「星から来たあなた」第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~ソンイの告白~ | VODの殿堂

ドラマ

「星から来たあなた」第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~ソンイの告白~

   
 

タイトル:「星から来たあなた」第10話
放送局:韓国SBSテレビ、BSジャパン他
放送期間:2013年12月18日から2014年2月27日(全21話)
キャスト:チョン・ジヒョン、キム・スヒョン、パク・ヘジン、ユ・インナ、オム・ヒョソプ、アン・ジェヒョン、シン・ソンロクなど
閲覧したVOD:auビデオパス(2018年8月3日時点では配信終了)

USBをめぐってソンイを狙っているジェギョンに手を出すなと言ったミンジュンですが、今後直接対決とかあるのでしょうか?
いくら、超能力が使えても、用意周到なヤツですから油断禁物ですね。
セミに12年前の事故の写真を見せられたフィギョンは、ソンイを助けたのはト・ミンジュンだと確信したようですが…ミンジュンの答えは?

それでは「星から来たあなた」第10話のあらすじと感想をご紹介します。

『星から来たあなた』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月5日(土)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第10話 眠れない夜

別荘には行かなかった

12年前にソンイを助けた…あの男か?と聞くフィギョン。
何の話だ?似た人間はいくらでもいる、それに12年前の話など…人違いだとミンジュン。
人違いだと俺も信じたいが、俺の記憶の中にもお前がいる、間違いとない、フィギョンは言う。
お前が誰だろうと関係ないが、今後ソンイとどんな形であれ関わるな、とフィギョン。
ミンジュンが行った後、ソンイから今は行けない、ミンジュンに確認したいことがあるから…とメールを受けるフィギョン。

部屋に帰ったミンジュン、今度はソンイの追求が待っていた。
ゴミ箱に、私の車のライトの破片が落ちていて血がついているけど、あの日崖に来て車を止めたの?そして、ライトの破片が手に刺さって家で治療をした、違う?とソンイ。
君の思い込みだ、と言い書斎へ逃げるミンジュン、追いかけて行くソンイ、その手はぶつかってケガしたのよね?見せて、切ったのか、ぶつかったのか…とテープを剥がすソンイ。
赤い線が残っているだけで治っていた…でも、具体的には言えないけど、やっぱり変よ、と言うソンイ。
ソンイさん、君と関わってから平和な生活が崩れた、出てってくれ、と言うミンジュン、そうしようと思っていたところよ、とソンイは言い部屋を出る。

ソンイは、フィギョンの別荘ではなく友人のボクチャの家に来ていた。

フィギョンの別荘という話は、なかったですね。
私の取り越し苦労か、それともこれからあるのか?

ミンジュン先生に値段交渉

チャン弁護士にジェギョンの前で能力を使ってしまったと話すミンジュン、いっそソンイさんに危険人物だから近寄るなと言ったらどうです?とチャン弁護士。
彼女は知らない方がいい、知れば危険が増す、と言うミンジュンに、じゃあ先生は?400年待ち続けてやっと帰れる日が近付いてきたのに先生の安全はどうなるんです?と言うチャン弁護士。
パク刑事とユ検事は、ユラの妹にユラが妊娠していたことを報告して恋人がいたかどうか聞くが何も知らない妹。

ミンジュンは、USBを見る、ユラともう一人女が話している、ここから出して私は正気よと、あなたもあの人から離れないと殺されるわ、と言っている、たぶん精神病院。
もう一つは、ユラとジェギョンが車に乗っているもので、前の奥さんは今どこに?と聞くユラにイギリスと答えるジェギョン、ユラは精神病院に入れられているのを知っていて聞いているように見える。
大家さんから電話があり、今月の家賃がまだだと言われ、翌日銀行へ行くソンイ、残高不足だと言われる。
違約金が大きく響いたようで貸付も無理だと言われ、バッグや財布をネットで売ろうと考えるソンイ、連絡先にミンジュンの電話番号を書く。

ミンジュンの講義中にバッグの値段交渉のメールが来て困るミンジュン。
夜、母親に知らない契約書の分まで請求がきていると言われ、アン代表と会うとソンイ。
ミンジュンに、明日事務所に行くんだけど一緒に来てと言うソンイ。
文句を言いたいけど、一人で行くと弱くなった自分がバレそうで…以前のように強気になれない…
お金がないのは、我慢できるけど弱い心の底を見抜かれたら崩れちゃいそうで…
だから見抜かれそうになったら、賢いあなたに助けてほしいの…とソンイは涙目で言う。

トップ女優だったのに2ヶ月仕事がないだけで底をつくって、どんだけ~
母親が娘のお金を使いすぎるのって、韓流ドラマあるあるだけどね。

このチョン・ソンイが?

翌日、事務所にさっそうと現れたソンイとミンジュン、私が同意していない契約書まで入っている、さすがにそれはないわ、とソンイはきっぱり。
代理人として来たと紹介されたミンジュンは、違反箇所を的確に指摘する。
何も言い返せないアン代表とその弁護士。
マンションに着くと、素っ気なく帰って行くミンジュン、ソンイは母が持ってきたキムチをユンジェに持って行かせる。
“姉から”と、“家にいるから”は絶対言えと。
仕方なく隣にキムチを持って行くユンジェ、すぐ帰ってくると今度は容器をもらって来いと。
自分で行け、本気で怒るぞと、怒っているユンジェ。
私が?そこまで言うなら仕方ない、と着替えに行くソンイ。
危ないから、しばらく弟のユンジェと暮らすことになったようである。

オシャレをしてキムチの容器の回収に行くソンイだが、用が済んだらさっさと帰れと追い返される。
帰ってから、ミンジュンを好きになっていたことに気付くソンイ、このチョン・ソンイがなんであんな男を?と嘆く声にびっくりするユンジェ。

スタイルは…いいよね、バランスがいい、顔も小さいし目も…体も鍛えてるみたいだし、だけどなんで私がト・ミンジュンを?‥
ハーバード大卒だし大学講師だし‥キスも初めてにしては…はっ!やだやだやだやだ、あいつとのキスを思い出してるの?まさか‥恋しがってる?
違う、絶対に違う…

事務所で代理人としてテキパキと言ってくれて、すごく頼りになったんですね。
そりゃあ好きになるでしょう(爆)
今まで、何度も危ないところを助けられてるし、つらい時はそばにいてくれたしぃ…自然の成り行きですね。

ソンイやっちゃいました

セミは、兄のユ検事の着替えを持って警察にやってくる、女優さんだ、と驚くパク刑事。
ユ検事は、セミにユラさんの男関係を知らないか?と聞く。
セミは船上結婚式でのソンイとジェギョンの会話を思い出すが、よく知らないと答える。
ジェギョンの部屋に来ると、携帯が鳴っていて出てしまうフィギョン。
ジェギョンさん、ここから出して、私は正気なのに誰も信じてくれないの、と女の声。
勝手に出るな、とジェギョンが来て取り上げられる。
誰?とフィギョンは聞くが、お前は知らなくていいと言われる。
USBをユ検事に渡そうと電話をかけるミンジュン、場所と時間を決めるがジェギョンの秘書に盗聴されていた。
ソンイから、ちょっと来て、とメールがありベランダに行くミンジュン。
私に何をしたの?何かしたでしょ?

15秒であなたを落とそうとしたのに…私が落ちたかも…私はどう?
ダメダメ答えたら殺す…恥ずかしいから後ろを向いて話すね…
今までのことは感謝してる、でも感謝と違う感情なのは私にだってわかる…
でも感謝ならフィギョンにしなきゃ…なのにどうしてあなたを思い出すの?
私は思い出される女よ、それなのにあなたのことや、あなたの言葉やあなたとのキスを…
変になったのかな…?女としてどう思う?ダメやめて答えたら殺す…

ト・ミンジュンさん、いないの?行っちゃった?‥そっと振り返ると…静かにソンイを見つめているミンジュン…
部屋に帰って、なんてことしちゃったんだろうと落ち込むソンイ…眠れない夜を過ごす。

ユ検事は、ミンジュンとの待ち合わせ場所に行くが駐車場でジェギョンの手下に襲われる、それを知ったミンジュンは、ジェギョンの挑発にのり車の後をついて行く。

何もない荒野のようなところに着く、ミンジュンはユ検事はあんたの仕業か?と聞く。
USBを出し狙いはこれか?これを渡せばチョン・ソンイへの攻撃もやめるのか?と。
そうだな、と強力な麻酔銃を出すジェギョン、これでお前の死は自殺に偽装され、ユラを殺し事件を探る検事まで襲い罪の意識に苛まれて自ら死を選んだ…今頃お前のパソコンに遺書ができているだろう…

その頃、ソンイはミンジュンの部屋に忘れ物をしたと口実を作り、書斎に来ていた…
遺書を作りに来ていたジェギョンの秘書が椅子の後ろに隠れている…
ジェギョンはお前を始末してからソンイも始末する、と言い麻酔銃を発射…消えるミンジュン。
おののくジェギョンの後ろにいるミンジュン、言っただろ、私を殺せないと……つづく

ソンイの告白から一変、緊迫してますね~ソンイもこのあとどうなるのかすごく心配…

まとめ

ソンイの告白はすごく可愛かったですね。
そのあと、すごく後悔するところとか…よくわかります(爆)
いいなぁ~青春って…(遠い目)
いいなぁいいなぁ。
でもでも、ジェギョンの秘書が隠れているのに…ソンイはどうなるのか…?
ジェギョンに正体をばらしたけど大丈夫か?ト・ミンジュン!
第11話が早く見たいです。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP