『時効警察はじめました』第2話のあらすじ・ネタバレ!霧山はミステリー作家の密室殺人トリックを暴けるのか!?【見逃し動画情報もあり】 | VODの殿堂

映画

『時効警察はじめました』第2話のあらすじ・ネタバレ!霧山はミステリー作家の密室殺人トリックを暴けるのか!?【見逃し動画情報もあり】

   
 

原作:オリジナル脚本のためなし
脚本:三木聡,福田雄一,大九明子,田中眞一,小峯裕之
出演者:オダギリジョー,麻生久美子,吉岡里帆,磯村勇斗,豊原功補,ふせえり,江口のりこ,光石研,岩松了,向井理,他
放送期間:毎週金曜夜11時15分(一部地域を除く)
制作:テレビ朝日 MMJ

第2話の予想

彩雲真空(吉岡里帆)や、鑑識課の又来康知(磯村勇斗)も夢中で読んでいるミステリー小説の著者・日下部秋斗(向井理)
秋斗は、小説だけでなくCDや写真集を出すなどアイドル顔負けの超人気者です。

しかし彼の父親は25年前、自宅の書斎で起こった密室殺人事件で死亡していました。
庭から凶器とみられるナイフが発見されたものの、密室というトリックを解明できず時効を迎えていたのです。

そこで立ち上がったのが、趣味で時効が成立した事件を捜査する霧山修一朗(オダギリジョー)。
三日月しずか(麻生久美子)や、又来とともに、秋斗の元を訪ねます…。
霧山は、密室トリックを解き明かすことができるのでしょうか?

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP