【続報】遂に決着!前田健太の移籍問題に終止符を打ちツインズに! | VODの殿堂

スポーツ

【続報】遂に決着!前田健太の移籍問題に終止符を打ちツインズに!

   
 

ごたごたしたトレードもようやく決着!

前田健太のトレードが正式に決定しました。

ドジャースとツインズの間で、前田健太+金銭と若手選手もセットにして、B・グラテオル+ドラフト指名権でのトレードが日本時間2月10日にMLB公式サイトで報じられたのです。

当初の予定は、ドジャース、Rソックス、ツインズの3球団の大型トレードでした。

前田健太の交換要員だったB・グラテオル投手の身体検査において、最終的な移籍先であるRソックスが先発に向かないと問題視したことで、3球団トレードは破談と報道されていました。

トレード自体消滅するかと思われましたが、今回の決定で、前田健太の先発によるフル回転が実現しそうです。

トライアングルトレードは白紙に!

レッドソックス、ドジャース、ツインズによる大型の三角トレードは、日本時間2月5日に合意が報じられてから5日目に、B・グラテオル投手のトレードが白紙になり、ドジャースから追加要員を求められたツインズは、撤退する可能性が高まりました。

そのため、最終的なトレードの形はトライアングルトレードにならず、「レッドソックスとドジャース」、「ドジャースとツインズ」というように、2つのトレードに分裂する可能性があると報じられていました。

筆者もこのトレードの行く末を見守っていましたが、2月10日ついに、ドジャースとツインズで 間で条件付きでのトレードが成立したのです。

前田健太が担うこととは?

ツインズにおいて前田健太は、25歳のエースの「ホゼ・べリオス」、スプリッターの使い手である「ジェイク・オドリジ」に続く先発の3番手を狙うことになりそうです。

現在、リッチ・ヒルが肘を怪我しているため、前半は欠場することになるようです。

ボルデリ監督は左腕のルイス・ソープらをオープナーとして起用することもあり、新鋭左腕のデビン・スメルツァーやランディー・ドブナクがベイリーといった選手は、裏ローテを務めるとみられています。

しかし、昨年の開幕直後には不確定だった救援投手陣は、30セーブを挙げた左腕のテイラー・ロジャースと、同17ホールドを挙げたトレバー・メイが今季もセットアッパーを務める予定です。

今回の前田健太のトレードに絡んでいた、救援のブルスダー・グラデロール(現レッドソックスに移籍)の放出は何の影響もないと思われているのです。

前田健太加入でワールドシリーズも夢じゃない!?

ア・リーグ中地区では、タイガースとロイヤルズが昨シーズン100敗以上を喫するなどしており、「そんなに競争力が高くない地区」と巷では見られています。

ツインズの構想では、前田健太が普通に中4日で先発ローテーションできれば、メジャー移籍後、最高の成績を残せる可能性があり、基本給300万ドル(1ドル110円換算で3億3千万円)に加えて、満額で650万ドル(同7億1500万円)になるパフォーマンス・ボーナスがに加わる可能性がありえるため、ドジャース時代より年俸が高くなるのです。

予想通りにツインズが勝ち進み続けると、10月に(ポストシーズンで)田中将大投手がいるヤンキースと当たる可能性だっておおいにありえます。

ア・リーグを制し、1991年以来のリーグ優勝を果たして、ワールドシリーズに出場するなんて夢も思い描けたりするのが、ミネソタ・ツインズというチームなのではないでしょうか?

筆者が思い描く前田健太の活躍

前田健太は広島東洋カープ時代からピッチャー人をけん引し、さらに自身が登板した試合はほぼ負けないという、自他ともに認める看板ピッチャーと言えるでしょう。

ドジャースで先発から中継ぎにと配置転換され、不本意の中、野球をしていたのではないでしょうか?

本人にしてみれば、先発投手として活躍したい気持ちは失わずに耐えたことにより、今回のトレードで思い描いていた先発投手として再出発できます。

きっと、ローテンションの一角を勝ち取り、ワールドシリーズ進出を実現してくれるでしょう。

そんな前田健太所属のミネソタ・ツインズの試合を含むMLBの試合は、DAZNで750試合以上見ることができるので、海外の試合でも好きな時間に見ることができます。注目カードを見逃さないようにしましょう!

DAZN(ダゾーン)

動画配信サービスは数あれど、ライブスポーツが一番観られるのがDAZN(ダゾーン)。月額1,750円(税抜)でライブスポーツが楽しめます!初回登録なら1ヶ月お試し0円!

詳細はこちら
スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP