「ウォーキング・デッド」シーズン7第16話(最終話)のあらすじ・ネタバレ・感想~まさかサシャが!?~ | VODの殿堂

ドラマ

「ウォーキング・デッド」シーズン7第16話(最終話)のあらすじ・ネタバレ・感想~まさかサシャが!?~

   
 

タイトル:「ウォーキング・デッド」シーズン7第16話(最終話)
放送局:AMC
放送期間:2016年10月23日~2017年4月2日
キャスト:アンドリュー・リンカーン、チャンドラー・リッグス、ノーマン・リーダス、ソネクア・マーティン=グリーン、ジェフリー・ディーン・モーガンなど
閲覧したVOD:dtv(2017年9月29日時点では無制限で見放題)

衝撃のオープニングで始まった「ウォーキング・デッドシーズン7」も、とうとう最終話となりました。
サンクチュアリに捕らえられ、自殺用の毒薬を手に入れたサシャの運命は??
アレキサンドリアにいきなり現れたドワイトの目的って??
そしてリックたちはネーガンに勝てるの??
もう山場も山場ですね!!
でも、ここまできてようやくネーガン一派と対決ということは・・・
この戦争のメインストーリーは次のシーズン8になりそうですね(笑)

ではでは、「ウォーキング・デッド」シーズン7最終話のあらすじを紹介していきます。

『ウォーキング・デッド』シーズン7配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月5日(土)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

オープニング

サシャが暗闇の中イヤホンで音楽を聞いている。
回想でエイブラハムと再開
死んだはずのエイブラハムが登場し2人はキスをします。
夢の中はエイブラハムが死ぬ前日のようです。
マギーを医者のいるヒルトップに連れて行くと言うエイブラハム。
サシャは行かないでと止める・・・

独房でサシャをニーガンが勧誘

ネーガンがサシャの独房を訪れ、サシャに仲間になり手伝ってほしいと言います。
サシャは死ぬ必要はないが誰か数人は死ぬことになるだろうとニーガンは言い、それは大勢を守るためでもあると伝えます。
サシャは何をしたらいいのかと問いかける・・・

アレクサンドリアにきたドワイトとリックたち

リックはドワイトに銃を突きつけて何故きたのか問いつめています。

ドワイトはネーガンを殺して終わりにしたいと言い、自分がいればニーガンを倒せると作戦を話す。

タラやダリルは納得がいかずにその場でドワイトを殺そうとするが、ロジータが「サシャがニーガンに捕まった」と打ち明け、ドワイトの作戦に乗ることに。

リックはダリルに「あいつが嘘をついていたら俺達が終わりだ」とつぶやく。

サシャとニーガンの会話

ニーガンはリックたちを再び跪かせる作戦をサシャに伝える。
サシャが捕まっているところを見せ、おとなしくなったところをるシールで3人殺すという。
サシャは誰も殺さないでと言うがニーガンは引きません。
結局3人を1人にすることで話がついたのです。

ヒルトップでの話し合い

マギーはヒルトップの元リーダーグレゴリーがいなくなったことを伝え、サンクチュアリにリックたちの作戦がバレるのではないかと危惧をします。
そしてアレキサンドリアに加勢して戦うことを決断。

イーニッドはハーシェルの懐中時計をマギーに預け、ジュディスをつれて部屋を出て行きました。

王国の行動

キャロルは王国の兵士を引き連れて歩いている。
そこへベンの鎧を身にまとった単独行動を取るモーガンが現れ、エゼキエルと話します。

エゼキエルはニーガンを倒したいなら馬鹿な行動はやめて我々の対に加われと言い、モーガンは納得して隊列に加わり、アレキサンドリアに向けて行進する。

アレキサンドリアは戦争準備

同盟をくんだジェイディスたちがアレキサンドリアに到着。

着々と戦争に向けて準備をするアレキサンドリアの住人たち。
ロジータとアーロン、ダリルが爆薬の準備をしています。

ニーガンの一行

ドワイトの作戦で道に木を切り倒して足止めしますが、チェーンソーで強行突破しようとするニーガン軍。

合間にユージーンがニーガンに話しかける。
被害を最小にするためにアレキサンドリアを説得する時間をくれと提案します。
ニヤリと笑みを浮かべるニーガン。

アレキサンドリアの戦争準備は続く

着々と準備をすすめるアレキサンドリア。
壁の上でミショーンと同盟軍の一人が話をしています。
彼女はミショーンに不敵な笑みを浮かべて一言。

「私達が勝つ」

ミショーンはうなずきます。

サシャの回想

再びサシャの暗闇でのシーン。
エイブラハムと会話をしている回想をしています。
エイブラハムが殺されに行くのを必死で止めるサシャ。

場面は切り替わり、サシャとユージンのサンクチュアリでの会話。
サシャに自殺薬を渡したユージーンは、それを飲まないと言ったサシャがサンクチュアリ側についたと勘違いします。

「誰かの死は彼らの選択だ」
「そうね」

開戦

準備万端で配置につくアレキサンドリア軍。
そこにニーガン軍が到着する。

そして拡声器を持ち降参しろと説得をするユージーンを見てリックたちはあっけにとられている。

降参を受け入れるかと問うユージーンに少し戸惑うリックだったが、ロジータと目配せをして爆弾の起爆スイッチを入れます。

ところが何も起きません。

再びあっけにとられているアレキサンドリアの面々でしたが、次の瞬間アレキサンドリアの同盟軍だと思っていたジェイディスたちに銃を向けられてしまうのです。

何も抵抗できないままアレキサンドリアの門は開けられニヤニヤと笑うニーガンが現れます。
隣には複雑な表情のドワイトもいます。

狙撃手として待機していたミショーンは助けに向かおうとしますが、やはり同盟軍に銃を向けられ止められます。

彼女はつぶやきました。

「私達が勝つ」

リックは銃を向けられたままニーガンと話しますが降伏はしないと言いはり、ジェイディスに契約しただろう?と問いかけます。

ジェイディスは
「後からもっといい契約ができた」

ニーガンはドワイトとサイモンに指示をしてトラックから棺を運ばせます。

ニーガンは話を続けます。

「ユージンは嫌いになっただろうがサシャは好きだろう?この棺にサシャはいて、まだ生きてる。お前たちを皆殺しにしないためだ。そして借りてきた銃も全て渡し、殺す人間を1人選べ。できないなら箚しゃは死ぬし、お前たちも全員死ぬことになる。」

リックは棺を開けて箚しゃを見せろといいます。

ニーガンは棺を開けようとします。

スポンサーリンク

棺の中のサシャ

再びサシャとエイブラハムの回想シーン。
サシャの必死の説得にもエイブラハムは、
「マギーは未来を担っている。俺達は人のために動かないといけない。例え死んだとしてもその死に意味がないとダメなんだ」

「その通りね」
と頷くサシャ。

そして2人は家を出ていったのです。

回想シーンは切り替わり、サンクチュアリから出てきたユージンとサシャ。

アレキサンドリアに着くまでは数時間かかるだろうと、ユージーンはサシャにipodを渡します。
「私は利己的で臆病だが感謝だってできる」

サシャは
「まだ遅くないわ。私はあなたのことを諦めない」
と返します。

そしてトラックに準備された棺に自ら入っていくのでした。
水だけを貰って・・・

場面は棺の中のサシャへ
ユージーンに貰ったipodを聞きながらサシャはユージンに貰った薬を水で飲み込むのでした。

形勢逆転

棺を開けたニーガンにウォーカーとなったサシャが襲いかかる。
そのすきを突いてアレキサンドリアの面々は激しく銃撃を開始します。

激しい銃撃戦の中、ミショーンと同盟軍の1人が格闘をしています。

ジェイディスは銃を向けてリックは動けないまま・・・・

そんな中、ウォーカーになったサシャに噛まれそうになっているニーガンは部下に助けられて脱出します。

そしてニーガンはニコラスに

「プランBだ」

と叫ぶのです。

場面はリックとジェイディス。
リックは取引をしようといいますが、ジェイディスはリックの足に銃を発砲します。

そして倒れたリックをジェイディスは見張り台から蹴り落としたのです。

そしてリックはジェイディスに捕らえられてしまいました。

ジェイディスに捕らえられ歩くリックの視界には、同じく捕らえられた息子カールの姿が目に入ります。

そこにニーガンが不敵に登場。

場面はミショーンの格闘
ミショーンはまだ同盟軍の1人と激しく格闘していました。
顔は殴られて血だらけに腫らしています。

再び囚われたリックとカールに切り替わります。

ニーガンはひざまずくリックとカールに話しかけます。
「もう一度やり直さないとな、悲しいことになるぞ」

カールは
「勝てないぞ」
トニーガンに反論するのでした。

そして、女性の切り裂くような叫び声が響きます。
リックとカールは声の方向からミショーンの声だと思いうなだれます。

「大切な誰かが死んだんだな。そしてリックお前に罰を与える。カールを殺しお前の両手を潰す。」

リックは涙を流しながらもこう返します。

「やるならやれ、俺の両手も潰すといい。だが俺はお前を殺す。今日や明日でなくてもだ。」

そしてニーガンはカールの頭をめがけてるシールを振り下ろそうとしました。

その瞬間、一匹の虎が場に割って入りニーガンの部下に襲いかかります。

間一髪で王国のエゼキエルの援軍が到着したのです。

一気に形勢は変化を見せ、その混乱を機に逃げ出そうとするリックとカールの目の前にはマギーが率いるヒルトップ軍も援軍に到着しました。

完全に形勢は逆転しニーガンたちは退却を余儀なくされます。
裏切った元同盟軍も煙幕を炊きながら退却していきます。

そして逃げ去るニーガンのトラックに激しく銃撃しますが、ニーガンは中指を突き立てて逃げていくのでした。

裏切り者の元同盟軍たちも壁を乗り越えて逃げていきます。

そして、アレキサンドリアから完全に敵を追い払ったのです。

そしてリックとカールは女性の叫び声が聞こえたところに向かいます。

そこには高所から落ちて死んだ同盟軍の女性が横たわっていました。

ホッとした表情の2人は、ミショーンのもとに向かいます。

ミショーンは顔中血まみれでしたが生きていました。
再開を喜ぶ3人はつぶやきます。

「私たちは生きてる。これからも。」

サンクチュアリに戻ったニーガン達

ニコラスとドワイト、ニーガン、ユージンが話をしています。

「戦闘の準備は整った。」
「命令すればすぐにでも動ける。」

ニーガンはユージンにサシャは何故死んだのか問いかけます。

ユージンは動じず、防水シートのせいで窒息したのだろうと答えました。

ニーガンは「かもな。」と答えサンクチュアリ軍が集結した広場の前に出てこう叫んだのです。

「いよいよ戦争だ!」

戦いの後のアレキサンドリア

アレキサンドリアでは総出で何かを探しています。
そしてマギーとジーザスがウォーカーとなってさまよっていたサシャを見つけ出し、泣きながらとどめを刺すのでした。

サシャの墓の前に集まり追悼をします。

そしてキャロルは放心しているモーガンの横にそっと座り、ダリルはアレキサンドリアの門を閉めています。
ダリルはそこでドワイトの落としていった知らなかったと書かれた兵士の人形を拾いました。

ベッドには怪我をしたミショーンとロジータ、そばにはリックがいます。

エゼキエルとリック、マギーの3人が前に立ち皆に何かを語りかけています。

バックではヒルトップのリーダーとなり今回の勝利に導いたマギーのナレーションが流れています。

「私たち苦しんで立ち上がり、与え、愛し、生き、そして戦った。グレンが決断したのよ。私はただ導かれただけ。」

そう語るマギーの手にはハーシェルの懐中時計がしっかり握りしめられていたのです。

感想

とうとうシーズン7も終わっちゃいましたね!
グレンとエイブラハムが殴り殺されるという衝撃のオープニングで始まったシーズン7でしたが、最終話ではサシャまで・・・(泣)
自らウォーカーになって仲間を助けようとするなんて泣けますね。

ただ、予想通りニーガン達との戦いは終わりませんでした。
シーズン8ではどんな展開になるんでしょうね?

とにかく、ヒルトップ、王国、アレキサンドリアが完全に一体となりましたから、次回はドーンと正面衝突のドンパチを期待します!

ニーガンの元にいるユージーンの運命も気になるところですね。
ニーガンはユージーンの差し金でサシャが死んだことも気付いてそうな素振りでしたし・・・
最後はちゃんとリックたちのもとに無事で帰ってきてほしいなぁ。

後、ドワイトの作戦はサラッと失敗してましたけど、ダリルが拾ったドワイトの人形はシーズン8でどんなストーリーに発展するのか!?

消えたグレゴリーに、いまだ行方不明のヒースがどうストーリーに絡んでくるのか・・・
ヒース役のコーリー・ホーキンズは24: Legacyで主演したため、忙しくて出演できなかったそうですが、シーズン1で打ち切りも決定したのでそろそろ再登場もあるのではないかと私は睨んでいます。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP