「ラブリラン」第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~自分の思いを確信したさやかは…~ | VODの殿堂

ドラマ

「ラブリラン」第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~自分の思いを確信したさやかは…~

 

タイトル 「ラブリラン」第6話
放送局  読売テレビ・日本テレビ系
キャスト 中村アン、古川雄輝、大谷亮平、大政絢、榊原郁恵 他
視聴したVOD Hulu(2018年5月13日時点では視聴可)

町田の元カノ・杏子に連れ出されたさやかは、町田との初デートを再現することになりました。
さやかは杏子や町田と過ごすうちに、町田の存在が大きくなっていることを感じていきます。
しかし杏子の真剣な思いを知ったさやかは、複雑な思いに…。
「記憶を取り戻したらマンションを出る」と最初に決めていたさやかですが、「一度認めたらあふれ出してしまいそう…。」と、町田への思いを自覚してきているようにも思えます。
亮介と町田の間で揺れていたさやかですが、次第に町田との距離が縮まってきていますよね。
町田もさやかに対して、気持ちが大きくなっているように思えます!
今回はどんな展開となるのか、楽しみです。

あらすじ

町田くんのこと…

さやかは記憶を取り戻したらマンションを出て行くということになっているが、「思い出したくないの。」とさやかは友美に言う。
すると「それって、もう好きってことだよ。」と友美はさやかに言った。

そうですよね…!友美の言う通りだと思います。
さやかも、少しずつ自分の気持ちに気づいてきたかな…?

さやかのお母さん登場!

翌日、会社ではさやかと亮介が打ち合わせをしていた。
そこに出勤してきた町田と共に現れたのは、なんとさやかの母・恵子(榊原郁恵)だった!
さやかは恵子の姿を見るなり「どうしてここにいるの!?」と驚いている。
恵子も、さやかがオシャレになっている姿を見て驚きながらも、「あんたの顔見に来たのよ!」と言う。

町田によると、朝、町田と住むさやかのマンションに、恵子が「あなたの顔を見ておきたかったの~!」と嬉しそうに訪ねて来たらしい。
さやかが記憶を失っていることを知らない恵子は、さやかと付き合っていると思いこんでいる町田に会えて安心している。
そんな恵子を見た町田は、「恋人のフリしないとまずいんじゃないですか?」とさやかに提案する。

恵子は「町田くん、いい子じゃない~!お母さん安心したわ!」とホッとしている。
「恋人のフリなんて絶対無理!」と言っていたさやかだが、嬉しそうな恵子を見て、町田の提案通り恋人のフリをすることに。

榊原郁恵さん、お母さん役がハマッていますね!
町田とさやかが恋人のフリをすることになるなんて…さらに距離が縮まりそうな予感です!

3人での食事

恵子・町田・さやかの3人は食事へ出かけた。
恋人のフリを自然にやってこなす町田を見て、さやかは驚く。

「二人の馴れ初めは?」と嬉しそうに聞く恵子に対し、「僕から告白したんです。」と町田は答えた。
「何て言ったの?ここで再現なんて…?」と恵子に催促され、町田が「『好きです。』でしたかね…。」と優しく微笑みながら話す。
そんな町田の表情を見たさやかは、少し寂しそうだ。

食事を終え、一旦は店の前で恵子と別れたさやかと町田。
しかし帰り道の途中で、偶然に町田と手が触れあって動揺を隠せないさやかは、「やっぱり今日はお母さんのホテルに泊まるね。」と言って町田の元を離れた。

さやかがかなり町田に対して意識しているように思えますね。
さやかの気持ちを考えると、切ないです…。

瑞希はなんと…

瑞希は、ウエディング企画のイラストを考えていた。
「さやかさん、真っ白なウエディングドレスを着て、チャペルで式を挙げるのが夢だったんですって。」と瑞希に聞いた亮介は、「初耳だな~!」と驚いている。
「私もそうだったから分かる。一回失敗するまではね。でも、離婚したから亮介と出会えたのよね。」と瑞希は話した。

瑞希には離婚歴があったんですね。
少し驚きました。そういえば瑞希の話はあまり出てきませんよね…。

子どもの頃から臆病だったさやか

翌日、チャペルでの撮影準備が慌ただしく行われていた頃、突然恵子が見学にやって来た。
さやかが打ち合わせに入ってしまう代わりに、町田が恵子の案内を引き受ける。

ウエディングドレスを眺めながら、恵子は「こういうところに来ると、娘の晴れ姿が見たくなるわね~。」とつぶやく。

「幼稚園の頃、お嫁さんごっこっていうのが流行ってね。
お婿さん役を幼馴染の亮ちゃんがやって、じゃんけんで勝った子がお嫁さん役になれるの。
負けた子は、牧師さんや付き添い人の役。
あの子、一度もお嫁さん役になれたことがなかったの。
じゃんけんに勝っても『私はいいから』って譲るんですって。
亮ちゃんのことが大好きだったくせに。
あの子、臆病なのよ。欲しいものを欲しいって素直に言える子だったら…。」
と、恵子は話した。

確かに、母心としては心配ですよね…。
優しいところはとても素敵なんですけど、自分の思いをいつも犠牲にしてしまうのは寂しいですよね。

ハプニング発生!

その頃、撮影に来るはずだった男性モデルが急病により来られなくなるというハプニングが起こっていた。
菅野たちは「メインは花嫁で、顔は写さないから!お願いします!」と、町田に代役を頼む。
不満そうな顔をしながらも町田は引き受け、タキシード姿へ着替えた。

ウエディングドレスに身を包んだ花嫁役の杏子は、嬉しそうに「このまま式でも挙げちゃわない?」と町田に言う。

「私のために嘘ついたんでしょ?私のこと…本当は好きだったんだよね?」
杏子は、町田と別れた時の話をし始めた。

「あぁ…好きだったよ。」
町田がそう言った時、偶然この話を近くで聞いていたさやかはショックを受け、その場から離れてしまった。
しかしさやかがいなくなった後、町田はこう続けた。

「お前と別れて、あいつに出会えた。手がかかるし面倒くさいし、いつもイライラさせられるけど…。
でも、気づいたら俺の方が励まされてた。俺にはまだやれることがあるって、ここからやり直せばいいんだって…、そう思わせてくれたあいつに惹かれた。」

「もう終わったんでしょ?今は?」と杏子に聞かれると、町田は言葉を詰まらせる。

あぁ…肝心なところでさやかがいなくなっちゃいましたね…!
さやかはもう完全に、町田に惹かれているようです…。
町田の今の気持ちが気になります。

二人の様子を見たさやかは…

撮影が始まった。

ウエディングドレス姿の杏子とタキシード姿の町田を見たさやかは、とても辛そうだ。
撮影が順調に進む中、さやかは町田の「好きだったよ。」という言葉が脳裏をよぎり、時折悲しそうな表情を浮かべた。
そんなさやかを遠くから恵子が見ていた。

恵子が東京に来た理由

さやかがマンションに帰宅すると、そこには恵子、亮介、瑞希の姿が。
町田も交えて、みんなで食事会を開いていた。

恵子は亮介に対し、「結婚はどうなの?」と問い詰める。
恵子の言葉に亮介は、「結婚だけが全てじゃないよ。俺たちはお互いに支え合っていい関係を築いてるんだ。そういう生き方があってもいいんじゃないかな…。」と言う。

すると恵子は、「そうかしら?お互い、向き合ったり背負ったりすることから逃げてるだけなんじゃないの?ごまかしてるようにしか思えないわ。」と亮介と瑞希に話した。

続けて、「あなたはさやかのこと、どう思っているの?お母さん本当はね、町田くんに確かめたいことがあって東京に来たの。」と恵子が言う。
するとさやかは「嘘なの!お母さんに心配かけたくなくて恋人のフリをしていただけなの。もう放っておいて!」と言い、部屋から飛び出してしまった。

恵子からは誰も逃げられませんね…(笑)。
亮介や瑞希に対しても、町田に対しても、さやかに対しても鋭い!
厳しいようですが、納得出来ちゃいますね。

思い出したくない…!

亮介は、部屋を飛び出したさやかの後を追った。
さらにその後を瑞希が追う。

「もう思い出したくない…!思い出したら終わっちゃうから…。」
さやかは悲しそうな表情で亮介にそう話した。
亮介はさやかに触れようとするが、その気持ちを抑え「辛いなら思い出さなくていい。」とさやかに伝えた。

さやかと亮介の様子を遠くから見ていた瑞希は二人の元へ駆け寄る。
食事会はお開きとなり、さやかはマンションへ戻った。

自分が記憶を取り戻せば、マンションを出て行くことが決まっている。
そしてさやかが出て行くと、杏子が町田の元へ戻ることになっている…。
さやかはそのことを考えると、とても苦しいのでしょう…。

恵子の気持ち

その頃、マンションで二人きりになった恵子と町田は、片づけをしながら話していた。
「最後に電話で話したとき、あの子、泣いていたの。
だから何かあったんじゃないかって心配してたんだけど…。
嘘をつかせてしまってごめんなさいね。
でも、一度でもあの子を好きになってくれたあなたに会いたいっていう気持ちは本当だったから、会えてよかった。」
恵子は町田に対し、そんなことを話していた。

付き合うきっかけになってくれた恵子

さやかが帰宅すると、既に恵子は帰った後だった。
帰って来るなり部屋に閉じこもるさやかに、町田は廊下からこんな話をした。

「ずっとさやかのお母さんに会いたいと思ってた。
一度だけ、話したことがあるんだ。」

ーーー
バレンタインデーの数日後ー
さやかは、打ち合わせの帰りに急に熱を出してしまう。
町田は、辛そうにしているさやかを自宅に連れてきて寝かせた。
その時、さやかの携帯に恵子から電話がかかってくる。
町田が代わりに出て、さやかが熱を出していることを伝えた。
するとお粥を作るように恵子から言われ、町田は焦りながらも初めてお粥を作り、さやかに振る舞った。

さやかはお粥を食べて落ち着き、再度眠りにつく。

その後、再び恵子と町田は電話で話した。
「あなた、もしかして…?」と恵子に尋ねられた町田は、「いえ…告白はしたんですけど、返事がもらえてないんです…。僕ではダメみたいで…。」と打ち明けた。
しかし恵子は「それを決めるのは、あなたではないんじゃない?」と言い、その言葉を聞いた町田は、もう一度さやかに気持ちを伝えることが出来たのだという。
ーーー

「付き合うきっかけをくれたお母さんに、『別れた』なんて言えなかった。
ちゃんと恋人同士として会いたかったんだ。
『あの子が恋愛できてよかった』ってお母さん言ってた。」

町田の話を聞いたさやかは部屋から飛び出し、恵子の元へ急いだ。

こんなところで町田と恵子が繋がっていたんですね。
恵子ママ、頼りになりますね!
そして今、町田がさやかに打ち明けてくれて良かったです…!

恵子から最後のアドバイス

バスに乗ろうとしていた恵子に追いついたさやかは、「本当のこと言えなくてごめん…!」と謝った。
そして、記憶障害になってしまっていることを伝える。
「思い出すのが怖くて…。もうどうしたらいいか分からなくて…。」
さやかがそう言うと、「だったらこうしなさい。うちに帰って、最初に町田くんを見た時に感じた気持ちを大事にするの。それがあんたの今の思いだから。」と恵子は話した。

「お母さん、ありがとう…!」
さやかのその言葉を聞いた恵子は、笑顔で手を振り、バスに乗り込んだ。

最後まで、とっても素敵なお母さんですね。
これでさやかも、自分の気持ちにしっかり向き合えるようになるといいのですが…。

恵子の言葉を受け止めた瑞希は

亮介と瑞希は、帰りながら恵子に言われた言葉について話していた。
「応えたなぁ…。その通りかもなぁって。
ちゃんと向き合わないと、後悔するんじゃないかと思って。
ねぇ亮介、結婚のこと、考え直してみない?」

瑞希は亮介にそう話した。

瑞希も、恵子の言葉に影響を受けたようです。
亮介との将来を前向きに考え直そうとしている瑞希ですが、果たして亮介はどう思っているのでしょうか…?

思いを打ち明けるさやか

さやかがマンションに帰宅すると、心配そうに「会えた?」と町田が尋ねてくる。
「…うん。」と言うさやかの言葉を聞き、町田は安心したように優しく微笑んだ。

そして、バス停で言われた恵子の言葉を振り返りながらさやかは、
「私…町田くんのことが好き。
恋人のフリなんて本当はしたくなかった。
町田くんにとっては二度目でも、私にとっては初めてだったから。

町田くんのことを好きだった気持ちも、好きになった気持ちも思い出せない。
でも、一つだけハッキリしてる。
今の私は…町田くんのことが好き!」
と、今の思いを伝えた。

静かに聞いていた町田が口を開く。
「じゃあ…同居はもう終わりだな。
あなたがそんな気持ちなら、もう一緒には暮らせない。
言いましたよね?俺たちはもう別れてるって。
すぐにとは言いません…。なるべく早く出てってください。」

町田の言葉に、絶句してしまいました…。
町田には町田の考え方があるのだろうけど…そんな展開になるとは思ってもいませんでした。
でも、さやかが頑張って打ち明けることができて良かったです。

また、思い出したさやかは

ーーー
2月20日

「好きです。」
町田がさやかにそう告げると、さやかがうつむいた。
「やっぱり…僕じゃダメってことですか…。」

「違うの!」
そう言って顔を上げたさやかの頬は、涙であふれていた。
「びっくりして…二度も好きって言われるなんて…。」

「じゃあ…俺と付き合いますか?きっとそれは嬉し涙ですよ。」
ーーー

さやかは二度目の告白をされた時のことを思い出し、涙を流していた。

「ラブリラン」第6話 まとめ

さやかと町田の関係がどんどん良い方に向かっているのではないかと思っていたのですが…。
さやかがようやく自分の気持ちに確信を持ったところで、まさかの展開となってしまいましたね。
町田の本心を早く知りたい!と思ってしまう私です。
町田もきっと、さやかへの思いを次第に募らせているのでは、と感じていたので…。

今回初登場となったさやかの母・恵子はみんなにとっての救世主でしたね!
ズバッと言ってしまうところもありますが、それが本当に的確のように思えて…。
瑞希が少しずつ、亮介との将来を前向きに考え始めているようですね。
しかし、亮介の気持ちがモヤモヤしているように感じ取れるのは私だけでしょうか?
「瑞希とは良いパートナーだ!」なんて言いながらも、さやかに対しての気持ちも少なからずあるように思えて仕方ないのです。

ここに来て、町田の気持ちが全く見えなくなってしまいました…。
でも、今回は自らの力でリングに上がることが出来たさやかに、拍手を送りたいですね!
次回のお話ではどんな展開が待っているのか、今から楽しみです。

   

関連記事

  1. 「ピノキオ」第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~ボムジョ、母の悪事を暴…

  2. 「過保護のカホコ」第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~初代の死~

  3. 「となりの美男<イケメン>」第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~何があ…

  4. 「ずる賢いバツイチの恋」第20話のあらすじ・ネタバレ・感想~スンヒョン…

  5. ゆとりですがなにか(5話)のあらすじ・ネタバレ・感想〜正和と茜が別々の…

  6. 「NCIS」シーズン15 第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~頭の中の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP