「主君の太陽」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~生霊を返すゴンシル~ | VODの殿堂

ドラマ

「主君の太陽」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~生霊を返すゴンシル~

   
 

タイトル:「主君の太陽」第8話(全17話)
放送局:韓国SBS放送、BS朝日他
キャスト:ソ・ジソプ、コン・ヒョジン、ソ・イングク、キム・ユリ、チェ・ジョンウ、キム・ミギョンなど
閲覧したVOD:dTV(2018年8月3日時点では配信終了)

子供の幽霊が憑いている人形を、持ち帰ったスンジュンの容態が悪くなり、母親が病院に連れて行く。
その人形を会社に持って行くゴンシル、親とキングダムに来ていたチャンミンという男の子がその人形を持って帰ってしまう。
霊が宿った人形は危険な上、チャンミンの忘れ物のスケッチブックから虐待されていると感じたゴンシルは、家に行ってチャンミンを助ける。
チャンミンを病院に連れて行き、人形に憑いた霊も供養して成仏させたジュンウォンとゴンシル。
ジュンウォンは、「俺は大理石なんかじゃない」とゴンシルの手を自分の心臓に持って行き鼓動を感じさせるのだった…

それでは「主君の太陽」第8話のあらすじをご紹介します。

『主君の太陽』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年3月13日(金)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第8話 初めての幽霊

心が迷ったら

「俺が何でもないわけないだろう、お前はむやみに触り過ぎだ。周りに誤解されない程度に触れ」と言うジュンウォン。
ゴンシルの顔の傷を指さし「これもダメだ、幽霊の話も聞いてやるから無茶はするな」と心配してくれる。
「レーダーも調子悪いので気をつけます」とゴンシル。

カン・ウは、ジュンウォンの父親と電話で話していた。
「ヒジュとゴンシルは、関係があるようです」と言うカン・ウ、「ゴンシルも施設出身者かもしれない、ヨーロッパに滞在した経験があるか調べろ」とジュンウォンの父。
「カン・ウ、ゴンシルが好きなのか?強がるな、心が迷った時は痛みが教えてくれる。痛いか?」と聞くジュンウォン父。
「いえ、気持ちを整理します」と答えて電話を切るカン・ウ。
ゴンシルがジュンウォンの車で帰って来たのを見て、ゴンシルへの気持ちを吹っ切ろうとドゥーリーとゴンシルのぬいぐるみを捨てるカン・ウ。

外へ走りに行こうとしてゴンシルに会うカン・ウ。
「前に告白したのは、誤解なんです。子供たちに冗談で言ったらあなたが信じてしまって…」と言うカン・ウ。
ゴンシルは「そうだったのね、恥ずかしいわ…」と口を押える。
「あなたも僕の事それほど好きじゃなかったんでしょ?心が迷った時は痛みが教えてくれるそうです」と言うカン・ウ。

おいしい話には…

キングダムのプールで泳いでいる最中に誰かに足を引っ張られて溺れるという事件が3件発生する。
こんな噂が広まったらジャイアントモールに客を取られると言う副社長、「そんなことはさせない、レーダーを張り巡らす」と言うジュンウォン。
早速、ゴンシルに言いに行くが、幽霊が出て眠れずゾンビのような顔で「水霊ほど怖いものはない、水霊は絶対にいや」と言い張るゴンシル。
(タダでやらせるのは可哀そうだ)と考えたジュンウォンは策を練る。
キム室長から「社長からです、お友達と楽しんで来て下さい」と、ホテルの宿泊券をプレゼントされる。
キム室長は「喜んでました、お姉さんと明日行くそうです」とジュンウォンに報告、「よし、まず送り込んでから退治させる…完璧だ」と手を叩くジュンウォン。

ホテルに着くと食事をごちそうしてくれるジュンウォン、(私に会いに?)とちょっと不思議がるゴンシル。
食事の後、「それじゃ、2時間後にプールで会おう」と言うジュンウォン。

ゴンシルの姉ゴンリは、ハンジュとホテルへ向かう途中、元カレで以前お金を持ち逃げしたドンスを見かけ追跡する。
お金を取り戻そうとするが、妊娠中の奥さんがいることがわかりショックを受けるゴンリ。

ゴンシルは、トイレで「今夜のプールは貸し切りで、イベントまで用意してあるんだって、相手が羨ましいね」という従業員の話を聞き驚く。
(今夜はプールが貸し切りでイベントがある…2時間後に会うのは私?…)と考えていると「社長からです」と可愛くて高そうな服と靴が届く。
プレゼントの服を着て、期待に胸膨らませて社長のそばに行くと、「遊びで来てるんじゃない、プールの中を調べさせる」と電話で話しているのを聞いてしまうゴンシル。
慌てて部屋に戻り、服を着替えて「大恥をかくところだった…ほんとバカね」と呟く。

初めてのケース

なかなか来ないゴンシルを迎えに行くジュンウォン。
「怖がってるのに無理強いするのは悪いと思って、まず宿泊券を渡したんだ…」と正直に言うジュンウォンに「気が楽になった…水霊を探すわ」と言うゴンシル。
プールサイドで水霊を待つがなかなか現れない、水に入ろうとするゴンシルに水霊が近づきかけジュンウォンが助ける。
「あそこにおばさんの幽霊がいる」と叫ぶゴンシル。

イリョンにゴンシルのことを聞くために会っていたカン・ウ、ゴンシルは孤児ではなく両親も揃っていて仲良し家族だと聞く。
「それじゃ」と帰りかけるカン・ウについて行くイリョン、地下鉄に乗り自分の悪口を言う乗客に「イリョンよ、本物よ、まだ落ち目じゃないわ」とサングラスとマスクを取るイリョン。

たちまちファンに囲まれ、仕方なく連れ出すカン・ウ。

おばさん幽霊は、化粧したりトイレに行ったり食事したりスイートルームでワインを飲んだり…ゴンシルが何をしてるのか聞くと当選券を見せるおばさん幽霊。
従業員に聞くと、おばさんはスイートルームの当選客で、とても喜んでいたと言う。

今は入院中で昏睡状態だとわかり、「初めてのケースだわ生霊よ」とゴンシル。
「はやく体に戻らないと本当に死んでしまう…」と、ゴンシルは娘の名前を出して説得する。

真夏の夜の夢

娘の名前を聞くとビクッと反応して、「帰ると言っている」とオッケーマークを出すゴンシル。
「最後に花火を見たいと言ってる」と言うと「おばさんがきれいにしてるんだったらお前も…」とジュンウォンに言われ、さっきの可愛い服に着替えるゴンシル。
花火を楽しそうに見ていたかと思うと、いつの間にか消えているおばさんの生霊。
病室では、おばさんの意識が戻り、喜ぶ家族。

「おばさんは楽しんでるか?」と聞くジュンウォンに「ええ、真夏の夜の夢みたいだって、ドキドキして幸せで苦しくもあったけど…あまりにもステキで…」とジュンウォンを見つめ自分の事を言うゴンシル。
ハッと我に返り「おばさんは、たった今行きました」と報告するゴンシル。

自分とカン・ウの写真が載っているネット記事を見て、嬉しそうなイリョン。
ジュンウォンは、1週間の中国出張が決まる。
落ち着いて準備しているゴンシルを見て、(花火を見ながら言ったことはやっぱりおばさんの感想だったか…気を揉んで損をした)と思うジュンウォン。
「寂しいですか?」と聞くキム室長に「清々する」と強がるジュンウォン。
「“心が迷った時は痛みが教えてくれる”と、テヤンが教えてくれました」とキム室長。
ジュンウォンは、ヒジュの言葉をなぜゴンシルが知っている?と考える。
ゴンシルにそのことを聞くジュンウォン、「カン・ウさんが教えてくれました」と言われ、カン・ウを調べさせる。

カン・ウは、ジュンウォン父の推薦で、保安チーム室長に抜擢されたとわかる。
カン・ウに会うジュンウォン、「なぜ今さら15年前の事を調べているのか俺に説明しろ、と伝えろ。ネックレスも俺が探しているから探さなくていいってこともだ」と言うジュンウォン。

社長室に行くと、ゴンシルがうずくまっていた。
「ヒジュさんが来て、なぜクソ女なのか教えてくれました」と言うゴンシル「そうか…あいつは犯人の1人なんだ」とジュンウォン。
「共犯者の名前は言えない、共犯者を守る必要があると言っていた」とゴンシル。
動揺するジュンウォンは、行こうとするゴンシルに「行くな、あいつにこんな姿を見られたくない。俺を守ってくれ」と言う…つづく

感想

コン・ヒョジンさん、回を増すごとにキレイになっていってますね。
最初は、そんなにきれいに見えなくしているのか…不思議です。
今回の短パン姿、めちゃめちゃ足がきれい、スラーッとしてます。
普通に画像検索とかして見てみると、女優さんって感じでほんっとにきれいです。

カン・ウが、父の命令を受けて自分を監視していると知ったジュンウォンですが、相当お父さんを憎んでいるみたいですね。
いったい昔何があったのか?誘拐事件の黒幕が父親だとしたら、ヒジュとはどんな関係があるのか…?
その宝石を巡って、起きる事件って…ルパン三世みたいですね。
そもそも宝石がそんなに重要?こじつけで何か理由が必要だから宝石にしとく?みたいなノリで考えたような気がしないでもないけど…?
今回の幽霊は、まさかの生霊でした。
生霊って結構飛んでるそうです。
その根本になるのは、執着です。
相手が死ぬほど好きとか、死ぬほど憎い、恨んでいるとかそんな時に生きた人間が魂のかけらを飛ばすから本体の方はちょっと腑抜けになるらしいです。
今回のおばさんの生霊も、昏睡状態だったから心置きなく、飛んできてたんでしょうね。
今まで味わったことのない、別世界がそこにあって、また行きたいと強く思っていたからホテルに来てたんだろうと思うけど、なんで水の中にいたんでしょうね?
そこは、韓流あるあるってことでしょうか。
第9話もお楽しみに。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP