『何者』自分とは何者なのか?内定が取れた時に自分は価値ある「何者」かになれるのか?(ネタバレなし+ありの感想) | VODの殿堂

映画

『何者』自分とは何者なのか?内定が取れた時に自分は価値ある「何者」かになれるのか?(ネタバレなし+ありの感想)

   
 

監督:三浦大輔
脚本:三浦大輔
原作:朝井リョウ『何者』(新潮文庫)
製作:映画『何者』製作委員会
出演者:佐藤健、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之、他
音楽:中田ヤスタカ
製作会社:東宝映画
公開:2016年10月15日

小説『何者』とは!?

あらすじ

大学生活を演劇にささげ、人を分析するのが得意な主人公・拓人(佐藤健)。拓人のルームメイトで大学時代はバンド活動に勤しんでいた幸太郎(菅田将暉)。幸太郎の元カノで拓人が想いを寄せている瑞月(有村架純)。瑞月が留学関係で知り合った友達で学級委員タイプの理香(二階堂ふみ)。その理香と同棲を始めたばかりで就活に否定的な隆良(岡田将生)。

この22歳の男女5人が、就活を通じて子供でもない大人でもない時期の曖昧な「何者」でもない自分に、転びながらも向き合っていく物語です。

「内定」で人としての価値が決まる就活の中で、友情や恋愛を織り交ぜながら、時としてSNSに本音を漏らし就職活動を共に進めていくのですが、「内定者」が現れてから徐々に5人の人間関係が崩れ、それぞれの本音が表れ始めます。

就職困難期である就活生の焦りや不安、不満、妬み、羨望、欲求が、生々しく表現されていて、青春の終わりを突きつけられた若者の葛藤がリアルに描かれています。

朝井リョウの直木賞受賞作品!

『桐島、部活やめるってよ』で文壇デビューした平成生まれの若き作家・朝井リョウの直木賞受賞作品がついに映画化!主題歌は中田ヤスタカと米津玄師とのコラボ曲が話題になりました。

原作者の朝井リョウが、実際に就活を経て社会人一年目に書いた小説なので、ウェブテストやメールでの合否通知など、現代のSNSを駆使した就活の描写がやけにリアルな点も注目すべき点です。

作品の概要

就職活動の緊張感から物語は始まる

冒頭の試験面接官の「あなた自身を1分間で表現してください。」という言葉と試験会場にリクルートスーツを着ている就活生が個性なく並んでいる風景から始まります。

就活を経験した人間は、きっとあの頃の張り詰めた空気感と何とも言えない緊張感を思い出すはず。

主人公・拓人はしっかり1分間で自分自身を表現している面接場面がありますが…この物語の終盤には…!?

就職対策本部が発足!

拓人と光太郎が住んでいる部屋の上の階に、瑞月の友達である理香が住んでいることがわかり、理香と同棲している隆良を含め、同じ大学5年生であることから、理香の部屋を「就職対策本部」として、定期的に集まるようになります。

最初の内は、就活の状況報告や情報交換などをして、家飲みをしたりなど、どこにでもある大学生の就活風景ですが、拓人はいつもスマホを触っている姿が。

大丈夫?依存症?スマホないとダメ系?感じ悪くない?今の子って皆こんな感じなのかしら?と思っていましたが、まさかね、笑顔でそんなことをしていたとはね(汗)(ネタバレ)

烏丸ギンジの存在

就活を期に演劇を辞めた拓人は、同じ演劇サークルの仲間だった烏丸ギンジが就活せずに劇団を立ち上げ、脚本演出家としてがんばっている姿をSNSに上げている様子をチェックしては、バカにしている場面が所々出できます。

青春の終わりを認めず、就活もせずに好きな道で生きていこうとする自分と対照的なギンジへの苛立ちを、隠すことができないのですね。

ギンジへLINEをした時の回想シーンでは、自分の「こうあるべきだ」という正義をすさまじい文字の羅列で押し付けます。めちゃ早いの、打ち方が!タバコをスパスパ吸いながら文字を打つ拓人のイライラがとてもよく伝わってくる場面です。

このギンジの劇団の公演の様子と就活の様子が交互に画面に表れて対照的なのですが、そこに出てくる若者の表情の違いに注目です!対照的なギンジと拓人の違いを表しているような?

それぞれの本音と建前

「就職対策本部」に定期的に集まる4人に、就活を否定している隆良は、「就活なんてバカらしい、就職しないで自分らしく生きていきたい」と場を白けさせるのですが、某企業の試験会場にスーツを着ていない隆良の姿が…。

同じ試験会場に来ていた拓人と瑞月は、一時間も前に試験会場に到着した隆良と遅刻しそうなのかダッシュしている理香の姿を見かけます。

虚勢を張っていた隆良も、実は就活に焦りを感じていたことが判明。かっこいい言い訳をして何もしていない自分を肯定する彼は、井の中の蛙。かっちょわるいのです。

同じ試験会場にもかかわらず、同棲している二人が別々に会場に行くのも、彼女である理香にも就活しているのを知られたくなかったのでしょうか?

「内定者」現る

5人の中で一番に内定をもらったのは、瑞月でした。皆で内定祝いをするのですが、ギクシャクする雰囲気に。

理香の「私も受けてたら同期になったかもね」というような言葉は、「先を越された感」の悔し紛れ発言であることが、画面からひしひしと伝わってきました。

その次に内定をもらったのは、光太郎。天真爛漫で一番就活からは遠い存在だった彼の内定が、拓人の焦りを加速させます。

お祝いの席での拓人の表情!ウソでもいいからがんばって笑えよ!と思っちゃいました。

拓人と理香のグループディスカッション

たまたま企業の面接でのグループディスカッションに同席した拓人と理香。必死に自分をアピールしようとする理香は、拓人の発言を遮ってペラペラと話し始めてしまいます。

相当焦っているよう…。観ているこっちもドキドキしました。

しかも、拓人は拓人で「演劇系企業は受けない」と演劇には未練ない風に理香に言っていたのに、この企業は演劇系。それも気まずい(汗)もう、気まずい空気がスゴイ…。

拓人の裏垢

「就職対策本部」の理香の部屋には、プリンタがあり皆がよく借りています。この日も拓人が一人理香の部屋にプリンタを借りに行ったときのこと。

拓人のスマホを借りた理香は、拓人が光太郎の内定した出版社の荒を検索していることを発見し、理香のパソコンを借りた拓人は、理香が瑞月の内定した企業をブラック検索していることを発見します。

お互いに友達の内定先を検索していることに気まずい空気が流れる中、理香が「拓人くんの内定出ないのわかる」と、口を切ります。理香は拓人の裏アカウントの存在を知っていたのです!

理香は、拓人が裏アカウントで自分のことを張り切って就活をやっているとバカにしていたことも知っていました。そして、皆のことを観察者ぶって上から見ている拓人のことを、会社は欲しがっているわけがない!と言い放つんです。

拓人、グサーッですね!まさに図星だったんです…。裏垢を知られていたことも。そしてその裏垢は皆にもバレていたことを知り…。

私も、拓人と同じく理香のことを「苦手だな」と思っていたし、光太郎のことは「何にも考えてなさそうなお気楽ちゃんだな」とか、隆良のことは「孤高の人かよ、何様?」と思っていたし。知らない内に拓人に肩入れしていた私もギクーッ!としてしまいました(汗)

理香の本音

拓人を追い詰めた理香も「私も同じかも…。」と言い出します。就活用の名刺を用意したりOB訪問を積極的に行ったりと、完璧に就活をこなしているように見える理香も闇を抱えていたのです。

大企業志向ではないと言いながらも大企業をこっそりと受けていたり、twitterのつぶやきは自分の努力を実況中継していないと立っていられないからだと…。

準備万端で自信家の意識高い系の理香はそこにはおらず、何者にもなれない自分にもがき苦しんで泣き崩れる理香がいました。

友達が次々に内定をもらっていくことに焦り、自分はもっとよい企業に内定をもらわないと!と、自分で自分の首を絞めているのね…とお腹が痛くなりました。心の底から友達の内定を祝えない自分のことも嫌なんだよね、きっと。

拓人が主人公の演劇が始まる

人を分析することは得意なのに、「自分は何で内定をもらえないんだ。」と、自分のことは分析できない拓人が主人公になり、今まで観察者として見る側だった拓人が見られる側になる「演劇」が始まります。

場面場面、拓人は裏アカウントでツイートしていた観察者であったはずなのに、実は周りから観察されていたのは拓人だった、かっこ悪くダサくて痛々しいのは自分だったのだ、とわかるのです。

その拓人の演劇を観客席からいつも観てくれていたのは、瑞月でした。裏アカウントの存在も知りながら、「拓人くんの演劇が好きだった。」という瑞月の言葉に、拓人は救われることに。

新しい拓人始まる

面接官の「あなた自身を1分間で表現してください。」に対して、拓人はいつも通りの回答をしようとしますが思い直し、劇団を辞めた自分の気持ち、ギンジのこと、ギンジの新しい劇団のことなどを話し始めます。

そして、「1分間では話しきれません。」と言って話をやめる拓人は、何かを吹っ切った清々しい顔になっているのです。

ついに拓人は、かっこ悪い自分を認めて前に進むことができた!という場面で物語は終わりますが、拓人の人生の物語は、やっと始まったのねーという感じですね。

実際に観た感想 Twitterの声&評判

豪華な主演級の俳優陣がキャスティングされており、なんだか華やかなイメージですが、タイトルは『何者』。皆が何者かになりたくて必死に就活して、誰かに認められたくてもがいている、見ていて苦しくなる映画だと感じました。

本当に、息苦しい。切ない。人間の嫌な部分がすごく見えるのに、感情移入してしまうからしんどいんです。

拓人は、一見大人しくて誠実そうな感じ。でも心には大きな闇を抱えていて、もがき苦しんでいる。その何とも言えないモヤモヤをSNSでつぶやいていた…という。しかも、仲間内に知られていたってところがもう!

とても一般的で、ありふれていて、誰でもが共感する、しかし!認めたくないものがそこにあるって感じ。うーん、なんていうかな、「うんうん!あるある!」っていううれしい共感ではなく、なるべくなら目を背けていたかったものを突きつけられた感じの共感

きっと、Twitterの声も…!?

拓人のような観察者には誰でもなれるけど、ギンジのように生み出す人になるには一筋縄ではいかないもんね。

全体的に色で言うとグレーな感じ。天気で言うと曇天な感じ。と言いましょうか。でも、観ればきっと何かを感じるはず!だから、この劇中の子たちみたいな若者に観てもらいたいです。

怖いって感じた後にがんばろう!と思えた若者よ、なんて前向きな…。そう、自分は自分でしかない、自分でできることを全力でやるしかないんだよね!

落ち込んだけど、怖かったけど、ラスト良かった!という感想が多かったです。拓人に共感してしまう人も多く、苦い思い出が蘇った就活経験者も続出していますね。

『何者』見どころとネタバレ

ここから先はネタバレになります。問題ない方は読み進めてください。

拓人のTwitter依存症

拓人は、冒頭からスマホを肌身離さず持ち歩いています。出会った人をすぐに検索し、その動向を調べ、そしてまた自分もツイートするのです。

この拓人のスマホを使用している描写は、物語の中によく出てきます。現代の若者の代表のイメージですね。すぐ検索してすぐにツイートして、静かに観察している…。拓人がずーっと崩さなかった姿勢です。理香同様、スマホがないと立っていられなかった、ということ。

正体が明かされない烏丸ギンジ

物語の始めから終わりまで、ギンジ本人は後ろ姿だったり横顔だったり、最後まで顔出しがないままでミステリアスな描写。

就活して社会に収まろうとしている自分は間違っていない、評判の悪い公演をさも才能がある人間のようにSNSで発信し続けるギンジは、なんてマヌケなんだ、「俺は間違ってない」と、ギンジの劇団の公演の悪口が書かれている掲示板を見ては、ほくそ笑んで安心する拓人。

なかなか内定をもらえないイライラをギンジを否定することで自分を肯定し、認められたい欲求を満たしている姿は何とも哀れ。ギンジのことが羨ましくてたまらないのはわかるけど、ちっちゃいのよ、ちっちゃい男だな~と。

でもわかる…人を避難して自分を守るというか、認めたくないけど誰でもあるある!なことなのかも。

激団「毒とビスケット」

劇中の演劇シーンは、実際に激団「毒とビスケット」メンバー役の俳優陣が本物の劇団のように稽古を重ねたものなんです。どこを切り取っても本当の公演に見えるように稽古した演劇シーンも注目してみましょう!

拓人は就活浪人生

実は、拓人は就職活動2年目だったのです。その他4人も大学5年生なのですが、光太郎はバンド活動で単位が取れず留年、瑞月と理香は留学していたからで、隆良は1年休学していたから。

そう、同じ大学5年生でも就職活動経験者は拓人だけなのです。しかも…就職浪人(汗)

裏アカウントだけが本音を言える場所

しかも拓人は裏垢という裏アカウントで身分を隠し、目の前にいる友達のこともこき下ろしていました。それは、まるでストレス発散の憂さ晴らしのよう。

拓人は、自分のことは棚に上げて見てみないふりをし、裏アカウントに悪態をつくことで、現実から逃げていたんですね。

がんばっている友達を嘲笑い、かっこ悪いと下に見て、がんばっているはずの自分がなかなか内定をもらえないのがなぜかわからず…。何者でもないことに気づきながら見ないふりをする…その逃げ場が裏アカウントだったのです。

裏アカウントの名前が「何者」

これ、びっくり!「拓人、わかってんじゃん!」と言いたくなったアカウント名のネタバレ。裏垢の名前を決める時に、なぜ「何者」にしたのか。

自分が一番だと思いながらも、何者にもなれていない自分を一番わかっていたのは拓人本人だった…ということ?潜在意識の中に「何者」という疑問があったのでしょうか。 

自分じゃない誰かになれる場所。それが、拓人の裏アカウント「何者」だったのです。

まとめ

就活中や就活前の学生さんは、観た方がいいのか悪いのか。就活終わって20年以上経ちましたが、このお腹痛くなる感じ。懐かしいけど、二度と嫌ですね~(笑)

普通の大学生である主人公の拓人が、演劇をやめて社会に出る不安と「内定」という形での承認欲求を抱え、希望企業から内定をもらった友達や夢に邁進するかつての仲間によって焦りを抱き、どんどんSNSに依存して行く姿は現代の若者あるあるなのかもしれません。

物語中に内定をもらっっていない3人の就活が気になるところですが、映画の最後は拓人の新しい一歩を踏み出した場面で終わります。格好悪い自分をさらけ出し、自分を認め、自分以外の他人も認めた拓人の新しい人生が始まるのですね。

そう、内定がゴールではなく人生の序の口にいる彼ら就活生やこれから就活をする若者には、胸が痛い話かもしれませんが、誰もが抱く社会に出る不安や緊張、羨望、妬み…などリアルに描かれていて、目を背けたくなる感じが、逆にいい!

就活の世界だけではない、誰にでも陥る闇を描いている作品なのかもしれません。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP