獣になれない私たち(けもなれ| 8話)のあらすじ・ネタバレ・感想~橘カイジと初対面、吹っ切れる恒星~ | VODの殿堂

ドラマ

獣になれない私たち(けもなれ| 8話)のあらすじ・ネタバレ・感想~橘カイジと初対面、吹っ切れる恒星~

   
 

タイトル:獣になれない私たち(8話)
放送局:日テレ
キャスト:新垣結衣、松田龍平、田中圭、菊池凛子、黒木華、山内圭哉、犬飼貴丈、伊藤沙莉、近藤公園、松尾貴史、一ノ瀬ワタルなど
閲覧したVOD:hulu(2018年11月28日時点では視聴可)

前回、晶は自分の人生を生きる為に、京谷に別れを告げた。
恒星が持つ怪しい金の事を晶が追及し、恒星は正直に話した。
今回は、朱里が晶の会社に面接にくる。
朱里はなぜ、晶がいる会社を選んだのだろうか?
一方、恒星が手にする不正の金の原因である恒星の兄が、逮捕され…。
8話のあらすじです。

あらすじ

〈社員募集〉

晶の会社:ツクモ・クリエイト・ジャパンは、晶からの業務改善に向けて、新入社員を募集する。
九十九に募集や面接を任され、晶は張り切っていた。
面談が行われ、面接に現れたのは、朱里だった。
晶は唖然とするが、晶の知り合いであればと、九十九は即採用した。
晶が京谷と別れた事を話すと、朱里も京谷が出て行った事を告げ
「何やってんの?より戻せば?」
と言うが、晶は自分で決めた事だから後悔はないと言う。

〈陽太の逮捕〉

恒星は、橘カイジの会社の上場を手伝う事になった。
担当税理士の為、カイジと会う約束を取り付けるが、ドタキャン続きで、なかなか会えない。
その事について、恒星が5tapで愚痴っていると、晶は
「呉羽さんが乗り気なだけで、本当はカイジさんは、恒星さんを意識して、会いたくないのでは?」
と、仮説を立てる。
そんな中、失踪中の恒星の兄:陽太が、警察に捕まったと、連絡がある。
陽太が酔っ払いの財布から、金を盗もうとした所を、警察に捕まった。
処分が決まるまで、自分の事務所に連れてきたが、陽太は逃走する。

〈陽太と恒星の過去〉

恒星は陽太を探すが、見つからず、偶然晶と会う。
恒星は、陽太の過去を話す。
陽太は父の会社を継ぎ、上手くいっていたが、悪徳金融から金を借り、会社は倒産した。
優等生だった陽太のプライドが傷つき、失踪したのだ。
恒星は、陽太の会社の粉飾決算をし、助けたのだが、陽太としては会社を続けたかった。
晶は
「男の人のプライドって、面倒臭いね。」
と言う。

〈驚く京谷〉

朱里は入社日早々、寝坊する。
晶が電話をし
「初日に欠席はまずいから、お昼からでもいいから、頑張って来ようか。」
と、優しく言う。
朱里は昼過ぎに出勤し、パソコン関係の仕事を任された。
そこに、京谷が資料を持って、やって来た。
朱里は隠れたが、見送りの際に顔を出すと、朱里の姿を見た京谷は、驚きを隠せず、2度見した。
晶と朱里は目を合わし
「見た?あの驚いた顔…。」
と言い、2人で笑い合った。

〈陽太の頼み事〉

晶が5tapで飲んでいると、京谷が会いに来た。
朱里の事、同棲解消の事を話す。
京谷は
「あの恒星って人と、付き合うの?」
と、聞くと、晶は
「そんな発想なかった!恒星さんは、ただの飲み友達だよ。」
と、答えた。
晶は帰宅途中、陽太を見つける。
晶は、優等生でお人好しな所が陽太に似ていると、恒星に言われたと、話す。
2人は意気投合し、陽太は
「僕に似ていると聞いたので、頼みます。3万2583円、貸してくれませんか?」
と、頼み、晶は理由を聞かず、貸した。

〈橘カイジと初対面〉

恒星が駆けつけ、晶と別れた陽太を尾行すると、陽太は晶から借りた金を現金書留で、別居中の妻に送っていた。
恒星が妻に確認すると、その金は家賃の値段だった。
恒星は5tapで
「もうぶっ壊れてる家庭なのに、現実見ろって話だよ。」
と、呆れる。
隣に座っていた男(ずん飯尾)が
「現実だけじゃ生きていけません。夢が必要なんです。」
と、話に割って入る。
恒星が否定すると、男は
「聞いていた通りの人だぁ!私、橘カイジです。」
と言う。
カイジは、明るく、陽気で、恒星とは真逆の雰囲気だ。
呉羽との出会い、仕事、自分の過去、考え方、生き方を語る。
恒星は
「どん底の人間からすれば、成功者の戯言ですね。」
と、八つ当たりすると、カイジは
「毒舌でいいね!信用出来る。」
と言う。

〈微笑む恒星〉

陽太は不起訴処分となり、恒星は陽太を別居中の妻と子供の元へ連れて行く。
久しぶりの再会に、子供は大喜びで、妻は泣きながら、抱きついた。
恒星は帰りのバスの中、陽太との思い出にふけ、1人で泣いた。
帰り道、幼少期に陽太と恒星がいつもしていたボードゲームを持った晶に会う。
晶は
「ネットで買った。兄弟対決、今したら、どっちが勝つかなと思って。お兄さんは?」
と、聞くと、恒星は
「兄弟対決は終わった。次は、晶VS恒星、やろうぜ。」
と言い、恒星の事務所でボードゲームをする。
何度も対決し、恒星は楽しい夜を過ごした。
晶はいつの間にかソファで眠り、恒星はお姫様抱っこで、ベッドへ連れて行く。
晶の寝顔を見て、恒星は優しく微笑むのであった。

感想

朱里は、お人好しの晶がいれば、どうにかしてくれると考えて、晶がいる会社に来たようです。
元彼の家に居座り続け、別れさせた挙句、元彼の彼女に頼るって、図々しいにも程があります。
元カレである京谷の驚いた顔が見れて、2人は意気投合したかのように、笑い合っていました。
圧が強い九十九の指導に、朱里は耐えられるのでしょうか?
晶はこれから朱里のフォローに大変だと思います。
京谷と同棲解消したと聞いた晶ですが、動揺は見られず、自分で決めた事だからと、もう過去の事のように話しており、全く引きずっていませんでした。
橘カイジですが、想像していた人物と違いすぎて、驚きましたし、SNSが荒れていました。
予想では、スラっとしたイケメン俳優だと思ったのですが、ずん飯尾さんで、キャスティングが最高過ぎます。
恒星に勝ち目がないと思わせてくれる人物だったので、恒星も吹っ切れたようです。
いよいよ最終回に向けて、晶との恋に発展するのではないでしょうか。
次回、ツクモ・クリエイト・ジャパンの機密データが漏れ、大騒動になります。
騒ぎの中、気まずそうにする朱里ですが、朱里のミスなのでしょうか。
朱里のミスを、晶のせいにされない事を願います。
一方、呉羽が恒星に抱きつく写真が、週刊誌に撮られます。
最終回に向けて、波乱の予感です。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP