴取を受けるハメに。

しかしその頃、偶然にも外を歩いていた理子と哲夫が金髪頭とトゲトゲ頭のチンピラに絡まれた。
二人は軟葉の三橋と伊藤になりすまし、お金を要求してきたのだ。

「久々に暴れてみますか」とやる気になった哲夫だったが、二人を倒して捕まえたのは理子。
理子と哲夫は真犯人を連れて警察へ行き、三橋と伊藤の無罪が証明された。

卑怯な相良の罠

相良はあの手この手を使い、三橋と伊藤を怒らせて開久に乗り込ませようとしているようだ。
全て計算された卑怯な手口に、伊藤や理子も呆れている。

そんな中、「毎日ビビりながら登校したくない」「三橋さんと伊藤さんをこれ以上危険な目に遭わせたくない」と、佐川が中心となってお金を必死に集めていたことを三橋と伊藤は知る。
佐川の思いを知った二人は、あえて相良の罠にはまりに行くことを決意。


三橋は、開久の連中が今井の悪口を言っていたと嘘をつき、今井をわざと怒らせる。
開久に対して怒り爆発した今井、そして付き添いの谷川を連れ、三橋と伊藤は開久へ乗り込むことになった!

佐川はみんなで集めたお金を開久に持って行く途中、4人組にお金を盗られてしまう。
これも相良が仕組んだ罠だった。
その上佐川は、相良にボコボコにされてしまう。
三橋や伊藤、今井の怒りはさらに大きくなる。

いざ、開久へ!

三橋の作戦により、伊藤・今井・谷川は正面から突入し、三橋は裏から周って隠れている相良をやるということに。
喧嘩ができない谷川は、伊藤と今井が弱らせた連中を棒で叩くという役回りだ。
明らかにラクな方を選ぶ三橋に納得できない谷川。
今井はというと、「今井、最強!」と三橋に乗せられて良い気分になっている。

そしていよいよ、伊藤・今井・谷川は開久へと乗り込んだ。
大勢で待ち構える開久の連中に、たった3人で立ち向かう。

相良は高いところから偉そうに見下ろしている。

伊藤と今井はものすごい強さで開久の奴らを蹴散らしていくが、相手の人数が多く相良には届きそうもない。
そこに現れたのは、理子、そして先ほどまで倒れていた佐川、軟葉の仲間たちだ!

理子や佐川、そしてイマイチ三橋を信じ切れない谷川も必死になって戦った!

三橋がやられた!?

「三橋をやりましたー!!」
開久のある二人が、血だらけになった三橋の体を引きずって相良の前にやってきた。

喧嘩は中断となり、伊藤や理子たちも三橋の姿に愕然とする。

「これが開久だ!てめぇらの頭は取ったぞ!」

得意そうにする相良は、三橋を連れてきた仲間に「どこでやったんだ?」と聞くと、仲間は「誰がやったかは分からない。下の廊下で倒れてました。」と答えた。

その瞬間、三橋が「ぴよーん!」と起き上がり、間髪を入れず「三ちゃんパーンチ!」と近くにいた相良の顔を殴った!
そのパンチはまともに入り、勢いよく倒れた相良は頭を廊下で強打。
たった一発で気絶してしまった。

「君たちの頭は俺の一発で気絶しましたが、まだやる気ある人ー?」
三橋の問いに、開久全員何も答えることができない。

「お金、返して?」と三橋が言うと、すぐにお金は三橋の元へ返ってきた。

「もうお金取りに来ないでね。」と言いながら、三橋はみんなを連れて開久を後にする。
最後に三橋は「これで俺が千葉最強だかんな!!」と叫んだ。

開久との喧嘩の後、訪れた悲劇

あれから一週間、軟葉では平和な日々が続いていた。
開久では、相良も頭ではいられなくなったという噂。

そんな折、三橋と伊藤は「今井さんがヤクザに袋にされて、意識不明の重体で…。」と谷川から聞かされるのだった…!

感想

今回、大きな展開を迎えましたね。
序盤から、まさかあの開久の頭・片桐智司が相良たちと仲間割れするなんて!
確かに前から、なんとなく相良と智司は違う雰囲気を持っているなぁと感じていました。
智司は特に、伊藤のことを一目置いているようなところがありましたよね。

今日俺の1話から今回の9話まで見てきましたが、伊藤と智司がこんなふうにお互いを認め合う日が来るとは思ってもみませんでした。
智司も相良と同じようにただ卑怯なだけ、と最初の方では思っていたのですが、智司が伊藤をかばうシーンはなんとなくジーンときちゃいました。

智司と仲間割れしたことで、相良の卑怯さにはさらに磨きがかかったように思います。
三橋とはまた違う卑怯さですよね。
三橋の卑怯は、正義の卑怯(笑)で、相良は本当にただただ卑怯です!(怒)

佐川たちの思いを受け、ついに開久に乗り込んだ三橋たち。
三橋の一発で気絶する相良が、なんとも情けない…。
大口叩いている割に、弱いですね~。

今回の未公開シーンは、かなり笑えました!
一番面白かったのは椋木たちが開久の連中に向かってバレーボールを投げ込むところですね。
長くないシーンなのにカットになっちゃったのは、残念です!

そして、ゲストの新井浩文さんの出演が一瞬だったこともかなり話題になりましたね。
さすが福田雄一監督です!(笑)

いよいよ残すは最終回です。
早く視聴したくて、うずうずしています!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP