勇者ヨシヒコと魔王の城(11話)あらすじ・ネタバレ・感想〜城下町に馴染むヨシヒコたち〜 | VODの殿堂

ドラマ

勇者ヨシヒコと魔王の城(11話)あらすじ・ネタバレ・感想〜城下町に馴染むヨシヒコたち〜

   
 

タイトル:勇者ヨシヒコと魔王の城(11話)
放送局:テレビ東京
放送期間:2011年7月8日~9月23日
キャスト:山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ、宅麻伸、佐藤二郎、岡本あずさなど
閲覧したVOD:hulu(2017年11月13日時点では無制限で見放題)

いよいよ今回と最終話で終わってしまう勇者ヨシヒコと魔王の城。
すべての装備を手に入れ、ヒサにも背中を押してもらい、空飛ぶじゅうたんで魔王のいる城下町へたどり着いたヨシヒコ一行。
魔物の蔓延る闇の世界だと思っていたが、意外にも楽しい街だった。
もしかすると、これも魔王の思惑はなのだろうか!?
果たしてヨシヒコはこんな環境の中、無事魔王を倒すことができるのだろうか!?
見逃せない第11話のあらすじです。

『勇者ヨシヒコと魔王の城』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年12月29日(日)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

【楽しい城下町】

いよいよ魔王の城下町にたどり着いたヨシヒコ一行。
思っていた城下町ではなく、現代の東京都心のように、大きいビルが立ち並ぶ城下町だった。
ここで魔王を探すのだが、珍しいものや楽しいものがいっぱいでムラサキやメレブ、ダンジョーはついつい楽しんでしまっていた。
そんな中ヨシヒコは、魔王の世界で作られたものには毒が入っているかもしれないため食べない。
断じて食べないと断っていたが、一口食べるとクレープやラーメンのあまりの美味しさにハマってゆくのであった。

【馴染みゆくヨシヒコ】

広すぎる町で魔王を見つけることができないため、手分けして探し、1日1回決まった場所で集合し、報告し合うことになった。
野宿をしていると警察官(賀来賢人)に職務質問され
「こんなとこで寝ていたら捕まるよ。変な格好してても捕まっちゃうよ。」
と言われ、ヨシヒコは現在の時代の服装で生活し、高級賃貸も借りて城下町に馴染んでいた。

【楽しんでいる3人】

メレブはメイド喫茶で満喫している。
ここでも新しい呪文メラチンを覚えた。
冷めた料理をちょうど良い温度にしてくれる呪文だ。
ムラサキはというと、オシャレなワンピースを着てナンパされたり、モデルの仕事をしている。
ダンジョーはキャバクラ通いに明け暮れている。

【生きるために働く】

ヨシヒコは家でクーラーのかかっている部屋が快適すぎてマンションから出ていない。
しかしお金もなくなり、高級マンションの家賃を支払うため、居酒屋のバイトの日々に明け暮れる。
そこで出会ったバイト仲間と一緒に頑張り、絆が芽生えている。

【仏登場】

居酒屋に仏が現れた。
ここでは初めて肉眼で仏を確認できた。
「おめぇさんの仕事はなんだ?」
と言われるが、ヨシヒコは全力で居酒屋のバイトだと言う。
お前の仕事は魔王を倒すことだと説得されるが、ヨシヒコは
「この城下町は食べるものもおいしいし、部屋も涼しいし、こんなに便利な生活になんの不満もない。正直私は魔王のことを大好きになっています。」
とまで言った。
しかしそれは魔王の策略、戦意を喪失させることが目的なのだ。
それでもヨシヒコは魔王のことが大好きだと言ったため、仏ビームを喰らわし、目を覚まさせた。

【ダンジョーを説得】

やっと魔王を倒す使命を思い出し、この生活が手放せなくなっている他の3人を探しに行く。
ダンジョーのもとへ説得しに行くが、キャバクラへ同伴出勤をする時だったため断られるが、なんとか説得できた。

【ムラサキを説得】

ムラサキは女優になり伸-SHIN-ドラマの撮影を楽しんでしていた。
ヨシヒコはムラサキに魔王を倒す使命を忘れるとは言語道断だ!と言う。
ムラサキは
「お前、何回忘れたよ!?」
と言うが、ヨシヒコの熱意により説得できた。

【メレブを説得】

メレブはメイド喫茶の店員に惚れられていると思い込んでいる。
結婚して一緒に魔王を倒しに行こうと言うが、惚れたふりをしする仕事なんだよとブチ切れられた。
2度とくんなよ、夜露死苦と言われてしまい我に返った。

【魔王の城へ】

4人は無事使命を思い出し、勇者の服に着替えた。
ムラサキは新しい呪文を覚えた自覚があると言う。
ヨシヒコにかけてみるが何も起こらない。
魔法使いの暦が短いため扱いきれていないようだ。
これでやっと4人が揃い、魔王の城を探し始めた。

感想

なんとやっとヨシヒコは仏の姿を肉眼で見ることができました。
なぜ最終回を目前にと言う感じですが、しかもそこまで驚くことがなく普通に話していましたね。
今回も勇者としての使命を忘れてしまったヨシヒコですが、他の3人を説得し勇者としての使命を思い出させると言ういつもとは逆の展開になっていて新鮮で面白かったです。
しかも部屋の涼しさが快適すぎて魔王を倒すことを忘れてしまうと言う今回も不純な理由でした。
ムラサキがドラマを撮っていた現場は実際に勇者ヨシヒコと魔王の城の撮影スタッフが演じていたそうで、その中に福田監督もいましたし、カメラマンの台車をしているのはムロツヨシさんだったそうです。
私は全然気付かなかったので、もう一度見て確認したいと思います。
これを知らずに気付いた場合、すごくテンションあがりますよね。
最後に何やらムラサキが新しい呪文を覚え、ヨシヒコにかけたが何も変わらず…
しかし最終回を目前にこのような呪文を覚えると言う事はもしかするとこれは魔王には効くすごい呪文なのかもしれません。
やはりメレブよりもムラサキの方が優秀な魔法使いになったようですね。
さて、いよいよ次回が最終回。
もう勇者としての使命を忘れることがないように、ヨシヒコを筆頭に魔王を倒してください。
魔王を誰が演じるのかも注目です。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP