「主君の太陽」第17話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~特別な俺のテヤン~ | VODの殿堂

ドラマ

「主君の太陽」第17話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~特別な俺のテヤン~

   
 

タイトル:「主君の太陽」第17話(最終話)
放送局:韓国SBS放送、BS朝日他
キャスト:ソ・ジソプ、コン・ヒョジン、ソ・イングク、キム・ユリ、チェ・ジョンウ、キム・ミギョンなど
閲覧したVOD:dTV(2018年8月3日時点では配信終了)

現在、U-NEXTで全話無料で配信中!


幽霊が見えてしまう体質で、引きこもり生活を送っていたゴンシルは、ひょんなことからショッピングモールキングダムの社長ジュンウォンと出会う。

不思議なことに、ジュンウォンに触れると幽霊が消えることがわかり、シェルター代わりにジュンウォンを頼るようになる。

ジュンウォンも初めはゴンシルを疎ましく思っていたが、過去の事件を解決するためにその霊能力を利用し、そばに置くことにする。

いつしかお互いに、かけがえのない存在になっていくが、ゴンシルが見える霊のせいでジュンウォンがある事件に巻き込まれ生死をさまよう事態になる。

ジュンウォンは一命を取りとめるが、責任を感じたゴンシルは自分と同じ能力を持つユ・ジヌと能力が身に付いた意味を捜す旅に出る。

1年後に再会した2人は?ゴンシルの能力はどうなったのか?注目の最終話です。

「主君の太陽」第17話(最終話)のあらすじです。

スポンサーリンク

あらすじ第17話(最終話) 俺の彼女は太陽(テヤン)だ!

ゴンシルの本音

「レーダーの調子は?幽霊と一緒に飲んでたのか?」と、聞くジュンウォン。
ゴンシルは、「もう見えません、いろんな国を旅して変わったんです」と、髪をかき上げるゴンシル。
アン代理が「みなさん、お揃いです」と呼びに来る。
「急な会議で遅れると伝えてくれ」と、アン代理に言うジュンウォン。
「仕事ですか?タイミングが悪かったですね」とゴンシル。
ジュンウォンは「中国に進出するんだ、出張する前に会えてよかった」と、言う。
ゴンシルは、「私も外国で稼いだんです、イギリスに家も買いました」と、また髪をかき上げる。
ジュンウォンは、「お祝いしよう、会議の前だから一緒に飲めないが…」と自分のグラスに水、ゴンシルのグラスにブランデーを注ぐ。
一瞬ギクッとするゴンシルだが、一気に飲み干す、それを注意深く見つめるジュンウォン。
「本当に変わったんだな。おめでとう」と、またブランデーを注ぐジュンウォン。
「ありがとう」と、また一気に飲むと、「早く会議に出ないとお金が逃げちゃうわ、また別の機会に会いましょう」と、言うと少しふらついて立ち去るゴンシル。

途中でおばさんの幽霊に憑りつかれたゴンシルは、そのままタクシーに乗ると運転手に「墓地へ行って下さい、途中でスコップを買いたい…」と、気味悪いことを言いだす。
その時、後ろからけたたましくクラクションが鳴る、ゴンシルが気になり尾行していたジュンウォン、運転手に「止まって」と合図を送る。
霊が憑いたゴンシルを、家に連れて帰るジュンウォン。

翌朝、ジュンウォンの部屋で目覚めたゴンシルは、驚いて「私、大丈夫でした?」と恐る恐る聞いてくる。
「俺が大丈夫じゃなかった、誘惑されて大変だった…」とジュンウォン。

昨夜はゴンシルの体に憑く霊の出入りが激しく、アイスを欲しがる女の子、猫、パリジェンヌなど忙しいジュンウォンだった。

それでも、霊が見える体質が変わってなくて安心するジュンウォン。
「私、酔って変なことしました?」と聞くゴンシルに「酔えばみな変になる、ただの酔ったゴンシルだった」と幽霊のことは、知らないことにしてやるジュンウォン。

しかし、酔って本音を洩らしていたゴンシル。
「社長に、会いたくて会いたくてたまらなかったんです…でもまだ幽霊が見えるし平凡な人間になれなかった…」と、泣くゴンシル。
「だから会いに来なかったのか?」と、ジュンウォンが聞くとニヤニヤして、「口説く準備をしてたの」と、言うゴンシル。
「カッコいい女になって、あなたを夢中にさせといて実は幽霊が見えるって告白したかったのに…」と言うゴンシル。
なんだかんだ言って自分の元に帰りたかったことがわかり、愛しい目でゴンシルを見るジュンウォン。
このことも本人には、言わないでおこうと考えるジュンウォン。

お金持ちになったゴンシル

カン・ウは、外交官夫人の護衛をしていた。
イリョンは、マネージャーにカン・ウの周辺を写真に撮らせている。
夜、カン・ウとデートをするイリョン。
外交官夫人とカン・ウが接近している写真を見たイリョンは、「男ばかりの職場に転職したら?」と、言う。
「俺の周りから女を消す気か?」と呆れるカン・ウ、イリョンは「だって本命だっていう確信がないの。いつもひと気のない場所でちょっと会うだけじゃ不安だわ」と、言う。
カン・ウは、「お前の立場を考えて守ってるんだ」と、言うと「そうだったの?じゃあ、今度一緒に映画祭に行こう!レッドカーペットを腕を組んで歩いて映画を観るの」と必死で誘うイリョン。
カン・ウは、「無理だ」と言いながら嬉しそうな顔をする。

ゴンシルは、前に住んでいたアパートに戻って来る。
ヨーロッパで廃屋となった幽霊屋敷に住み、幽霊を退治して売ったら莫大なお金が手に入ったゴンシル。
このアパートを買い取りたいと不動産屋に相談、去年代わったというオーナーを紹介してもらうとジュンウォンだとわかり、キングダムへ交渉しに行くゴンシル。
ジュンウォンは怒っていた、「やっと電話がかかったと思ったらアパートの金の交渉か?」と、言う。
ゴンシルは「大金が必要?」と聞くが「そんなことよりいつ電話を?オーナーに電話をしてうまく丸め込んでやれ、そしたらまけてくれるぞ」と、得意げに言うジュンウォン。
「売値を決めて、キム室長を通してご連絡を」と、さっさと立ち去るゴンシル。
「テヤンは社長のそばにいる決心がつかないと?」と、心配顔のキム室長。
ジュンウォンは「順序が大事だと言って聞かないんです」と、言う。
「社長は欲しい物があれば順序に従う方じゃないでしょう?」と煽るキム室長、スッと立ち上がって早足に歩いて行くジュンウォン。

ソンランが妊娠5週目だとわかる。
医者は、高齢だから赤ちゃんを守る努力が必要だと言うが…自信がないと、悩むソンラン。

ゴミ箱幽霊とコーヒー幽霊の事情

ゴンシルを追って来たジュンウォン、ゴミ箱幽霊の前で呼び止める。
ゴミ箱幽霊に挨拶していたゴンシルは、「私がまだ幽霊が見える事は内緒ですよ」と言ってジュンウォンと話す。
ジュンウォンが昼食を一緒にと誘うが、なかなか応じないゴンシルに「ゴミ箱幽霊のおじさんが見えても構わないから誘ってみろ、なびいてやるから」と言うジュンウォン。
「え?まだ見えること知ってたの?」と落胆するゴンシル。
そこへ母娘らしき2人が通ると、ゴミ箱幽霊がその2人について歩き出す。
動かない幽霊なのに…と心配でついて行くジュンウォンとゴンシル、2人はおじさんの奥さんと娘でもうすぐ結婚する娘の結婚式場を下見に来ていたのだ。
奥さんと娘に事情を聞いてみると、亡くなった旦那さんは、宝くじの1等に当たったが当たりくじの券を、間違ってあそこのゴミ箱に捨ててしまったのだ。
悔やむあまり、持病が悪化して亡くなったというのだった。
「それであの場所から離れられないのね」とゴンシル。
母娘は、ここは高くて手が出せないと諦めて去ろうとしていたが、ジュンウォンが「おじさんには生前お世話になったのでここの最高級の結婚式をプレゼントさせて下さい」と申し出て、母娘は亡き父に感謝をする。

社長室で話すジュンウォンとゴンシル、「まだ幽霊は見えるんです、私の魂はいろんな所をさまよいながら、たくさんの幽霊と出会って…生き返ったあとも幽霊が見えるのは、もし生き返ったらそれぞれの思いを伝え合うという約束によるものなんです」と話すゴンシル。
「それがわかってからは怖くなくなった、幽霊の扱い方もジヌに教えてもらったから大丈夫」と言うゴンシル。

その頃ジヌは、コーヒー幽霊と話していた。
コーヒー幽霊も実は生霊で、受験が嫌で逃げている霊魂だった。
「避けては通れないことだ、早く自分の体に戻って親を安心させてやれ」と説得するジヌ、コーヒー幽霊は消える。

ソンランとすれ違うゴンシル、部屋で話す2人。
「まだあの子を振り回すつもり?」とソンラン、「今度はつかんで離しません」と返すゴンシル。
「あなた変わったわね」と言うソンランに「奥様も変わりました、新しい魂を宿してます」と、自分のお腹を触ってみせるゴンシル。
ソンランは驚いて「そんなこともわかるの?」とお腹を隠す。
「弱い魂なので守ってあげて下さいね」とゴンシルが言うと「誰にも言わないで、まだ決めてないから」と言うソンラン。
「人が人を愛すること…まだ生まれていない心も離れていく心も全てを受け止めて生きるのが一番難しいんです。確かなことは愛を選べば寂しくありません」と、言ったゴンシルの言葉をゆっくり慎重に考えるソンラン。

紆余曲折あったけど

ゴミ箱幽霊に話すジュンウォン。
「娘さんの結婚式を見届けたら、宝くじは諦めて成仏して下さい、私だって大富豪の令嬢との縁談を断った。ちょっと惜しい気はするが未練はありません。僕が愛する女は空に昇る太陽(テヤン)だからすごいでしょ?すごいと思ったら蓋を回して下さい」と言うと勢いよく回る蓋。

ジュンウォンは満足して「彼女が輝いて見えるのは幽霊だけじゃない、僕だってまぶしいんです。娘さんより先に結婚しても?」と嬉しそうに言う。

隣のスンモとスンジュンが新しい家に引越すことになり、カン・ウが手伝いに来ている。
ゴンシルも手伝い屋上で休憩する2人。
「イリョンを守ってあげてね」と言うゴンシルに「ゴンシルさんも雰囲気が明るくなりましたね、不安や恐怖が消えたような…」と、カン・ウ。
ゴンシルは笑顔で「自信を持って愛する人と向き合おうと頑張ったんです」と、ゴンシル。
カン・ウは、「ちょっと怖いけど、イリョンと赤い道を歩こうと思います」と言うと「勇気を出して臨めば絶対大丈夫よ」と、ビールとサイダーで乾杯する2人。

副社長とソンラン。
「結婚5周年の旅行の計画を立てたんだ、バンジー、スカイダイビング、サーフィン…」と話す夫に、「私、勇気を出してみようと思うの」と神妙な顔で言うソンラン。
副社長は「スカイダイビングやってみる?」と言うと…「私…赤ちゃんを産むの…」とソンラン。
目がテンになる副社長…「何を産むって?」と聞く。
「結婚5年目で5週目の赤ちゃんができたの。50代になって、あなたの名前もソクチョルだかチョルソクだか混乱するのに、私に子育てができるかどうか…?」と夫を見つめて言うソンラン。

副社長は、ソンランの前にひざまずき手を取り「愛してる」と言うと抱きしめ合う2人。

イリョンは、なかなか来ないカン・ウに「やっぱり無理だったかしら?」と諦めかけた時、カン・ウがやって来る。
「決めたよ、恐怖の赤い道を歩いてみる」と言うカン・ウ、「怖かったら私の腕につかまっていいよ」と、嬉しいイリョン。

アパートの売買契約が締結し、アパートは晴れてゴンシルのものになる。
「結局まけてくれなかった…」と不満を言うゴンシルに「あの土地は必ず値上がりします」と言うキム室長。
ジュンウォンに電話をかけ、家に招待するゴンシル。

アパートの屋上
綺麗な花でセッティングするゴンシル、ジュンウォンは正装をして花束を抱えてやって来る。

「甘いテイストにしてみました。…あ、私のアパートなんです」と照れながら言うゴンシル。
「その若さで蓄財を?素晴らしい能力をお持ちだ。高い土地なのにご立派です」とあくまで正式な挨拶を交わす2人。
「どうぞ、おかけに」とゴンシルが言うと、花束を渡すジュンウォン。
シャンパンを注ぎ「乾杯する前に言っておきます。酔っぱらうと、ごくたまに別人になったり違う物になったりします。そんな時は慌てずにそっと触れて下さい」と丁寧に説明するゴンシル。
「あなたには見えない私だけの世界があって、泣いたり悲しんだりするけれど個性だと思って受け入れて下さい」とゴンシル。
「相手の世界を完璧に理解するのは難しい、理解できずに無視しても大目にみてくれ」とジュンウォン。
ゴンシルは軽くうなずき「あなたがいないと寂しいしつらいの…特別な人だから…あなたのそばで愛し続けるわ。愛してます。私はテ・ゴンシル、テ嬢(ヤン)です。そばに昇っても?」と満面の笑みで言う。
「お前がいないと地球は滅びる…俺の太陽(テヤン)だから…」とジュンウォン。

「離さずにいてくれてありがとう」と自分からキスをするゴンシル。
次はジュンウォンから…らぶらぶな2人。

ーー完ーー

感想

すごくいい終わり方でした。
最終話は、終始明るくて笑いが多くて安心して見られましたね。
準レギュラーの幽霊、ゴミ箱幽霊とコーヒー幽霊のことが、詳しくわかってよかったと思いました。
この幽霊さんには、ちょっと癒されていた主人公たちでもあるし、私もこの2人の幽霊は最初から全然怖くなかったんですよね。
後半はジュンウォンの話し相手になってくれたり、話をすることで安心できたゴミ箱幽霊のおじさん。
奥さんと娘さんが出て来て、おじさんが幽霊になってさまよっている理由が宝くじだったなんて…ちょっと笑えるところがよかったです。
幽霊と言ってもちゃんと足があって、小走りをする姿が可愛かったりするんですよね。
コーヒー幽霊も実は生霊で、受験地獄の韓国ならではの設定、受験のプレッシャーで自分の体から逃げ出してきた霊魂だったんです。
ジヌの説得で体に戻る決心をしたコーヒー幽霊、何とか頑張っていることでしょう(笑)

ゴンシルが酔って霊に憑依されたシーン、アイスを欲しがる女の子や猫、パリジェンヌなどすごく可愛くて色っぽかったですね。
コン・ヒョジンさんの演技が光ってます。

最後の屋上のシーンでスティーブ・ジョブズの話を2人でするんですが、本当に“素”な感じでカメラが回っていないように見えてアドリブかな?と思ったり…そんな自然なジソプさんの演技も素晴らしいです。
この2人以外にこの役をできる人はいないだろうと思わせたソ・ジソプとコン・ヒョジン、最高でした。
最後まで読んでいただいた方、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP