「シークレット・ガーデン」第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~カッコいいライム~ | VODの殿堂

ドラマ

「シークレット・ガーデン」第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~カッコいいライム~

   
 

『シークレット・ガーデン』を無料配信している配信先一覧

※画像をクリックすると配信先が開きます。


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額

31日間無料 初回31日間無料

ポイント
現在、提供しているサービスがありません。

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※配信状況は2020年4月22日時点のものです。

放送局:韓国SBSテレビ、BS-TBS他
放送期間:2010年11月13日~2011年1月16日(全20話)
キャスト:ヒョンビン、ハ・ジウォン、ユン・サンヒョン、キム・サラン、イ・ジョンソク、ユ・インナ、イ・フィリップなど

念願のハリウッド映画のオーディションを受けることになったライム、入れ替わっているジュウォンに必死で演技を教えますが…
直前に元に戻って自分自身の体と魂でオーディションに出られると喜んだのも束の間、入れ替わる前にエレベーターに乗っていたことを思い出し…

「シークレット・ガーデン」第16話のあらすじと感想をご紹介します。

あらすじ第16話 エレベーターの記憶

俺を信じろ

オーディションどころではなくなったライム、すぐにアヨンに電話をしてキム秘書に伝えてと言い、救急車を手配する。

ライムが病院に行くと、ジヒョンが秘書に、憶測記事が出ると困るから過労だと発表しろと言ってる、あの様子じゃ大丈夫よ、と。
ホッとして病室に入るライム、ジュウォンは、何故エレベーターに乗った?乗れないと言ったじゃないか、聞き流したのか、と怒る。
ライムは、ごめんなさい…あなたもエレベーターに乗れるところを見せようと…止まるとは思わなくて…ほんとにごめんなさい…と泣くライム。

ライムを抱き寄せ、悪かった…もう会えないかと思った、とジュウォン。
涙が止まらないライム、死んじゃうのかと…すごく怖かった…と。

ライムがオーディションを受けずに来たことを知ったジュウォン、すぐにライムとオーディション会場に向かうが既に終わったあとだった。
オスカーは、チェリの証言のおかげで無事盗作疑惑が晴れて一躍時の人に。
ジュウォンとライムはライムの部屋に、俺がオーディションを受けさせる、奇跡を起こしてやるとジュウォン、俺を信じろと。

はぁ~とにかく無事でよかった~
でも、ライムの長年の夢であるハリウッド映画のオーディションを受けれなかったけど…
ジュウォンの言う奇跡は、本当に起こるの?

韓流スターの人脈

ライムの部屋を出たジュウォンを、イム監督が待っていた。

ジュウォンをライムだと思って話しかけるイム監督、オーディションはどうした?ヤツが気まぐれを起こしたか?ヤツはどこだ?と聞く。
目の前にいる、元に戻ったとジュウォンが言うと、今、キムジュウォンなんだな?と確認をして一発殴るイム監督。

ジャクソン映画監督が日本にいると聞いたジュウォンは、韓流スターのオスカーの人脈を頼りに、監督の宿泊先と監督への直通の電話番号を聞き出してもらう。

ジャクソン監督に電話をかけ続けるジュウォン、50件以上も電話をしたかいがあり監督に通じる。
韓国の素晴らしい役者を見逃した、彼女は瀕死の人を助けるために一生に一度のチャンスを逃したと説明するジュウォン。

チャーター機を羽田空港に送り、ジャクソン監督にライムのスタントアクションを見せるジュウォン。
ジュウォンは会社に戻り、パク常務にエレベーターを意図的に止めたのかそれとも事故か、と聞くとすぐにわざと止めたと認め辞表を出すパク常務。

人殺しより失業者がマシ、ご無事で何よりですと、パク常務、辞表を受理するジュウォン。

ジュウォンのしつこい?電話攻撃が功を奏してジャクソン監督に見てもらえたライム…
オスカー役のユン・サンヒョンさん、日本語上手に話してました、ア・イ・シ・テ・ル・ヨーが可愛いかった(笑)

天の声?

スクールの帰り支度をするライム、ライムのお父さんの声…オーディションのことは忘れろ、あれは受けてはならなかった…と、結果として受けてないからひと安心だと、お父さん…

ヨガ教室に通うスルの元に、オスカーが来てスケッチブックの文字を見せる。

この中で一番可愛いぞ二番目は俺だ、と書いた文字をニコニコして見せるオスカー、周りがざわざわする。

オスカーはテソンを呼び出し、スルの事務所に入らないんだったらうちに来いと誘うがあっさり断られる。
テソンのヘッドホンを聞くと自分の曲で思わず笑みがこぼれるオスカー。
オスカーを訪ねたライムは、ジュウォンが21のときにつらい目にあってうつ病にまでなった。

それはもう悲惨で誰とも口を利かなくなった、自己防衛で記憶も消していると…だからケンカしてわざと怒らせたりした、何があったかは本人に聞いてくれと言う。
それでいつも負けてあげていたんですね、とライム。

ライムの部屋、ジュウォンはこれからは自分のことだけを“オッパー”と呼べと言う。

あの、ライムのお父さんの声が気になります。
オーディションを受けてはならなかった…とは?
これに受かればよくないことが起こるのかな…

父の命日

オスカーは、スルとのスキャンダル記事が新聞に載り、それをスルに見せる。
スルは、すぐに否定しないと、事実無根だと言わなきゃと言う。
オスカーは、それも昔俺が強要してたことだな…自分に都合の悪いことは忘れていた、とオスカーは公衆の面前でスルを抱きしめる。

ジュウォンは、ライムの父親が亡くなった日と、俺が21のときに交通事故にあった日が同じなんだと、オスカーに言う。
そんな偶然はよくある、とオスカーは言うが、ジュウォンはエレベーターの事故だろ?と、答えないオスカー。
ジヒョンにも同じことを聞くが、やはり答えない。

父親の命日に納骨堂へ行くライム、すると父親のお墓の前にジュウォンの母がいることに驚く。
キル・イッソンは、私の父です、父をご存知ですか?とライムに言われ、ライム以上に驚愕するジュウォン母。
スクールにライムを迎えに来るジュウォン、ライムに憧れている生徒がワイヤーで吊られているのを見て俺にもできると挑戦する。

帰り道、アヨンからジュウォン母が来ているとメールを受けるライム、ジュウォンに追加で撮影が入ったと嘘を言い、家に帰るとジュウォン母が、弱みを握られる前に敢えて教えに来たわ、と言う。

ジュウォンが21歳のとき、事故が…本人は交通事故だと思ってる…ショックで記憶がないの、息子を助けた消防士が殉職したの…だから納骨堂であなたと私が会ったの、そうよ、その消防士はあなたのお父さんよ、お金を払うからこのことで息子を縛らないで…お願い…

ライムにとってまさかの出来事でした。
ジュウォン母の先回りの意味、ちょっと怖いです…

まとめ

パク常務、根っからの悪人じゃあなかったですね。
今後は、改心して自分の欲にばかり走らないようにしてほしいです。
もう出てこないのかな、そう思うとちょっと面白かったシーンもあったなぁと…(爆)
ジュウォン母は、息子を自分の命と引き換えに助けてくれた人が、ライムの父親だったとしても、二人を許すことはないでしょうね。
まだまだ何かと難癖をつけてきそうな気がします。
17話をお楽しみに。

その他の『シークレット・ガーデン』のネタバレ・あらすじも読まれています

『シークレット・ガーデン』を無料配信している配信先一覧

※画像をクリックすると配信先が開きます。


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額

31日間無料 初回31日間無料

ポイント
現在、提供しているサービスがありません。

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※配信状況は2020年4月22日時点のものです。


 
スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP