獣になれない私たち(けもなれ|1話)のあらすじ・ネタバレ・感想~本音を我慢し、笑顔を振りまく晶~ | VODの殿堂

ドラマ

獣になれない私たち(けもなれ|1話)のあらすじ・ネタバレ・感想~本音を我慢し、笑顔を振りまく晶~

   
 

タイトル:獣になれない私たち(1話)
放送局:日テレ
キャスト:新垣結衣、松田龍平、田中圭、菊池凛子、黒木華、山内圭哉、犬飼貴丈、伊藤沙莉、近藤公園、松尾貴史、一ノ瀬ワタルなど
視聴したVOD:hulu(2018年10月10日時点では視聴可)

獣になれない私たちは、『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』など、多くのヒット作を手掛けてきた野木亜紀子さんが脚本を担当しており、放送前から期待されているドラマだ。
原作はないオリジナルストーリーで、自分らしく、本能のままに生きていく為に、一歩を踏み出す姿を描いたラブストーリー。
IT系企業に勤める晶は、常に笑顔を絶やさず、仕事も完璧。
だが、本音が言えずに、我慢する事が多かった。
そんな晶の行きつけの店で、世渡り上手で仕事も順調だが、実は誰も信用しておらず、本気で人を愛せない恒星と出会う。
晶はある事をキッカケに、恒星に悩みを打ち明ける…。
頑張っている大人に、トキメキと勇気を与える新感覚のラブストーリーを期待しています。
第1話のあらすじです。

あらすじ

〈いつも笑顔の晶〉

常に笑顔で周りに気を遣い過ぎる深海晶(新垣結衣)は、誰からも好かれ、愛されている30歳。
晶の恋人:花井京谷(田中圭)と、クラフトビールバー:5tapで飲んでいた。
そこで、世渡り上手で毒舌、会計士・税理士の根元恒星(松田龍平)と、恒星の元カノ:橘呉羽(菊池凛子)も飲んでいた。
呉羽はつい最近まで恒星と付き合っていたが
「結婚する事になったから。」
と言い、恒星は驚く。
突然の告白に初対面の晶達も驚いていたが、その場のノリで一緒に結婚祝いする事になった。
交際0日で結婚を決めた呉羽に、5tapのマスター:タクラマカン斎藤(松尾貴史)が、恒星との付き合いについて聞くと、呉羽は
「私と恒星は、お互い大して好きじゃなかったから。」
と言う。
晶は、この言葉に違和感を感じていた。

〈晶の職場〉

晶は、ツクモ・クリエイト・ジャパンというECサイト構築会社の営業アシスタントをしており、せっかちな豪腕社長:九十九剣児(山内圭哉)の無理な仕事にも笑顔で対応し、無気力な部下:上野発(犬飼貴丈)のサポートも嫌な顔せず、行っていた。
九十九は、ボンクラな上野の仕事を全て晶に押し付け、有無を言わせない典型的なパワハラ社長だった。
そのせいで、営業部長、社長秘書が辞め、全ての業務も晶に回ってきてしまった。

〈毒舌な恒星〉

仕事のストレスを抱えた晶が、5tapに行くと、恒星が1人で飲んでいた。
晶が
「お互い大して好きじゃなかったって、どういう事ですか?」
と聞く。
恒星は、自分の余命が短いから結婚出来ないと適当な嘘をついた。
重たい雰囲気になり、晶が帰った後、恒星は
「何あれ?暇な女の野次馬好奇心?」
と、マスターに言う。
マスターは、晶はマリッジブルーに陥っていると、話す。
恒星は
「キモ。お綺麗だけど、あの完璧な笑顔がなんか嘘っぽくて、キモい。」
と言うと、帰ったと思っていた晶がトイレから出てきた。
晶は笑顔で5tapを後にし、マスターは聞こえてなかったと安心していたが、実は聞こえていた。

〈良好な関係の恒星と呉羽〉

呉羽は自分の会社を設立する為、恒星は顧問税理士をする事になった。
呉羽は体の相性が良かった恒星を誘うが、恒星は断った。
そこにラーメン屋の店員:岡持三郎(一ノ瀬ワタル)が出前を持って来て、呉羽に求愛する。

〈京谷の母との会食〉

晶は相変わらず、九十九にこき使われ、何でも笑顔で完璧に仕事をこなす為、他の社員も頼りっぱなしだ。
仕事をこなし、疲れ切った晶はバスを乗り過ごし、京谷の母親:花井千春(田中美佐子)との会食に遅刻してしまった。
千春は気さくだが、物事をぶしつけに聞き、晶は少し困っていた。
千春は、晶の両親の話を強引に聞き出そうとする。
事情を知っている京谷が千春を止めるが、晶は両親の事を話し出した。
晶の父親は、暴力を振るう男で、晶が高校生の頃、交通事故で亡くなった。
それから、母親はマルチ商法に手を出し、貯金を使い果たす。
晶の友達や会社にも勧誘を始めた為、母とは縁を切り、それ以来、6年間会っていない。
その事を聞いた千春は
「なんだか仲良くなれそう。」
と言い、連絡先を交換した。
千春は晶に
『これからよろしく!京谷の部屋に引っ越しちゃえば?1人暮らしには、広すぎる部屋よね。』
と、メールする。
晶はそのメールを見て
「1人暮らしならね…。」
と、呟いた。

〈京谷の部屋に住む女〉

帰宅した京谷。
部屋は散らかっており、京谷は苛立ちながら、部屋の一室へ向かう。
そこには、随分前に別れた彼女:長門朱里(黒木華)がネットゲームをしていた。
京谷が彼女を母親に会わせた事を伝えると、朱里は
「へぇ、どうだった?私は、お母さんに嫌われてたもんね。」
と言い、ネットゲームを続けた。

〈身を削る晶〉

晶は、千春からの終わらないメールにうんざりしていた。
上野が重大なミスを犯し、九十九は激怒するが、上野は体調不良で帰り、尻拭いを晶が行う。
ギリギリの状況でミスを補い、一件落着だと思った時、九十九から電話があり、怒鳴られる。
明るいが仕事をナメている営業の松任谷夢子(伊藤沙莉)のミスの件で、九十九は怒っていた。
夢子が謝罪に行くと、余計クライアントを怒らせる為、晶に行くよう指示する。
晶がクライアントに謝罪に行くと、クライアントは
「担当、松任谷さんから深海さんに変えてよ。それが出来ないなら、土下座して。…なーんちゃって。」
と言い、晶は迷わず土下座した。
晶は夢子のミスを補う為に、SEチームリーダー:佐久間久作(近藤公園)に、アプリのデザインの仕事を頼む。
晶の頑張りを知っている優秀な佐久間は、晶の頼みなら、多少の無理は聞いてくれる。

〈作らず話す晶〉

晶はいろんな人に気を配り、ふと息苦しさを感じた。
九十九からの怒りメール、千春からのかまってメール、クライアントからのセクハラ電話に、嫌気がさした晶は、無意識に駅のホームから線路に吸い込まれていく。
電車の到着する音で我に返った。
晶は自分の行動に呆然としながら、タクシーで5tapへ向かった。
そこに、恒星がいて、晶は人目も気にせず、ビールを3杯ガブ飲みする。
いつもと様子が違う晶に、恒星は
「いつものキモい笑顔は繰り出さないんですか?」
と聞くと、晶は
「そっちは、デマかせは繰り出さないんですか?」
と、冷たく答えた。
続けて晶は
「恋がしたい。誰かに恋をして、すごく好きになれたら…、新しい恋が出来たら、なにか変わるのかな?」
と、呟いた。
5tapの帰り、恒星は晶に
「俺の事務所、寄ってく?彼との詳しい事は知らないけど、ここから始まる恋もあるかもしれない。」
と、誘う。
晶は
「私、バカじゃないんで。」
と、断ると、恒星は
「バカになれたら、楽なのにね。」
と言い、帰った。

〈本音で生きる〉

晶は、新しい服と派手なブーツを買う。
奇抜なファッションに、大きいサングラス、今まで晶が着た事がないよう服を着て、出社する。
周りの社員は、口を開けて驚き、固まった。
晶は九十九の元へ向かい、自分の業務内容の改善要求の資料を渡し、ものすごい目力で挨拶をするのであった。

感想

獣になれない私たちの第1話の感想は、とりあえず息が詰まりそうでした。
自分が悪くないのに九十九に怒鳴られる晶が可哀想で、観ていて辛かったです。
山内さんが本気で嫌いになりそうでした。
京谷が朱里を家に住まわせている事を晶は知っているようでしたが、京谷を問い詰めてはいないようです。
京谷も晶と4年も付き合っているんだから、覚悟決めろよと、観ていてイライラしました。
松田龍平さんが相手役を演じるのは、一体どんな風になるのか楽しみにしていましたが、役に合っていて、しっくりきました。
ガッキー相手に「笑顔がキモい。」って、ぶっ飛ばしてやろうかと思いましたが、世渡り上手の恒星は、実は誰も信用していない感じが、松田さんっぽいなと思いました。
これだけドラマに入り込めるという事は、それだけ皆さんの演技が上手いという事ですね。
自分を変えたいけど、勇気の出ない人が観て、共感出来るし、応援したくなるようなドラマになっていく事を期待しています。
次回は、突如変わった晶に驚く九十九に、晶は思っている事を我慢せずに伝えます。
また、上野に「好きになってもいいですか?」と、謎の告白をされます。
根っからの気配り上手の晶は、本能のままに生きる事が出来るのでしょうか。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP