「過保護のカホコ」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~初の過去~ | VODの殿堂

ドラマ

「過保護のカホコ」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~初の過去~

   
 

タイトル:「過保護のカホコ」第8話
放送局:日本テレビ
放送期間:2017年7月12日~2017年9月13日
キャスト:高畑充希・黒木瞳・竹内涼真・佐藤二郎・中島ひろこ・梅沢昌代・濱田マリ・夙川アトム・西尾まり・久保田紗友・三田佳子・西岡德馬・平泉成・時任三郎・他
閲覧したVOD:hulu(2017年10月1日時点では無制限で見放題)

大好きなバーバが治らない病気であることを知り、何とか家族をまとめようと奔走するカホコ。願いはかなわず家族の溝は深ま部ばかり。ついには、大好きな初とも別れることになってしまいました。しかし、初の過去を知ったカホコは、なんとか初のためになりたいと再び奮起。初はついに、母親との対面を果たすのでした。

スポンサーリンク

あらすじ

初代のために結婚しようとするカホコ

初と別れてしまったカホコだが、病気のバーバに泣き顔を見せることなく、ハイテンションを装う。
バーバのために家族を増やしたいという思いは消えず、婚活パーティーへ行くことにする。
初と別れたと聞いて嬉しそうな泉。
だったら、連絡先を消したらいいと言われるが中々実行できないカホコ。
代わりに削除しようか??という泉にスマホを渡すと、本当に消されてしまう。
しかし、いざ婚活パーティーへ行っても、初のことを思い出してしまい、上手くいかない。

カホコの家へ避難している初代。
今後の方針について親族会議を行う泉達だったが、意見を会わず大いにもめている。
治療費の負担などについて勝手に決めていく泉に反発する節や環。
何でも仕切ろうとする泉を非難すると、だったら自分抜きで全部決めろと怒ってしまう。
そんな家族の様子に耐えられなくなった初代は、カホコに料理を教えながら、家族の大切さについてしみじみ語る。
いまだに初のことを思っているカホコに、婚活パーティーに参加し、焦って結婚することは無いと伝える。
悩むカホコは、初に相談したいと思うが、連絡が来るはずもなく。

初の過去

正高の実家では、相変わらず教子が問題を起こしていた。
勝手について来たという男の子をまだ家に置いていたのだ。
しかし、誘拐になるのではないかということがわかると怖くなり、警察に届けることに。
警察へ行くと逃げ出す少年。
とある施設から来たと判明し、カホコ達が連れて行く事にする。

施設に着くと、カホコはふと飾ってある絵を見る。
そこには、明らかに初が書いたと思われる絵があった。
施設職員に「麦野初という子がいなかったか?」と聞くも、そんなことは教えられないと言われるカホコ。
飾ってある絵のことを伝えると、「初とどうゆう関係?」と問われる。

カホコが再度婚活パーティーへ行くと、サクラのアルバイトをしている初と鉢合わせる。
初のいた施設の職員から、初の母親からの手紙について言付かっていたカホコは、こんなくだらないことをしていないで、一緒に行こうと説得する。

施設で手紙を受け取った初とカホコは、初の母親に会いに行く事に。
道中手紙を読む初とカホコ。
そこには、なぜ初を施設に預けたのかという経緯と謝罪が書かれていた。
初の父親が作った借金に耐えきれず覚醒剤に手を出した母親。
このままでは初を死なせる事になってしまうと思い自首し、初を置いていったという事実だった。
また、その後出会った男性と結婚し子供までできたため、初の事を言い出せなかったとも。

幸せそうな姿を見せる初の母親。
初の存在に気がつき、思わず泣き出す。
そんな母親を見て、「自分もすっばらしい家族を作りますから」とすこし吹っ切れた様子の初。

カホコと初の決断

帰りのバスを待つ間、腹が減ったという初にオニギリをあげるカホコ。
食べながら思わず涙を流す初を「泣いてもいいんだよ」とやさしく抱きしめる。
「カ~ホ~コ~」と大声で泣き始める初。
今までの思いが溢れ出してのことだと思ったカホコだったが、「カホコがいなくなったら、また一人ぼっちになると思うと怖くて、怖くて」と意外な事を言われ、何かを思う。

結婚する事を決めたカホコと初は、泉と正高を前に、結婚を許してほしいとお願いする。
もちろん反対する泉に、そんなに焦る必要はないんじゃないかという正高。
そんな時、初代が倒れたという一報が入る。

感想

さて、第8話が終わりました!

なるほど、その流れで結婚ですか!
初の「カ~ホ~コ~」は良かった(笑。
あんな顔で泣かれたら、キュンキュンしちゃいますわー。
第2話で、糸の暴言にショックを受けたカホコが大泣きした時と真逆のシチュエーション。
あの時は支えてもらうばかりだったカホコが、今度は初を支えている。
成長したもんですな~。
初はずっとずっと、家族が欲しかったんですね。
だから、家族に囲まれている、家族のことで悩めるカホコが恨めしく、時に冷たい態度をとってしまったのでしょう。

それとは別に、今回やっとわかった気がしたのが、泉の気持ち。
いつでも真っ直ぐに気持ちをぶつけてくるカホコが、初の中でものすごく大きな存在になっていたことがわかりましたよね。
で、そのカホコがいなくなると思ったら怖くて仕方なくなったと。
今までは、その真っ直ぐさは泉に向けられていたわけで、それが初に向かってしまい、自分からは去ってしまうかもしれない。
きっと泉も、怖くて怖くて仕方なかったんじゃないかな。
初が感じたよりも何倍も、何十倍もの恐怖でしょうよ。

今回、2人は結婚する事に決めたのですが、泉にとってはまだまだ試練。
結婚反対スタンスはどこまで貫くのか、次週以降が見ものです。
そして、ついに倒れてしまった初代。
ドラマスタート時には、まさか誰か死ぬなんて思いもしませんでしたが、初代はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP