今季開幕に向けて動き出したJ2!今年こそ徳島ヴォルティスは栄冠を掴むのか!? | VODの殿堂

スポーツ

今季開幕に向けて動き出したJ2!今年こそ徳島ヴォルティスは栄冠を掴むのか!?

   
 

各チームで新戦力発表!

今シーズンを占うかのように、各チームが補強に取り組んでいます。

昨年、上位に届かなかったチームにとっては、強いチーム作りが必須となっているのです。

現段階で、ほぼ新チームが出来上がり、各チームは強化合宿に入っています。

そのなかでも、昨年入れ替え戦で湘南ベルマーレと対戦して、あと一歩のところでJ1昇格を逃してしまった徳島ヴォルティスですが、主力選手の移籍で戦力ダウンが懸念されます。

それらをカバーするために、どのような選手を獲得すれば、強い新チームが出来上がるのか、筆者がファンという理由だけで徳島ヴォルティスの動向に注目して見て行きましょう(笑)

昨年を上回るのか⁉今季の徳島ヴォルティス!

徳島ヴォルティスは、昨年入れ替え戦まで進んだチームを温存すると思っていましたが、GK梶川 祐嗣、MF野村直輝、杉本竜士、DF内田裕斗、ヨルディ・バイスが徳島ヴォルティスを去り、戦力ダウンしたのではとささやかれる中、年が変わった1月から、積極的に選手を補強し、新しいチーム作りをし始めたのです。

徳島ヴォルティスには新戦力として、瀬口拓弥選手・上福元直人選手・西谷和希選手・ドゥシャン選手・浜下瑛選手・梶川諒太選手を完全移籍で加入し、榎本大輝選手・垣田裕暉選手・杉森考起選手を期限付き移籍にて加入しました。

また、安部崇士選手・吹ケ徳喜選手・武田太一選手・奥田雄大選手は大学より新入団し、森田凜選手は下部組織より昇格するなど、若手を中心にチームに迎え入れたのです。

2020シーズンの、徳島ヴォルティスのクラブスローガン『叶(かなえる)』を発表し、1/15より、高知県にて一次キャンプに入り、昨年の借りを返すため、戦術の強化や個々の能力を向上するために練習を開始しました。

さらに宮崎県にて二次キャンプで総仕上げして、開幕を迎えようとしています。

『今シーズンのスローガンは叶(かなえる)に決定いたしました。
叶は「十」と「口」を表しています。「十」は縦横に線が伸び、全方位を網羅しているようになっていることから、「完全、十分、多い」などの状態を表しています。また「口」は人の口を表し、「言葉」や「話す」の意味で使われ、2つを組み合わせて「大勢の人の言葉が、合致する、調和する」状態を表しています。
よってファン・サポーターの皆さまに沢山のご声援をいただき、ファン・サポーターの皆さまの想い・希望と、2020シーズンの結果を合致させる。すなわち「目標であるJ1昇格を達成させる」という思いを込めて、このスローガンとしました。』(ヴォルティス公式HPより)

はたして、徳島ヴォルティスは昨年以上の成績を収めて、J1に自動昇格を決めることができるでしょうか?

J1からジュビロ磐田、松本山雅が降格してきて、徳島ヴォルティスの進化が問われる1年になりそうです。

今季のJ2が熱くなる!

J1から降格してきた、ジュビロ磐田と松本山雅、そしてJ3から4年ぶりに昇格してきたギラヴァンツ北九州、3年ぶりに昇格したきたザスパクサツ群馬を含めた、22チームでの戦いとなります。

自動昇格2枠をかけた戦いは、 チーム一丸となり戦っていき、どんな結末を迎えるのでしょうか?

如何なる時でも推し進めていかなくてはいけない戦略は、22チームの運命を左右します。

注目は、勝ちにこだわり、強烈な印象を与えた補強をした京都サンガや、元日本代表の大久保義人が加入した東京ヴェルディ、それに加えてJ1から降格してきた2チームやJ3からの昇格2チームが、台風の目のようになってJ2を搔き乱していくのか注目です。

現在のチーム状況を元に、独断と偏見で自動昇格2チームとPO圏内4チーム、全体の順位も含めて筆者の独断と偏見で予想してみました。

1.ジュビロ磐田
2.徳島ヴォルティス
ーーーPO圏内ーーーーー
3.京都サンガ
4.東京ヴェルディ
5.ジェフユナイテッド千葉
6.大宮アルディージャ
ーーーーーーーーーーー
7.松本山雅
8.ヴァンフォーレ甲府
9.FC琉球
10.アルビレックス新潟
11.モンテディオ山形
12.水戸ホーリーホック
13.V・ファーレン長崎
14.ファジアーノ岡山
15.FC町田ゼルビア
16.アビスパ福岡
17.ギラヴァンツ北九州
18.ザスパクサツ群馬
19.愛媛FC
20.レノファ山口FC
ーーー降格圏内ーーー
21.ツエーゲン金沢
22.栃木SC

近年、熱戦続きのJ2の試合は、見どころ満載で目が離せません。

筆者自身、徳島ヴォルティスを応援しており、6年ぶりの昇格を信じていますが、少し控えめに2位予想にしてみました(笑)

Jリーグの全試合は、DAZNにて全試合放映します。

各チームの新戦力による試合は1戦も見逃せないですよ!

DAZN(ダゾーン)

動画配信サービスは数あれど、ライブスポーツが一番観られるのがDAZN(ダゾーン)。月額1,750円(税抜)でライブスポーツが楽しめます!初回登録なら1ヶ月お試し0円!

詳細はこちら
スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP