トドメのパラレル(8話)のあらすじ・ネタバレ・感想~裏切りの人生~ | VODの殿堂

ドラマ

トドメのパラレル(8話)のあらすじ・ネタバレ・感想~裏切りの人生~

   
 

タイトル:トドメのパラレル(8話)
放送局:Hulu限定
キャスト:山﨑賢人、門脇麦、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗、志尊淳など
閲覧したVOD:hulu(2018年2月25日時点では閲覧可)

宰子の秘密に気付き始めた尊氏の前で、宰子と旺太郎はキスをし、タイムリープした。
しかし、トドメのパラレルでは生き返らない。
尊氏に見捨てられた布袋は荒れた生活を送っていた。
そして布袋の復讐が始まる…。
8話のあらすじです。

『トドメのパラレル』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2019年10月10日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

〈目の前で死ぬ〉

尊氏は宰子を捕まえ、秘密について問い詰めるが、旺太郎が旺の犯罪を止める為にタイムリープしようとやって来た。
旺太郎は、タイムリープのヒントを言い残し、宰子にキスをし、2人は死んだ。

〝神の力を持つ宰子とキスすると、俺は7日前に遡り、生き返る。けれど、俺が死んだ後にもその世界の時間は続いている。〟

〈尊氏の嘘〉

目の前で2人が死に、動揺する尊氏。
そこに警察官がやって来て、その場にいた尊氏が疑われる。
野次馬が集まり、尊氏は咄嗟に
「違う!これはあいつが仕組んだんだ…!」
と嘘をついた。

〈1年後〉

尊氏の虚言で布袋は2人の殺害主謀者と報道された。
後日、2人は突然死だと診断されたのに、世間は寛之を襲った罪で有罪判決を受けた布袋を殺人犯として認識した。
一方、尊氏は疑いを晴らし、美尊と結婚した。
全てを捧げた尊氏に見捨てられた布袋は、刑務所から出所後、荒れた生活を送っていた。

〈布袋の女神〉

ホストに喧嘩を売り、ボコボコにやられた布袋は、街中で倒れていた。
そんな布袋に真凛が声をかける。
真凛は宰子が住んでいた部屋を格安で借り、住んでおり、布袋を部屋に招き入れる。
真凛は、乗馬クラブの友達との付き合いにお金がかかり、借金をしていたら、返せなくなり、親に見捨てられたらしい。
真凛は
「この世界には、きっと愛なんてないんだよ。」
と呟くと、布袋も同意した。
続けて真凛は
「でもね、時々心が壊れそうなくらい寂しくなる。」
と布袋を見つめた。
布袋は真凛をベッドに押し倒し、一夜を共にした。

〈復讐を計画〉

あくる朝、布袋は今までのいきさつを真凛に全て話した。
真凛は布袋の人生を奪った尊氏の事が許せなかった。
そしてキャバクラのお客さんに寛之の事件の真犯人を知っているという情報を思い出し、それをネタに尊氏をゆすり、一緒に人生をやり直そうと提案する。

〈脅す真凛〉

真犯人は
「郡次に頼まれて長谷部を殺したのは、この俺、鮫島だよ。」
と言っていた。
2人は証拠を手に入れ、計画を実行に移した。
美尊が尊氏の子供を宿し、真凛がお祝いに駆けつける。
真凛は尊氏と郡次に証拠のボイスレコーダーを聞かせ
「尊氏さん、これを美尊に聞かせたくなければ、お金で買ってくれませんか?」
と脅す。
郡次が真凛に殴りかかり、ボイスレコーダーを奪おうとする。
そこに天井で待機していた布袋が飛び降り、郡次にのしかかる。
布袋は
「天井からすべてを録画していました。観念してください。」
と尊氏に言う。
尊氏は
「さすがだな。どうやら君を手放した事が間違いだったようだ。望むなら地位でも金でも何でも与えてやる。僕のもとに戻ってこないか?」
と手を差し出した。
布袋は尊氏に歩み寄り、握手をするかと思いきや、思いっきり殴った。
布袋は
「いいから、黙って金を用意しろ!俺はこれから真凛と生きる。」
と真凛を見つめ、微笑んだ。

〈裏切られる布袋〉

大金を手にした布袋と真凛は、家に帰り、祝福の乾杯をした。
布袋は真凛にプロポーズをしようと引き出しに隠してあった婚約指輪を取り出す。
引き出しには、真凛のパスポートと海外行きのチケットがあった。
布袋が真凛に聞こうとすると、真凛が背後から布袋を刺した。
真凛は
「ごめんね。私はこのお金で借金を返して、人生をやり直そうと思う。私1人で。やっぱり、この世界には愛なんてないんだよ。」
と言う。
布袋は薄れていく意識の中
『どうか彼女が幸せになりますようにと…』
と願った。

感想

布袋、どこまでお人好しなんですか。
布袋の人生、可哀想なくらい悲惨です。
布袋にこそタイムリープさせてあげるべきですね。
トドメの接吻での布袋は大っ嫌いですが、今回の素直な布袋は愛らしくて、応援したくなりました。
何度も尊氏に裏切られ、殺人犯扱いされて、それでも警察には尊氏の事をバラしませんでした。
普通なら、尊氏は布袋が出所した時に迎えに行ってあげるべきなのに、必要なければ切り捨てる尊氏は、最低ですね。
それでも手を差し伸べた時は、布袋は握手するのかとヒヤヒヤしましたが、殴ってくれました。
尊氏が倒れる姿を見るのはとても爽快でしたね。
新田真剣佑さんは好きですが、尊氏は嫌いです。
今回のトドメのパラレルは、一件落着でハッピーに終わるのかと思っていましたが、やはり最悪の結末でした。
まさか、真凛が布袋を殺すとは…。
布袋に近づいたのは最初から尊氏からお金を巻き上げる為だったのですね。
それにしても、自分を殺した相手の幸せを願う布袋は健気で、布袋こそ幸せになって欲しいと思いました。
そんな布袋が本編でも尊氏を裏切り、旺太郎に協力してくれるといいのですが。
旺太郎に反撃の糸口はあるのか。
次回のトドメのパラレルは、寛之が探偵、奈緒が探偵助手で犯人を見つける!?

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP