「おっさんずラブ」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついにバレた!?~ | VODの殿堂

ドラマ

「おっさんずラブ」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついにバレた!?~

   
 

タイトル:「おっさんずラブ」第3話
放送局:日本テレビ
キャスト:田中圭、吉田鋼太郎、林遣都、大塚寧々、眞島秀和、内田理央、他
視聴したVOD:Hulu(2018年12月13日時点では視聴可)

黒澤の寝言から、浮気相手は「はるか」という女なのではないかと思い込んだ蝶子は、社内の人物を調べ始めましたね。
しかも、「はるか」のことを調べるために、よりによって春田に協力するようお願いするようです。
板挟み状態の春田焦ったり、ごまかしたり、疲れたり・・・。
春田は、黒澤のことをごまかしきることが出来るのでしょうか。

あらすじ

春田と蝶子が対面!

再び第二営業部に訪れた蝶子は、春田に、広めの1LDKを探していると相談し、物件を案内してもらうことになった。
案内途中、道に迷っている高齢者に親切に対応する春田。
蝶子は、ホームページの自己紹介欄に「お人好し」と書かれていたことを思い出し、思わず微笑んでしまう。

蝶子は春田に、営業所内、もしくは本社に「はるか」という社員がいないかどうか尋ね、春田は調べることを了承した。

独身者用の物件を強化せよ

第二営業部の会議では、単身女性向けの物件を強化しようという話になっていた。
会議後、武川から、蝶子が黒澤の妻だと聞かされ、春田は焦る。
そして、黒澤が「妻と別れる」と言っていたことが思い返された。

蝶子に責められる黒澤

春田の行きつけの「わんだほう」で、第二営業部の飲み会が開かれていた。
黒澤の姿が無いことを不思議に思う春田だが、どうやら用事があり来られないらしい。

そのころ黒澤は、自宅で「離婚の理由」を説明するよう、蝶子に責められていた。
だが、「俺は・・・。」と喉まで出かかる言葉がなかなか出せない。
蝶子は、そんな黒澤に苛立っていた。

牧に厳しく接する武川

「わんだほう」での飲み会中、ふと気が付くと牧と武川がいない。
春田が店の外へ出ると、武川がゴミ箱を蹴飛ばしながら牧を叱責していた。
自宅に戻り、牧に、武川と何かあったのか尋ねるが、「何でも無いですよ。」とあしらわれてしまう。

翌日、春田が蝶子に呼び出され困っていると、「一緒に行きましょうか。」と牧が声をかけてくれた。
ホッとする春田だが、牧がまたもや武川に呼び出され、資料の綴じ方がなってないと怒られてしまう。
牧に対する武川の態度に、春田は違和感を覚えるのだった。

蝶子からの依頼

春田を呼び出した蝶子は、夫の不倫相手を突き止める手伝いをして欲しいと言われてしまう。
相手は自分だなどと言い出せるわけもなく、困る春田。

しぶしぶ了承し、やっと解放された。
疲れ切った春田が歩いていると、後ろから何者かが尾行しているようだった。

黒澤を尾行する

黒澤が自宅に忘れて行った手帳を見た蝶子は春田に電話し、今日の8時に不倫相手と会うつもりなのだと言う。
その約束は、自分と仕事の中間報告を行うためのミーティングだと言おうとするが、手帳には「デート」と書かれており、言い出せなくなってしまった。
仕方なく、蝶子と一緒に黒澤を尾行する春田。
何度もごまかそうとするが、ついに待ち合わせ場所のレストランへたどり着いてしまった。

中間報告

春田と蝶子は、客を装い黒澤を監視するが、8時を過ぎても誰も現れない。
春田は、蝶子がトイレへ行ったタイミングで、黒澤に「急用が出来た。」と連絡し帰ろうと考えていたが、黒澤に見つかってしまう。

蝶子が戻ってくると、春田と黒澤が向かい合って座っているのが見え、「何見つかってんのよ~。」とため息をつく。
黒澤は、ケジメをつけるまでは春田と良い仲にならないと決めていたが、「食事くらいいいかなと思って。」と嬉しそうにしている。

黒澤は、「中間報告だが。」と本題に入り、蝶子に離婚を切り出したものの、そこから進捗が無いことを報告した。
そして、「はるたん。」と何度も春田のことを呼ぶ。
蝶子は、「はるか??」と、黒澤の声を必死に聞こうとしていた。

春田は、黒澤がトイレへ行ったタイミングで席を立ち、蝶子を促して店の外へ出ようとする。
だが、トイレから戻ってきた黒澤と鉢合わせしそうになってしまう。
春田はソファーにダイブし身を隠し、蝶子はウェイターのお盆で顔を隠す。
黒澤は、春田から「急用ができたため帰る。」というメールを受け取り、がっかりした顔になった。

余計なことをするな!

どっと疲れ自宅に戻ると、今度は牧が怒っている。
最近武川に怒られている牧を心配し、牧が大変そうに見えることを武川に伝えたのだが、そのことに怒っているのだ。
良かれと思ったことが裏目に出てしまい、ますます疲れる春田だった。

黒澤のノートを見つけてしまう

蝶子からの電話に出た春田。
「もう、ダメみたい・・・。」と涙声になっている。
ファミレスで蝶子と落ち合った春田は、黒澤の荷物の中に、「はるたん。」と書かれたノートがあったと聞かされた。

そこには、はるたんについてのことがびっしりと書かれており、自分の夫は本気ではるたんのことが好きなのだと思い知ったのだ。

訴えることもできるが、それよりも潔く身を引いた方が良いのではないかと言い出す蝶子。
春田は、「部長は、」と、蝶子を励ます。

はるたんの正体

部屋に、「はるたん」のノートと、「今までお世話になりました。」という蝶子のメッセージを見つけた黒澤は、すぐに蝶子を探しに行った。
「蝶子!」と叫びながら町中を探し、ついに、春田と蝶子がいるファミレスに行きついた。

蝶子に、自分の新しい部屋を探すために相談していると言われ、「おかしいだろ。こんな夜中に。」と言う黒澤。
「何かしたのか!?」と思わず春田に詰め寄る黒澤だが、蝶子から「あなたに話があるの。」と言われる。

雲行きが怪しくなってきたため、何とかその場から逃げたい春田だが、二人に押しとどめられてしまう。
黒澤は、蝶子のことは出会ったころと変わらず大切に思っていると伝えた。
そして、だからこそ、本当の自分を知って欲しいと、真実を語り始めた。

「はるたんは、男だ・・・。」

夫の言葉に、「へ?」と声を上げる蝶子。

「俺が好きなのは、彼なんだ!」

そう言い、黒澤は春田を抱き寄せた。
ファミレスには、「えーーーー!!」と言う蝶子の声が響き渡った。

まとめ

第三話が終わりました!

第二話の終わりで、蝶子が春田に目をつけていたシーンがありましたよね。
てっきり、「はるか」という名前から春田を連想してのかと思いましたが、そうではなかったようです。

蝶子から相談される春田を見て、こちらとしては、「言っちゃえ!本当のこと言っちゃえ!」とじれったく感じましたね~。
でも、自分のことなどなかったことにして、黒澤と蝶子には仲直りしてほしいんでしょうね。

そもそも、仲が悪いわけではない黒澤夫婦。
ファミレスで泣いている蝶子を見て、泣かせたのか!?的な態度を取った黒澤を見た時には、もしかしたら蝶子への愛が上回った?と思ったのですが。
それとこれとは別で、ついに、春田のことをカミングアウトしてしまいましたね。
春田にとって、一番最悪のパターンになってしまった気がします。
蝶子の想いは、諦めに変わるのか、怒りに変わるのか、第四話が気になります。

もう一つ気になったのは、やはり武川の態度ですよね。
もともと厳しい態度を取る人物ではありましたが、今回は牧にきつく当たっていました。
もはやパワハラの域だと思いませんか?
実は武川は牧のことが好きで、ついあんな態度をとってしまう究極のツンデレ説が、今のところ有力なのですが、どうでしょう。
もしそうなら、春田、牧、武川の間でひと悶着ありそうです。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP