「ラブリラン」第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~まさか私が浮気…!?~ | VODの殿堂

ドラマ

「ラブリラン」第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~まさか私が浮気…!?~

   
 

タイトル 「ラブリラン」第2話
放送局  読売テレビ・日本テレビ系
キャスト 中村アン、古川雄輝、大谷亮平、佐津川愛美、市川知宏 他
視聴したVOD:hulu(2018年11月17日より配信開始)

30歳を目前に控えた南さやか(中村アン)は、幼馴染の亮介(大谷亮平)に学生の頃から15年間も片思いし続けた結果、未だ恋愛未経験…。
そんな片思いに区切りを付けるべく、さやかは亮介に告白することを決意します。
しかし、その翌日に目が覚めると、何もかもが一変しているではありませんか!
地味で冴えない格好だったさやかは女子力がぐんと上がり、町田(古川雄輝)という男性と付き合い、同棲までしていたのです!
さやかはなんと記憶障害になっていて、3カ月間の記憶を失ってしまったようで…。
亮介は彼女にプロポーズしていることが分かり、同居していたさやかの親友・友美も結婚し、妊娠。
家も友達も、そして思い続けた亮介までもを失ってしまったさやか。
しかし「変わりたい!記憶を取り戻したい!」との思いで、さやかは町田と改めて同棲生活をスタートさせることになりました。
記憶をなくしていた間に町田とも別れて家を出て行く、という話になっていたようですが、また付き合い始める…なんて展開もあるかもしれませんね!
見知らぬ男性との奇妙な同棲生活、この先どうなっていくのでしょうか!?

『ラブリラン』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2019年10月10日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

町田を意識し過ぎて…

同棲3日目になるが、町田に対して意識をし過ぎてしまうさやか。
上半身裸でさやかの近くをウロウロするなど、わざと町田にからかわれているようにしか思えないさやかは、「なんであんなこと(キス)を!?やめてもらえますか!?」と訴える。

相変わらずクールな町田は、「心配しなくても今のあんたには欲情しないから。せっかく仕込んでやったのに…。」と言う。

「棚の一番下にあるボックス、見てみ」と言われたさやかは、言われた通りそのボックスを開いた。
そこには、さやかにとっては付けたことのないような勝負下着の数々。

さらに、棚の上には【男ウケするヒップライン】【ラブラブ風水】などが特集されている女性誌がずらり。
その風水にある『ベッドサイドにはピンクを!』という見出し通り、さやかのベッドにはピンクのインテリアが並んでいた。

さやかにとって、町田は赤の他人なわけですし、しかも恋愛と無縁だった状態に戻ってしまっているので、こうなってしまっても仕方ありませんよね。
3ヶ月の間に、さやかは相当な努力をしていたのかもしれませんね…。

まさか、他にも男が…?

街を歩いていると、突然男性(市川知宏)が「さやかさん、会いたかった!」と、後ろから抱きつきながら声をかけてきた。

さやかが驚いていると、「俺だよ、隼人!寝た男の顔忘れちゃった?」と隼人は言う。

さやかは隼人が胸につけているネックレスを見た瞬間、そのネックレスをつけた上半身裸の男性に迫られている記憶が蘇る。

さやかは「事情で記憶をなくしてしまって…あなたのことなんて知りませんから!」と、隼人から逃げるように立ち去るが、隼人は追いかけてくる。

隼人の話によると、隼人は美容師で、その美容室を客として利用したさやかと会話が盛り上がり、その3日後にはホテルで寝た、とのこと。
しかし「『同棲中の彼氏にバレたらマズイから』と、急に相手してくれなくなった。所詮俺はセフレだったんだなぁって…。でも忘れられなくて」と隼人が言う。

「彼氏と上手くいってんの?俺と付き合おうよ!」と言いながらさやかの髪をなでようとする隼人の手を振り払い、さやかは走って逃げた。

それにしても、別人過ぎます(笑)!
いくらなんでも人格まで変わり過ぎていませんか??
あんなに純粋だったさやかが、ここまで変わるのかな…?

仕事内容も一変!

会社に戻ったさやか。
町田から「この3ヶ月間、積極的にデザイナー業務にも参加していた」と聞かされ、さやかは驚く。

さらに、菅野や泉が「南!最終に残ったぞ!デザイナーとして参加したレジーナ化粧品のコンペ!」とさやかに興奮気味に話してくる。
「チーフデザイナーは南さんで決まりね!」と言う泉に対し、「アシスタントの記憶しかないのに、無理です!」と慌てるさやか。

しかし近くにいた町田が「やります。デザインコンセプトは共有していますから」と泉、菅野に伝え、この件はそのまま話を進めることとなった。

いきなりこんなことを言われると、絶対パニックですね…(笑)。
町田が協力してくれるのでしょうか?
無事に成功するといいのですが…。

亮介との再会

町田とさやかがレジーナ化粧品を訪れた帰り、突然亮介が現れた。
町田が先に帰ると、亮介は「お前電話に出ろよ!」と心配そう。

さやかは、勇気を出して「結婚おめでとう!」と亮介に告げた。
すると亮介は少し気まずそうに「プロポーズ…断られた。」と話す。

さやかと亮介はカフェで話をした。
さやかは3カ月間の記憶を失っていることを打ち明けるが、セフレがいるかもしれない、という話までは言うことができない。

記憶喪失になってしまったことを聞いた亮介は驚きながらも、アシスタントからチーフデザイナーになっていたことを自分のことのように喜んでくれた。
また、昔話に花を咲かせて懐かしむ二人。
「今も変わらず、さやかとこうしていられることが嬉しい」と亮介はつぶやいた。

さらに、「デザイナー昇進も兼ねて、改めて誕生日祝いやろう。覚えてないんだろ?やっぱお前、何にも変わってないよ。」と言う亮介に、さやかは喜んだ。

これは嬉しいですねー!!
何もかもが変わったかと思っていたけど、亮介は変わっていなかった…。
そしてこんなふうに自分のことを思ってくれている、というのが分かっただけでも、さやかにとってはすごく嬉しいですよね。

やったことないですから!

会社ではレジーナ化粧品のコンペに向けての決起集会が開かれた。
町田とさやかが話をしていると、「意外と息ぴったりだよね?付き合ったら上手くいくんじゃない?」と冷やかしてくる菅野。
さらに、女性社員からは「南さんの彼氏ってどんな人なんですかー?」などの発言が。

そこへ、隼人からさやかに突然メールが入る。
「これで思い出してくれる?」という言葉と共に、さやかと隼人のツーショット写真が。
さやかはベッドで眠り、隼人は上半身裸。

女性社員と話す男性社員が、「南さんって彼氏いないのかと思ってた。やることやってんだなーって」と言う。
その言葉を耳にしたさやかは、「私…やってないです!やったことないですから!」と発言してしまう。

驚く社員たちだが、「冗談ですから!」と慌てて話すさやかに対し、「分かってますよ…30歳でまさかそんなわけ…」とみんな苦笑いしていた。

さやかにとっては、自分の身に起こったことでもまるで他人のことですから、受け入れられないですよね…。
こうなってしまうのも無理ないと思います。

またしても迫ってくる隼人

会社を出たさやかが歩いていると、そこに隼人の姿が。
「よく撮れてたでしょ?
 久しぶりにさやかさんに会えてまた火がついちゃった。
 散々俺のこともて遊んどいて、都合良すぎるよ…。
 今すぐ彼氏の部屋から出て、俺のとこ来てよ!」
隼人はそう言いながら、さやかにキスをしようと迫っていく。

その時、隼人と飲みながら「隼人くんって面白いよね」とさやかが口にする瞬間がフラッシュバック。
さやかは隼人を突き放し、走り出した。

隼人、しつこいですね…。
なんとなくだけど、さやかと隼人は何もなかったんじゃないかな?と思えてきました。
記憶喪失になっているのをいいことに、都合良く近寄ってきているのでは…?

友美に相談するさやか

さやかは、友美の元へ行き、隼人のことを相談する。
「自分のことが信じられなくなった…。
 私のこと、引いたりしてない?」とさやか。

「私だってそういうこと経験あるよ?
 自分のランク下げるようなことは言わないだけで、みんなそこそこバカなことやってんの。
 引け目に感じることなんてないんだからね。」と友美に励まされる。

友美、良い友達ですね。
でもさやかは余計に辛そうにも見えます…。

町田の一言でさやかは…

さやかが帰ってこないので、迎えに行こうとする町田。
するとさやかが帰宅。

「今とても大事な時期だって分かってます?」と町田がさやかに声をかける。
するとさやかは、「町田くんにとって迷惑なら降りてもいい」と言う。

「あんたがこの3か月間、どれだけ仕事頑張ってきたと思ってんの?
 少しは気を遣えって言ってんの、過去の自分に。」
町田はさやかにそう話した。

さやかの心に響いたかな…?
普段クールで感じ悪い(笑)町田ですが、こういう時すっごく頼りになりますね!

瑞希の近くにいる亮介

翌日、さやかと町田はイラストレーターとの打ち合わせへ向かった。
なんとそのイラストレーターは青山瑞希。
さやかは記憶がないため戸惑いながらも、資料を見たり町田の助言を得て自分の意見を瑞希に伝える。

打ち合わせが終わったところで、瑞希のオフィスに亮介が訪れた。
亮介も瑞希にイラストを頼んでいたという。

亮介と瑞希の様子を見たさやかは、少し嫉妬しているよう。

《仕事の関係は続いてるんだ…》
帰り道、さやかがそんなことを思っていると、
「気持ちが入らないなら降りますか?」と町田に言われてしまう。

その後、一人でさやかが歩いていると、亮介が後ろから追いかけてきた。
「何かあったらいつでも相談に乗る」と言う亮介。
さらに、町田が同棲している相手だと気づいたのか、「お前が選んだ相手なら間違いない。応援してる」と言われてしまう。

好きな人に、他の異性とのことを「応援してる」なんて言われたら…それは辛いですよね。
でも、町田って本当によくさやかのことを見ていますよね。
町田の魅力がどんどん伝わってきます…。

何かを思う町田

バーで一人、お酒を飲む町田。
さやかのことを話しているようだ。
「知らない人と生活するだけならまだしも…知らない自分と生活するなんて…。
 たださ、さやかちゃんを戻すのは町田くんにしか出来ないと思うよ?」
と店員に言われた町田は、ハッとした表情をする。

家を出て行こうとするさやか

町田が帰宅すると、さやかは「今夜中に出て行く」と言って荷造りをしていた。

「言いましたよね?今があなたにとって大事な時期だって。」
そう言う町田にさやかは、
「自分が気持ち悪いの!好きでもない男と同棲して、セフレもいて…。
 私はね…街で会った男の人に声をかけて、ホテルに誘ってたの…笑っちゃうよね。」

それを聞いた町田は、強引にさやかをホテルへ連れ出した。

町田に明かされた真実

着いたのは、あるホテルの屋上。
満天の星を見渡すことができる場所だった。

「ここで前に、流星群の展望会イベントがあったんだ。
 17年に一度の冬の大流星群。
 あんたは落ち込んでるあいつ(亮介)を励まそうとして、ココに招待したんだよ。
 でも向こうはそんな計画知らないまま出張に出て、連絡が取れずじまい。
 バカみたいだよな…せっかくのチャンスなのに『いい妹』のポジション捨て切れずに空回り…。」と町田が明かした。

しかしさやかは、
「違うよ、本当は心から応援なんてしてなかった。
 プロポーズ断られたって知った時、嬉しかったんだよ。
 亮ちゃんの幸せを祝う振りして、いつも別のこと考えてた。」と話す。

「だからこそ、好きでもない男と寝るような女じゃない。
 俺と暮らしてきたあんたは、少なくともそういう女じゃなかったよ。」
町田がさやかにそう伝えると、さやかはまた忘れていた記憶の一部を思い出した。

ーーー
「世の中こんなに人がいるのに、どうしてあの人じゃなきゃダメなんだろう…。」
窓際に立ち、外を眺めながらそうつぶやくさやか。

イスに座っていた町田は「その自分に酔ったセリフ自体、不毛ですね…バカみたい…」と言う。

さやかが「流れ星を見つけた」と外を指さすと、「いいから…そういうの。」そう町田はつぶやき、さやかの横に並び、同じように外を眺めるのだった。
ーーー

さやかはそのシーンを思い出し、「そうだったんだ…!」と、少し明るい表情になる。

《あれから…どこでどうなって、この人と恋をしたんだろう…
 そして、どうしてダメになったんだろう…
 悔しいけどこの人は、ちゃんと私のことを知っている…》
さやかは、自分の隣に座りコーヒーを飲む町田の横顔を眺めながら、そんなことを思っていた。

やっぱり…町田はちゃんとさやかのことを見てくれていますよね。
そして、亮介とのことも少しだけですが知ることができました。
町田は、さやかが亮介に15年間も片思いをしていたことを知っていたんですね。

隼人との真実を知ったさやかは

瑞希に依頼していたイラストが仕上がり、さやかは張り切って仕事に打ち込んでいた。
そんな中、隼人から「会いたい」とメールが。

「あなたの気持ちには答えられない、今は何もなかったって断言できる自信があるんです!」
とさやかが必死に訴える。
するとそこに町田が「隼人!」と声をかけてきた。
町田と隼人は、高校時代の友達だというのだ。

町田は、電話がかかってきたようで、さやかと隼人の元から少し離れた。

「本来、同棲なんてするようなやつじゃないんだよ…。
 それがあんただけは特別なんだよ…
 なのにあんたは別の男に夢中であいつのこと振り回して…!!」
と、隼人は声を荒げた。

その言葉を聞いたさやかは、隼人が思いを寄せている相手が町田ということに気づく。
そして隼人は、さやかとの間には何もなかったことを認めた。
気持ちを町田に打ち明けられずにいる隼人の思いを知ったさやかは、「この人は自分だ…」と、隼人を抱きしめる。

隼人の状況に、さやかは自分を重ね合わせてしまうのだった。

「ラブリラン」第2話 まとめ

最後、予想にもしていなかった展開となりました。
まさか隼人が本当に思っていた相手が町田だったなんて…。
何年も苦しい片思いを続けている隼人の思いを知ったさやかは、亮介への気持ちを再確認しているように感じました。
亮介へまた、告白を決意する…なんてことになったりするのでしょうか!?

そしてさらに、町田とさやかとの関係も少しずつ変わってきていますよね。
町田が本当にさやかのことを見てくれている、知ってくれているという部分が見える度に、さやかも町田に対する思いが変わってきているように思います。

あとはやっぱり、亮介の思いも気になりますよね…。
亮介もさやかのことをすごく見てくれているけど、その感情が本当は恋愛感情だった…なんてことになったりしないのかな?
次回どうなるか、とっても楽しみです!

ラブリランをhuluで見るならこちら

hulu(フールー)

一部見放題でそれ以外は有料というサービスが多い中で、全作品見放題なのはhuluだけ!月額933円(税抜)で安心して全作品を楽しめます。初回登録なら2週間無料!

詳細はこちら

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
「ラブリラン」第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~恋愛経験ゼロのアラサー女、突然の記憶障害、そして同棲!?~
「ラブリラン」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~二度目のリングに上がる!~
「ラブリラン」第4話のあらすじ・ネタバレ・感想~町田の元カノ登場!~
「ラブリラン」第5話のあらすじ・ネタバレ・感想~どんどん大きくなる町田の存在~
「ラブリラン」第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~自分の思いを確信したさやかは…~
「ラブリラン」第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~明らかになる、別れた理由~
「ラブリラン」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~それぞれの思い…そして町田が下した決断は~
「ラブリラン」第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~すれ違う二人~
「ラブリラン」第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~二度目のスタート~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP