「おっさんずラブ」第7話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~涙のウェディング!春田は誰と結ばれるのか!?~ | VODの殿堂

ドラマ

「おっさんずラブ」第7話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~涙のウェディング!春田は誰と結ばれるのか!?~

   
 

タイトル:「おっさんずラブ」第7話(最終回)
放送局:日本テレビ
キャスト:田中圭、吉田鋼太郎、林遣都、大塚寧々、眞島秀和、内田理央、他
視聴したVOD:Hulu(2018年12月24日時点では視聴可)

天空不動産に勤務する「非モテ男」の春田に、突然モテ期がやってきた!
なんと、部長の黒澤に愛の告白をされてしまったのだ。
上司として、人として尊敬している黒澤が自分のことを「はるたん」と呼び、自分の前では恋する乙女の様になってしまったことに、春田は困惑する。

一方、後輩で春田と同居している牧も彼に思いを寄せていた。
部長の春田への想いを知った牧は、突然春田にキスをし、「好きだ!」と迫る。
突然2人の男性から告白されてしまったことを、幼馴染のちずに相談するが、彼女は「良かったじゃん。」と楽観的だ。

黒澤の妻、蝶子は、黒澤から離婚を切り出され、不倫相手を探し出そうと必死になる。
だがついに、相手が春田であることがばれ、訴えると言われてしまう。
きちんと返事をしない自分も悪いと気が付いた春田は、黒澤に返事をすることにした。

また、自分のことを好きだと言っている牧が、先輩の武川と良い仲であることを知った春田は、全て自分の勘違いだったとホッとしていた。
そして、幼馴染のちずと良い雰囲気になる。

黒澤に、「普通の上司と部下の関係に戻りたい。」と伝えた春田。
春田にフラれた黒澤はすっかり元気がなくなってしまい、見かねた蝶子は彼の恋を応援することにした。

牧は、春田とちずが良い雰囲気だという事を知ると、自分は武川の元へ行くと言い出す。
武川が牧の元カレだと知った春田は、居てもたってもいられなくなり、出て行こうとする牧を止める。
そして、牧から「付き合ってください。」と言われ、「はい。」と返事をしてしまう。

牧と付き合うことになった春田だが、周囲の目が気になり、人前では牧を避けてしまっていた。
しかし、そのことで牧を傷つけてしまっていると思い、会社の皆の前で、牧との関係をカミングアウトする。

牧と付き合っていると知った黒澤は、自分が男だからフラれたわけじゃないと思い、再度春田にアプローチをし始める。
武川もまた、牧とよりを戻すため、彼に接触していた。
そんな中ちずは、今まで気が付かなかった春田への想いに気が付き、彼に告白をしようと思っていた。
それを知った牧は、平気な顔をしつつ、動揺してしまう。
自分と一緒にいるより、ちずと一緒になったほうが春田にとって幸せなんじゃないか・・・。
そんな不安を抱く中、春田がちずを抱きしめている場面に出くわしてしまった。
ちずから予想外に告白され驚いた春田は、強がりを言う彼女を思わず抱きしめてしまったのだ。

春田が自宅に戻ると、牧は別れ話を始める。
どうしてそんなことになるのか混乱した春田は涙ぐむ。
しかし、牧に、春田と一緒にいても苦しいだけだと言われ、何も言えなくなってしまった。
牧が出て行ってから1年後、春田は黒澤と一緒に暮らしていた。

謎が残るラストシーンだった第6話!
春田はなぜ黒澤と暮らしているのか、ちずとはどうなったのか、そして、牧との関係がどうなったのか・・・。
最終的に、春田が誰を選ぶのかが気になりますね!

あらすじ

1年後

牧と別れてから1年後、春田は黒澤と同棲していた。
牧が出て行ってから、元通りのダメ人間に戻ってしまった春田だが、見かねた黒澤がたびたび春田の家を訪問するようになり、ついには同棲することになったのだ。

黒澤のおかげで再び輝きを取り戻した春田は営業所内でも一目おかれ、牧との関係も、仲の良い先輩後輩に戻っていた。

春田が上海へ!?

天空不動産では、上海で新規事業を始めるプランがあり、プロジェクトメンバーに春田の名前が挙がっていた。
黒澤から打診を受けた春田は、二つ返事で上海行を決める。
牧から、黒澤との関係はどうするのか聞かれると、「別に、付き合ってるわけじゃないし・・・。」と答える春田。
だが舞香から、黒澤が早期退職するかもしれないと聞かされる。

一世一代のプロポーズ

転勤の準備をするため、春田と黒沢は買い物をしていた。
買い物帰りに寄ったレストランでハンバーグを注文するが、店員の様子がおかしい。
突如ダンスが始まり、春田も巻き込まれてしまう。
ふと席の方を見ると、黒澤がおらず、いつの間にかダンスに参加していた。
彼の手には婚約指輪が握られており、春田は公衆の面前でプロポーズを受ける。
引けなくなってしまった春田は、「はい。僕なんかで良ければ・・・。」と返事してしまった。

マリッジブルー?

春田と黒沢の婚約は直ちに営業所員に伝えられ、結婚式の準備も着々と進んでいった。
式場を予約し、楽しそうに準備を進める黒澤だが、春田は浮かない顔をしている。
「わんだほう」で、自分はマリッジブルーなのかもしれないとちずに相談する春田。
ちずには、「きちんと応援させてほしい。」と、覚悟を決めるよう言われてしまう。
飲み会の席で、早期退職して上海へ行くのかと聞かれた黒澤だが、東京に残ることを決めていた。

春田への想い

飲み会を抜け出し先に帰ろうとする牧をちずが追いかける。
牧は、ちずが春田と付き合うと思っていた。
ちず自信、そう思う気持ちもあったが、優しくて家事ができるイケメン執事を見つけると強がりを言っている。

ちずに、「何で別れたの?」と聞かれた牧は、世間の目や家族のことを考えると、春田を巻き込むことが怖くなったと答える。
そして、本当は、傷つく前に春田の前から逃げただけだとも言っていた。

「はるたー!つーか何で部長!?結婚ってなんだー!」

「お前の事なんてわすれてやるー!この超絶鈍感やろー!」

牧とちずは、川に向かって春田への想いを叫ぶ。

少し楽しい気持ちになる牧だったが、ちずに、自分の気持ちをきちんと伝えたほうが良いと言われ、神妙な面持ちになる。

部長のことが好きなのか!?

武川に、牧は今でも自分のことが好きだと聞かされ、動揺する春田。
黒澤の事は好きなのかと聞かれ、「好きですよ!」とやけ気味に答える。
飲み会の席で眠ってしまったと思われた黒澤だが、実は目を覚ましており、春田と武川の会話は聞かれてしまった。

ラストチャンスを逃した?

牧に呼び出された春田は、7時に落ち合うことになっていた。
だが行く途中で急病人を助け、待ち合わせの時間に間に合わなくなってしまった。
運悪く、スマホを営業所に忘れてきており、牧に連絡を入れることが出来ない。
やっと待ち合わせ場所へ着いた時、ちょうど牧は立ち去ろうとしており、2人はすれ違ってしまう。

黒澤からの手紙

春田が家に帰ると、自分で作ったウェルカムボードの前に、黒澤からの手紙が置いてあり、春田への想いが書き綴ってある。

「君に、出会えて、良かった。」

手紙はそう締めくくられていた。

神様の前で嘘はつけない

2人きりの挙式で、誓いのキスをするように言われた春田は、戸惑ってしまう。
頭に浮かぶのは、牧とキスをした時の事だ。

「神様の前で嘘はつけないな。」

黒澤は、気持ちの無いキスをされても嬉しくないと言い、春田を牧の元へ行かせようとする。

「はるた!!行け!!」

「はい!」

泣きながら教会から飛び出す春田。

1人で披露宴会場へ向かった黒澤は、「フラれちゃった!」と皆に報告する。
蝶子が黒澤を抱きしめ慰めると、営業所の皆も次々と黒澤を囲む。
黒澤は、すがすがしい顔をしていた。

俺と結婚してください!!

どこにいるのかも解らない牧を探しさまよう春田だが、ついに牧を発見した。
道路の向こう側にいる牧に向かって、「俺は、牧が好きだ!!」と叫び、牧を呼び止める。

牧は、「俺と一緒にいても幸せになれませんよ。」と春田を拒否しようとする。

「なんでそうやって、いつも勝手に決めるんだよ。」

「俺は牧と一緒にいたい。だから、俺と結婚してくださーい!!」

そう叫び、春田は牧に抱き着く。
牧は涙を流し、「ただいま。」と呟く。
春田は、「おかえり。」と受け入れるのだった。

それぞれの恋

1か月後、ついに春田が上海へ旅立つ時がやってきた。
武川と話す黒澤は「不思議と楽しかったことしか思い出さない。」と、春田との1年を振り返っていた。
春田との恋は、最後から5番目の恋だと言う黒澤。
おもむろに武川の手を握り、真剣な顔になると、武川も黒澤を見つめる。
だがすぐに、冗談だと言わんばかりに、笑顔になるのだった。

栗林は、蝶子に誕生日プレゼントを渡し、仲良く過ごしていた。
舞香は鉄平にぞっこんで、ちずは、家事能力抜群の外国人の彼氏をゲットしていた。

それぞれ、新しい恋を始めていた。

もう我慢しない

春田の荷造りを手伝う牧だが、春田がふざけ始め、洋服の投げ合いになってしまった。
もみ合いながら、牧は春田の事を押し倒す。

「俺、もう、我慢しないって決めたんで。」

牧が春田にキスをすると、「マジでやめろ!」と春田は彼を押し戻した。

だがその後、今度は春田が牧を押し倒した。

「んなわけねーだろっつーの。」

春田は牧にキスをするのだった。

感想

部長と同棲というまさかの展開からスタートした第7話。
ついに終わってしまいました!

最後に春田と結ばれたのは、牧でしたね!
春田と牧は、あの後どうなったのかしら・・・な~んて「ムフフ」と思いながら、最終話の感想を書いています。

普通に女性が好きだったはずの春田ですが、いつの間にか牧のことが大好きになっていたんですね。
ずっと苦しくて切ない思いを抱いていた牧ですので、最後にハッピーエンドを迎えられて良かった。

黒澤は優しくて男らしく、とにかくいい人です。
だからこそ、春田も一度は黒澤を受け入れたのでしょう。
教会で、春田を送り出すシーンもかっこよかった。
披露宴会場で、皆に慰められるシーンもジーンときました。

おっさんずラブという題名通り、おっさんたちの恋愛模様が描かれたストーリーでした。
しかし、牧はおっさんではありませんよね。
春田はおっさんですが、結局、おっさんではない若い男子の方がいいのね(笑。とは思いました。
武川も牧にぞっこんでしたしね。
見た目的には、春田と牧の恋愛の方が美しいので、それはそれで良いのですが、真のおっさんである黒澤がフラれてしまったことは、少し残念でもあります。

とはいえ、黒澤としては、正直やり切った感がありますし、おっさんとしてあそこまで行けたなんてすごい!としか言いようがありません。
こんなにおっさんたちの恋愛が渦巻いている職場も少ないと思いますが、出くわしたら意外と楽しいかもしれませんね。

ここまで潔く男同士が愛し合うドラマは数少ない、というか無いと思いますので、ちょっと変わった恋愛ストーリーをお求めの方にはピッタリの作品だと思います!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP