勇者ヨシヒコと魔王の城(8話)のあらすじ・ネタバレ・感想〜ヨシヒコ、アイドルになる〜 | VODの殿堂

ドラマ

勇者ヨシヒコと魔王の城(8話)のあらすじ・ネタバレ・感想〜ヨシヒコ、アイドルになる〜

   
 

タイトル:勇者ヨシヒコと魔王の城(8話)
放送局:テレビ東京
放送期間:2011年7月8日~9月23日
キャスト:山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ、宅麻伸、佐藤二郎、岡本あずさなど
閲覧したVOD:hulu(2017年11月7日時点では無制限で見放題)

魔王に立ち向かうため天女の羽衣、無敵の靴、鬼神の兜、ドラゴンの盾を仲間の助けもあり、順調に装備を手に入れているヨシヒコ。
今回は賢者の鎧を手に入れるようだ。
お決まりの盗賊は6話でも登場した鬼嫁を持つ盗賊(古田新太)だが、今回はきちんと家事を済ませて、戦いに挑んできているのだろうか。
それともまた鬼嫁の乱入により、戦いは中断してしまうのだろうか。
盗賊、鬼嫁、ヨシヒコとの掛け合いにも注目です。
第8話のあらすじです。

『勇者ヨシヒコと魔王の城』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年12月29日(日)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

【再び現れた盗賊】

6話でも登場した鬼嫁の妻を持つ盗賊(古田新太)が現れる。
6話で持っていた銃は、嫁に壊されてしまったようだ。
今度は剣で襲ってこようとするが、後ろから鬼嫁が飛び蹴りで登場し、ベッドの下に隠してあったエロ本が見つかり、また叱られている。
エロ本を見るくらいなら、私を抱けよ!と言われ、盗賊は土下座をして謝っている。
ヨシヒコは部外者なのに
「もっと頭を下げた方がいい。」
と盗賊にアドバイスしている。
相手にしてられない一行は、仏のお告げに従い、賢者の鎧がある村へ向かった。

【職業が変えられる神社】

アキバラの村に到着した。
アキバラの村にはダーマ神社があり、ここでは職業が変えられる。
ヨシヒコは戦士、ムラサキは魔法使い、メレブは僧侶、ダンジョーは武闘家になるという。
紙に母印を押すだけで、希望の職業を身につけらるらしい。
ヨシヒコが母印を押そうとした瞬間、ムラサキに体を押され、アイドルの欄に母印を押してしまった。

【アイドルへの道】

その途端ヨシヒコはその場から消え、違う部屋に移動していた。
そこにはアキーモ(三上市朗)がいて、ヨシヒコはアイドルになんてなりたくないと主張するが、ダンスレッスンとボイトレをするよう命じられた。
アキーモは
「世界の平和のために生きて、女の子にもモテるようになるのはどうだ?」
と言われ、ヨシヒコはアイドルになるため特訓している。
ダーマで選んでしまった職業は、逃げたくても逃げられないようになっているのだ。

【新しい勇者】

ヨシヒコがいなくなり、3人は鎧の在り処を探す。
賢者の鎧は、南の山に住んでいるギガンテスが持っているという情報を得た。
ヨシヒコ抜きでギガンテスを探しに行こうとすると、ポンジ(川久保拓司)が出現した。
ポンジはレベル99まで極めた元遊び人で、転職の際にノリでで勇者になったという。
ヨシヒコの代わりにポンジと旅に出たムラサキ達ですが、ポンジは泥や雨が苦手で一切戦わない。
そんな中、メレブは笑いすぎて死んでしまうゲラという呪文を覚えた。
ポンジに呪文をかけるが、ポンジは一切笑わない。
基本メレブの呪文がかかるのは、純粋なヨシヒコだけなのだ。
ポンジに誘われて、メレブとダンジョーは合コンをして楽しみ、それをみてムラサキは呆れている。
なかなかギガンテスを見つけられず、ポンジは勇者であることが嫌になり、勇者をやめてしまった。

【アイドルとしてのヨシヒコ】

ポンジがやめたため、勇者になれるカードが残っている。
やはり勇者はヨシヒコしかいないと思った3人は、ヨシヒコの元を訪れる。
ヨシヒコに勇者に戻れることを伝えたが、ステージに立って女の子の声援を浴びたヨシヒコは、アイドルとして生きていくことを決意していた。
「魔王なんてどうでもいい、モテながら生きたいのだ。」
と言い、ファンの元へ去って行ってしまった。
しかしアイドル総選挙で2票しか票が入らなかったヨシヒコはクビ。

【真の勇者】

ヨシヒコはすぐさまダーマ神社に走り、勇者に母印を押した。
何事もなかったかのように勇者に戻り、賢者の鎧を手に入れた。
仏が怒って出てきたが、話を聞かず逃げた。
その姿を極道の女になったヒサが木陰から見守るのであった。

感想

再び登場した鬼嫁をもつ盗賊。
前回よりもパワーアップした鬼嫁に今回も尻にひかれていました。
しかもあの年齢になってエロ本で土下座させられるって…笑
そして追い討ちをかけるように、ヨシヒコがもっと頭を下げたほうがいいと言い、鬼嫁とヨシヒコはなにか見えない絆で結ばれているようでしたね。
そして転職できる神社でそれぞれなりたい職業になったのですが、ヨシヒコだけ誤ってアイドルに。
山田孝之さんはイケメンですが、アイドルって感じではないですよね。笑
でも一生懸命レッスンしているのはキュンとしました。
やっぱりイケメンは得です。
そしてまたしても女の子の声援により、勇者としての使命を忘れるところでした。
ヨシヒコの根本にある女好きをどうにかしないといけません。
人気があると思ったのに総選挙で散々な結果。
その後のヨシヒコの手のひらを返したような態度には、笑ってしまいましたね。
そりゃ、仏も怒りますわ。笑
いつも最後に登場するヒサですが、今回は極道の女でした。
もしかして今後最終話に向けて、強い男の妻になって新たな仲間になるとか?
まさか魔王の妻になっているとか!?
何か意味がありそうですね。
今後の展開に期待です。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP