「愛してたって、秘密はある。"僕は誰だ?"」前編のあらすじ・ネタバレ・感想~黎の体、譲って?~ | VODの殿堂

ドラマ

「愛してたって、秘密はある。“僕は誰だ?”」前編のあらすじ・ネタバレ・感想~黎の体、譲って?~

   
 

タイトル【愛してたって、秘密はある。“僕は誰だ?”】前編
放送局  Hulu限定
キャスト 福士蒼汰川口春奈、矢柴俊博、佐伯大地、賀来賢人
視聴したVOD Hulu(2017年10月30日時点では閲覧可)

日本テレビで放送されたドラマ、「愛してたって、秘密はある。」。
中学生の頃に父親を殺害した奥森黎(福士蒼汰)は、母親・晶子(鈴木保奈美)と共に遺体、晶子を庭に埋め、失踪に見せかけて車を海に突き落としたー。
この過去を誰にも打ち明けることができないまま11年が経ち、恋人の爽(川口春奈)と婚約した途端、不審なメールや贈り物が次々に黎の元へ届くというストーリー。
メールや贈り物をしていたのは黎自身の中にいるもう一人の人物、朔という人格と母の晶子だったことが発覚した最終回。
そして爽に全てを打ち明けた黎は、罪を償い始めることになり、爽ともハッピーエンドとなったのですが…
実はまだ完結しておらず、続編がhuluで配信されています。
朔の存在が明らかになった黎は、これからどのように戦っていくのでしょうか!?

『愛してたって、秘密はある。“僕は誰だ?”』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2019年10月10日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

一ノ瀬と井上の前に現れた朔


取調室。
黎「あの…昨日調書にサインして、取り調べは終わりましたよね?」
一ノ瀬「あぁ。お前の父親殺害と11年間の隠蔽(いんぺい)については、全て聞いた。」

一ノ瀬は1枚の写真を見せ、「これ、何だかわかるよな?」と言う。
写真には、赤い布でラッピングされたあの箱が写っていた。

黎は、風見の部屋と自分の部屋で見つけた箱だ、と答える。

一ノ瀬「第三の箱があるだろ!?とぼけるな!この警察署に送られてきた箱だよ!」
そう言って2枚目の写真を黎に見せる。
フタを開けた状態の箱には、『ハズレ』と書かれた紙きれ1枚が入っていた。

この箱とラッピングの布から黎の指紋が検出されたため、これを送りつけたのは晶子ではなく黎だ、と言い張る一ノ瀬。
一ノ瀬「なぜこんなことをした!?」
黎は戸惑った様子で目を泳がせながら、
「それは…もしかしたら僕じゃなくて…」と言うが、一ノ瀬は
「僕じゃないってどういうことだ?」と納得していない様子。

黎は静かに「多分…」と言ったあと、頭をゆっくりと上下に動かした。
そして静かに「バラの香りがする…」と言う。
すると突然うつむき頭を押さえ、大声でうなり始めた。
「頭がっっ……!!」
少しの間苦しみ続けたかと思えば、突然静かに笑い始めた…。

「くっくっくっくっ………」
顔を上げて目を見開き、前髪をかきあげる。
一ノ瀬と井上が不思議そうに見つめると突然黎は大声で、
「おもしろかったっしょーーー!?!?」と一ノ瀬に向かって叫んだ。

朔だ。

両手を広げて目を見開き、
朔「あれはただの…ゲーーーーム!」
そう言って一ノ瀬と井上を見て大声で笑った。
一ノ瀬は驚きのあまり声が出ないー。

ついに、晶子や爽以外の人の前でも姿を現した朔。
一ノ瀬も井上も驚きを隠せないようです…。
この先どうなっていくのでしょうか!?

多重人格であることを聞かされた二人


爽に事情を聞く一ノ瀬と井上。
爽は、大学生の頃に日記を読んで皓介が苦しんでいたことを知り、朔という別の人格が生まれたと説明する。
爽「攻撃的で…自信家で…とにかく黎とは全くの別人です。」

黎の真実を聞かされた二人…。
一ノ瀬はこれからどのように取り調べを行っていくのでしょうか?

黎 VS 朔


しばらく黎の様子を伺いながら…一ノ瀬は、警察に届いた箱の写真を黎に見せる。
一ノ瀬「ゲームとはどういうことだ?昨日お前がそう言ったんだ。」
黎「えっ!?」
しばらく考えこむ黎。
すると、取り調べ室の鏡に写っている黎の姿が少しずつ変わっていくー。

朔「ゲームなんだから、意味ねーし」
鏡に写った朔が喋り出した。
黎は驚いて鏡を見る。
一ノ瀬と井上は、黎が驚きながら鏡を見ていることに驚き、二人も鏡を見た。

朔はゆっくりとこちらへ顔を向け、黎を睨みつけるような鋭い目で見つめた。
そしてシャツの首元や袖口のボタンを外しながら、
朔「あー、お前こういうしんどい服ばっか着んなってー」と黎に言う。

黎「朔…だよね?…」
朔「そ。お前とこうやって一回話してみたかったんだよねー。」

黎は鏡に写った朔を見つめている。
どうやら一ノ瀬と井上には、鏡に写った朔の姿は見えないようだ。
一ノ瀬は「朔かもしれない…」と、自分が座っている椅子を後ろへやり、黎から遠ざかった。

黎はそのまま鏡を見つめながら、
「父さんの日記を読んだ時に君が生まれたって聞いたんだけど…」と朔に尋ねると、

朔「7年前かなー。読んだんだぜお前が、あの日記。
で、メンタルやられーの、俺生まれーの。」
黎「ごめん…一番辛い記憶を君に押し付けて…。」
朔「あぁん、大丈夫大丈夫!
俺は1ミリだって悪いなんて思ってねーから!
それにあん時ー、父さんがどんな事情抱えてたかなんて、知りようがなくない?
母さんも母さんだよなー。
父さんを殺した時に自首させてくれりゃー、今頃お前も俺も自由の身だったのに。」

黎は、それでも母は自分たちを人生をかけて守ろうとしてくれていた、と朔に話した。
すると朔は
「はぁ!?ウケるー。
お前って本当おめでたいね。」
とバカにしたような調子で、晶子は自分のエゴを守るために自首させなかったんだ、と話した。
だから母にあんなこと(メールや荷物を送らせたこと)をさせたのか?との黎の問いに対して朔は、結婚が決まり浮かれている黎と晶子を見てイライラしてきたんだ、と答えた。

朔は自分の首に手をかけながら、
「お前のこと殺すってほのめかしたら…あの女、結構いい働きしたんだよね。
まずはメールな!お前とのファーストコンタクトだからピリッとしたのがいいかなと思って…
『庭のお父さん』…あのフレーズは我ながら秀逸だったなー!」
と笑って話した。
さらに、「お前のトラウマになってるアイテムをとことん使ってやろうと思った」と言い、あの曲を口笛で吹き始める。

朔「ほら、お前は俺のこと、超最近まで知らなかったじゃん?
でも俺はお前の記憶、全部共有してっからね。
表に出てきては母さんに指示出してたの。
お前メンタル弱いからさー、イタズラ始めたら俺どんどん出やすくなってさー!」

庭を掘り返したのもそうなのか、と聞く黎に対し朔は、掘ってたらどんどんハイになっちゃってさー!と朔は話す。
その日の夜父さんに首を絞められる夢を見た、と黎が言うと、
朔「ほー。やっぱお前も俺の動きとどっかリンクしてんだなー。」

黎が掘り返した遺骨やトロフィーはどこに隠していたのかと聞くと、黎の部屋の前にある戸棚、と答える朔ー。
爽にトロフィーを送ったのは、黎や晶子を攻めるだけではなかなか別れないから、爽から攻めていこうと思った、と言う。
箱の中身を知らなかった晶子はトロフィーを見て悲鳴をあげたが、その姿がおかしかったと笑った。

また、虎太郎と果凛はそれぞれ爽、黎に片思いをしていたことから上手く使えるのではないかと思って巻き込んだと朔が話した。
朔「あのJK(果凛)にはちょっとした餌(戸籍謄本)を与えてやってさー。
虎太郎には…母さんがすり替えた婚約指輪を送ってやった。」

黎「俺を恨むのは構わない。
でも関係ない人を巻き込むのは…」
朔「いいじゃーん別にー。あいつらもノリノリで楽しんでたしさー。
ちなみに俺さー、あのJK結構タイプ!」
黎「お前っっ…!!!」
黎が椅子から立ち上がると、一ノ瀬と井上も驚き立ち上がる。

朔「嘘だよ嘘嘘ー。冗談だってー。」
黎は自分の冷静さを保とうと、ゆっくりと椅子に座る。
その様子を見た一ノ瀬らも、ゆっくりと椅子に座った。

黎が風見の部屋にあった遺骨について尋ねると、なかなか二人が結婚を諦めないから風見に罪をかぶせることにした、と朔。
「あいつ(風見)母さんのことめっちゃ好きだったじゃん?
(風見が)逮捕されれば…お前も罪の意識にさいなまれて、結婚諦めるんじゃないかと思って」

もしその時に自分(黎)が自首したら、朔も困ったのでは?と黎が聞くと、
「あの頃には俺…お前をコントロールできるんじゃないかって思い始めてたから…。
それに保険もかけておいたし。」
と言って、黎の部屋にもう一つの箱を置き、晶子にそれを見つけさせ自首させようとした、と朔は話した。

朔「母さんのために自首しようとするけどなぜか気づくと家に戻ってるどうしても自首できない!!
そんなこんなでお前には苦しみもがいてもらうつもりだったんだけど…」

黎「爽が来た……」
(爽が嘘をついて110番した日のことを思い出す二人。)

黎「君の計画も崩れたね。」
朔「いや…そうでもない。」
黎は驚く。
朔「自首なんてありえないって思ってたけど…ここへ来て格段と出られるようになったんだよね!
ほら…俺らの罪知ってるやつの前でしか出られなかったじゃん!
今では爽ちゃんも、そこにいる刑事も、マスコミもみーんな知ってるから…
俺もう出放題なんだよね…。
案外1日24時間のうち半分は俺なんじゃね?」

驚いて言葉が出ない黎。

朔「でさ…提案なんだけど。
その体…俺に譲ってよ?」

朔、めちゃくちゃ悪いやつじゃないですか…!!
やっと罪を償おうとしているというのに、まだ黎を苦しめるの?
どうにかして黎のことも開放してあげたいし…朔も納得してくれたらいいのですが…。

スポンサーリンク

僕は誰だ?前編まとめ

とんでもないことが起こりましたね…。
ドラマではハッピーエンドかのように思えたけど、実はこれからだったんですね。
僕は誰だ?前編で、一部明らかになっていなかった事実も次々と朔により語られましたが…。
これ以上黎のことを苦しめないであげてほしいと感じてしまいました。
黎だけではなく、朔の苦しみもなくなればいいのにな…と思います。
それにしてもやはり福士蒼汰さんの演技力には目を見張るものがありますね。
次回が本当に物語の最後となります。
黎と朔がどのように戦っていくのか…とても気になります!
次回の記事もぜひご覧くださいね。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP