「星から来たあなた」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~セミの告白~ | VODの殿堂

ドラマ

「星から来たあなた」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~セミの告白~

   
 

タイトル:「星から来たあなた」第8話
放送局:韓国SBSテレビ、BSジャパン他
放送期間:2013年12月18日から2014年2月27日(全21話)
キャスト:チョン・ジヒョン、キム・スヒョン、パク・ヘジン、ユ・インナ、オム・ヒョソプ、アン・ジェヒョン、シン・ソンロクなど
閲覧したVOD:auビデオパス(2018年8月3日時点では配信終了)

ファンからの贈り物だと可愛いクマのぬいぐるみをいつもソファに座らせていたソンイですが、実はジェギョンからの悪意あるプレゼントでした。
そして、ソンイはジェギョンの秘書に連れ去られ、ブレーキの利かない車で崖へあと数メートルのところで車は停止、前にはミンジュンが…
今後の展開が非常に気になりますね。
それでは「星から来たあなた」第8話のあらすじと感想をご紹介します。

『星から来たあなた』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月5日(土)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第8話 マジで恋する15秒前

つらい時いつもそばにはミンジュンが

病院から連れ去られたソンイは、男二人にブレーキに細工した車に乗せられ崖へと向かう車、途中で気が付きブレーキを踏むが利かない。
焦ったソンイは、助けて、マネージャー、ト・ミンジュン!と叫ぶ…車が停止、前を見るとミンジュンが…
車から降りて前に行くが、ミンジュンの姿はない、フィギョンからの電話が鳴る。
フィギョンが迎えに来て、病院に戻るソンイ、そこへミンジュンが来る、どこにいたの?私の所に…崖に来なかった?と聞くソンイ。
何の話かわからないと惚けるミンジュン、フィギョンがいるなら帰っていいな、と帰るミンジュンの手にはガラス片が刺さったまま。

バーにいるジェギョン、秘書に失敗するとは珍しいな、と言うジェギョン、それが…と崖に落ちる寸前で男に止められ、急に消えたと、女が車から出て来たから殺そうと近付くと男にヤラレたと報告する。

自宅で手の治療をするミンジュン、ソンイの悲鳴を聞き駆けつけると、ソンイの部屋が何者かに荒らされている。
行く当てのないソンイを部屋に連れてきて、当分はここにいろ、と言うミンジュン、なぜかいつもつらいときそばにいてくれるね、とソンイ。
本当にさっき来なかったの?と聞くソンイ、どこに?と返すミンジュン、何でもない頭がヘンになってる…とソンイ。
ミンジュンが手にケガをしているのに気付き、ケガしたの?とソンイが聞くと、ちょっとぶつかっただけだ、さっさと寝ろ、と言いミンジュンは自分の部屋へ。

邪悪な悪に狙われる姫を助ける騎士ってとこですね。
スヒョンくん、ツンデレキャラ、よく似合ってます(笑)

ユムシは、うまし?

セミの家に来るフィギョン、車の中で話す二人、ソンイの話ばかりするフィギョンにうんざりするセミ、挙句の果てにソンイの家に泊まってやってくれと言う。
用ってそれ?ソンイを事故から救った人を見たの、それをソンイに話したらどうなるかな?ソンイはその人をずっと待ってた…とセミ。

ミンジュンの部屋でお風呂から出てミンジュンに、ごめん、と言うソンイ、男の部屋で男の服を着てると…ときめくでしょうけど誤解しないで…と。
どうでもいい、と相手にしないミンジュン、陶磁器や松や子猫、キレイで可愛くてもときめいたりしない、君はそれと同じだ無駄な心配しないでさっさと寝ろ、とミンジュン。

ミンジュンは、ソンイのために“ユムシ”(海産無脊椎動物)を買いに来ていた。
ミンジュンの留守中、雪が降ってきたため傘を探していると、無くした銀色のハイヒールを見つけるソンイ、帰ってきたミンジュンに靴を差し出し、これの説明をしてよ、と言う。

答えず“ユムシ”を買ってきたと袋を見せると、袋を取り上げるソンイ、女の靴が好きならいっぱい持ってるからプレゼントすると。
美味しそうに“ユムシ”食べるソンイ、いい買い物したねと、皿を片付けようとしては皿を割り、掃除をしては陶磁器を割り…お金に換算できないくらいの貴重な骨董品を壊され頭を抱えるミンジュン、頼むからもう何もするな、と後ろから押さえる。

ユムシって調べてみたんですが、海の生物で普段は穴を掘って穴の中で暮らしているんだそうです。
珍味で通称は犬の〇ん〇んだとか?(笑)見た目はすごく気持ち悪いです。

邪魔者は消す

パク刑事とユ検事は、ソンイに嫌がらせ行為をしていた犯人の調査に来ていた。
担当刑事は、事案が軽微で自白もしたことからひとまず帰したと、資料を見ていたユ検事は、ユラが臨終体験館に行っていたことがわかり、遺書はその時に書いたものだと疑う。
そうなれば遺書は本物ではない…ユラに彼氏がいなかったか、その犯人に聞いてみることに。

セミのところに頼みがあるとフィギョンが来る、ソンイを事故から助けた男の存在を俺にもソンイにも知らせないでほしいと言う。
セミも片想いの相手に告白しろ、とフィギョンが言う、直接言えないなら電話でもいい、“バカ好きなのに”と言えばいいんだ、と帰ろうとするフィギョンに電話をするセミ。

最近見たミンジュンの不可解な行動を見たのは、自分が変なのかもしれないと思い病院に来たソンイ。
見たままを話すとストレス反応の一種ですね、それと誰かに依存したい気持ちの表れです、と言われる。
車の修理屋に説明を聞きに行くソンイとミンジュン、ブレーキを細工して壊したようです、前にもヘコミが、何かにぶつかって止まったんでしょうと、修理屋。
パク刑事があの釈放したユラのストーカーが死んだ信じられない…と、遺書の件を証言できる唯一の人間なのに…とユ検事。

ソンイ、フィギョン、ジェギョンで食事会、ソンイはユラは自殺とは思えないと言い、見た動画の話をしてしまう、ジェギョンはその動画はどこにある?見ようか?と、なくしたとソンイ。

おそらく、ソンイに嫌がらせ行為をしていた男もジェギョンに殺されたんでしょうね。
邪魔者は、生かしておかない用意周到なヤツです。

15秒の妖精

ミンジュンがマンションに帰ると、食事会だと言っていたソンイが先に帰っていた。
食事会では食べられなかったが、帰るなりお腹が空いてとチキンとビールを用意していた。
一緒に食べようと、ミンジュンにビールを渡すと、酒はダメだ…と昔を思い出すミンジュン。

朝鮮時代、酒を勧められるままに飲んで酒ビンや人間までも浮遊させて、バケモノ扱いをされた経験があったのだ。
しまいには馬に乗った自分が空を飛んでいた。

ソンイは話し出す…人と人の間にはケミがある、ケミストリーの略で化学反応って意味よ。
私は相手にケミを起こすの、どんな男も私にハマる、女も私に嫉妬するわ、つまり私は魅力の塊、羨望の的ファム・ファタール(運命の女)。
それなのに、あなたにとって私は陶磁器や子犬や松と同じなの?人生で初めての屈辱よ、再起しないといけないのに自身を持ってトップに返り咲けない。
15秒ちょうだい、私のあだ名は“15秒の妖精”15秒でいい、15秒たっても陶磁器や松と同じなら魅力がないって認める、と。

携帯で15秒計って見つめ合う二人、そろそろ15秒でソンイが諦めかけたその瞬間、ミンジュンがソンイにキスする………つづく

朝鮮時代の酒に弱いミンジュンもめちゃめちゃ面白いです。
馬に乗って空を飛んでいるところなんてゲラゲラ笑っちゃいました。

まとめ

今まで我慢していたのに、ソンイの挑発にのっちゃいましたね。
ミンジュンは、そもそも何の目的で地球に来たんだろう。
確かUFO三機ぐらいあったから家族で来てたのかな?
400年前の帰るときに帰れなかったからミンジュンの家族は心配してるかも?
そういうところは、今後明かされるんでしょうか。
第9話をお楽しみに。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP