「仮面ライダーフォーゼ」第44話 【星・運・儀・式】のあらすじ・ネタバレ・感想~弦太朗とユウキの約束~ | VODの殿堂

特撮

「仮面ライダーフォーゼ」第44話 【星・運・儀・式】のあらすじ・ネタバレ・感想~弦太朗とユウキの約束~

   
 

タイトル 「仮面ライダーフォーゼ」第44話【星・運・儀・式】
放送局  テレビ朝日
キャスト 福士蒼汰吉沢亮、清水富美加、高橋龍輝、鶴見辰吾 他
視聴したVOD:hulu(2018年5月30日時点では視聴可)

学園内では、次々と生徒や先生を狙ったイタズラが発生していました。
ユウキがイタズラをしている場面を目撃したという生徒たちから、その犯人がユウキではないかと疑われてしまいます。
弦太朗もユウキがイタズラをしているところを目撃したことから、ユウキのことを心から信じられずにいました。
そんな中、イタズラの犯人はユウキのもう一つの人格・闇ユウキだったことが発覚したのです!
レオたちに無理矢理ホロスコープススイッチを押すよう仕向けられ、闇と光、二つの人格に分離してしまったユウキ。
イタズラをして暴れる闇ユウキはふたご座のジェミニゾディアーツとなり、フォーゼたちに襲いかかります。
さらに、闇ユウキの存在が濃くなるにつれて、光の人格である本物のユウキが消えるというのです!
ユウキが無事、助かりますように。

『仮面ライダーフォーゼ』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月31日(木)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

迫るタイムリミット

エネルギー体のジェミニを押さえこんだメテオは、爆発に巻き込まれて変身が解け、重症を負ってしまう。

サジタリウスはジェミニと共に去る間際、「あと12時間。止めるなら止めてみたまえ。私とジェミニが、プレゼンターに会いに行くことを。」と言い残した。

プレゼンターとは、一体誰のことなのでしょうか?
体を張って弦太朗を助けた流星はかっこよかったのですが…、流星の体が心配です。

次第に存在が薄れるユウキ

弦太朗は流星を賢吾に託し、いなくなったユウキを探し続けた。
ユウキは、自分の顔が白い仮面で覆われ、闇ユウキと同じ風貌になっていることに気づき、パニックになり弦太朗たちから逃げ回っていたのだ。

一方で闇ユウキはというと、白い仮面が外れ、見た目は完全にユウキそのものとなっていた。

ユウキの気持ちを考えるだけで、とでも胸が苦しいです。
お願いだから、早く助けてあげて!

順調に進む我望の計画

「新しい君の誕生の儀式を行おう。」
我望は闇ユウキに対し、嬉しそうに話している。

「プレゼンターからの声か…。私には全く覚えがない。」
我望と闇ユウキの様子をそばで見ながら、速水は立神にそうつぶやいた。

我望は速水を呼び、「ピスケスの発見を急ぎたまえ。」と命令する。
「心得ております。」と速水は返事をするも、《我望様が必要なのは、私ではなく私のスイッチだけなのか》と、我望に対し不満を持っているようだ。

早く彼らの計画を阻止しないと、かなり危険な状態なのではないでしょうか。
ユウキが子どもの頃に聞いたという「宇宙の声」は、我望たちが言う「プレゼンター」の存在と何か関係がありそうですね。

プレゼンターとは?

流星、友子以外のライダー部員たちはユウキを探すが、見つけることが出来ずにいた。
流星は友子に付き添われ、病院で治療を受けている。

「俺のせいだ!いつも友達友達言ってるくせに、相手が一番苦しい時に限っていっつもこうだ!」
と、弦太朗は悔しそうに嘆いた。

賢吾は、サジタリウスが話した「プレゼンターが気になる。」と話し始める。
「人類に対して働きかける、宇宙からの意思。
特定の条件を満たした者だけに届く、宇宙からのメッセージのようなものらしい。
ゾディアーツになる人間は、多かれ少なかれその声に導かれているのかもしれない。
星からの声に魅入られた人間…それがゾディアーツ。」

なるほど…そういう存在があるんですね。
それが我望たちの話す、プレゼンターのようです。
ユウキはその条件を満たしていた、ということなのだと思いますが、リブラの速水がその声を聞いたことがないということに対しても少し疑問です(笑)。

立場が逆転していく二人のユウキ

ユウキの自宅には、闇ユウキが本物のユウキになりすまし、帰宅していた。
闇ユウキは、ユウキの両親と共に楽しく食卓を囲む。

「私の家、私の家族、返してよ……。」
ユウキは今にも泣きそうな声で闇ユウキに訴えるが、
「お気の毒~!その顔じゃ、もう誰も信じてくれないわよ?
仮面ライダーが来る前に早く逃げたら?
記憶も能力も、ほとんど私のもの!
それに、スイッチを持ってる方が濃くなるに決まってるしね~!」
と、闇ユウキはホロスコープススイッチをちらつかせながら嘲笑う。

ユウキは闇ユウキからホロスコープススイッチを奪い、家を出た。

どうしてユウキがこんな目に遭わなきゃいけないの?と思ってしまいます。
ただ、宇宙からの声を聞いただけなのに。
闇ユウキを早くやっつけて欲しいです!

闇ユウキに疑われたユウキ

ちょうどユウキが家を出ると、そこには弦太朗たちの姿が。

「あっ!偽物め!!」
白い仮面に覆われ、ホロスコープススイッチを持った姿ユウキを見て、闇ユウキと勘違いした弦太朗たちが追い続ける。

ユウキは弦太朗たちの名前を呼ぼうとするが、名前が出てこない。
記憶を闇ユウキに奪われているようだ。

公園の噴水の前で、弦太朗や隼たちに挟まれ、ユウキは逃げ場を失った。
「いやあぁーーー!!」
ユウキは泣き叫ぶようにしゃがみ込む。
そのはずみでスイッチを押してしまい、ジェミニの姿へとなってしまった。

弦太朗は「必ず倒して、ユウキを救ってやる!」と言いながらフォーゼに変身する。

ジェミニになったユウキはフォーゼを見て、「この白いの何だっけ?」と焦るように逃げ回る。
フォーゼはユウキに攻撃を続け、隼たちも「いいぞ!」とフォーゼを応援している。

すごく悲しいシーンでした。
見た目だけで闇ユウキと間違われて、攻撃されるなんて…。
仕草や様子を見て、本物のユウキだって分かって欲しかったです。

本物のユウキはどっち?

しかし賢吾だけはジェミニの様子をじっと伺う。
「何かおかしい。弱すぎるぞ。」

するとそこへ、闇ユウキがやって来た。
「やったねー!これなら勝てそう!もう安心!さすが弦ちゃん!」
闇ユウキは、ユウキさながらのテンションで明るくフォーゼを応援する。
賢吾は闇ユウキの言動を見て、《ケンカしてたんじゃなかったのか?》と疑問を浮かべた。

フォーゼは「とどめだ!」と言いながら、スイッチを使い、ユウキへ向かって強力な攻撃を仕掛けた。
攻撃はユウキへ直撃し、ジェミニの変身が解けたユウキはその場に倒れ込む。

フォーゼが「観念しろ偽ユウキ!」と、さらにユウキを追い込もうとしたところで、賢吾がストップをかけた。

「それは本物のユウキかもしれない!恐らくそっち(闇ユウキ)が偽物だ!
もう既にここまで立場が逆転していたんだ。」

賢吾がそう言うと、闇ユウキは「ピンポーン!さすが賢吾くん、頭いい~!」とまた嘲笑う。

「本物のユウキを返せ!」と賢吾は怒る。

「あなたたちに本物のユウキを始末させるのも面白そうだと思ったんだけどね~。
でももうあと10時間、打つ手ないよね?」
闇ユウキはそう言いながら、ジェミニに変身した。
フォーゼは怒り、ジェミニに攻撃しようとするが、ジェミニは姿を消した。

良かったです、賢吾が気づいてくれて。
正直に言うと、弦太朗に気づいてほしかったな、と感じてしまいましたが…。
いい加減、闇ユウキに腹が立ちます!

ユウキとの約束を思い出した弦太朗

「ごめんなユウキ!」
変身を解き、すぐ謝ろうとした弦太朗だが、そこにユウキの姿はなかった。

ユウキの元へ現れたレオとリブラが、「いよいよジェミニ誕生の儀式が行われる。お前はその生贄(いけにえ)だ。」と言い、ユウキを連れ去った。

その様子をバガミールが撮影していたことによって知った賢吾たちは、「その儀式でユウキが消されると言うのか…?」と慌てている。

そんな中、弦太朗は突然「あの場所だ!」と、ユウキとの約束を思い出した。

ーーー
ユウキと弦太朗がまだ幼い頃ー
宇宙の声を聞いたユウキは、弦太朗にそのことを話した。
弦太朗は「そんなことあるもんか!」と信じてくれず、ユウキは一人公園のベンチに座り、泣いていた。
そこへ弦太朗がやって来た。
「ごめんな。ユウキが宇宙に消えちゃいそうで、怖かったんだ。
俺はいつだってユウキのことを信じてる。友達だもん。
一緒に星の声を聞かせてくれ。」
ーーー

「でも結局、俺には聞こえなかった。
俺が転校する時、ユウキが思い出を詰めた金の小箱をくれたんだ。
あの中に約束のものが入ってる!あれさえあれば!」
弦太朗がそう話すと、賢吾は「その小箱はどこにあるんだ!?」と慌てた様子で問う。

弦太朗は少し考えこみ、「俺んちだ!!」と思い出すと、弦太朗と賢吾は慌てて弦太朗の家へ向かった。
吾郎じぃ(八名信夫)がもう寝ているというのに、電気をつけて部屋中探し回る弦太朗と賢吾だった。

前回の話で言っていた「チケット」の話、これがこの小箱の中に入っているのかもしれませんね!
弦太朗が思い出してくれて、本当に良かったです!
普段クールな賢吾が必死になっているところを見ていると、ユウキに対する愛情を感じられてほっこりします。

ついに始まった儀式

翌朝、サジタリウスや闇ユウキたちによって、儀式が始まろうとしていた。
闇ユウキは黒い衣装に身を包んでいる。

本物のユウキは白い服を着せられ、台の上に横たわっていた。

一方、弦太朗たちはまだ小箱を探している。
「神棚にでもしまっておいたらどうなんだい!」という吾郎じぃの声を聞いた弦太朗は、神棚に手を入れる。
「あった!!!」

隼、美羽、JKの3人は儀式の場所へ行き、阻止しようとしていた。
しかしサジタリウスの攻撃を受けた3人は、身動きが取れない。

「そんな偽物なんかに負けないで!」と美羽が声をかけると、本物のユウキは
「あいつはあたしなの…分かるの。
あたしにも仲間を蹴落としたり、いけないことをしたいって思う心があったの。
人を踏みにじってでも宇宙に行きたい…、それもあたしなんだ…。」
そう言って白い仮面の目から涙をこぼす。

「そんなの俺たちが知ってる部長じゃないっすよ!
疑ったことは謝りますから、弦太朗さんが来るまで諦めないで!!」
と、JKは苦しそうにしながらも一生懸命に訴えた。

「弦太朗…弦ちゃんって誰?」
ユウキがそうつぶやいた時、「お前のダチだ!」という弦太朗の声が聞こえた。

ユウキの心がかなり弱っているみたいです。
小箱が見つかって良かったですね!
早くユウキを取り戻しましょう!

約束のチケット

弦太朗と賢吾が駆けつける。
「ユウキ、悪かった!俺はダメな奴だ。
こんな大事な約束忘れちまうなんて!
お前と俺の絆だ!」
弦太朗はそう言いながら、金の小箱をユウキに見せた。

ーーー
「なぁユウキ。近づいたら、声ってよく聞こえるよな。
宇宙の声も、宇宙に行ったらもっとよく聞こえるんじゃないかな?」
弦太朗がユウキにそう話すと、ユウキは
「弦ちゃん!あたし宇宙飛行士になって、宇宙に行く!」
と言った。

「夢叶えろよ?俺、ずっと応援する。」

「うん。そしたら弦ちゃんも、一緒に宇宙へ連れて行ってあげる。
これは、その約束!」
ユウキはそう言って、金の小箱を弦太朗に渡した。
ーーー

「一番最初にあたしを信じてくれた仲間、それは弦ちゃん!」
ユウキは体を起こし、力強くそう言った。

弦太朗は金の小箱を開け、ロケット型のチケットを取り出す。
チケットには、【げんたろう用 宇宙いきチケット 一生ゆうこう】と書かれていた。
「このチケット、一生有効なんだろ?絶対俺を連れてってくれ!」

ユウキは「うん!!」と答えた。

仮面ライダーフォーゼは、こういうシーンがあるから好きです!
また見ていて泣きそうになりました。
弦太朗とユウキの、幼い頃からの友情。本当に素敵です!

ダチの力で打ち砕く!

その途端、ユウキと闇ユウキが同時に苦しみ始めた。
ユウキが顔を上げると、先ほどまでついていた白い仮面が外れ、元の姿に戻っていた。

その表情を見て、喜ぶ弦太朗たち。

そして闇ユウキの顔は、白い仮面で覆われた。
「くっそー!!」
闇ユウキは怒り狂い、スイッチを押す。
闇ユウキはジェミニへと姿を変えるが、まだ苦しそうにしている。
「闇の心の方が強いはずなのに!!」

「誰の心にも、黒い部分はある。でもな、それをお互い乗り越え合えるためにダチがいるんだ!
打ち砕いてやるぜジェミニ!ダチの力で!」

ユウキの表情が戻った時、みんなの笑顔がすごくキラキラしていました!
感動しました。
元に戻って良かったです。

この力は?

弦太朗は、ユウキの声援を受けてフォーゼに変身した!
ユウキとフォーゼは、友情のシルシをかわす。

早速コズミックステイツになり、攻撃開始!
しかしフォーゼがジェミニやレオへ攻撃をしていると、サジタリウスがフォーゼへ攻撃をしてきた。
さらにレオは、得意の変身術を使い、カプリコーンへと変身する。
カプリコーンがギターをかき鳴らそうとすると、その場にいた賢吾たちは音を遮るように頭を下げた。
しかしその瞬間、賢吾たちは青い光に包まれ、カプリコーンは攻撃できなくなってしまったのだ。

賢吾は不思議そうにしながらも、その場から避難する。

「今の力、まさか…。」
サジタリウスは、何かを感じたようだ。

誰の力で、カプリコーンの攻撃を遮ることが出来たのでしょうか。
フォーゼでもなさそうだし、他にそんな力を持っていそうな人なんていない気がするのですが…。

爆発エネルギーにどう対応する?

サジタリウスとレオ(カプリコーン)はその場を去り、ジェミニは超新星の力を使って二体に分離した。
そこへ、流星と友子が駆けつける。
「弦太朗!これを使え!」
流星はメテオストームスイッチをフォーゼに投げ渡す。

フォーゼがストームスイッチを差してスイッチを入れると、ジェミニの爆発を吸い込むことに成功した。
そしてフォーゼがリミットブレイクを決め、ジェミニは消滅した。

流星、グッジョブ!
こんなことに気が付くなんて、すごいですね!
体調も回復したようで、安心しました。

速水の様子がおかしい?

立神がジェミニのスイッチを回収し、我望に手渡す。
「結局私一人か。先駆者は孤独だね。」
我望は、ジェミニがいなくなったことを残念がる。

「ピスケスを見つけたが最後…。私は、私は…。」
我望と立神の影で、速水は冷や汗をかきながらそうつぶやいた。

約束のチケットは、みんなへ

ラビットハッチー

ユウキは弦太朗にお礼を言い、「このチケット、いつか必ず使えるようにするね。」と弦太朗に誓った。
そしてユウキは、他の部員用のチケットもそれぞれ作り、手渡した。

流星だけには配らなかったユウキに、「ユウキくん、俺のは?」と流星が問う。
すると隣に座っていた友子が流星の腕をぐっと引き寄せ、「これ、ペアチケットにしてもらったの。」と言い、二枚連なったチケットを流星に見せる。
流星は友子を見て、少したじろぐ。

みんなが盛り上がっている中、賢吾は一人、浮かない表情をしていた。

スポンサーリンク

第44話【星・運・儀・式】まとめ

「仮面ライダーフォーゼ」は、友情が大きなテーマとなっていますが、今回も素敵な友情と触れ合うことができましたね。
前回や今回の中盤までは、どんな結末になるのかヒヤヒヤしながら見ていましたが、無事にユウキを取り戻すことが出来て本当に良かったです。
何より、弦太朗がユウキとの約束を思い出せて良かったですね。
一度離れたとは言え、こうしてまた偶然の再会を経て繋がることが出来る…。
幼い頃からの友情がこんなにも良いものだなんて、私自身、初めて感じたかもしれません。

我望が求めるのはあと一つ、ピスケスゾディアーツの存在となりました。
この学園の誰かがピスケスとなってしまうのでしょうか?
速水がどんどん我望に対して不満を募らせているところも気になりますね。

さらに、カプリコーンの攻撃を遮った謎の青い光も注目すべきだと思います。
賢吾が不思議がっていますし、我望も何かを予感しているようですね。
今後どのような展開が待っているのか、とても楽しみです!

仮面ライダーフォーゼを見るならhuluがオススメ!

配信中のシリーズ
・劇場版 仮面ライダーオーズWONDERFUL 将軍と21のコアメダル(映画)
・仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX(映画)
・仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(映画)
・仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!(映画)
・仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム(映画)
・仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z(映画)

hulu(フールー)

一部見放題でそれ以外は有料というサービスが多い中で、全作品見放題なのはhuluだけ!月額933円(税抜)で安心して全作品を楽しめます。初回登録なら2週間無料!

詳細はこちら

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
「仮面ライダーフォーゼ」第28話 【星・嵐・再・起】のあらすじ・ネタバレ・感想~生まれ変わったメテオ~
「仮面ライダーフォーゼ」第29話 【後・輩・無・言】のあらすじ・ネタバレ・感想~大杉先生にバレちゃう!?~
「仮面ライダーフォーゼ」第30話 【先・輩・無・用】のあらすじ・ネタバレ・感想~大杉・キター!~
「仮面ライダーフォーゼ」第31話 【昴・星・王・国】のあらすじ・ネタバレ・感想~メテオの正体、そして弦太朗の死~
「仮面ライダーフォーゼ」第32話 【超・宇・宙・剣】のあらすじ・ネタバレ・感想~誕生!コズミックステイツ~
「仮面ライダーフォーゼ」第33話 【古・都・騒・乱】のあらすじ・ネタバレ・感想~京都、キター!!~
「仮面ライダーフォーゼ」第34話 【天・穴・攻・防】のあらすじ・ネタバレ・感想~京都でのミッションの結末は~
「仮面ライダーフォーゼ」第35話 【怪・人・放・送】のあらすじ・ネタバレ・感想~選んだのは友情ではなく、未来~
「仮面ライダーフォーゼ」第36話 【本・気・伝・歌】のあらすじ・ネタバレ・感想~魂のギターで届ける歌~
「仮面ライダーフォーゼ」第37話 【星・徒・選・抜】のあらすじ・ネタバレ・感想~戦友はゾディアーツ~
「仮面ライダーフォーゼ」第38話 【勝・者・決・定】のあらすじ・ネタバレ・感想~仮面ライダーとゾディアーツは、友達になれない~
「仮面ライダーフォーゼ」第39話 【学・園・法・度】のあらすじ・ネタバレ・感想~弦太朗がついにリーゼントをやめた!?~
「仮面ライダーフォーゼ」第40話 【理・念・情・念】のあらすじ・ネタバレ・感想~明らかになったヴァルゴの正体~
「仮面ライダーフォーゼ」第41話 【部・活・崩・壊】のあらすじ・ネタバレ・感想~ついにタチバナの正体が明らかに!!~
「仮面ライダーフォーゼ」第42話 【射・手・君・臨】のあらすじ・ネタバレ・感想~ヴァルゴ=江本と交わす友情のシルシ~
「仮面ライダーフォーゼ」第43話 【双・子・明・暗】のあらすじ・ネタバレ・感想~友情の危機!疑われたユウキ~
「仮面ライダーフォーゼ」第45話 【天・秤・離・反】のあらすじ・ネタバレ・感想~12個のホロスコープススイッチ~
「仮面ライダーフォーゼ」第46話 【孤・高・射・手】のあらすじ・ネタバレ・感想~ついにワープゲートが…!?~
「仮面ライダーフォーゼ」第47話 【親・友・別・離】のあらすじ・ネタバレ・感想~賢吾の運命~
「仮面ライダーフォーゼ」第48話(最終回)【青・春・銀・河】のあらすじ・ネタバレ・感想~宇宙仮面ライダー部、キター!!~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP