「星から来たあなた」第12話のあらすじ・ネタバレ・感想~ミンジュンの正体~ | VODの殿堂

ドラマ

「星から来たあなた」第12話のあらすじ・ネタバレ・感想~ミンジュンの正体~

   
 

タイトル:「星から来たあなた」第12話
放送局:韓国SBSテレビ、BSジャパン他
放送期間:2013年12月18日から2014年2月27日(全21話)
キャスト:チョン・ジヒョン、キム・スヒョン、パク・ヘジン、ユ・インナ、キム・チャンワン、アン・ジェヒョン、シン・ソンロクなど
閲覧したVOD:auビデオパス(2018年8月3日時点では配信終了)

ソンイは、ミンジュンにフラれて、泥酔して失態をつくほどショックを受けました。
でも、それはミンジュンの本心ではなく、離れていくから思いを残さない方がいいと言う配慮からでした。
ミンジュンは、走ってくる車を能力で止められず、轢かれてしまい大量の血が流れてしまいます。
どうなるのでしょうか、心配です…

それでは「星から来たあなた」第12話のあらすじと感想をご紹介します。

『星から来たあなた』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月5日(土)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第12話 恋心に終止符を

あと2ヶ月

ミンジュンが倒れている道路に、人が駆け付け救急車を呼ぶが、救急車が到着するとミンジュンの姿はどこにもなかった。
ソンイの家、12年前にあなたを助けてくれた人が 誰だか知りたい?と得意げに言うセミ。
いいえ全然、でも一つわかったわ、あなたフィギョンが好きなのね?いつから?とソンイ。
ええ、そうよ、フィギョンがあなたを好きになった頃から…
それでわかったわ、12年前の人を出してきて私とくっつけようとしたのね、あなたは信用できない、15年間一度も本音を言わなかったもの、とソンイ。
だから、彼の話で動揺させたり 周りを巻き込んだりするのはやめてね、と。
ソンイは、ミンジュンに何度も電話をかけるが出ない…心配になって部屋に行くとドアノブが血で染まっている。

部屋に入ってみると、頭から血を流して倒れているミンジュンがいた。
どうしたの?大丈夫?救急車を…ミンジュンが気が付き、呼ぶな…病院には行けない…と言う。
ソンイは、チャン弁護士に連絡して来てもらう。
処置をしながら、救急車を呼ばずにいてくれてよかった…
放っておいてくれたら、こんな目にも遭わずに済んだ…とソンイに言うチャン弁護士。

息子はもうすぐ発ちます、2ヶ月もない…去る人と親密になってもお互いよくないのでは?と言う。
フィギョンが自宅の庭でいると、ジェギョンと秘書の会話が聞こえてくる、コピーガード付きのUSBなので安心です、秘書が報告する。
ジェギョンが、ト・ミンジュンはどんな状態だ?と聞くと、気を失って倒れましたが…姿を消しました、と秘書。

あんな大事故だったのに、病院に行かずに自力で直したミンジュンです…すごい!
こんなに好きになってしまったソンイに、その言葉は辛すぎるでしょうチャン弁護士…

夢が現実になればいいな

ミンジュンは、幸せな夢をみました…

朝、ソンイのキスで目覚める…微笑むミンジュン、お料理を作っているソンイや、2人で一緒にテレビを見たり、釣りに行って雪の上でじゃれたり、ソンイのお腹には赤ちゃんが…
そして分かったことは、幸せな夢から覚めればいっそう不幸になると…初めから幸せな夢など見ない方がいいということ…
通路にうずくまっているソンイ、フィギョンが、何してる、と来る。
ト・ミンジュンに何かあったのか?とフィギョン、ここに居ても仕方ないと、部屋に連れて行く。
ソンイの母親が、ジェギョンとの個人事務所の契約書を持って来る、ハンコを押すだけだと言う母に契約はしないと言うソンイ。
ソンイの部屋にパク刑事が訪ねてくる。
ト・ミンジュンさんのことで…ハン・ユラ事件の当日、船で彼を見ませんでしたか?とパク刑事。
ソンイは、彼が来るはずないわ、招待客…と、言いかけて夢の中でキスをしたことを思い出し黙り込む…
パク刑事に、ユラとミンジュンが交際していたかと聞かれ、否定してユラとジェギョンがこっそり会っていたことを教える。

フィギョンは、兄ジェギョンが風呂に入っている間に、兄の携帯を調べて義姉の番号をひかえる。
どうした?と兄が風呂から出てくる、いや、ちょっと話をしようと思って…とごまかすが、携帯の位置が違うことに気付くジェギョン。

ふぅ~、危機一髪っていうか、ジェギョンにバレたようですが、あえて何も言わなかったんですね~
何か企んでるんでしょうか?
ミンジュンの、幸せな夢ってめちゃめちゃ可愛いんです(笑)
本編の中では、あんまり笑わないスヒョンくんの可愛い笑顔が見られますよ~

犯人蔵匿罪

夜中に目覚めたミンジュン、チャン弁護士が 何があったんです?腰を抜かしましたよ~とベッドの端に座る。
車にはねられたんです、能力が使えなかったのは初めてです…去る日が近付くにつれ能力が一つずつ消えていくのかも…とミンジュン。
私が何とかします、ソンイさんにも気持ちを整理しろと言いました、とチャン弁護士。
この際、引っ越しては?毎日顔を合わせてると おつらいでしょう?と続ける。
ユ検事が退院する、パク刑事が、新しい情報が手に入りましたよ、と。

セミの主演映画が決まり、主役の友人役にソンイを希望するセミ、監督にソンイがいてくれたら安心できそうだから、とお願いをする。
親友ボクチャに、ミンジュンのことを匿名で相談するソンイ、病院がダメ、刑事に聞かれる、父親に引越すと言われる、日記には最後の3ヶ月…と内容を分析するボクチャ。
正確にはあと2ヶ月よ…とソンイ。

諦めな、犯罪の匂いがする…指名手配されてるね、通報するべきだ、犯罪者を匿うと犯人…蔵匿(ぞうとく)罪よ、とボクチャに言われる。
ネットで調べたら夫婦間なら、処罰されない、とソンイが言うと、あんたそのために婚姻届け出すつもり?とボクチャ。
ジェギョンのところに、ユ検事とパク刑事が来る、あなたとユラが交際していたという話があるが、と言われ、当日のことを思い出すジェギョン。

<回想>
船の中で、ユラを呼び出すジェギョン、乾杯しようとノンアルコールの酒を勧める、実はその中には、いつもユラが常用している睡眠薬を強めにしたものが入っていた。
遺体を解剖されてもなんの支障もないと、笑うジェギョン、慌ててデッキに逃げるがフラフラして海に落ちる…
<回想終わり>
何を聞いたか知りませんが、交際していません、デパートのイメージモデルとして面識がある程度です、とジェギョン。

ソンイは、籍を入れてまでミンジュンを守りたいと思っているんですね。
健気なソンイ、なんとかならないものでしょうか…

これが私だ

ジェギョンと会うミンジュンは提案する、あんたの望みどおりにしたら、これでやめるか?全ての罪を被って消えてほしいんだろ?消えてやるよ、と。

ソンイは、ミンジュンが気になり、ベランダ伝いに部屋に行こうとするがミンジュンから電話があり、会おうと言われ 気合を入れてオシャレをする。

車の中で、何か聞きたいことがあるんだろ?とミンジュン。
もういいの、今こうして私のそばにいるから、あなたが誰でもどんな過去があっても、言えない事情があっても…とソンイ。

<回想>
チャン弁護士に言われる、初めから縁がなかったと思えば楽になるのでは?と。
彼女に会えるのは、あと2ヶ月もない…好きなのに…私は彼女が好きです…諦めないとダメですか?…
1ヶ月でも2ヶ月でもいい、一緒にいたいのです…それで帰れなくなっても構わない… と涙を流すミンジュン。
<回想終わり>
ミンジュンさん、2ヶ月後どこに行くの?ヨーロッパ?私は遠距離恋愛でも構わないと言うソンイ。
~博物館~
ミンジュンは、12年前に君を助けたのは私だ、助けた理由は君が400年前の少女、このカンザシの持ち主に瓜二つだったからだ。
何の話?400年前の少女って、なぜ顔がわかるの?じゃあ、あなたは400年前から生き続けてたわけ?
そうだ、400年前に宇宙からやってきて故郷の星に帰れないまま、400年生きてきた。

ミンジュンさん、家に帰ろう、まだ具合が悪いみたい…
その瞬間、カンザシのガラスケースが割れる…
これが私だ、これでもまだ構わないのか?…近付くミンジュン……つづく

つ、ついにソンイに正体を明かしたミンジュンです…
最後のシーンはドキドキしますね…ミンジュンの顔がいつもと違って怖かった~

まとめ

これまで、無邪気にはしゃいでいたソンイの顔もこわばっていました。
2ヶ月後に、どこか行くって遠くてもヨーロッパぐらいに考えていたんだもの…
まさか、地球外とは…
そりゃあ、おぶけますわね~(おぶけるとは阿波弁で“びっくりする”という意味です)
次が気になるドラマ、第13話をお楽しみに。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP