トドメの接吻(9話)のあらすじ・ネタバレ・感想~本当の愛~ | VODの殿堂

ドラマ

トドメの接吻(9話)のあらすじ・ネタバレ・感想~本当の愛~

   
 

タイトル:トドメの接吻(9話)
放送局:日本テレビ
キャスト:山﨑賢人、門脇麦、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗、志尊淳菅田将暉など
閲覧したVOD:hulu(2018年3月5日時点では閲覧可)

旺太郎の秘密を暴くため、宰子を拉致した尊氏。
宰子に少し心を開いた旺太郎は、宰子を救う事が出来るのか?
今回は春海が動き出し…。
9話のあらすじです。

『トドメの接吻』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年2月26日(水)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

〈秘密を暴きたい尊氏〉

尊氏は拉致した宰子に
「過去に戻るのは、1人じゃ無理なのか?誰か必要ってことか。」
と核心を突く。
旺太郎は宰子がいなくなったのは、尊氏の仕業だと気付き、美尊にお願いして、尊氏に会わせて貰った。
旺太郎が宰子の居場所を聞くと、尊氏は
「なんの話だ?でも、僕が君の立場なら、彼女の身の安全を考えて、犯人の要求に耳を傾ける。例えば、彼女の秘密とか…。」
と言うと、旺太郎は
「宰子に秘密なんてない。宰子は必ず見つけ出す!」
と言い、去って行った。

〈似た者同士〉

旺太郎は美尊に旅行に誘われ、宰子の身を案じながらも行く事にした。
その道中、旺太郎に尊氏から呼び出しの電話がかかってきた。
旺太郎は美尊に
「ここで待ってて。」
と言い、指定された工場へ向かう。
尊氏は旺太郎を待っている間、宰子に
「想いが届かないと分かっているのに、この想いだけは捨てられない。僕たちは似たもの同士だな。」
と告げる。

〈真実を知る〉

美尊が旺太郎を待っていると、旺太郎の指示で寛之がやって来た。
寛之は、12年前の事故の真犯人は尊氏で、布袋に指示し、自分を襲わせたのも尊氏だという事を美尊に伝えた。

〈旺太郎の勝算〉

旺太郎が工場に着くと、尊氏は宰子にナイフを突きつけ
「分かってるんだよ!今までの事は彼女の力なんだろ?彼女が死んだら、もう過去に戻れないんだろ?」
とタイムリープの秘密を探ってきた。
旺太郎は
「だったら宰子を殺せよ。どっちみち美尊さんは俺を愛してるんだから。愛されないって虚しいよな…。」
と尊氏を挑発する。
これに尊氏は逆上し、鎖で旺太郎の首を絞める。
そこに警察がやって来た。
警察は旺太郎に
「あなたが言った通りになりましたね。」
と驚いていた。
尊氏は
「まさか、戻ってたのか…?2回目…。」
と聞くと、旺太郎は
「全部芝居だったんですよ!大変でした。同じ事を繰り返すのは…。」
と笑った。
実は、タイムリープしており、この日を迎えるのは2回目だったのだ。
1回目に尊氏に首を絞められた時、縛られていた宰子の鎖が外れ、旺太郎とキスし、タイムリープしていた。

〈逮捕される〉

尊氏が警察に取り押さえられているところに、美尊と寛之が来る。
信じてたのにと泣く美尊に、尊氏は
「美尊を守りたかったんだ。ただそれだけなんだ…。」
と言うが、美尊は近づかないでと尊氏を拒否する。
尊氏は泣きながら、警察に連行された。

〈宰子を引き止める〉

並樹グループは、尊氏の不祥事をもみ消す為に、旺太郎と美尊の結婚を認め、大々的に報道する事にした。
これにより旺太郎は、正式に並樹グループの社長となった。
結婚式の準備が着々と進んでいる中で、宰子は
「今度は美尊さんを愛する番だね。
美尊さんは魅力的な人だし、ちゃんと愛せるよ。
結婚おめでとう。
お幸せに…。
あなたは、幸せを手に入れた。
だからもう私はいらないでしょ?」
と旺太郎のもとを離れようとしていた。
旺太郎は
「どっか行っちゃう気かよ。
俺たちは秘密を守り通したよな?
キスしなくたって、俺たちは上手くやっていけるよ。
てか、お前は幸せになってないじゃん!
2人で幸せになるって契約だろ?
俺が宰子を幸せにするって言っただろ。
でも彼氏が出来たら、出て行ってもいいよ。」
と告げた。

〈春海とキス〉

宰子が路地裏を歩いていると、春海が現れる。
春海は
「宰子ちゃんこれからどうするの?彼氏とか作ればいいのに。」
と言と、宰子は
「普通にキス出来ないから無理。」
と答える。
すると春海は
「これならどう?」
と宰子にキスした。
しかし、春海は死なない。
宰子が驚いていると、春海が
「普通に出来るでしょ?想いの届かないキスって辛くない?君はもっと楽に生きていいんだよ。」
と言う。
宰子は旺太郎に電話をし、春海と付き合う事になったと伝えた。
納得出来ない旺太郎は
「お前を幸せにするのは、俺だって言っただろ!」
と言うが、宰子は
「あなたといると辛い…。」
と言い、電話を切った。

〈本当の愛〉

旺太郎は宰子と春海を必死になって探すが、見つけられない。
宰子がいなくなり、旺太郎は自分の気持ちに気付き始めていた。
そのまま結婚式を迎え、旺太郎は美尊と愛を誓う。
式場の外では、和馬がナイフを持ち
「誰も愛せない哀れなクズ。」
と呟いていた。
誓いのキスをしようとした時、ドアが開き、宰子が現れる。
宰子の登場に旺太郎は、とても嬉しそうに笑った。
宰子は
「旺太郎、逃げてー!」
と叫び、壇上に駆け上がる。
旺太郎の背後に刑務所を脱走した尊氏がナイフを持ち
「このクズが…!」
と旺太郎に刺しかかる。
間一髪で宰子が身代わりになり、胸を刺される。
宰子は尊氏を抱きしめ、そのまま倒れてしまった。
旺太郎は宰子に駆け寄り
「宰子!お前、どうして…。戻るぞ!」
とキスをする。
しかし、タイムリープせず、旺太郎は焦る。
旺太郎は泣きながら、何度も何度もキスをし、宰子を抱きしめる。
旺太郎は
「宰子…。なんで…。頼むよ。
俺を置いていくなよ。
こんなのお前の幸せじゃねぇだろ。」
と泣き崩れるのであった。

感想

スピーディな展開に圧倒された9話でした。
8話での感想でも書いたのですが、8話のラストでニヤリと笑った旺太郎は、タイムリープしていたからなのですね。
騙されました。
いつも尊氏達はこんな気持ちだったのですね。
それにしても、今回は感動の嵐で、ラストでは号泣していました。
宰子を引き止めようとする旺太郎も可愛かったですし、宰子が居なくなって、宰子の大切さに気付く旺太郎は切なかったです。
お金より大切な本当の愛を見つけたんですね。
美尊にも幸せになってほしいですが、美尊の幸せって何なのでしょう。
旺太郎はいい奴ですが、本性を知らないまま、前に進んでもいいのかな?とも思います。
宰子は尊氏に刺された後、尊氏を抱きしめましたが、尊氏の気持ちが痛いほど分かるからこそ、慰めてあげたかったのだと思います。
春海は、結局何者なのでしょうか?
なぜ宰子の能力が消えてしまったのか。
春海とキスをするとタイムリープする能力が消えるのか。
または、春海が宰子の能力を奪い取ったとか?
それとも好きな人とキスするとタイムリープしないのか。
死んでしまった宰子を生き返らせるには、旺太郎は春海とキスすれば、戻るのでは?と予想しています。
あと1話ですべてまとめて真相が明らかになるのでしょうか。
次回はついに最終回!
終わってしまうのは寂しいですが、どんなラストを迎えるのか気になります。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP