獣になれない私たち(けもなれ|2話)のあらすじ・ネタバレ・感想~晶と京谷の馴れ初め~ | VODの殿堂

ドラマ

獣になれない私たち(けもなれ|2話)のあらすじ・ネタバレ・感想~晶と京谷の馴れ初め~

   
 

タイトル:獣になれない私たち(2話)
放送局:日テレ
キャスト:新垣結衣、松田龍平、田中圭、菊池凛子、黒木華、山内圭哉、犬飼貴丈、伊藤沙莉、近藤公園、松尾貴史、一ノ瀬ワタルなど
視聴したVOD:hulu(2018年10月17日時点では視聴可)

獣になれない私たち(1話)のあらすじ・ネタバレをチェックする

前回、どんな事にも笑顔で我慢し続けていた晶。
恒星に「バカになれたら、楽なのにね。」と言われ、遂に九十九に業務改善要求を突きつけ、反撃した。
今回、休暇を取る晶は、責任感のない部下達に頼られる。
一方、恒星は何やらヤバい仕事を頼まれており…。
反撃開始の晶は、本能のままに生きられるのか!?
2話のあらすじです。

あらすじ

〈突然の告白〉

我慢し続けていた晶は、九十九に業務改善要求を突きつけ、休暇を取る。
久しぶりの休暇に気分が晴れ晴れしていたが、夢子から連絡がある。
上野が大事な契約書を持ち帰ったまま、無断欠勤している為、助けて欲しいという頼みだった。
頼まれると放っておけない晶は、上野のマンションを訪れる。
上野は弱気な発言を繰り返し、慰める晶。
すると、上野が突然
「深海さんの事、好きになってもいいですか?」
と、告白する。
会社に好きな人が出来れば、仕事の活力になり、希望も持てるという理由だった。

〈呉羽のファン〉

晶は5tapで、マスターと恒星に会社の事を愚痴っていた。
晶は、本能のままに生きる呉羽のファンになった事を伝える。
呉羽は結婚相手と出会った時に
「鐘の音が聞こえた。」
と、言っており、晶はその音がどんな音なのか知りたいと話す。
後日、恒星は呉羽に会う用事があった為、鐘の音の事を聞く。
呉羽は
「聖アンドレ教会の鐘の音が響き渡ったの。」
と、教えた。
恒星がスマホで音を検索しようとすると、呉羽は
「そうじゃない。そんなので聞いても分かんないよ。頭の中全体で、鳴る感じよ!」
と言う。

〈ヤバイ仕事〉

恒星は、会社社長:勝俣(八嶋智人)に、粉飾した税務申請書に担当税理士として、ハンコを押して欲しいと頼まれる。
恒星が断ると、それ以降、付きまとわれ、どこかれ構わず、土下座され、手を焼いていた。

〈嘘をつく晶〉

晶は、以前、京谷の職場で派遣社員として働いていた。
気配りが出来る晶は、社員に好かれ、退職しても、バーベキュー会などに呼ばれていた。
今回も参加していると、京谷の後輩が
「2人、同棲してるんですよね?」
と言う。
以前、京谷は、同居人が電気代をよく使うと、後輩に愚痴っていたのだ。
京谷が焦っていると、晶は話を合わせ、同棲していると嘘をついた。
晶は皆の元から少し離れ、1人になった。
京谷がそばに来て、嘘をつかせてしまった事、ずっと待たせている事を謝る。
晶は少し沈黙し
「他の人、好きになりたい…、なんて…。」
と言いかけると、京谷は晶を抱きしめた。

〈2人の出会い〉

晶が派遣社員で入ってきた時、よく気がつく晶に、京谷は感心していた。
仕事も残業してまで手伝ってくれ、京谷はお礼に晶をご飯に連れて行く。
プライベートな事も話すようになり、一緒にいる時間が楽しかった。
お互い交際相手がいたのだが、その交際相手が仕事が続かないという同じ悩みを抱えており、晶と京谷は意気投合した。
その時の京谷の彼女が朱里だった。
朱里は精神的病んでおり、京谷は次の仕事が見つかるまでの間、家に住ましてあげる事にした。
この事を晶に話すと
「すごい。花井さん尊敬する。絶対彼女さん幸せだと思う!」
と言う。
それから2年後、晶は退職する事になり、送迎会が開かれた。
皆に愛されていた晶は、たくさんの人に集まってもらい、最後にお礼をし、解散した。
1人で帰っていると、京谷が追いかけて来て、2人でカフェに入る。
性格が合う2人は、時間を忘れるくらい楽しく会話し、閉店時間まで一緒にいた。
店を出ると、雨が降っており、バスももうなかった。
タクシーで送るという京谷だったが、晶を見つめ、キスをした。
2人は何度かキスをし、京谷は晶の手を握った。

〈納得しない朱里〉

京谷は家に帰り、マンションの物件を朱里に見せる。
引っ越し代、向こう1ヶ月分の生活費を出すから出て行って欲しいと、頼んだ。
朱里は
「それからはどうやって生活すればいいの?仕事が決まるまで待ってくれるって言ったじゃない!勝手だよ!?」
と、納得していなかった。

〈鐘を聞きに行く〉

勝俣は5tapの前で、恒星に土下座をしていた。
キツい言い方で断る恒星を目撃した晶は
「そんな言い方、ないと思う!」
と、止める。
恒星は先の事まで考えて言っており、恒星の言い分も理解出来たが、やっぱり放っておけない晶は、勝俣に寄り添う。
恒星は晶に
「その人の人生相談、乗るつもり?」
と、声をかけ、晶は決死の思いで、放って行った。
恒星は呉羽に聞いた鐘の音を晶に伝えた。
晶がスマホで検索しようとすると、恒星は
「そういう事じゃないんだって。」
と、教える。
翌日、晶と恒星は2人で呉羽が言っていた教会を訪れた。
しかし、予定時刻になっても、鐘が鳴らない。
確認を取ると、住人からうるさいと苦情があった為、今は鳴らしていないらしい。
拍子抜けしていると、町内放送が鳴った。
5tapで呉羽に、鐘を聞きに行った事を報告すると
「イメージの話だよ?そうやって頭でっかちに考えるから、ダメなの。」
と言い、笑ってバカにされた。

〈まさかの昇進〉

三連休の有給が終わり、出勤すると、上野に見つめられた。
九十九は、今までの行為を反省し、晶に謝罪する。
晶が胸撫で下ろした時、九十九は
「深海晶を営業部の特別チーフクリエイターに任命する!昇進する事になりましたぁ。内容はまたおいおいなっ。」
と言う。
晶が動揺する中、同僚達は拍手をし、喜んだ。

〈ブラックな仕事〉

恒星は勝俣を呼び出し、赤字と知りながらハンコを押す事は出来ないが、破産せずに済む方法を教える。
勝俣は感謝し、礼を述べる。
去り際に
「聞いていた話と違いました。ここに来れば、どんなブラックな案件でもハンコを押してくれるって、聞いてたんで…。」
と言われ、恒星は顔色が曇った。
後日、恒星の事務所にスーツ姿の男が、300万の札束が入った封筒を持って来た。
恒星は金を確認し
「ハハハ。安…。どうしましょうねぇ。」
と、言い捨てるのであった。

感想

今回は、九十九の登場が少なかったからか、初回よりも息は詰まりませんでした。
晶も少しずつですが、気持ちを言えるようになってきました。
九十九の傲慢さも腹ただしいですが、夢子の責任転嫁する所や何でも晶頼りな所も観ていて、イライラします。
京谷は朱里と別れて、4年になるそうですが、朱里は家でネットゲームばっかりして、仕事を探しているようには、見えません。
それなのに晶と付き合いながら、4年も同棲しているなんて、ありえません。
京谷からすれば、優しさで突き放せないのかもしれませんが、晶の気持ちを優先するべきです。
晶が「他の人、好きになりたい。」と言った時、スッキリした気持ちになりました。
このまま恒星と急接近する展開になると思ったのですが、鐘の音を聞く事が出来ませんでした。
恒星は毒舌で、あまりいい所は、今の所見受けられませんが、晶は恒星のどんな所に惹かれていくのかも、今後の見所ですね。
恒星のヤバい人との、お金のやり取りも気になります。
次回、昇進させられた晶の仕事は、一向に減らず、また心をすり減らします。
疲れ切った晶の家に、京谷が泊まりに来るのですが、逆ギレした朱里が暴れたと聞かされ、晶は何も言えません。
また我慢し続けてしまうのでしょうか。

獣になれない私たち(3話)のあらすじ・ネタバレをチェックする

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP