「過保護のカホコ」第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~糸の本音に衝撃を受けるカホコ~【動画情報あり】 | VODの殿堂

ドラマ

「過保護のカホコ」第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~糸の本音に衝撃を受けるカホコ~【動画情報あり】

   
 

タイトル:「過保護のカホコ」第2話
放送局:日本テレビ
放送期間:2017年7月12日~2017年9月13日
キャスト:高畑充希・黒木瞳・竹内涼真・佐藤二郎・中島ひろこ・梅沢昌代・濱田マリ・夙川アトム・西尾まり・久保田紗友・三田佳子・西岡德馬・平泉成・時任三郎・他
閲覧したVOD:hulu(2017年10月1日時点では無制限で見放題)

ママ(黒木)の助け無しでは何もできない21歳のカホコ(高畑)。
同じ大学に通う麦野初(竹内)と出会い、働くことの意味を考える。
人を幸せにする仕事がしたいと考え動き始めるカホコ。
一方、天才的なチェロの才能に恵まれたいとこの糸(久保田)だが、とんでもないトラブルが襲う。
第2話では、糸を中心に話が動き始める。
一体糸に何が!?
それをきっかけに、カホコとの関係がどうなるのか、気になるところです。

スポンサーリンク

あらすじ

人を幸せにする仕事とは

正高(時任)と泉(黒木)に、「人を幸せにする仕事がしたい」と伝えたカホコをちょっとだけ頼もしく思った正高だったが、次の日にはいつものカホコに戻っていて少しがっかり。
サラダにかけるドレッシングを決めるのも、熱いものを食べたカホコにお茶を飲ませるのも全部泉だ。
泉は、人を幸せにする仕事がしたければ、専業主婦になれば良いと提案するが、それではダメだと考えているカホコ。
初にそういわれたことを伝えると、泉は嫌悪感をあらわす。
とはいっても、何がしたいかわからないカホコは、正高の会社や、警察官の衛おじさん(佐藤)、看護師の厚司おじさん(夙川)の職場を見学したいと思い、泉にお願いする。
「今度一緒に行こう」という泉に、「ついていくのかよ・・・」と思う正高だった。

カホコの職場見学

一流企業の保険会社に勤める正高は、自分の会社で取り扱っている保険を紹介する。
正高はカホコに、どうしてこの会社に決めたのかと質問されるが、うまく答えられない。
自分の王国(謎の赤い境界線)を出た泉は、まったくもって機能せず、どうでも良い雰囲気。

続いて、王国内に戻り衛と厚司の職場見学に行くが、「人を幸せにするというよりは守る仕事」、「体力的にもきつい」と、カホコには向いていないと思うと言われてしまう。
王国内に戻った泉はかなり饒舌に。

さらに正高の実家を訪れ、「カホコにはどんな仕事がむいているか?」とばーばの多枝に質問。
「専業主婦だけは絶対にダメよ」と言われる。
何か言いたそうな泉だが、王国外では言い返せない。
また、実家の2階でパソコン教室を開こうとしている教子(濱田)は、「今はいい会社に勤めりゃいいってもんじゃない。やりたいことをじっくり探せ」とアドバイス。
どうしたら教子の様にやりたいことを見つけられるのか悩むカホコだった。

初のアドバイス

創作活動に身が入らない初は、カホコに言われたことを思い返す。
似顔絵を見たカホコに、「こんなに幸せに気持ちにできるなんてすごい仕事をしている」と言われたが、「この絵がのどこがいいのか・・・。」とつぶやく。
そんな時、アトリエに訪れたカホコに「どうして絵を描いているのか?」と聞かれる。
「昔、世界一の画家になれるといわれた・・・。」と答える初だが、あまりその話には触れたく無いらしく、はぐらかす。
色々な人の仕事を見学して、ますますどうしたら良いかわからなくなっているカホコに、「13歳のハローワークでも読め」とすすめる。

自分に向いている仕事は何か

初のアドバイスを受けさっそく「13歳のハローワーク」を読み漁るカホコ。
色々な職業に就いた自分を想像するが、いまいち上手くいかない。
「これはどう思う?」といちいち泉に相談するが、「いいじゃな~い。でも、英語できないじゃない?」といった具合に反対される。
あくまでも専業主婦を勧める泉は、料理を教えてあげると張り切っている。
そんな時、泉の妹の節(西尾)から、糸のコンクールに来てほしいという連絡が入る。

糸の異変

糸に、どうしてチェロを始めようと思ったのか聞きに行ったカホコは、糸が右手を押さえながら辛そうにしている場面に出くわす。
心配して、母親である節に連絡しようとするが、「職業病みたいなものだから、心配させたくないし言わないでほしい」と言われ了承。
「小学生のころ、チェロの演奏を聴いて、運命の出会いを感じた。何が無くなってもチェロだけは手放さない」という糸。
好きなものに出会えたことを羨ましく思うカホコだが、右手の痛みに耐えている糸を見て心配する。

糸のコンクール

糸のコンクール当日、優勝間違いないと期待されている糸を、親族みんなで応援する。
そんな中、カホコだけは糸の右手が気がかりで仕方ない。
そこへ偶然、会場整理のアルバイトをしている初がが登場。
糸のことを「ジャスト・マイ・タイプ!」だとほめちぎる。

一方控室で、コンクールは出来レースだと聞かされて動揺する糸。
出番を迎え演奏を始めるが、右手の痛みに耐えきれず弓を落としてしまう。

糸の病気

糸の病気は、右手が思い通りに動かない神経障害だった。
かなり前から痛みがあったのだが、隠していたのだ。
節はショックで泣き出してしまう。
親戚一同で落ち込んでいると、泉が仕切り、みな解散することに。
そんな泉を見て、「張り切っていないか?」と感じる正高。

糸のことを気に病むカホコ

糸が倒れたその夜、「糸ちゃんの手首が痛いことを知っていた」というカホコ。
どうしたら良いか相談された泉は「言ったところで仕方ない、二人だけの秘密にしよう」と言う。
自分も聞いているのに3人じゃないのか?疎外感を感じる正高は、「それでいいのか!?」と言いたいが、言い出せない。

糸のお見舞い

糸を励ます方法をネットで探すカホコに、「本当に大切なことはネットには載っていない」とアドバイスする初。
そんな初に、一緒に糸のところへ言ってほしいとお願いする。
病院へ行くと、家族を前に気丈にふるまう糸。
その姿を見て初は、「もしも二度と絵を描けないといわれたら、慰められても逆効果。イラつく。向こうが必要とするまで何もしなくていい」言い帰ることに。
千羽鶴を作ることにしたカホコに、1羽100円で手伝ってやると初。
本気にしたカホコは、初に依頼することにする。

糸の思い

千羽鶴を渡しに糸のところへ行ったカホコは、初のアドバイス通り余計なことを言わずに立ち去ろうとする。
そんなカホコに「チェロが弾けないなんて、何しろっていうんだろ」とつぶやく糸。
カホコは、「チェロが弾けなくても、ピアノや歌など音楽でできることはたくさんある。糸のために頑張っている両親のためにも頑張って欲しい」と余計なことを言ってしまう。
カホコの言葉に耐えられなくなった糸は豹変。
「親戚一同嫌いだ。中でもカホコが一番大っ嫌いだ」とひどい言葉を浴びせる。
その言葉にショックを行けたカホコは思わず耳を塞いでしまう。

初の優しさ

家に戻ると、良い医師を紹介できるかもしれないという正高のところへ、節が相談に来ていた。
糸の様子を聞かれるも、本当のことが言えずに挙動不審なカホコ。
糸ちゃんのお見舞いはどうだったかと聞きに来た初は、様子のおかしいカホコを見て「酷いことを言われたか」と言い当てる。
「お前みたいな能天気な奴に慰められるのは一番むかつくからな。でも悪いことをしたわけじゃない!とりあえず思いっきり泣け」と胸を貸す。

あまりに大声で泣くカホコに戸惑うも、「これからもママに言えないことがあれば聞いてやる」と初。
泣きつかれて寝てしまったカホコをおぶってマンションまで行くと、心配して迎えに来た正高と泉に出会ってしまう。

感想

第2話がが終了しました!
いや~、糸ちゃんの豹変ぶりには驚きましたね。
本当に本気で頑張っていたからこそ悔しいのでしょうが、あそこまでとは。
カホコのいらぬアドバイスにイラつき、本音が出ましたね。

カホコに浴びせた言葉の中に、「お前ら庶民の前でなんでチェロ演奏しなきゃならないんだ」というなんとも上から目線のセリフがあるのですが、普段から見下していたということでしょうね。
自分は特別だと。

糸の言葉を受け入れられないカホコが思わず耳をふさいだシーン。
序盤に布石が売ってありました。
初めのアトリエで「ムンクの叫び」を見たカホコは、「ムンクが叫んでいるのではなく、周りの叫びに耐えられず耳をふさいでいるんだ」と教えられます。
あの時のカホコはまさに「ムンクの叫び」状態。
今後カホコと糸の関係がどうなってしまうのか、話のポイントになってきそうな予感です。

ところで、糸を襲った悲劇で急に張り切りだした泉。
正高が、「なんか張り切ってないか?」と心でつぶやくのですが、同じこと思いました。
第1話の誕生会で糸がチェロの演奏をした時も、節からコンクールのお誘いを受けた時も、いまいち乗り気でない泉でしたので、糸のことをあまりよく思っていないのかもしれないですね。
カホコと違い、才能に溢れる糸を疎ましく思っているように感じました。

そして、今回はカホコと初の距離が縮まりましたね。
この前まで全く知らない人通しだったのに、泣いたカホコに胸を貸す程にまで距離が縮まりました。
この二人、将来的には恋愛関係になるのではと思っているのですが、正直どうやったらそうなるのか?と疑問でした。
しかし今回のシーンを見て、二人がどんどん親密になるんじゃないかなと予想できます♪

今のところ、カホコがぐいぐい行っている感じですね。
今のところ、恋愛感情があってのことではなさそうですが、カホコがこれだけ素直に振舞える初ですので、すでに大きな存在になっていそうです。

それが証拠に、次回第3話では、初のことでカホコがブチ切れます(笑。
今まで反抗したことがなかったカホコがなぜ!?
どんな展開になるのが、次回が楽しみです!

『過保護のカホコ』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月8日(火)時点のものです。


スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP